ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

一瀬明

倶楽部平和島杯は初代ベイパワンツーで黒の一瀬明が雅やかに優勝

ブログネタ
競艇 に参加中!
 有料会員制ファンクラブ倶楽部☆HEIWAJIMAの名を冠した倶楽部平和島杯
 優勝戦は枠なり5vs1の進入から1号艇吉田拡郎が1Mを先行するも流れ、2号艇一瀬明(ベイパシーズン1)の差しと4号艇角谷健吾(ベイパシーズン1)の捲り差しが入ってよしだかくろうを差しきり、初代ベイパコンビが先頭を形成。
 初代ベイパコンビは2番差しから2M艇を伸ばしてきた3号艇別府昌樹を一瀬が包み、角谷健吾が行かせて捌き、初代ベイパのマッチレースは先に回った一瀬が角谷健吾を振り切って先着し、今年2回目・通算23回目・平和島3回目の優勝とお伝えしておきます。

 ちなみに一瀬明は2日目におはようコメント出演。この時の様子はインタビュアー黒崎さんの「☆黒崎雅'sBLOG☆"MIYABIXXX"」にも書かれてますが、軽快に口が回ったトークを披露。
 そして、1着になった7Rの最終周回では「今日のおはようコメントでは口が回っておりました6号艇の一瀬、プロペラも回ります6号艇の一瀬であります。(動画」とお伝えされており、勝利者インタビュー(動画)でも引き続き口が回っております。
【平和島】黒崎 雅おねーさん その10【胸元】

 さて、今日の勝島運河界隈は昼が平和島優勝戦、夜がTCK大井競馬のG1帝王賞(優勝馬フリオーソ)とお祭り状態でしたが、7月3日からの平和島次節はお祭りモードの平和島レディースカップ
 選手紹介もある平和島レディースカップには、平和島プロデュース「つよく☆やさしく☆美しく ヒロナ'sブログ」を開設した中澤宏奈も出場予定です。

日刊ゲンダイ杯争奪蒲郡あじさい特別優勝戦

 3号艇西田靖がインを取った312/456の進入から2号艇原田幸哉(愛知)が05トップスタートを決めて捲りきるも18スタートの1号艇永井源(愛知)に抵抗された分膨れ、その展開を突いて捲り差した4号艇白石健が原田を差しきり、ピストン×2&ピストンリング×4&シリンダ交換の大整備を施す荒療治が当たったしらけんは今年4回目・蒲郡2回目・通算44回目の優勝

新鋭王座直後の浜名湖はAKIRAと克洋のワンツー。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 浜名湖競艇今節はネオヒーロー決戦G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦の余韻さめる間もなく先週金曜日から始まった4日間短期決戦福島民報創刊117周年記念ふくしまグリーンカップ

 ここ2節群馬支部が優勝してる浜名湖競艇ですが、今節の優勝戦にも群馬支部本橋克洋が4号艇で優出。
 スタート展示は124563の並びでしたが本番は2号艇中岡正彦が鋭発ピット離れでインを奪い214/563の最終隊形。
 ですが、2コースになった1号艇一瀬明が中岡をすかさず差しきり、克洋の2番差しを振り切って2Mをトップで回ったアキラは昨年1月桐生JLC杯以来となる通算22回目の優勝
 群馬支部浜名湖3連続Vこそなりませんでしたが克洋も2着に入り、先月11日のK-MIXカップ2着の進藤侑から始まった群馬支部浜名湖優勝戦連続2連対を4に伸ばしました。

 さて、浜名湖今節は初代ベイパのアキラと共にミスターチルト3度阿波勝哉が参戦。
 今節は18番の大外捲りで2勝を挙げましたが、10日からの鳴門商工会議所会頭杯競走でいよいよ阿波の鳴門競艇(阿波エクスプレス高速鳴門バス停徒歩数分)に参戦。
 施行者希望の斡旋でほとんど埋まってしまうせいかチルトマックス+1.5度の阿波鳴門競艇には2006年8月の鳴門市議会議長杯競走以降斡旋がありませんでしたが、約3年半ぶりに阿波の地へ帰還です。
 阿波の阿波ファンに阿波エクスプレス大外捲り一撃を連日見せてバレンタインに念願の阿波鳴門初Vを飾れるかに大注目です。


蒲郡中日スポーツ賞龍神杯争奪戦優勝戦

 124/356の進入からカドの3号艇佐竹友樹がスタート展示の33タイミングから一変した10スタートを決めて一気に捲る展開に。
 佐竹友樹は1号艇志道吉和に抵抗されながらもねじ伏せますが抵抗された分流れ、2号艇柴田光の差しと5号艇久富政弘の捲り差し、更に4号艇野澤大二の差しが2艇に続く展開に。
 そして2M先頭で回った柴田がひかるチャチャチャと抜け出して前走地浜名湖日本トーター杯アタックに続く通算19回目の優勝。2M野澤を行かせて大事に捌いた久富が2着。

 福田康夫元首相のお膝元群馬県から参戦の柴田光は新鋭王座を制した同門の後輩毒島誠共々今年は常昇桐龍うなぎのぼりですね。
福来たる!?つよし

 さて、龍といえば今節のレーススポンサー中日ドラゴンを真っ先に思い出しますが、蒲郡競艇場の外向発売所は全国初のコンビニエンスストア(サンクス)を併設したボートウイング
 昨年10月5日のオープニングセレモニーには選手を代表して永井聖美が参加しました。

 それに先立ち、昨年10月1日には大村競艇の外向発売所ブルードラゴンが全国初の有料席(100円)を設置してリニューアルオープン。
 ブルードラゴンでは7時30分から早朝前売発売モーニングブルードラゴン、すなわち朝青龍を実施してます。

70期前本泰和、デビュー初の完全優勝をからつで達成!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 1号艇は70期3573前本泰和が初の完全優勝なるかに熱い視線と紫外線が注がれた唐津一般競走優勝戦は枠なり2vs4の変則隊形になりましたが、3号艇は70期3589西村勝の3カド捲りをがっちり受け止めた前本が今年3回目、通算36回目、唐津2回目の優勝にして自身初のパーフェクトVを達成しました。ちなみに唐津前回の完全優勝は2002年1月の九州スポーツ杯争奪戦における守田俊介以来約5年4ヶ月ぶりでした。
 2コース順走の2号艇森貴洋とまちゃるたんの2着争いは、2周2Mの差しでまちゃるたんが抜け出して完全優勝に花を添える70期ワンツー完成です。

尼崎ビクトリーチャンネル杯優勝戦

 三国ビクトリーチャンネル杯の1日遅れで最終日を迎えたセンタープールのビクトリーチャンネル杯は1号艇川上聡介がイン08トップスタートから押し切り通算16回目の優勝。5コース捲り差しの松本博昭が2M全速から2周1M差しで2着を取り切ってます。
 表彰式では、「ボクの後輩が事故で亡くなった場なので特に勝ちたかった場。」と、この優勝を福岡SG総理大臣杯優勝戦2艇Fの日でもあった2004年3月28日の夕刊フジオレンジカップ4日目5Rで亡くなった85期4029中島康孝選手に捧げました。想い出の神戸の街と同じ兵庫県で、さあA級までもう少しあと少しというところで突然亡くなってしまった銀河系軍団中島康孝選手の息もできないくらいの無念ははかりしれませんが、川上聡介は中島選手の思いを乗せてセンタープールは地元のつもりで気合いを入れて走るそうです。

江戸川内外タイムス杯2日目

 ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面は第10Rを迎えています。初日連勝でこの日はここ1回乗りの2号艇宮地孝四朗が2コースからぐいっと捲りきって3連勝となる1着ゴール。来期勝率3.51のB級新鋭選手が秀祈感激、想定外の快進撃を継続中です。

浜名湖ローリーアタック優勝戦

 「艇界のSMAPとも言うべきTokyo bay piratesのメンバーであります1号艇の一瀬明。前走地の平和島に続きましてココ浜名湖でも優勝戦イン逃げ一気単独ライブ敢行といきますか。(動画」と工藤浩伸アナの新たなる名文句を生んだローリーアタック頂上決戦は、その一瀬がイン逃げ一気単独ライブを成功させて前走地平和島東京スポーツ賞に続く通算19回目の優勝。2コース順走の2号艇石田政吾は、5コース捲り差し3番手の4号艇片山友多加に2Mでおっつけられて抜かれますが、ここからセイゴがんばりまして2周1M差し返しを決め2着ゴール。

大村NCC長崎文化放送杯優勝戦

 NCC長崎文化放送のタイトル戦ながら、内枠3艇が静岡で外枠が三重と愛知2人という東海地区選手権に。焦点は静岡上位独占なるかでしたが、先頭は3コースから捲り差した3号艇笠原亮(静岡)も、イン13トップスタートも膨れた1号艇渡邊哲也(静岡)は5コースから捲り差した5号艇塩崎優司(愛知)に舳先を入れられ、2M塩崎を捲ろうとするも捲りきれず、2周2M突っ込んでの大村先マイも不発で終わってみたら5着。塩崎が2着に食い込み静岡ワンツーを阻止しました。尚、3着は2号艇徳増秀樹(静岡)で、優勝した笠原は大村V2にして通算では記念V3含むV17となりました。

津G3女子リーグ戦クイーンカップ優勝戦

 4カド15トップスタートの4号艇濱村美鹿子に対し、イン19スタートの1号艇武藤綾子は先に回るも流れてしまい濱村♀の捲り差しが綺麗に入って、濱村♀が通算14回目の優勝。濱村エクスプレスの捲り差しに乗っかって5コースから差し込んだ5号艇藤田美代が2着でした。

 さて、優勝戦前日の津競艇場では住之江SG笹川賞に出場する三重本部選手井口佳典森竜也の壮行会が行われました。そんな井口が準優11Rに出走した真弓夫人の走りを見つめる姿を捕らえたのはKYOTEIブログ女子リーグ@cafe〜準優勝戦、その舞台裏では・・・!です。
 とうことでメッカ住之江の笹川賞が始まるから予想大会K-BATTLE〜笹川賞 勇気を笑顔に優勝戦!も始まります。そして優勝戦ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースでもあります。今年唯一の住之江SGですから非常に楽しみですね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ