ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

一鶴

【昼は骨付鳥】丸亀料理を食べてきました【夜はうどん】

一鶴の骨付鳥 ニクの日に丸亀名物骨付鳥 一鶴横浜店のひなどりととりめし。キャベツを肉汁につけて食べるのがまた(゚д゚)ウマー。ビールがサッポロなのも実に(゚д゚)ウマー。

小麦房の温玉ぶっかけうどん 横浜から東横線に乗って終点の渋谷で降りて食べたのは道玄坂にある本生さぬきうどん小麦房。店名が本生だけあってビールがアサヒスーパードライでした。
 丸亀SGモーターボート記念5日目のダイジェストとボートピア横浜で見たヒロタカマンショーは別記事で。

【一鶴千金全日本選手権準優】丸亀名物、骨付鳥を食べてきました!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
一鶴営業中 自分はAQUABOOさんの競艇ニュースRSSをいつもチェックしてるのですが、それで知った四国新聞の記事によると
 「丸亀名物「骨付鳥」をさらに多くの人に食べてもらおうと、丸亀市観光協会は9日、「丸亀とっとの日」を前に同市内2カ所でキャンペーンを実施。揃いのTシャツを着た協会スタッフが店舗マップを配り、PRに努めた。骨付鳥は鶏の骨付きもも肉を1本丸ごと焼いたもので、JR丸亀駅近くの居酒屋が発祥の地とされている。同協会は2005年、ごろ合わせから10月10日を「とっとの日」と決め、認知度アップを図っている。

 その「とっとの日」キャンペーンとして次の場所でもPR。「SG全日本選手権を開催中で、県外からの来場者も多く見込まれる丸亀競艇場(香川県丸亀市富士見町)にはスタッフ4人が参加。この日のためにあつらえた黄色い「丸亀とっとの日Tシャツ」を着て、来場者に骨付鳥が食べられる17店を紹介した店舗マップを手渡した。10日には割引サービスを行う店舗もあり、丸亀発の味の魅力を発信する。」※ちなみに「とっと」とは鶏のことで、香川県内の方言です。

 ということで、丸亀とっとの日から2日後の今日は骨付鳥 一鶴横浜西口店へ骨付鳥を食べに行ってきました。骨付鳥を食べるのはこれで3回目ですが、相変わらずジューシーでおいしいですね。ビールがサッポロビールなのも個人的に高ポイントです。ただ、今月から値上げしてたのと、それに合わせてランチタイムクーポンが無くなってたのは残念でした。
骨付鳥&とりめし&鳥スープ&キャベツ&ビール

 骨付鳥買い、まことに満足したあとはもちろんまるがめ競艇ということで、横浜から電車で2駅のボートピア横浜へ。本日は丸亀の他に多摩川関東日刊紙競艇記者クラブ杯桐生G3企業杯サッポロビールカップ蒲郡菊花ナイト特別4日目を発売していたBP横浜はこれで3回目ですが本日は初めて指定席に。入ったのは完全1人席のAクラス2000円です。とてもゆったりした椅子で座り心地がよかったですね。入口に無料のステレオイヤホンが置いてあるので、それを使えば卓上モニターの音声もばっちりです。ちなみにドリンクは基本有料ですが、17時から18時の間はホットコーヒーの無料サービスがあります。尚、まるがめ最終日の祝日は海野ゆかりがBP横浜に来場します。
ボートピア横浜のAクラス指定席


【SG全日本選手権の準優勝戦】

 1つ目の10Rスタート展示オールスローの152346から、本番では5号艇原田幸哉が展示2コースから単騎ガマシに切り替えて12346/5の進入スタイル。そして絶対スロー主義の6号艇今村豊が抜群の伸びで捲りに行きますが、これを受け止めきった1号艇瓜生正義が逃げ切り1着
 後続は今村豊が捲った展開を突いて捲り差した原口が2番手を航走するも、1M原口に差されながらも原口が今村豊を牽制しに行った展開を突いて内に切り返した2号艇石田政吾が2M先行体勢。原口は石田を差して捌きに行くも、外全速ターンの今村豊がHS原田に並び、機力上位の今村豊が2周1M締め込んで先行しようとするも、抵抗した原口が先行。今村豊は差しに切り替えるもやや差し遅れ、内をくるりと回った石田が2艇やり合う展開を突いた形で急浮上し、2周2Mを先行して逆転2着。ちなみにこの10Rはひまひまデータさんによると歴代最優秀新人対決だったそうです。

 2つ目の11Rは枠なり3vs3の進入スタイルから2号艇魚谷智之と3号艇鎌田義の兵庫コンビがややスタート凹むも、それをものともせずに1号艇今垣光太郎が押し切り1着
 後続は捲り差し入りきれなかった4号艇井口佳典に対しカマギーを叩いての差しハンドルを入れた6号艇木村光宏(香川)が届き、2Mは内のみちみちみっちぃに対し井口は全速戦で応戦するも、ここで井口がバランスを崩し勝負あり。選手宣誓も担当した地元のみっちぃが6コースを克服してニコリンコにSG初優出です。
 みっちぃといえば2004年2月の四国新聞記事「青い鳥さがして」で「養護施設の星に 不屈の魂水上駆ける」と紹介され、その壮絶な生い立ちに大きな衝撃を受けましたが、今節はマンスリーKYOTEI直前激白東スポ企画記事kyote異jinでも壮絶な半生が語られています。3つの記事はおおむね同じ内容ですが、それぞれに違う内容も書かれてますので、みっちぃが気になるファンは3つとも読んでみるのをお薦めします。

 最後の12Rは枠なり3vs3の進入スタイルから1号艇丸岡正典が薄氷の01タッチスタートから押し切り1着。予選1位のマルちゃんはSG初優出がいきなりポールポシジョンで、SG初優出初優勝のビッグチャンス。
 後続は順走の2号艇松本勝也が、差し伸びる6号艇池田浩二を2M包んで振りきり、2周2Mでいちかばちかの突っ込みを見せた池田をここでも楽々かわして2着。初日1Rの3コース強捲り大成功の1着で今節のかつやは一味違うところを見せてくれましたが、オープニングの勢いに乗ってSG通算2回目の優出を果たしました。尚、2周2Mの突っ込みが空振りに終わった池田はここで4号艇濱野谷憲吾に差されて4着。今節の予選は5戦オール3着の池田でしたが、優出2着条件のレースで勝負に出た結果連続3着記録がストップしました。


 優勝戦の枠番です。自分の予想はK-BATTLE『競艇ダービー新たなる伝説』のコメント欄に書きます。

1:丸岡正典 2:今垣光太郎 3:瓜生正義 4:石田政吾 5:松本勝也 6:木村光宏

 ところで、優勝戦のハンドリングが注目されますマルちゃんのお父上が小林亜里紗アナのblogリポーター小林亜里紗no☆arinkoテケテケ日記☆こちらこちらで紹介されてます。教習所の教官を務めますマルちゃんパパの顔はやっぱりマルちゃんに感じが似てるのです。ともあれ、マルちゃんファンも必見なありさブログなのです。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ