ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

三浦永理

三浦永理が混合戦初Vをかなえました

ブログネタ
競艇 に参加中!
 jumping FLOWERkanaこと石川香奈恵アナが実況する唐津SGチャレンジカップが2日目の今日は鳴門日刊スポーツ杯競走が最終日。

 優勝戦は1号艇佐々木和伸(徳島)が00タッチスタートの速攻もドッキリスタートに焦ったのかターン流れ、2号艇三浦永理と4号艇金田諭の差しが入り、はんにゃ金田さとしの2番差しを力ずくで振り切った三浦永理が今年4回目・鳴門初・通算8回目の優勝にして男女混合戦初V。
 佐々木和伸は捲り差しで舳先掛けてきた3号艇入澤友治を2M一気の外全速戦で振り切り、さらにははんにゃ金田さとしをも一気に捲りきって2着。

 ちなみに三浦永理は喜多那由夏と共に徳島支部所属の女王横西奏恵の自宅に前泊した事が横西奏恵オフィシャルブログに書かれていて、碧南訓練の為に愛車で愛知県入りしてた横ちんと一緒に横ちんの車で徳島まで移動したそうです。まさに徳島ゼンパク効果で混合戦初Vをかなえましたね。


 尚、今節3日目の1Rで123/465の進入から4号艇佐々木巌を除く5艇が際どいスタートを切り、結果先頭の1号艇田上直樹が+01のフライングだったわけですが、09スタートからのつけまいで2番手を航走して本来なら先頭繰り上がりの佐々木巌がなんと2周1MでF艇に釣られてコースアウト(動画)。
 これにより佐々木巌は指示違反による失格で即刻帰郷、繰り上がって1着になったのは00スタートの6号艇中里優子でしたが、この事件で中里優子が2006年2月平和島一般競走4日目5RでFコール誤認によるコースアウトで失格、即刻帰郷になったのを思い出しました。

【dream10年の歴史に一区切り】

 今年デビュー10周年のDraemから唯一のオリジナルメンバーだったkana(橘佳奈)が脱退を発表
 事務所移籍後最初のアルバムにして2004年3月の「ID」以来となるオリジナルフルアルバム「Hand's Up!」の発売日に合わせ、アルバム発売に伴う全国ツアーを最後に脱退する事を発表しました。

 3人時代のドリは今でもドリーム号乗る時に必ず聴いてるだけに、オリメンが1人もいなくなってしまうのはやはり寂しいですね。
 ちなみに生ドリは8人時代に何度か見てて、東京ドームシティのミニライブやラオックスアソビットシティ8F(現ドン・キホーテ)のCD発売記念イベントなどで見たことがあります。

【入場料100円】エイズ予防チャリティープロレスを10日と11日に開催

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 水上の格闘技KYOTEI。25日に最終日を迎える浜名湖SG競艇王チャレンジカップの宣伝として同じく25日に新横浜駅前の横浜アリーナでハッスル・マニア2007を開催するハッスルとのコラボレーションイベント第一弾として4日には重野哲之&笠原亮vs天龍源一郎&坂田亘コラボトークショー+ハッスル冠協賛レースが行われましたが、本日は平石和男TAJIRIJLCを始めとする媒体訪問を行い、10日以降は共にKUSHIDA\(^o^)/チエが出演する17日の平和島(齊藤仁出演)、18日の戸田(西村勝出演)を始め各地でハッスルコラボイベントが行われます。
 更に10日の新宿東口ステーションスクエアと18日の渋谷109イベントステージではハッスル・マニア直前恒例イベント『I LOVE HUSTLE!!』が行われ、そのイベントには両日ともに中野次郎が出演します。尚、中野次郎の出演は14時からの予定です。

 と、競艇とハッスルのコラボを紹介したところで関東日刊紙競艇記者クラブ杯初日の10日と2日目の11日に戸田競艇場イベントホール内特設リングで行われるLLPW女子プロレス・エイズ予防チャリティーイベントを紹介。100円ポッキリでプロレスの試合が両日共に5試合も見られるなんて素晴らしい企画ですね。特に11日のメインイベントはLLPWの顔であるミスター女子プロレス神取忍参議院議員と90年代の全女を支えた井上貴子(現LLPW)がタッグを組んで、格闘皇子ハーレー斉藤遠藤美月社長と対戦する豪華マッチ。

■11月10日(土)
13:51〜 【第1試合】シングルマッチ(10分一本勝負)
遠藤美月 vs フランソワーズ☆
14:13〜 【第2試合】シングルマッチ(10分一本勝負)
おばっち飯塚 vs Sawaco(グラマーエンジェルス)
14:47〜 【第3試合】タッグマッチ(10分一本勝負)
神取忍・ハーレー斉藤 vs アイガー・沖野小百合
15:17〜 【第4試合】JWP提供マッチ(10分一本勝負)
米山香織(JWP)vs大木アスカ(JWP)
15:47〜 【第5試合】タッグマッチ(10分一本勝負)
井上貴子・森居知子(伊藤道場) vs 立野記代・小林華子(伊藤道場)

■11月11日(日)
13:51〜 【第1試合】シングルマッチ(10分一本勝負)
フランソワーズ☆ vs 沖野小百合
14:13〜 【第2試合】シングルマッチ(10分一本勝負)
立野記代 vs アイガー
14:47〜 【第3試合】タッグマッチ(10分一本勝負)
おばっち飯塚・小林華子(伊藤道場) vs 佐藤綾子(伊藤道場)・上林愛貴(伊藤道場)
15:17〜 【第4試合】JWP提供マッチ(10分一本勝負)
KAZUKI(JWP) vs 闘獣牙Leon(JWP)
15:47〜 【第5試合】タッグマッチ(10分一本勝負)
神取忍・井上貴子 vs ハーレー斉藤・遠藤美月


 尚、試合は7R終了後から11R終了後までで、当日はエイズ予防啓豪活動の一環としてエイズ予防グッズを選手が配布するそうです。

【水上の女子格闘技G3女子リーグ戦みやじまレディースカップ優勝戦

 メタル・マスター宮武準元選手のROCK BARMOTOR BREATH開店2日後の3日から始まった6日間シリーズのファイナルは6人中5人が4000番台、うち3人が純正大和育ちの90期台というフレッシュな顔ぶれに。
 本番は枠なり3vs3の進入から魚ッ香こと3号艇魚谷香織(96期4347)22歳が02スタートをぶち込んで捲りに行くも、1号艇三浦永理(91期)24歳が気合いの04スタートを放って風と共に去りぬスカーレット逃げで魚ッ香を退けデビュー966走目、通算142勝目にして遂に秋の華を咲かせる初優勝。そして88期以降の新鋭女子選手としても一番乗りの初優勝水神祭です。2着には差した4号艇向井美鈴が入ったっス。
 そして宮島の名物といえば美しい子鹿。ということで今節最も期待してた5号艇濱村美鹿子は捲り差しの態勢も向井を捲れませんでしたが、内から伸びて魚ッ香との3着争いに持ち込み2Mを内有利に先制して3着。宮島名産の意地を見せました。
美しき鹿の子


びわこ一般競走最終日

 88期4120柘植政浩が26歳の若さで選手代表を務めた5日間のノンタイトルシリーズ結びの大一番優勝戦は125/346の進入から5号艇細川明人が35と大きく凹み、カドの3号艇安田政彦が大サーカス捲りに行くもクロちゃん枠の2号艇岸本隆が激しく抵抗して両者共倒れとなり、この展開を突いて捲り差しを入れた4号艇池上隆行が6月の宮島G3企業杯広島テレビ杯(宮武準引退開催)以来となる今年V2、通算V6となる優勝。そして前付けしといて凹んだ細川は池上に捲られるも小回りで立て直しちゃっかり2着。人気の中心1号艇市川哲也は岸本の引き波に呑まれ4番手になりますが、2Mの差しで浮上し3着でした。

 さて、今節選手代表の柘植は節間(565163)の成績で優出なりませんでしたが、最終日は2号艇の3Rが2コース戦で、イン22トップスタートの1号艇石間徹が1M先マイ態勢からいきなり振り込み転覆(動画)して柘植も巻き込まれそうになるも、間一髪内をすり抜けて今節2本目の1着に。
 続く4号艇の8Rは鮮やかな4カド捲り差しで最終日連勝で締める今節3本目の1着でした。

常滑中日スポーツ銀杯争奪戦優勝戦

 桐生競艇が誇るA1レーサーとして勇躍1号艇になった中里英夫がイン14トップスタートの速攻で「残した〜2艇身半と優勢に。(動画」と常に滑らかな山智様こと山田智彦アナの実況も更に滑らかになる?マイペースの逃走劇で2005年9月19日蒲郡スピード王座決定戦以来となる通算20回目の優勝。桐生の代表として重責を果たした中里が銀杯で乾杯!となりましたね。
 2着は順走の2号艇坂口周と4カド2番差しの4号艇竹村祥司で争われ、BS内の竹村が2Mを先行してややリードも、差して内に入り込んだ坂口が2周1Mを先制。しかし余裕を持って坂口を差した竹村がここで抜け出し勝負ありとなりました。

九州スポーツ杯争奪唐津くんち特選優勝戦

 今年は11月2日から4日まで開催された唐津くんち。その2日目から始まった6日間シリーズもいよいよフィナーレ。不動のエース機66号機を駆って1号艇を手に入れた杢野誓良がここもイン14トップスタートで逃げを図りますが、そこにカド受け4コースから飛んできたのは4号艇興津藍ちゃんのつけまい攻撃。ですが、スーパーエンジン66号機の力で藍ちゃんを振りきった杢野が2コース差しから伸びてきた2号艇丸岡正典も2M艇を伸ばして振りきり唐津2回目、今年3回目、通算9回目の優勝。杢野は6月17日の一般競走に続く唐津連続優勝、そして66号機も10月21日の一般競走に続く唐津連続優勝でした。尚、2着には順走の銀河系マルちゃんが入り、3着の銀河系藍ちゃんに先着してます。 

新期初A1奥平拓也は江戸川欠場、でも恋唄奥平雅士は府中で優勝!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 お休みのひと時を熱戦譜でお楽しみ頂いております今日の江戸川競艇、2日目を迎える東京中日スポーツ杯には来期自身初のA1に昇級する71期3602奥平拓也(おくだいらたくや)が地元選手として登場。人機一体となりました各レーサーが激しく鎬を削ります第4R6号艇で登場した奥平は捲り差しを狙うも3号艇松村康太が壁になって行き場を無くし5着敗退。ここで負傷したのかは不明ですが、ともかく負傷の為後半11Rを選手責任欠場。事故点を加算して帰郷しました。7月のG1浜名湖賞でデビュー約14年半初めてのG1出場を控える奥平の次回斡旋は23日から常滑さつき賞です。ここで今シリーズの鬱憤を晴らすヴィクトリーを飾れますかどうか。

 その第4Rで1M若干キャビり6着に敗れた5号艇三浦永理は4月のサンケイスポーツ杯以来となる江戸川出場。発走遅延で東京G1ヴィクトリアマイルと発走時間が重なった2号艇の第8Rは2コース差しでシリーズ初の1着と、枠番の利もあってA級男子2名を相手に人気の中心でしたが見事人気に応えました。ちなみにヴィクトリアマイルも2枠2頭でワンツーとなり、同時刻の2つのレースが共に2枠で決まった事になります。

 第9Rが始まりました。このレース1回乗りの2号艇鎌田義が人気独り占めのこのレースは待機行動実施細則違反の1号艇坂口明義が55とドカ遅れをやらかしたこともあり、カマギーが楽に捲り圧勝。シリーズ2本目の1着ゴールを飾り3走22点。初日第5R展示転覆による欠場をほぼ帳消しにしましたが、この勝利がよほど嬉しかったのか入線後は優勝戦なみに右手を高らかに挙げてました。

 最後に、本日は江戸川から東京競馬→多摩川と行くつもりでしたが寝坊したのでG1レースクイーンヴィクトリアマイルレディーの元準ミス日本加藤綾も、第1R第5R(1号艇田上晋六先頭も+02のF)に出走した95期4300加藤綾(本日3着2着と好調)も生で見られず。だから1Fレストランメインそばの地上波コーナー兼専門紙コーナーで競馬と第8Rを同時に見ました。レース後非常にざわ…ざわ…してたのが印象的でしたね。

 さてここで競馬の話。VICTORIA'S SECRETVictoriaで大量に買い物できそうな配当が飛び出したVictoriaMileは三浦永理と同じ黒枠のコイウタが勝ったのですが、恋唄ちゃんの馬主は「ほんの短い夢でも♪とても幸せだった♪逢えて本当に良かった♪だけど帰る貴方♪」恋唄歌手前川清。かつて蒲郡競艇場水上ステージで真夏の夜の海物語2003年SGオーシャンカップのイベントとしてショーを行い「長崎は今日も雨だった」とか「東京砂漠」とか「ひまわり」とかを熱唱して場内のファンと指定席にいた自分を大いに沸かせてくれたきよしが遂に初G1やりました!新鋭の奥平雅士(おくひらまさし)調教師と新鋭の松岡正海騎手も初のG1タイトルです。そして勝ち馬の恋唄ちゃんはとっても思い入れがある昨年度の我がPOG馬。集計期間から1年遅いですが、現地参戦した昨年のレディスダービーG1優駿牝馬で故障競走中止となり、すわ予後不良?と心配(結果は跛行で無事)させただけに感慨深いです。ちなみに電投馬券は応援複勝だけ当たりましたです。
 そういえば2着に世界のアサヒライジングが入った事でくしくも同じ東京マイルの女子リーグ戦G3デイリー杯クイーンカップ(あの時は大量のチョコが…)と同じワンツーになりましね。
恋唄収録「内山田洋とクールファイブ:ヒットコレクション 決定盤」


尼崎競艇ダービー杯最終日

 今節の目玉濱野谷憲吾、それに3日目10R美智子選手責任エンストだよ美智子で優出こそならなかったものの今節は台風の目となった西村美智子が2日目9Rに続いて同じレースを走る事になった11R選抜戦
 東都の大エース濱野谷ですから同じ相手に2度は負けられない、しかもここは1号艇でイン戦。ということで美智子が5コースからの差し届かず4着に敗れたのに対し、濱野谷はインから踏ん張って通算995回目の1着であります。このペースだとちょうど住之江SG笹川賞で1000勝を達成できそうな感じであります。

 つま先が震えます。鼓動が高鳴ります(動画)。いつもの千葉誠一アナでなく若手実況アナが鼓動を高鳴らせて実況を行った競艇ダービー優勝戦です。「全く出てなかったです、ハイ。」と言いながらも終わってみたら1号艇を手に入れてた地元白石健がイン戦圧勝で昨年末サンテレビ杯争奪歳忘れ今年もありがとう競走以来の地元連覇となる今年3度目・通算30度目の優勝であります。2コース順走の2号艇柴田光が2着であります。
 実況の方は前半限定だった千葉ちゃん司会のインタビューではありがとう競走に続いて「うれしいの一言です、ハイ。皆様の応援がボクの力になってます。ありがとうございました!」と、永遠のミルキーフェイスにして艇界屈指のラーメン党であるしらけんは今回もファンへの感謝を強く表してました。以上でございます。

唐津優勝戦

 節間10戦9勝2着1回の独走ぶりから携帯マクール唐津競艇コーナーで大人気連載中エンタ亭カナエの先走りブログで「だって強いんですものー(*´∀`*)!」と連日紹介され、「はい、ここでこの59号機に注目っ」と2連対率こそ30.9%に過ぎませんが、2優出2優勝の隠れ実績機。「この勢いで一気に優勝戦まで!という未来図も描けますねっ☆」と腕と足の両面で石川香奈恵アナにプッシュされた『裏付けも未来も、見えてきます。』1号艇高橋勲が最後もイン戦独走、母の日に準完全で唐津初・通算45回目の優勝。公称57kgですが、この日は52.8kgまで絞ってきました。2コース張り差し順走の中村有裕54.7kgが2着で2連単は220円。
 尚、3コースモンキッキーターンで捲り戦の山下和彦と5コース差しの岡部大輔による3着争いは、2周2M山下を捲った岡部がものにしています。

 かくしてイサオ祭の唐津6日間シリーズでしたが1Rでは残念なアクシデント。234/651の進入から1号艇の100期新人梅崎恵美が+13、5号艇の98期鈴木祐美子が+08のフライング。更に1Mでは3号艇小羽正作に捲られた2号艇入船幸子がターンマークにぶつかり、そこに4号艇小巻良至がぶつかり、更に小巻に対し6号艇大橋庸志が乗り上げる展開に。これで入船が妨害失格、大橋がエンスト失格となり3連勝式不成立。大橋にゴツンとやられとっても痛そう(動画)に見える小巻ですが無事完走し、レース不成立は免れています。

多摩川マンスリーKYOTEI杯優勝戦

 1号艇金子龍介(兵庫)がインから押し切り多摩川2回目、通算24回目の優勝。マンスリーKYOTEI発行元のエー・アンド・エー桧村賢一専務取締役からマンスリーKYOTEI杯を授与されました。
 チルト-0.5度3コース捲り差しから2M全速戦で抜け出した3号艇松本勝也(兵庫)が2着で神戸カンパニーのワンツー完成。ちなみに昨年の当地ダブル優勝tvkカップ優勝が光るかつやは兵庫支部ですが、新春特別かどまつ賞2年連続斡旋を始め地元選手並に多摩川を走っております。
道頓堀名物金龍ラーメン
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ