ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

三井所尊春

【首都圏ビール杯】13日の金曜日は雨は降らねど道は重し

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 優勝賞金150万円の江戸川競艇アサヒビールカップは今日開催2日目、第3Rが始まりました。1号艇池上正浩が3号艇落合敬一のつけまいを振りきり、得意のイン戦でシリーズ初1着。尚、最初の1M後方では差しを狙った2号艇角浜修は選手責任の転覆です(動画)。

 ところが池上正浩が苦手の6号艇で登場予定だった第9R。池上はなぜか私傷病で選手責任の欠場、そのままお帰りになられましてレースは5艇立て。
 とはいっても6号艇なので進入の方はスライドせず枠なりで、捲る2号艇山田均とイン抵抗する1号艇田村美和がやり合う展開を突いて差した3号艇淺田千亜希がシリーズ初の1着。トリプルアクセルまでは行きませんが、今シリーズ最大の目玉商品がやっと片目を開けました。2着は一進一退の攻防を展開した末に、2周1Mでびわこの山田が田村を競り落としました。

 アサヒビールの系列企業アサヒ飲料の看板商品といえば三ツ矢サイダー。男女絡み合うアサヒビールカップの今日、この第6Rが始まりました。江戸川選抜を捲り差しチャンス到来で獲りました近藤もとい村越篤が2号艇の一戦は1号艇池田紫乃女ぎつね On The Runのごとし逃げの態勢を築こうとしましたが、負けるもんかとばかりに池田紫乃を差しきったアツシが1着です。ちなみに船堀から都営新宿線で新宿まで行った時に地下街を歩くと見えるのはカレーショップ11イマサです。

 5月の戸田内外タイムス杯(1号艇湯川浩司)でSGトップクラス級の4カド斧爆弾捲りを披露して優勝した小野信樹。5号艇で登場した第7Rではそんな小野の武器であるアックスボンバーが炸裂。BSのリードは僅かだったものの2M艇を伸ばし見事シリーズ初の1着になりました。

 ところで、今節のビール杯にはアイドルレーサーゆうこりんが登場。サザンオールスターな99期大原由子が初めての江戸川、初めての枠なり進入をじんじん体験しております。着順こそ3走ゴンロクながら5号艇の初日第1Rは枠の利を生かし、そんなヒロシに騙されず6号艇宮地博士に先着です。

唐津G3新鋭リーグ戦BP三日月開設11周年優勝戦

 ゆったりたっぷりのんびり、旅ゆけば三日月ボートピア三日月の開設周年記念でもある唐津の新鋭リーグは日曜から始まり13日の金曜日が最終日。
 Tシャツの背中に大きく書かれた「逃げ」の二文字を実況の石川香奈恵アナに「私は見た」と携帯マクール内唐津競艇コーナーの「エンタ亭カナエの先走りブログ」に書かれ、Tシャツの言葉通りに逃げる事が優勝への近道とばかりに節間9戦オールインだった1号艇の三井所尊春がここもイン戦で最後もしっかり逃げて優勝。今年初、そしてレーサー日記連載終了後初の優勝となるミーショはこれで通算V6メンバー入りです。2号艇山口剛が2コース順走から2M→2周1Mと捌いて2着。

 ところで、今節惜しまれたのは準優11R1号艇の彩輝会員濱崎直矢。濱崎Are you ready?なイン速攻で先頭も濱崎含む内枠3艇がフライングに散ってしまい優勝戦に駒を進める事ができませんで、とんだ三日月の憂鬱になってしまいました。

戸田サッポロビールカップ3日目

 埼玉の誇る5期メンといえばG1徳山クラウン争奪戦に出場する加藤峻二御大ですが、モーニング娘。の6期メンは山口県出身道重さゆみの誕生日を記念した冠協賛競走は6R道重さゆみ生誕十八年記念杯
 レースは実績上位の3号艇山川美由紀がイン戦で1着になりましたが、勝ったみゆきにはうさちゃんピース記念撮影という事態が待ってました。

 9R濱崎海世ちゃん満1歳おめでとう記念は濱つながりか、2号艇濱村美鹿子が01タッチスタートからのイン速攻で1着。2コース03スタートから差し順走と確変モードな3号艇中西裕子が2着でしたが、1985年7月13日生まれの1号艇平山智加(98期)は大外進入を選択し、直内5カドの6号艇佐藤幸子の先捲りで行き場を無くし4着敗退。

【G1徳山クラウン】1年ぶりの記念で山室展弘さん優出成功

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 8億521万7800万円を売ったG1徳山クラウン争奪戦5日目は準優勝戦。先ずは実際のレース順とは違い準優12Rから。
1号艇白井英治がピット大きく出遅れ、回り込んでイン死守も深インになって進入は1/236/45。
 それでも白井は08トップスタートを決めますが、5カド09スタートから伸びて来た山室展弘さんを意識しての先マイとなり白井は捲り差しの山室さんに差されてしまいました。そして2コース順走の王者松井繁が3番手、3コース順走の艇王植木通彦くんが4番手。そして2Mでは王者がまず内から先マイし、山室さんはこれを行かせての差しで先頭キープ。先マイした王者が白井を抜いて2番手も2周1M切り返しから先マイした白井が再び王者を抜き返し2番手奪還、ここでの山室さんは白井を行かせての差しで先頭キープとここでも技が光ります。そしてここで独走となった山室さんが1着となって、昨年のG1徳山クラウン争奪戦以来1年ぶりの記念参戦ながら、同レース過去V2の貫禄で優出を果たしています。
 2番手ですが、2周2MでもうひとつDRAMATIC KYOTEIが用意されてまして4番手のウェイキーくんが白井に突進をかまし白井は4番手に後退。しかし白井は飛ばしたウェイキーくんですが王者には差されて3番手止まり。そして3周1Mでウェイキーくんは軽く振り込んでしまい勝負あり。王者が2着となって、山室さんと王者の個性派コンビが優出してきました。

 残り2つの準優ですが、準優10Rは1号艇坪井康晴がW今村を従え1着。4コース差しでつぼイに迫った今村暢孝が2着に入り、絶対にダッシュ戦をしない事で知られる6号艇今村豊はスローの大外から04トップスタートでの溜め差しも4番手。2M円熟の小回りで2コース順走3番手だった岩崎正哉を抜いて3番手に上がりますがエンジンパワーで勝る今村暢孝を捕まえるまでには至らず3着止まり。ということでここはつぼイ、そして今村は今村でも暢孝の方が優出しています。

 準優11R山崎智也が3号艇2コース西島義則の差しをこらえ、インから押切もえて1着、ペリカンさんが2着。


 「いつかはクラウン」と憧れの対象になる徳山クラウンの優勝戦は見ての通りです。

1:山崎智也 2:つぼイ 3:山室さん 4:王者 5:ペリカンさん 6:今村(福岡)

 「エンジンは普通です、特長はない。初日からの比較は分からない。スタート勘も分からない。コースは行けるところから、全力で行かせていただきます。」の山室さん、「ボクがいないと記念は始まらへん」と自負する王者、タイムリーに金言を提供してくれるこの両名の対決に加えて時折ツボにはまるコメントを残す山崎智也の逃げ切りなるかにも目が離せない一戦はギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レース。皆さん奮って参加しましょう。
 加筆:優出者インタビュー(動画)が特設サイトで公開されてます。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会


桐生G3新鋭リーグ東京中日スポーツ杯優勝戦

 新鋭の中ではイン戦の確かさが光る元高校球児三井所尊春が1号艇。そして2コースは通算282勝通算優勝回数4回でミーショと完全に並ぶ3号艇山崎哲司。この2人のライバル関係に圧倒されたか2号艇4カド進入の松村康太は人気薄で1-3に人気が集中。
 そしてミーショがイン04スタートを放てば、負けじと山崎も群馬の地で02スタートを放ちますが、逃げるミーショが山崎の差しを全く問題にせず今年3度目の優勝を果たし山崎に通算1着数でも通算優勝回数でも1つリード、2連単は1番人気の460円でした。
 3コースに入った5号艇、地元の木村浩士がダッシュ3艇を牽制しての外マイで3番手につけ、最後は3番人気の4号艇赤坂俊輔に詰め寄られるものの3着に入る健闘を見せ、1-3流しでは最も高配当な3連単2860円を提供しています。

【優勝賞金150万円江戸川アサヒビールカップ初日

 今日は緩やかな北寄りの風、そして下げ潮の水面のもとで激しいレースが相次いでいます。桐生優出2着の山崎哲司さえここにいれば山崎○司トリオ揃い踏みとなった第10R。その第10R、6号艇大外の山崎聖司が走り慣れた地元水面で果敢に握り込んでの捲り戦から2Mでも果敢な全速フルターンで2着に入る健闘を見せたのに対し、5号艇の山崎裕司は遅れ差しから5着とダメポでした。ということで山崎○司対決は地元の聖司に軍配が上がりました。ちなみに1着はインから逃げた三浦永理です。

 今シリーズの有力処と目されるメンバーが集まった江戸川選抜は近況No.1の4号艇中岡正彦が4カド16トップスタートからシャープな軽快な捲りを見せて1着、2コース小回り差しの地元川名稔と大外捲り差しの塩崎優司でBS2番手併走となりましたが、2Mを内から先制した川名が2着になっています。

【他の初日12Rから2つほど】

 浜名湖ローリーアタック12Rでは地元の意地は伊達じゃないということでスタート展示4コースの4号艇伊達正利があっと驚くイン取り。前付けの気迫は伊達じゃないということで「こ・れ・は・き・わ・ど・い・か」と実況(動画)に言わせる気迫のスタートを放ちましたが、1号艇2コース木村光宏に01タッチスタートを決められ捲られてしまい見事呑み込まれた挙げ句に+01の際どいはみだしでフライング、849万1300円の損害を主催者に与えてしまいました。

 三国ふみづき第2戦初日、ラストカードを迎えた水上はシリーズ主力の6メンバーでメイン三国選抜第12Rです☆1秒前、スタートしました♪地元の室田泰史がイン13トップスタートから逃げ込みを図りますが、2コースから差し込む深川真二の舳先が入り、2Mを先制した深川があっさりドーン1着のゴールイン。以上でございました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ