ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

七夕

G1江戸川大賞準優勝戦〜白黒つける。

 G1江戸川大賞5日目は終盤3つの準優勝戦がメインカードですが、まず第2Rで今節が初A1初G1だった3号艇山田雄太が差してG1水神祭なる場面が。

 次に「南寄りの風が吹きます競走水面です。東京湾からの風ですので潮の香りが懐かしく感じられます。(動画」という千葉マリンをこよなく愛す君津市出身平山信一アナのお言葉で始まった一般戦第3R
 スタート踏み込みすぎた4号艇村田修次のカド捲りを小回りでこらえきった1号艇花田和明が1着になったレースは、+05のムラッシュと+02の5号艇小畑実成と+06の岡田憲行と、外枠3艇がフライング。返還総額は3396万8500円でした。

 2号艇・阿波のA1レーサー佐々木和伸(78期本栖チャンプ)が差して1着になった第4Rを経て第5R
 かなりはみ出した1号艇別府正幸が逃げて先頭、つけ回った3号艇濱野谷憲吾が2番手、差しハンドルの2号艇松下一也が3番手という展開でしたが、別府が+14、松下が+07、そして濱野谷も+04と内枠3艇がフライングで外マイから4番手の5号艇齊藤仁が繰り上がりで1着。返還総額は5172万4800円でした。
 これにより9月下旬までの斡旋が既に入ってる濱野谷は10月の尼崎SG全日本選手権がF休みになり、既にFを持っている松下はF2に。新鋭チャンプ松下は5月以降の勝率が6.15しかなく、事故率が0.69もあり9月までびっしり斡旋が入ってる事も考えたら来期のA1維持と今年中に通算3回目の優勝を達成する事が非常に苦しくなってきました。

 そして1M3艇の差し合戦から2Mを先取り、その後も相次いだ激しい攻防をしのいだ末に6号艇松元弥佑紀が1着になり、2連単6-3が最低人気の24400円で3連単6-3-2が106番人気の73580円というびっくり配当の第7Rと本日最初の1-2決着だった第9Rを経ていよいよ準優勝戦。ちなみに今日は本場に行ってないので写真は4日目までのを再使用です。

 1つ目の準優勝戦第10Rは08トップスタートの4号艇飯山泰が捲って行くも流れ、差した2号艇作間章(木更津市)が先頭。
 1号艇・寝台急行銀河系王子湯川浩司(大阪85期4044)は2番手でしたが、2Mでさくまあきらを差して追いつき、2周1M内から先行して逆転1着。内房アタッカーさくまあきらは2着優出でした。
3日目10Rを勝った時の湯川

 2つ目の準優勝戦11Rは初日12Rゴールデンレーサー賞をイン逃げで制した1号艇山崎智也がここもイン逃げを成功させ1着
 差し順走で2番手の2号艇山田竜一(今節選手代表)に対して6号艇毒島誠が2周1M小回りで差を詰め、2周2Mを先行しますが、ここは山田竜一が行かせて捌き、ここも地元の2号艇が2着優出。尚、2周2Mで5号艇中島孝平が責任外エンストを喫しました。
初日GR賞を制した時の山崎智也

 最後の準優勝戦12Rは5月以降の勝率8.55と絶好調の2号艇角谷健吾が20トップスタートで早差し狙いますが、先月の富士通カップを優勝して再開後の江戸川を誰よりも知る男・1号艇山本隆幸(兵庫85期4030)が江戸川再開後初参戦の角谷健吾を何とか振り切り1着。角谷健吾は2Mで5号艇金子貴志を行かせて捌き、ここも地元の2号艇が2着優出。
あふれるセンスで緑を克服した初日1走目の山本隆幸

 結果準優3つ全てが白黒つける1-2決着になり、2着は3人とも東京支部。内枠の遠征選手vs外枠の地元勢になった七夕銀河祭り優勝戦の枠番です。

1:山本隆幸 2:山崎智也 3:湯川浩司 4:作間章 5:山田竜一 6:角谷健吾

 天の川といえば銀河系。七夕決戦にふさわしく銀河系軍団の彦星が1枠と3枠に入りましたね。

多摩川G3女子リーグ戦第5戦モーターボートレディスダービー優勝戦

 5月の府中レディスダービーG1優駿牝馬は夏にG2札幌記念を使う事を表明したブエナビスタが勝ちましたが、七夕前日の府中レディスダービーは七夕に誕生日を迎える100期4450平高奈菜がデビュー初優出。初といえば、地元103期4519市村沙樹が3日目1Rで2号艇6コースから1M狭い艇間を突いての捲り差しから2Mでオオムラサキの様に華麗なる差し(動画)を決めて同期女子一番乗りとなるデビュー初勝利を飾り、水神祭の祝福を受けてます。

 そして陸の上では本日誕生日を迎えた女王横西奏恵(昨日まで浜名湖テレしずサマーカップ)がオフィシャルブログを始めたのが話題ですが、水の上では3月のSG総理大臣杯にも出場したポスト横西の最右翼・銀河系の織姫田口節子(岡山85期4050)が尼崎ダービー出場を目指してのハイスパートで、初日12Rなでしこ選抜戦1号艇2着以外全て1着の節一成績で優勝戦も1号艇。
 果たして枠なり3vs3の進入になった是政夢劇場本番は、銀河系のベガ田口節子が03トップスタートの速攻で押し切り、今年3回目・多摩川2回目・通算22回目の優勝を準完全優勝で達成。
 多摩川競艇無料バス発着駅の府中本町駅は川崎から南武線で一本ですが、2番手争いは2番差しの4号艇堀之内紀代子(岡山84期4011)が差し順走の平高奈菜を捕らえ、6号艇土屋千明の差しを振り切って2Mを先行し、ここで差し込んできた平高を振り切って岡山ワンツー完成。

七夕の桐生優勝戦は8月に秩父街道でなく三国街道を走る吉川さん

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 七夕アクアンNIGHTに阿左美沼の水上がきらめく桐生日刊スポーツ杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇吉川昭男のイン先マイが流れ、差してきた5号艇高橋勲の舳先が吉川にかかります。更に、差し届かず3番手の4号艇水上浩充福井支部長が切り返しから2Mを先制。
 水上の先マイは流れますが高橋の差しも初動が遅れ、2艇を鋭く差した吉川がここで逆転先頭に。そして2周1M内から先に回った吉川がここで高橋を突き放して今年3回目、通算25回目の優勝

 さて、優勝した吉川さん兄弟の兄吉川昭男8月の斡旋はもちろん地元びわこカップ(8月3日〜7日)。弟吉川喜継との兄弟参戦です。しかし、その後は11日から16日まで三国しぶき賞に水上浩充選手代表予定と共に参戦。ということで19日からのびわこ名物競走G2結核予防事業協賛秩父宮妃記念杯には出ませんで、吉川昭男の替わりに吉川元浩が吉川喜継と対決します。

 桐生競艇を出発する吉川昭男は国道140号彩甲斐街道(秩父街道)で秩父を目指すのでは無く、国道17号三国街道で水上温泉のしぶきを目指すのですね。そんな訳では有馬線が、本日は荒川昭と江戸川鉄兵こと石渡鉄兵江戸川大江戸賞参戦と、中川俊介こと守田俊介の秩父宮妃記念参戦を祝って、彩甲斐街道まっしぐらで荒川上流長瀞峡を上りつつ秩父温泉満願の湯に行ってきました。桐生七夕ショーは水上から行って外しましたが、これで秩父宮妃記念の舟券も満貫ツモれるでしょう。

三国ふみづき第1戦三日目

 今日は7月7日七夕です。天空のロマンを前にちょっと早く水上のロマンをお楽しみ下さい。三国競艇ふみづき第1戦は3日目、終盤にはカニ坊準優が組まれております。三国選抜のフルメンバーに実力発揮成功者6名、12名の激闘はパワフルな展開が予想されます。どうぞご期待下さいませ。また今日もG1住之江ダイヤモンドカップ競走の場外発売を行っております。三国と合わせてスリルも夢も二倍二倍と膨らませてお楽しみ下さい。それではオープニングカードはおはよう特賞第1Rです(動画)。インから123/456の順です、スタートいたしました。1号艇は86期本栖チャンプ大橋純一郎がイン15トップスタートの速攻戦で豪快に旋回の孤を描きトップでゴールイン。大外22スタートから捲り差した6号艇水長照雄が2着で、大江戸賞選手代表が予想される4号艇池田雷太東京支部長は41とスタート後手を踏んだのが痛く4着に敗れました。

 手にしたチャンスをつないで行く戦い。水上はファイナル進出を懸けてこれより2本のカニ坊準優です。まずは1本目第11Rのメンバーを迎えました。インから132/456の順です。1秒前、スタートしました。トップスタート好スタート決めたのは3号艇2号艇思い切ったスタートです。只今のスタートは審議中となっています。お手持ちの舟券は大切にお持ち下さいませ。「2番、3番、欠場。(動画
 かくして、差して先頭の3号艇浅見昌克がガッツ見せすぎて+01、捲り差しで2番手を争った2号艇山本寛久がスタートの緩急つかず+02のFに散ってしまいまして。
 これにより、差して2番手を争っていた4号艇北川幸典がF棚ぼたで先頭に立ち、イン戦も3艇に差された1号艇古結宏が2M差しで北川と差のない2番手に上がり、5コース外マイ不発5番手も2艇Fで救われた5号艇原田秀弥が七夕に棚ぼた3番手に。
 しかし、2周1M外を回った北川のターンが膨れて機力に勝る古結がBS完全に並び、2周2M北川を飛ばしつつ先に回った古結がトップでゴールイン。北川が飛ばされた間に差しを入れた原田が七夕に棚ぼた2着です。尚、デビュー3戦目ながら早くも準優2度目の経験となる6号艇は100期新人松竹大輔は大外22とスタート遅れて何も出来ず、ほろ苦い最下位完走です。

 優出へと残る3つの席を巡って水上はラストカード、カニ坊準優第12Rです。進入はインから12346/5の順です。1秒前、スタートしました。インから逃げる1号艇佐竹恒彦に対し5コースから差した6号艇渡邊伸太郎の舳先がかかり、更には2コース順走3番手からBS内に艇を持ち出した2号艇今村豊が加わり2M大激戦。2M最内から先に回ろうとする今村豊の外を全速握った渡邊伸太郎に対し、2艇を差した佐竹が先頭に躍り出て前出の桐生優勝戦と似たような展開に。ですが、2周1M今村と佐竹の間を割った渡邊伸太郎がBS伸び太郎になって佐竹を差しきり2周2Mを先に回ってトップでゴールイン。


 棚ぼたもあった七夕のカニ坊準優でしたが、優勝戦の枠番はこうなりました。

1:古結宏 2:渡邊伸太郎 3:佐竹恒彦 4:原田秀弥 5:今村豊 6:北川幸典

 デビュー初優勝目指す古結に2002年5月の江戸川一般競走以来約5年ぶりの優勝を目指す佐竹、更には通算1500勝にリーチをかけた北川と節目のレーサーが3人ほどいます。中でも、シリーズを引っ張った古結と佐竹に注目ですね。

G1浜名湖賞3日目

 Sports@nifty競艇特集で連日特集中、グルメの豪華饗宴で場内ぎっしりの様子が競艇オフィシャルでレポートされた浜名湖競艇場。この日は2R細江町ゆかた祭り賞で1号艇宇佐見淳がFして2671万1000円の返還がありながらも10億1828万1000円を売り上げて、返還無しで10億1233万3700円だったメッカ住之江の売上を3日目にして上回る快挙。4日目は当地SGグランドチャンピオン決定戦優勝の実績が光るKダッシュ戦が得意なものまねタレント原口あきまさが来場するので更に入りそうですね。

 そんなビッグチャンスはまなこで本日一番のビッグ配当だったのは10R秘密基地開設1周年祭。secret base〜君がくれたもの〜ということで愛知のヒミツヘイキTOTOMARUさんがくれたものである冠協賛競走は135/264の進入から三コースの三嶌誠司が絞り捲りでスロー3艇共倒れの波乱を誘発。
 その展開を生かして捲り差した6号艇一宮稔弘鳴門G3企業杯オロナミンCカップ優出2着)が突き抜け1着、陰に隠れた形の大外進入も差し込み成功した4号艇草場康幸が2着、一宮に捲られた上ターンマークに接触しながらもスロー3艇をカドから差しきった2号艇野澤大二が3着に入り2連単10520円3連単64120円の大波乱でした。

 日曜日は江戸川競艇場で13時半からペアボートがありますが、江戸川は住之江しか売ってくれないのと場外専売なのでギャンブル王争奪!競艇予想大会対象レースであるJLCカップ優勝戦激熱!多摩川競艇とともに!小柳南町商店会を生で見られる上に浜名湖と住之江のG1W場外という豪華3場併売な多摩川競艇場を最優先します。ペアボは14時半船堀発の急行に間に合いそうなら乗るかもです。

【七夕ショーキルトクール】

 福島G3七夕賞のキルトクールは前売1番人気のユメノシルシ。元POG馬ですが、重賞連対歴の無い馬が56kgというのは重荷かと。昨年の新潟三国特別(500万以下)で1番人気2.0倍を背負って6着に敗れているのも消し材料ですね。

 阪神G3プロキオンステークスのキルトクールは前売4番人気のサンライズキング。一昨年の新潟北陸ステークス(オープン)を制した8歳馬ですが、順調度が求められる夏競馬で昨年10月以来の実戦というのはいかにもな消し材料なのです。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ