ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

中国地区選手権

宮島G1中国地区選手権と江戸川スポニチ杯と多摩川カップの優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は、川崎市と市川市の間にある江戸川でも場外発売された今年最後の地区選宮島G1中国地区選手権が最終日を迎えました。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇川崎智幸(東京在住岡山支部)が07トップスタートの速攻を決め、今年V6・地区選V2となるG1V5・通算40回目の優勝
 差し順走の2号艇市川哲也(今節選手代表)が2着に入り、川崎氏と市川氏のワンツー。

江戸川スポーツニッポン杯優勝戦

 A1不在の大混戦シリーズは4号艇吉田宗弘(東京87期4093)が09トップスタートを決めて捲りきり、2006年3月14日児島G3新鋭リーグ第2戦瀬戸の若鷲決定戦以来となる通算4回目にして江戸川初優勝
 管理規定違反で2009年11月から約半年間の斡旋停止処分を受けてた間、時給800円の派遣業務で食いつないだインタビュー記事が東京スポーツに掲載された苦労人は斡旋停止から2010年6月に復帰後の初Vを昨年12月の当地報知新聞社杯以来の優出で飾りました。

 後続は二段で続いた5号艇山下和彦(広島)とイン残した1号艇深井利寿で接戦になりますが、2M内から先行した深井を山下が差しきり2着。


 ここで優勝戦以外の出来事。
 1Rで4号艇竹内吉弘がカド捲りを決めて、昨年11月にデビューした37歳の新人東京107期4613竹内吉弘はデビュー初の2着に入りました。

多摩川カップ優勝戦

 これまで年末開催だった多摩川カップですが、今年は年末にG3女子リーグ第10戦リップルカップが開催されるために、この時期に移動。
 とはいえメンバーは例年通り関東のA級選手が多く出場し、優勝戦は6人中5人が多摩川選抜戦メンバーで、残る1人も現A2ながらSGVの実績を持つ優出3号艇の矢後剛
 ちなみに多摩川選抜1着の中野次郎は昨日の12RW準優勝戦後半1号艇でフライングしてしまい、当確だったSG総理大臣杯もアウトになってしまいました。

 レースの方は枠なり3vs3の進入から1号艇飯山泰が09トップスタートも2号艇中里英夫の強捲りを張り飛ばした分懐が甘くなり、そこを見逃さなかった4号艇江口晃生が飯山やすしを差しきり、今年3回目・多摩川2回目・通算64回目の優勝

舞え、龍が如く。出でよ、瀬戸ノ海龍!【徳山G1中国地区選手権競走】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
瀬戸ノ海龍-いざ往かん、天下を目指して- 今年は周南市徳山競艇で開催されたG1中国地区選手権競走。レースCMに選手紹介、表彰式の動画コンテンツに加えてpdf版のパンフレットも手に入る充実した特設サイトは中国地区以外の競艇ファンが見ても大いに楽しめる内容です。
 「ああっ巫女さまっ」な特設サイト関連の話題は後回しにして、最初はレースの話題から。

 地元山口、広島、岡山が2人ずつ乗艇した優勝戦は4号艇寺田祥(山口)と6号艇市川哲也(広島)が動いて14/26/35の進入になり、1号艇山口剛(広島)と寺田♂がやや深い起こしに。
 91期たけし軍団員の山口剛(たけしと書いてつよしと読む)にとって決して楽なイン戦ではありませんでしたが、山口は10トップスタートをびしっと決めての速攻戦であっさり逃げ切り、完全Vだった昨年9月大村秋のスピード王決定戦以来となる通算13回目にしてG1V3、そして2002年12月11日の一般競走初日1Rで水神祭を挙げた地である徳山では初優勝
 地区選V5狙っての捲り差しは寺田♂に抵抗されて山口にこそ届かなかったものの寺田♂を叩ききった力強い旋回を見せた永遠のプリンス・2号艇今村豊(今節選手代表)が2着。寺田♂が3着に入って山口選手と山口県民で上位独占です。

 さて、山口剛が手にしたモーター43号機はワースト機ながらも前検タイムは3位と「全部の足が上位レベル」。そしてドリーム戦で単騎ガマシの6コース遅れ差しから激しく伸び、2M激しく艇を伸ばしての先行はかかり鋭いターンで後続を引き離しての白星で6万舟を提供した勢いに乗り予選1位になって準優、優勝戦もトップスタートの豪快なイン戦で勝利。もう完全に広島支部の顔になりましたね。
昨年11月1日G1宮チャン時の山口ツヨシ


【競艇に萌えを融合したっていいじゃない】

 アニメチックな巫女さんのビジュアルが特徴的で、レースOP用VTRにも使われた程な今年のチュウチク。徳山競艇と巫女のかかわりといえば徳山競艇場開設時の市長にして遠石八幡宮宮司でもあった黒神直久氏の功績を称えた黒神杯ですが、夏よりアツい!?熱戦が繰り広げられた昨年8月のG1徳山クラウン争奪戦のビジュアル(特設サイト参照)に続いてアニメ調のビジュアルを使ったら以下の現象が。

 競艇ブログ咲・舞で行こう!さんが周南市競艇事業部事業課の企画宣伝担当の方に質問メールを送って回答あいこさんが来た件をきっかけにAugust Dojin Data Baseさんやにゅーあきばどっとこむさんといった非競艇サイトが取り上げてまして、競艇サイト以外からも注目も集める今回のチュウチクとなりました。
チュウチク発走予告VTR


びわこ日刊スポーツ新聞社杯争奪荒法師賞優勝戦

 男は40から。優勝戦唯一の40代、アラフォー師匠渡邊伸太郎41歳が3号艇で乗艇した荒法師賞は枠なり3vs3の進入から10トップスタートの1号艇江夏満28歳がアラフォー師匠の捲り差しも5号艇萩原篤35歳の差しも振りきり通算9回目にしてびわこ初優勝
 後続は2M内から先行体勢に入る萩原に対しアラフォー師匠は外全速体勢。そして、内からおっつけてきた2号艇津留浩一郎34歳が萩原に激突し、煽りを受ける前に萩原を包みきったアラフォー師匠が2着。飛ばされるも踏ん張りきった萩原が3着。

丸亀ウインターカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇栗山繁洋佐賀支部長が09トップスタートの速攻で2号艇本橋克洋の強ツケマイを飛ばし、3号艇橋本年光の差しも振りきって、2004年5月大村一般競走以来となる通算14回目の優勝
 2番手の橋本に対し、2M内に潜り込んだ本橋が2周1M内の利で先行して2番手浮上狙うも、ここは余裕を持って差した橋本が2番手を守り、橋本橋対決に勝利。

厳島百競の競艇三国志は白井西京+平和島+鳴門金時

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 安芸広島・吉備岡山・西京山口の競艇三国志をテーマにし、「なるほど!競艇三国志」という動画も製作された宮島G1中国地区選手権は本日最終日。ちなみに白い西京味噌西京漬けは山口では無く京都の特産です。
 さて、初日ドリームトライアル西京大戦と2日目瀬戸の英傑ドリームを制した勢いでシリーズリーダーになった西京の白鮫・白井英治(80期3897)が1号艇になった優勝戦三国統一厳島大決戦は1253/46の進入から白井が08トップスタートの白井西京技で押し切り、白鷺舞い降りずにG1V4・通算36回目の優勝。今年は完全優勝だった年越し開催下関スポニチ金杯争奪関門大賞に続くV2です。あとは三国競艇の記念を取れば名実ともに競艇三国志の覇者ですね。
 後続は順走した安芸の英傑・2号艇前本泰和が2番手、意欲的な3コース進入からつけ回った安芸の一等星・5号艇山口剛(今節選手宣誓担当)が3番手でしたが、2周1Mで山口が全速つけまいを前本に浴びせ逆転2着に入り、ここに山口県民と山口選手による山口ワンツーが完成。ちなみに山口は選手紹介後、丸亀G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦優勝報告会を行ってますが、特設サイト選手紹介動画からそのまま続いて見られます。

平和島内外タイムス杯優勝戦+カンチク情報】

 月曜日以降は競艇三国志中国地区選手権との併用開催だった4日間シリーズは進入隊形152/346のインから00タッチスタート放った1号艇重成一人(80期3908)に対し、02スタートの2号艇小宮淳史(80期3890)がつけまい敢行も重成に合わせられバランスを崩し転覆。重成が単独先頭に立ち、差した6号艇金子貴志と捲り差した4号艇岩井繁で2番手争い。金子と王者岩井繁に挟まれた形の5号艇福田雅一も切り返して立て直しの構え。
 そんな後続の激しい争いを尻目に2M先頭でターンする重成でしたが、「おっと1号艇の重成が振り込んだぁ〜1号艇振り込みましたぁ〜(動画」と2Mに白鷺が舞い降りてしまい重成は最後方に脱落。2Mおっつけ気味に先制した福田を行かせて差した三国競艇の金子がラッキーな平和島初優勝。王者の旋回は重成振込詐欺の影響でやや流れ、HSで王者に舳先をかけた福田が2着に入り2連単28番人気13860円3連単最低人気93110円の高配当が飛び出しております。ちなみに金子の優勝は2006年5月多摩川デイリースポーツ賞以来となる通算8回目ですが、前回の優勝(動画)も今回の優勝もインタビュアーが伊藤政昭アナでした。


 さて、平和島次節G1関東地区選手権Wドリーム戦メンバーが発表されました。ファン投票で選ばれたメンバーと枠番は以下の通りです。

初日ピースタードリーム戦
1:濱野谷憲吾 2:平石和男 3:高橋勲 4:毒島誠 5:作間章 6:石渡鉄兵

2日目トーキョーベイドリーム戦
1:江口晃生 2:阿波勝哉 3:熊谷直樹 4:村田修次 5:須藤博倫 6:西田靖


 Tokyo bay piratesからはムテキング・アワカツサンド・クマ・さくまあきらの4人。中でも、カンチク唯一のA2ながら平和島新名物チルトサンド人気で阿波勝哉が堂々3位で選出されているとお伝えしておきます。ベイパ以外では東京ベイスターのホームラン王ムラッシュが7位で当選というのが私的強調材料。
 ここで東京つながりということで、江戸川競艇場外ボートピア習志野で1月27日に行われた宮本紀美&横西奏恵トークショーの記事が宮本紀美によるKYOTEIブログ〜VIVA!キューティーブログで公開された事を紹介。当人ならではの面白いネタ満載なので、行った方も行けなかった方も読む事を勧めるのです。

鳴門のいも屋杯競走優勝戦

 株式会社鳴門のいも屋のタイトル戦は6人中5人が関東地区という、さながら関東地区選手権の前哨戦。これで通算200優出となった1号艇江口晃生(群馬)は枠なり3vs3のインから1M先制も、2号艇山崎義明(埼玉)の差しと4号艇富永正人(埼玉)の捲り差しに入られ苦しい態勢。しかし2Mで3艇接戦の真ん中から艇を伸ばして先制した富永を江口が差しきり逆転。2周1M内から富永を牽制しながら回り先頭をがっちり固めた江口は通算57回目の優勝。表彰式で江口は早く帰郷して前検前に購入した鳴門金時の芋焼酎で晩酌するのが楽しみと語ってました。副賞の鳴門のいも屋鳴門金時焼き芋焼酎と合わせてWの美酒ですね。尚、2着は2M小回りから2周1M富永が張られた間隙を突いての内小回りで逆転した山崎義明埼玉支部長です。

【明日の予告】

 2日続けてえいじのG1制覇なるかが注目ということで渡邉英児が1号艇の蒲郡G1東海地区選手権優勝戦。えいじ以外ではチュウィ〜ンと伸びきるハイパワーの3号艇後藤正宗準優10Rの3周2M思い切った全速旋回で大逆転優出を決めた5号艇笠原亮が気になるところ。他にも同期池田浩美が見守る中で優出を決めた2号艇池田浩二、蒲郡と相思相愛な6号艇石川真二名古屋はええよ!やっとかめな4号艇坪井康晴と多士済々。

池本輝明生誕40周年記念第50回G1中国地区選手権

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 来年の児島SG総理大臣杯出場権も懸けた児島G1中国地区選手権優勝戦は1967年2月13日生まれの池本輝明が手にした好枠1号艇を生かし切って、惑いなしのイン圧勝で不惑のバースデーに記念初優勝。世にサユリスト溢れかえった1986年にデビューしてから通算では26回目の優勝で、その中には多摩川で当地マスコットキャラの艇王植木通彦(同期の出世頭)を負かした昨年6月の日本モーターボート選手会会長賞もあります。
2コース順走の大賀広幸と3コース捲り差しの辻栄蔵による2着争いは2M大賀を差した辻ちゃんが優位に立つも、2周2M内懐飛び込んだ大賀が再び接戦に持ち込み3周1Mを先マイ。しかし大賀を差した辻ちゃんが2番手を守って競り勝ちました。

江戸川日本写真判定社長杯4日目

 明日に行われます優勝戦進出を目指しまして各レーサーが鎬を削ります競走水面は第5Rを迎えています。8.60で得点率1位の市橋卓士は3号艇で乗艇でしたが、12トップスタートの川尻泰輔に4カド捲りを一発決められてしまいまさかの5着。ここを手堅く取って優出1号艇を目指すはずが一転勝負駆けになってしまいました。

 市橋と共に8.60で得点トップの大峯豊第10R1回乗りで優出そのものは当確ながら6号艇なので優出1号艇へは不利な状態かと思われましたが、第5Rで市橋が5着に大敗したことにより一転気楽な状態に。大峯は捲り差し不発で4番手の位置ながら3周1Mを小さく回って先行する川尻に並び、3周2M先マイで逆転3着。川尻に敗れた市橋に対し川尻を破った大峯と、川尻を巡って両者の明暗が分かれました。

 昨日まで7.00で山崎哲司と同率の得点率8位とやや苦戦していた戦前の優勝候補筆頭山崎義明が6号艇の前半第7Rが大外を克服しての捲り差し、1号艇の後半11Rが貫禄のイン戦で連勝。優出を決めただけでなく一気にポイントを押し上げました。

 2着勝負駆けになってしまった後半12Rの市橋は5号艇。しかし逃げる谷勝幸に届かずの外マイで結局4着。確勝番組で5着に大敗したのが響いて前日トップの市橋まさかの予選落ちです。対して混戦の2着争いを制した2号艇山崎哲司は2着条件の勝負駆けに成功。A1の山崎選手が共に優出成功です。


 賞金100万円の優勝戦ベスト6強の枠番です。

1:大峯兄 2:山崎義明 3:谷 4:山崎哲司 5:山本修一 6:奥平拓也

 先頭走るも2周1M抜かれて涙を飲んだ大村G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦から約半月、大峯にデビュー初優勝のチャンスが巡ってきました。DESIRE叶えて明日は特別スペシャルデーとなりますでしょうか。

浜名湖福島民報創刊114周年記念ふくしまグリーンカップ優勝戦

 児島−宇多津−丸亀と電車で2駅510円の瀬戸内両競艇場。そのご近所同士で枠を独占した福島民報創刊114周年記念の優勝戦は丸亀組が内枠4艇を独占。そして1号艇に陣取った香川最強の三嶌誠司が仕事きっちりイン戦圧勝で今年2回目・通算39回目の優勝。ここに乗り込む前の7日にオークラホテル盛大に行われ大成功を収めた模様のSG祝勝会の勢いそのままにエビス色紙効果もあったかシリーズ独壇場でございました。ちなみに新居町からミシマさん第二の地元刈谷までの運賃は1110円です。
 しかし他の香川A1がちょっとだらしなく、2コース順走の木村光宏はミシマさんの引き波を踏んで流れて3着まで、ちょっとかわいい顔だけど向こうっ気は強い3コースの中岡正彦は27と凹んで無理つけまい、そして周回毎に順位を下げて6着というていたらく。そんな中、通算優勝0回な香川の伏兵松下知幸(A2)が4カド差しで2着に入り、香川ワンツーとはなりました。

大村長崎県MB会長杯優勝戦

 ミシマさんと同県同期でG1江戸川大賞優勝実績も一緒な1号艇福田雅一宮迫暢彦の2コース差しを振り切って通算32回目の優勝
 2番手の宮迫は4カド差しから2M内を突いてきた瀬尾達也を意識したか2Mでターンが流れ、3コース外マイの林美憲がここで2艇を差して2番手浮上。しかし2周1Mで林は福田の引き波を踏んでもたつき、そこを瀬尾が差して逆転2着。

三国日本財団会長杯水仙花賞優勝戦

 指定席レストランと同名の開催は追加斡旋の1号艇横西奏恵が逃げの体勢を完成させて今年2回目・通算22回目の優勝。4コース捲った香川素子が2番手、2コース順走の日高逸子が3番手も2周2Mで香川がバウンドしてしまい、この隙に内を回った目高さんが逆転の2着で今節2人しかいないA1選手のワンツー。三国次節は16日からおまちかねのきさらぎ第2戦です。 

鳴門優勝戦

 1号艇新田智彰がイン14トップスタートの速攻戦で通算6回目、今年は野ばらのような尼崎報知ローズカップ争奪戦に続く2回目の優勝。3コースから差した今坂勝広が2着。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ