ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

ヤクルトカップ

G2江戸川モーターボート大賞2日目

ブログネタ
競艇 に参加中!
 G2江戸川モーターボート大賞は本日2日目を迎えました。
 今日はG1江戸川大賞V3の実力者熊谷直樹が連勝。
 「前回はフライングして123号艇1回も回ってこなかったんで、今回内からレースできるので嬉しいです。
 ということで先月のG1江戸川大賞では初日2走目の5号艇でフライングしてしまい節間内枠が回ってきませんでしたが、今節は初日に白熊が回ってきたので上記の選手紹介コメントになりました。

 そのクマ連勝の内訳は1走目の第4R3号艇が来期勝率1位の1号艇中島孝平相手に果敢なレッドベア捲り。
 2走目の11R2号艇は差し届かず3番手も、先頭の1号艇湯川浩司が捲って追走する3号艇佐藤勝生を2M牽制して懐が開いた隙を突いての小回りで逆転勝ち。
 江戸川G1V3の夜行急行銀河鉄道999系王子江戸川浩司相手に、江戸川G1V3の北斗星ブラックベアが技ありの所を見せました。
前回の汚名返上に燃える熊谷直樹

 尚、第5R4号艇の中村有裕が1M捲り差しを狙ったところターンマークにぶつかり転覆。
 2005年11月G1江戸川モーターボート大賞優勝者で2006年11月G1江戸川モーターボート大賞以来の江戸川だった中村有裕はこの転覆で負傷帰郷、出場予定だった後半12Rは5艇立てになりました。
無念の負傷帰郷となった中村有裕


宮島ヤクルトカップ優勝戦

 1256/43の進入から1号艇星野太郎が05トップスタートを決め、星野安芸国で燕太郎になるのは目前でしたが、6号艇井川大作にスタート31と大きく凹まれてしまい、カド12スタートの4号艇中村亮太が五十嵐亮太ばりのスピードを乗せた亮太スペシャル捲りが星野燕タローに襲いかかり、捲られてしまい万事休す。
 スワローズカラーのカポックを纏って捲りきった亮太は通算V6にして宮島初優勝でした。

 引き波にのまれた燕タローは2号艇花田和明と5号艇向所浩二に差されてしまい、2M差しを狙うも届かず4番手。
 この2Mで先行した向所が2着に入ってしまい、節間オール2連対だった燕タローは最後に2連対を外してしまいましたが2周2Mで花魔人を差しきって3番手に上がり、花魔人を抜いて逆転3着の燕タローでした。

鳴門BOAT RACE振興会会長賞競走テレボートカップ優勝戦

 準優1号艇トリオ全滅で混戦メンバーになったテレボカップは枠なり3vs3の進入から1号艇片山竜輔が20の一番遅いスタートになってしまいましが、08トップタイスタートから捲ってきた3号艇高橋英之も同じく08トップタイスタートで片山と高橋の間を捲り差してきた4号艇本橋克洋も波高7cm北西追い風7mの水面で外に流され、こういう水面はお手の物な片山が流れずにしっかり回って逃げ切り、昨年5月芦屋BOATBoyカップ以来となる通算36回目の優勝

 2番手は本橋と差してきた6号艇杉本洋一(山口83期3979)で接戦になりますが、2Mで本橋がデビュー初優出の杉本を包んで捲りきり、片山に押っつけながらのターンで外へ流れながらも2番手争い優位に立った本橋が2周1M再度杉本を包みきって2着。

津ボート名誉執行委員長鳥羽一郎の恩師死去】

 兄弟船」などで知られる作詞家の星野哲郎(ほしの・てつろう、本名有近哲郎=ありちか・てつろう)さんが15日11時47分、心不全のため東京都武蔵野市の病院で死去した。85歳でした。
 山口県出身。自宅は東京都小金井市梶野町3-6-10。
 葬儀は19日正午から東京都港区南青山2-33-20の東京都青山葬儀所で。
 日本作詩家協会、日本音楽著作権協会との合同葬で、葬儀委員長は兄弟船作曲者でもある船村徹氏。喪主は長男有近真澄氏。

 星野哲郎さんは1946年、高等商船学校(現・東京海洋大)卒業後、遠洋漁船の乗組員に。
 腎臓結核を患い4年の闘病生活中に文芸誌への投稿を始め、作品が雑誌「平凡」の懸賞に入選したことなどをきっかけに作詞家の道に進んだ。
 デビューは1953年。日本コロムビア、クラウンレコードの専属を経てフリーとなり、数々のヒット曲を生み出した。
 手掛けた曲は4000曲以上。正統派演歌からポップスまで多彩なジャンルに及んだ。代表曲に「函館の女」「男はつらいよ」「三百六十五歩のマーチ」「昔の名前で出ています」「自動車ショー歌」などがある。
 作詞家として活躍する一方、日本音楽著作権協会会長や日本作詩家協会会長なども務め、作詞家の地位向上にも尽力した。1986年に紫綬褒章、2000年に勲三等瑞宝章を受章。このほか、日本レコード大賞作詩賞など受賞歴多数。随筆集「歌、いとしきものよ」などの著書もある。


 鳥羽一郎からの追悼コメント
 「今年の正月に先生のご自宅にお伺いし、とても元気な姿を拝見していただけに、まさかという思いでいっぱいです。
 「星野哲郎朗読詩集“いろはにそらしど”」を朗読したアルバムを制作中で、完成した作品を先生に聞いていただけなくて非常に残念でなりません。
 ご冥福をお祈り申し上げます。


 追悼コメントにあるように鳥羽一郎は来年1月12日に恩師・星野哲郎作品を歌う記念碑的なアルバム「星野哲郎を謳う」を発売予定。
 同アルバムは「兄弟船」をはじめとする星野作品14曲を厳選して収録し、曲間には星野哲郎朗読詩集「いろはにそらしど」の中から16篇を鳥羽一郎本人が朗読する、まさに星野哲郎の世界を凝縮した作品だそうです。

 星野哲郎さんのご功績を称えるとともに、ご冥福をお祈りいたします。

【宵宵】スタートとびだすヤクルトカップ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 東京ヤクルトスワローズ(本日6-0で虎に圧勝!)でお馴染みヤクルトのタイトル戦は4日間決戦蒲郡ヤクルトカップ
 優勝戦スタート展示枠なりだったものの、本番では5号艇松元ユウイチもとい◎松元弥佑紀が東京音頭踊らにゃ損々とばかりにコース動いて152/346の進入。そして松元が32のドカ凹みをやらかしたのに対し3号艇堀本裕也と4号艇伊藤将吉が「男が大地の花と咲く 野球はドラマだ人生だ 虎を生け捕りベイパを倒し 龍を呑み込み鯉を釣り 巨人の星を撃ち落とし とびだせヤクルトスワローズ」の歌通りにスタートとびだし、これに対し04スタートの2号艇北中元樹が先捲りを打つも豪快にターンマーク接触(動画)。
 古田敦也前監督の背番号と同じモーターナンバー27を駆って準完全Vを狙った1号艇井上恵一は北中に捲られた上に不利を被って後方に置かれ、先頭は先に捲り差した堀本で2番手は同じく捲り差しの伊藤でしたが、この2艇はスタートとびだし過ぎてフライング(堀本+04伊藤+01)。
 これにより堀本・伊藤に続いていた紅一点の6号艇永井聖美が3番手から先頭、小回りの松元が4番手から2番手に繰り上がりましたが、Fのツバメ伊藤にスライドされて行き場を失った永井が2Mでターン大きく流れ、松元もF艇の引き波にバタついた結果、ひとみ元気な玄海のドーベルマン・オジーフミス角富士夫二軍コーチの背番号と同じモーターナンバー76を駆る北中が元気に2艇まとめて差しきり逆転優勝。通算ではV4。
 2周1Mで永井を張り飛ばした松元が2着に入り、高速スライダーの伊藤智仁一軍コーチと同じ京都府出身の松元弥佑紀と同支部の北中元樹でワンツー。北中といえば、秋田市立秋田北中からは小さなエース石川雅規鎌田祐哉のツバメ戦士を送り込んでいます。


浜名湖富士テレネットスプラッシュアタック優勝戦

 46歳以上のシニア&30歳以下のヤング対決富士テレネットスプラッシュアタックはシニア3名とヤング3名が優出する変則2個準優の5日間企画開催。奇数艇ヤング、偶数艇シニアとなった頂上決戦は126/345の隊形から3号艇桐本康臣28歳がカドから絞るも、デビュー初V目指す1号艇入澤友治29歳が抵抗の先マイ。しかし入澤は功を焦ったか派手にスプラッシュアタックして転覆(動画)。
 これにより桐本と5号艇安東幸治26歳は外へ避け、差して難を逃れた2号艇荘林幸輝53歳と転覆艇に乗り上げながらも上手く着地して結果捲り差しのような形になった4号艇田嶋茂48歳が上位を形成。尚、まともに乗り上げた6号艇富山弘幸50歳は転覆して入澤は妨害失格です。
 かくして、優出メンバー中実績最上位の荘林が1996年7月10日桐生以来約12年ぶりのVを目指した田嶋を従えて先頭でゴールし、荘林は福岡県西方沖地震直後の2005年3月福岡サントリーモルツカップ以来となる通算51回目の優勝

尼崎報知ローズカップ争奪戦優勝戦

 ベルサイユならぬセンタープールの宮殿が激しい戦いの舞台となりました第7回報知ローズカップ争奪戦。最後に咲くばらは果たして何色でしょうか。第12R優勝戦の開始です(動画)。枠なり3vs3の隊形から1号艇武田光史が満開のクライマックスへ向け堂々押し切り、2004年12月三国しわす第2戦以来となる通算18回目の優勝で白ばらが咲きました。
 後続は差す4号艇野添貴裕(69期3555)と捲り差す3号艇中里昌志(69期3546)の順となりますが、差し伸びて来た6号艇菊池峰晴(69期3538)が2Mを先取り。野添は菊池を行かせて捌きますがややもたつき、中里に差されてしまいます。ですが、2周1Mズバット中里を差しきった野添がバラの69期対決を制しました。

G1平和島ダイヤモンドカップ4日目

 平和島競艇がある大田区の隣川崎市では水曜の夜にオール女子戦G3スパンキングレディーカップならぬG3スパーキングレディーカップを開催。同日の三国G3女子リーグ戦クイーンカップ11R準優勝戦ではスパーキングレディー松村紀代子(旧姓:堀之内)が2号艇乗艇を果たしましたが、平和島の川崎智幸4R5号艇と10R2号艇で準優勝負駆け。
 川崎の前半4Rは枠なり3vs3の5コースから狭い艇間を割る鮮やかな捲り差しを決めて1着になったのですが、後半10Rは123/564からの2コース差しがもたつき3着争いまで。そして3周2M先行する5号艇魚谷智之を差しに行くものの僅かに届かず4着。これが響き、4人横並びの予選得点率5.67で終えた川崎は1着本数の差で笠原亮に遅れをとり次点に泣き、悲劇の川崎劇場となってしまいました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ