ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

中ノ森BAND

【目玉は】2009年度全国発売競走発表【鳴門名人戦】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 芦屋SGグランドチャンピオン決定戦から一夜明けた本日、財団法人日本モーターボート競走会は平成20年度第3回常務理事会を開催し、2009年度全国発売競走の開催競艇場及び日程を下記のとおり発表しました。

鳴門競艇名人戦(4月14日〜19日・鳴門市)
福岡笹川賞(5月26日〜31日・福岡市)
戸田グランドチャンピオン決定戦(6月23日〜28日・戸田競艇組合)
若松オーシャンカップ(7月21〜26日・北九州市)
丸亀モーターボート記念(8月25日〜30日・丸亀市)
尼崎全日本選手権(10月7日〜12日・尼崎市)
常滑競艇王チャレンジカップ(11月24日〜29日・常滑市)
住之江賞金王決定戦(12月18日〜23日・大阪府都市競艇組合)
浜名湖共同通信社杯新鋭王座決定戦(2010年1月19日〜24日・浜名湖競艇企業団)
下関JAL女子王座決定戦(3月2日〜7日・下関市)
平和島総理大臣杯(3月17日〜22日・府中市)


 また、同時にモーターボート大賞の開催地も発表されました。
桐生(みどり市)
津(津市)
三国(武生三国モーターボート競走施行組合)
徳山(周南市)
唐津(唐津市)


 私的に一番目を惹くサプライズは断然鳴門の名人戦。1958年に全国地区対抗競走を開催して以来のビッグレース開催は私的に超ビッグニュースです。瀬尾達也岡孝の活躍と舟券ご意見番中道善博元選手の熱弁が期待できそうですね。あとは尼崎全日本選手権が元ANA白井文市長の尼崎市主催なのが注目です。来年のJAL女子王座決定戦は伊丹市主催ですからね。そして個人的に意外だったのはチャレカ2年連続開催と引き替えに賞金王開催するものと予想してた浜名湖が賞金王では無く新鋭王座になった事。あと、若松のOCは海の日翌日の祝明けから始まる日程なので今年の蒲郡同様売上低迷確実です。
 ちなみに施設改善記念ダイヤモンドカップの発表は今回ありませんでしたが、ボートピア習志野開設で開催要件を満たしている江戸川競艇はMB大賞に選ばれて無いのでDCが来そうですね。
鳴門競艇場(2005年3月5日撮影)


三国みなづき第3戦優勝戦

 北陸富山のG3瑞峰立山賞争奪戦最終日2Rを最後に引退したのはダービー王滝澤正光(千葉)。そして北陸三国のみなづき第2戦はダービー王滝沢芳行(埼玉)が1号艇で最後の最後に主役の座を射止めるか。そして北陸富山在住近畿大阪支部の準地元古場輝義が予選滑り込みの12位から準優1番ゴールの14万舟提供で一気にジャンプアップ果たし2号艇。尚、シリーズリーダーだった85期4042丸岡正典(奈良在住大阪支部)は古場が勝ったカニ坊準優12Rで1号艇も4号艇柘植政浩(3着優出6号艇)にイン取られたのが響いて5着惨敗で優出ならず、坂井市で丸岡城落城し前記の14万舟です。
 そんな優勝戦はインから123/456の順でスタートしました(動画)。タッキーが08トップスタートから翼を広げ艇を伸ばし1M先行体勢に入るのに対し、3号艇古川誠之は捲り差しの構え。しかし古川のマイはターンマークにかすって流れ、古場もターンマークに接触。そんな展開もあってタッキーがすんなり翼を広げきって通算48度目、そして三国プールでは初となる優勝のゴールイン。1Mつけ回った4号艇中嶋誠一郎が2着のゴールイン。

 ちなみに、今節の売上は初日5009万4500円、2日目6444万3500円、3日目9076万1200円とグラチャン併用だった3日間は冴えませんでしたが、最終日の本日は全国4場しか開催が無かった事と習志野・市原・横浜・名古屋・梅田と一気に5つもボートピアが加わった事もあって売上は驚異の2億4762万1900円。5つ全て都市部のBPという事もあって3日目までの累計を一気に上回り、利用も28784人の高い数字。場外効果とは言え前節のG3新鋭リーグ戦ヤングヒーロー決定戦(最終日2億2661万8000円)よりも高く、本場集客力関東一を誇る戸田競艇の夕刊フジ杯3日目(2億9126万7200円23683人)と遜色ない数字にびっくりです。 

桐生下野新聞社杯優勝戦

 2007年11月鳴門G3新鋭リーグ戦競走を最後に優出が無かった兵庫89期4133高橋正男。桐生は2007年2月上毛風神杯以来の参戦で、その時は(6落5)と散々な成績で2日目終了時に帰郷といいところありませんでした。が、それから1年4ヶ月を経て高橋正男は22号機をパートナーに別人の様な走りを披露。今節は4日目の一般戦12Rで2着になった以外は5連勝を含む6勝の快進撃で完全に台風の目となった高橋正男が2006年7月津サマータイム特別以来2度目のVを準完全で達成なるかが今節最大の焦点に。
 
 そんなわけで雷神娘どっとこちゃんがマスコットキャラクターの下野新聞社杯優勝戦はもちろん高橋正男が1号艇。そして126/345の隊形から10トップスタートを決めた高橋が各メンバー殺到する勝負所最初の1Mを先行して押し切り、準完全優勝達成でまどか夫人に吉報。ちなみに津の初Vは先頭艇F前退きによる恵まれVだったので今回は恵まれ無しでの初Vでもあります。
 2着には節間高橋に唯一の土を付けた4号艇一宮稔弘が入り、4日目12Rの走りは伊達で無い所を披露。ちなみに高橋正男の奥様は一宮と同じ徳島出身です。

常滑サマーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入隊形から逃げる1号艇勝野竜司に対し2号艇石田章央の差しが入り、2Mを先行。HSはアウトから半艇身先行石田も勝野の差しが入り、「すぐそばに来てます(動画)。」勝野が2周1Mを先に回って石田の差しプレイを振りきり昨年6月三国みなづき第1戦以来となる通算27回目の優勝
 惜しくも昨年7月徳山周南市長杯争奪戦以来の優勝ならなかった石田ですが、A1最終日に昨年11月中日スポーツ銀杯争奪戦以来の優出を決め、明日からB1に落ちる程の大スランプから脱却の道が見えてきました。

【先週末の銀河系優勝戦にちなんだ話題】

 グラチャン連覇を果たした85期4044湯川浩司のグラチャン日記「再び湯川です」の最終回が本日東京スポーツグループに掲載され、見出しは「ホンマしんどかった。ビールが胃にしみるで」でした。
 日記の内容はおおむね勝利者インタビューと同じですが、嫁と息子が見に来てた事や緊張しすぎて胃に穴があいてるんじゃないかと思うほどおなかが痛くなった事や出来過ぎで勢いが止まった時の反動が怖いとかの事が書かれてます。
昨年のG1江戸川大賞in江戸川

 次に、倶楽部平和島杯を制した85期4050田口節子の話。本日、妹のベーシスト田口裕美子(YUCCO)が在籍する中ノ森BANDが本日解散を発表。津G1企業杯JAL女子王座決定戦2日目だった3月5日にニューアルバム「エレクトリックガール」を発売するも、3月末にボーカル兼ギターの中ノ森文子が喉を手術する為活動休止。それから活動を再開する事なく残念な解散になってしまいました。解散に関してYUCCOは☆(  )☆の題名で解散を発表し、題名が( )な理由は皆のそれぞれの題名を付けて、それぞれの気持ちで読んで欲しいからと記述してます。
中ノ森BAND/Fly high

オール大阪連続優勝中のタナシン、Fに散るも田口節子SG水神祭

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 メッカ住之江で開催中のSG笹川賞は3日目。5Rでインを取ったのは5号艇田中信一郎(大阪)。タナシンはイン速攻で先頭に立ちますが、残念無念+05のフライング。今年はオール大阪の全大阪王将戦ラピートカップ優勝、直前の鳴門G1大渦大賞優勝で今回の最有力候補のひとりだった大阪の巨人タナシンがまさかまさかの脱落です。
 これにより、2コース順走で2番手につけていた1号艇田口節子が繰り上がって1着になりましたが、田口はこれがSG初1着で水神祭が行われました。尚、このレース5着だった岡崎恭裕も前半2Rのイン戦を制してSG初1着の水神祭を行ってます。
 さて、田口節子といえば中ノ森BANDの新曲「旅への扉」が7月25日発売予定。今度の新曲はBassのYUCCO(田口裕美子)が作詞した初めてのシングル曲です。

 本日はコースを取りに行く艇が目立ち、3Rでは4号艇今村暢孝がイン取りで08トップスタート。しかし今村の先マイはかかりが悪く、コース取られた1号艇木村光宏が2コース差しで1着、のぶたかは2艇に差され1艇に捲られで4着でした。
 続く4Rスタート展示インコースの1号艇中村有裕が本番ピット遅れて5カド進入。そして、がむしゃらさのかけらも無い42スタートで5着敗退。でも、がむしゃらにインを取った2号艇三嶌誠司も3コース11トップスタートの3号艇田村隆信に捲られてしまい4着敗退、1着はがむしゃらに捲った田村でした。

 最後に、6Rでは赤ヘル軍団の総大将、3号艇山本浩次の3コース捲りに飲み込まれたインの1号艇峰竜太が、6コースの6号艇山崎智也にカマ掘られて転覆、更に外へ流れた山崎智也が1M出口でバランス崩して転覆(動画)というアクシデントがありましたが、2人共減点無しで帰郷も無しと無事でした。

 ここでK-BATTLEの宣伝。しげ爺さん主催の今回大会「笹川賞 勇気を笑顔に優勝戦」は準優12人、優勝戦12人の勝ち抜き制(ルールはこちら)。参加自体は終盤2日でも可能なはずですが、大会優勝の権利を得るには予選で6R分の予想が必要なので参加希望の方でまだの方は4日目で6R分の予想をしましょう。

蒲郡G3新鋭リーグ戦優勝戦

 2007年度昭和アーケードが今節初日の26日からオープン。目玉として、昨年はメイドがいるキリンビアホールがありましたが、今年はラウンドガール兼任のビア・エンジェルがいるキリンビアガーデンです。即ち、Gガールとメイドの融合。

 てっぺんを目指しての攻防、優勝戦は1号艇赤坂俊輔が3コースからつけて舞う3号艇萬正嗣をブロックしての逃げを通算3度目の優勝。しゅんすけ、蒲郡にダブルタイフーン巻き起こし赤い赤い赤い坂のV3戦士でしゅん。
 2コース順走の2号艇宇佐見淳が2番手で萬が3番手も、心の支え、乗り心地が来た萬がズバット解決全速捲り差しぃ!萬に捲られたうさみは、大外差しからBS内伸びた6号艇吉川喜継に突進されて最後方へ後退したので、ここで萬が単独2番手となりました。

丸亀日刊スポーツカップ優勝戦

 1号艇花田和明がインから押し切り通算26回目の優勝。後続は3コース捲り差しの4号艇篠原俊夫と4カド差しの3号艇久富政弘でラップ状態が続きますが、3周1M外を回った篠原がバランス崩して勝負あり。久富が地元の篠原に競り勝ちました。

 さて、初日1Rで大捲りを決めデビュー戦水神祭を飾った100期新人中田元泰。昨日の8Rでもズバッと捲り差して通算2回目の1着ゴールを飾ってます。GENTA NAKATAの次回斡旋は6月13日から若松マンスリーKYOTEI杯です。 

江戸川内外タイムス杯5日目

 各レーサーが激しい競り合いを展開しています今日の水面上は第8Rを迎えております。このレース2号艇1回乗りの中尾誠エンジンのパーツを換えての登場です。今シリーズは粘っこいところを見せているんですが、エンジンとの格闘も連日続いているようです。その中尾、インから逃げる柴田明宏を差して先頭に立ちますが、柴田もなかなかコーナーワーク鋭く2M差し返しで2周1M先行ターンです。中尾は差しますが、「腕はアッパークラス、しかしエンジンの方はロウワークラス(動画」の中尾は逃げる柴田を捕まえられず、2M逆転に成功した柴田が追っ手を振りきり1着です。尚、中尾はこのレースを最後に負傷帰郷しました。


 6日間の長丁場を勝ち上がって来ました6精鋭によって争われます優勝戦の枠番です。

1:高沖健太 2:森秋光 3:岡瀬正人 4:秋山直之 5:後藤正宗 6:福島勇樹

 初日江戸川選抜のメンバーから中尾誠(帰郷)と岡田憲行(1回乗り希望)が消え、岡瀬と後藤が乗ってきました。秋山にゃんが優勝すれば優勝者当てクイズ的中ですが、足の方がいまいちなのでベタ水面では苦しそうです。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ