ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

中岡正彦

びわこ天皇野崎進引退記念びわこ王座決定戦最終日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 びわこの王座を決める戦い報知新聞社杯争奪びわこ王座決定戦は本日が最終日。まず4Rでは今節選手代表にして、かつてのびわこ天皇野崎進59歳が1号艇で現役最後の乗艇。
 124/563の進入から6号艇桑原啓が05トップスタート踏み込んで捲りに行きますが、12スタートの2号艇の細川明人が先捲り。野崎は細川に捲られてしまいましたが小回りで残しきり、現役最後のレースは2着でした。
 京都在住滋賀支部の31期2497野崎進は1971年5月15日の津競艇でデビュー。1973年12月の蒲郡戦で初Vを飾り、翌年には早くもG1初参戦。自分が競艇始めた時には既に山田豊守田(中川)俊介がびわこの主力になってましたが、それ以前の滋賀支部を代表する選手として活躍した野崎進は1984年の宮島開設30周年記念でG1初優勝。その後、1991年と1993年の地元びわこの施設改善記念も優勝し、主な戦績はSG2優出、G1優出13回うち優勝3回で、通算1977勝で通算優勝73回の成績を残して艇界を去ります。
 レース後にはかつてのびわこ天皇の功績を称え、引退セレモニーが行われました。約38年間お疲れ様でした。


 優勝戦は枠なり3vs3の進入から4号艇白石健が12トップスタート決めて捲りに行くものの、これを受け止めきった1号艇中岡正彦が押し切り、通算34回目の優勝で第31代びわこ王座位に。
 後続はしらけんに加えて差し順走の2号艇黒崎竜也と差し伸びる6号艇川島圭司(滋賀)の偶数艇トリオによる2番手争いになり、2Mは最内突いてきた川島を包んだ黒崎と差したしらけんの2艇が優勢。しかし川島が切り返して内に潜り込んで2周1Mを先行して一気に主導権を奪い、2周2Mと3周1Mで内突っ込んできた黒崎を軽く捌いた地元川島が野崎進引退記念日に優出2着。

 3月10日から始まるびわこ次節はこれまた由緒あるレース名で、第52回G2秩父宮妃記念杯。結核予防事業協賛である秩父宮妃記念杯は2000年度まで開設記念のレース名(現・びわこ大賞)であり、2001年度から現行のG2戦になっております。最終日の15日にはルミエル・デュ・ソレイユのイリュージョンマジックショーがあるとのこと。

オーシャン・パシフィック・ピースアイランドのキリンカップ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
夏だ!ビールだ!キリンカップだ!!! 124/536の進入になった平和島G3企業杯KIRINCUP優勝戦は追い風6mに流され深インの1号艇上平真二を08トップスタートの2号艇佐々木康幸が捲ります。が、足を過信した佐々木の捲りはふにゃふにゃっと流れたぞう。そんな展開を突いた4号艇中岡正彦が差し抜けて先頭に立ち、平和島4回目、今年3回目、通算29回目の優勝。2番差しの6号艇室田泰史が2着でした。
 そして後続は東京ベイの大魔神佐々木が2Mフルターンで室田を抜こうとするも流れ、ミスター平和島の3号艇野澤大二が3番手に。ですが、3周1M機力の違いで野澤をつけまいに沈めた佐々木が3着を取り返してます。

 さて、平和島を得意としていて体育の日に平和島で開催されるSG全日本選手権にも出場する二枚目レーサーの中岡は優勝賞金200万円と副賞のキリン・ザ・ゴールド3ヶ月分を手に入れました。ビールは飲めない中岡ですが、200万円はアルファード購入資金にあてたいとの事です。
キリンカップ記念撮影キリンカップ表彰式

 本日は情熱熱風せれなーでが吹く猛暑の平和島(最終日売上4億5526万5300円)に優出者インタビューの時間からいたのですが、先ずはまっちゃんさんがいた最前部に。インタビューを見たり、キリンジョッキーズのイベントを見たり、勝利者Tシャツ抽選会で佐々木のTシャツとTokyo bay piratesうちわをもらったり、マイミクのふにゃ蔵さんに会ったりR/Callさんに会ったり悪代官さんに会ったりして冒頭の優勝戦に至ったのです。
キリンジョッキーズイベント佐々木サイン入りキリン一番搾り捲りTシャツキリンカップ優出者インタビュー中岡キリンカップ優出者インタビュー佐々木

 さて、中岡が優勝したので表彰式(動画)終了後、もちろん牛小屋に行ってきました。中岡をクラゲ頭と呼ぶマスター曰く、今日みたいな強い追い風は舟券が超難解だと言ってました。向かい風の方が買いやすいとの事です。
クラゲのサイン入りピースター


蒲郡サマーナイト特別優勝戦

 整備でモーターに活を入れました、ポールトゥウィンのイン速攻劇を狙う1号艇小畑実成イーグル会長に対し、湧き出ずる勝負強さが頼もしい地元の2号艇石川真二の差しがズバッと機敏に突き刺さり前走地尼崎BOATBoyカップに続く2節連続の今年V4、通算41回目の優勝。小畑は5カド差しの5号艇瀬尾達也に並ばれるも、2Mフルターンで瀬尾を振りきり2着でゴルィン。

常滑G3新鋭リーグ戦若獅子杯優勝戦

 1号艇毒島誠が他を寄せ付けない独走の逃げで今年3回目、通算5回目の優勝
 3艇並んだ密集の2番手は、2コース順走の2号艇安達裕樹を、4カド外マイの松村敏と5コース差しの松村康太によるW松村で挟み撃ちの形。しかし、内から先に回った松村康太を行かせて差しつつ外を回った松村敏をも振りきった安達裕樹がW松村を抑えての2着です。

BPまるがめ開設21周年記念ペプシコーラカップ優勝戦

 場外舟券売り場発祥の地ボートピアまるがめの開設21周年記念ペプシコーラカップは阿波国から来た1号艇丸尾義孝徳島支部長のイン戦も、3コース08トップスタートの4号艇草場康幸が丸尾君の抵抗に遭いつつも捲りきりますが、チルト+1.5度大外進入の3号艇阿波勝哉がこの展開を突いた捲り差しで突き抜け通算10回目の優勝。阿波の支部長が消えても阿波が勝つ。今節の阿波勝哉は捲り一発だけでは無いところを披露しました。レースを作った草場は2M→2周1Mと捌ききって2着に入ってます。

下関ビバックス杯争奪戦優勝戦

 キリンビバレッジ商品を中国・四国全域と兵庫県西部地区に支店20ヵ所のネット網により販売するビバックスのタイトル戦、つまり実質キリンカップは1号艇繁野谷圭介(81期3915)がイン35スタートのドカ遅れをやらかし、直外14スタートの2号艇松下知幸(81期3910)が繁野谷と叩いての先捲りで先頭に立ち、デビュー初優勝へ一直線と思いきや、4カド捲り差しで2番手の4号艇坂口周が2Mで松下を差して逆転。副賞でキリン清涼飲料1年分を獲得した坂口は今年V5となる通算15回目の優勝です。

鈴木博1000ショーの行方は?】

 11日からの平和島次節デイリースポーツサマーカップに出場する埼玉支部の鈴木博は現在999勝。スカッとさわやか戸田アクアマリンカップの初日連勝ときて戸田橋花火大会の2日目は2着2本の足踏みでしたが、2号艇の8Rで遂に決めてくれました。
2コースの鈴木博は18トップスタートからの俊敏な差し技でインの1号艇海老澤泰行をスカッとさわやかに差しきり通算1000回目の1着ゴールを飾りました。地元水面での達成おめでとうございます。

しらなみ立たぬ波高0cmのセンタープールはしらなみ賞最終日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 王者松井繁服部幸男先生、2人合わせて記念V60を誇る64期両雄揃い踏みで注目された尼崎スポーツニッポン杯争奪しらなみ賞競走は本日が最終日。
 残念ながら準優12Rで1日早く両雄の直接対決となり、王者の5号艇3コース捲りを1号艇インの服部先生が「水の上では同期も親友もない」とばかりに張り飛ばして服部先生は1着になったものの王者は5番手。そして2Mで王者の前を走る同期の4号艇沖本健二が振り込み転覆(選手責任)したので追い上げも出来ず転覆前退きの4着に終わり、両雄揃い踏みとはならず。ちなみに服部先生は準優12R1号艇の1着ですが、予選順位は3位。目玉番組ということで12Rになったんですね。


 準優4着ながら11R選抜戦で1号艇に組まれ、各方面の期待に応えるワンマンショーで1着となった王者レースが終わり、いよいよシリーズの頂点を決します優勝戦の幕開けです。
 ミスター神戸カンパニーこと6号艇沼田嘉弘が回り込みを見せますが、昨年12月のセンタープール杯争奪ニッカングローリー賞競走に続くセンタープール連覇を目指します1号艇中岡正彦とペラはヤマトで勝負です・2号艇中嶋誠一郎が枠を主張し126/3/4となった進入から、落ち着き払った貫禄の皇艇・Do my best3号艇服部先生が攻めの姿勢を見せるも地元の意地で沼田が激しく抵抗。この間にインからあっさり押し切った中岡がやや不満な出足を抜群の伸び足、そして気合いでカバーいたしまして通算28回目の優勝であります。クラゲみたいな頭、そして写真写りもクラゲみたいにつかみどころのない選手ではありますが、写りがいい時はかなりのイケメンになる中岡であります。
 後続は混戦捌いてしのげる渋い回り足が自慢であります4号艇後藤孝義が2番手航走も、BS5番手だった服部先生が2M差しで中嶋に舳先を入れて一気に3番手に上がり後藤を射程圏に。そして2周2Mやや流れた後藤を一気に差しきり逆転の2着ゴール。優勝できずとも目玉選手の存在感をたっぷりと魅せた服部先生であります。以上でございます。

丸亀G3新鋭リーグ戦優勝戦

 来年の新鋭王座会場であるまるがめで、一発権利とデビュー初優勝目指して5号艇森安弘雅が回り込み、進入は152/346。しかし前付けに惑わされずにイン02トップスタートの山口剛が押し切り通算5回目の優勝。ここ2年は新鋭リーグ戦での優勝が無く、2年とも事故点オーバーで選出除外。特に今年は選考勝率7.21にもかかわらず事故点オーバーという痛い結果に終わった山口剛ですが、この優勝で事故点関係なく来年の新鋭王座に出られます。怖いのはF休みだけですね。
 優勝で一発ツモこそならなかった森安ですが、多摩川G3女子リーグ戦モーターボートレディスダービー選手紹介で女22歳競艇にかける西村美智子に「新鋭の森安さんゲッツがんばってね☆うい〜ん(はぁと)」とエールを送られた効果もあったか、かかり鋭い小回り順走で2着ゴール。自身の成長と美智子パワーで地元新鋭王座出場が行けそうな感じですね。

三国うづき第1戦2日目

 お天気に恵まれて進めていますうづき第1戦は2日目。4日間決戦は早くも予選ファイナルの水上。好枠目指して戦う者。油断大敵、得点率は落とせない者。そしてボーダー上から勝負をかける者。それぞれの思いがぶつかる水上は予選ファイナルラストカード記者選抜第12Rを迎えています(動画)。インから1345/62の順です。1秒前、スタートしました。1号艇手にした一瀬明が準優当確とはいえ好枠目指してスタート緩めず思い切った01スタートを決め、内側狙って差してくる3号艇原田順一を振り切りトップでゴールイン。この勝利で一瀬は準優11R1号艇を手に。以上でございました。

【土曜競馬キルトクール】

 女子リーグ戦の大一番海老澤清杯G1桜花賞を日曜に控える阪神の土曜は是政女王決定戦G1ヴィクトリアマイルの前哨戦であるオール女子戦G2サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス。今回のキルトクールはアサヒライジング。どちらかというと中距離以上で力を発揮する先行馬なので、今回の1400mではペースに対応できずに揉まれて終わってしまうのでは。それに産経杯で朝日というのもどうかと。
 ついでに、同じく距離不足のディアデラノビアは2着3着の予感。

 中山G2ニュージーランドトロフィーのキルトクールはダートで3戦無敗のシャドウストライプ。芝適性も怪しいですが、それ以上に距離適性も怪しそう。

【祝700勝】平和島巧者の中岡正彦が総理杯を前に優勝で津

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 W準優制の5日間開催津年度末感謝レース第1弾年度末感謝レース第2弾は15日から4日間)は今日が最終日でしたが強風高波浪で終日2周戦。枠なり4vs2の進入となったオープニング1R(北西向かい風10m波高10cm)では3コース+13スタートからの差しで先頭の前田昭広を始め内側4艇がフライング。08スタートからの5カド差しで2番手航走の上園正明が繰り上がりで1着となっております。

 そんな4艇Fのアクシデントで始まった最終日、優勝戦は北西向かい風8m波高6cmで行われて進入は枠なり3vs3。通算699勝の1号艇中岡正彦が三号艇三コース三角哲男の捲り差しを振り切り通算27回目の優勝を飾ると共に、通算700勝達成。次回斡旋に平和島SG総理大臣杯を控える中岡にとって平和島は36号機まつりだった2002年SG総理大臣杯でSG初優出を果たした思い出の地。その平和島総理杯を前に縁起良く今年のは津優勝なので津。

みどり市発足1周年記念市議会議長杯優勝戦

 桐生競艇の主催が阿左美水園競艇組合からみどり市になって1年、最終日は赤城おろし吹き荒れる強風高波浪で3R以降2周戦に。西追い風11m波高13cmの優勝戦は枠なり5vs1となり、インから逃げた新美恵一が38回目優勝。4コースから捲った鎌田義が2M捌いて2着に入り、みどり市発足1周年記念は次回斡旋に総理杯を控えるふたりでワンツー。

蒲郡愛知・静岡対抗戦優勝戦

 動きを見せた思い切った進入は艇界の武藤敬司こと5号艇佐藤大介(愛知)。エンストを伴っての前付けでイン奪取成功。そして1号艇野長瀬正孝(静岡)はじゅうぶん、じゅうぶん、じゅうぶん(動画)に間合いをとっての2コース戦で進入は5/123/46。佐藤にイン取られて不快になりながらものながせは冷静な起こしで楽ダ捲りを決めて優勝のゴルィン。パワ−シフトに信頼の巧腕で3節連続Vを飾ったのながせは通算44回目のVで蒲郡はV6。
 しかし個人戦は静岡でも団体戦は愛知。5カドから差した杢野誓良(愛知)が2着、イン踏ん張った佐藤が3着だったのとは対照的に、3コースから捲り差し狙った横澤剛治(静岡)はのながせと佐藤の間を割ろうとしたら佐藤に張られあわや転覆という一回転。エンストから復帰して何とか完走はしたものの大きく遅れてのゴールイン。更に6号艇幸田智裕(静岡)が1M振り込んで転覆しており、のながせ以外の静岡勢は不運な結果となってしまいました。

江戸川初日

 江戸川競艇今シリーズは今日から15日まで4日間の短期シリーズです。初日の最後のファンファーレが鳴り響きまして江戸川選抜12R対戦6選手の登場です。人気の中心になりました住之江SG笹川賞当選レーサーは1号艇馬袋義則。内側3選手がいいスタートを決め、その馬袋がインから逃げの態勢を作ろうとしましたが、2号艇川添英正の差しが入って併せ馬の形となり、2Mを先制した川添が1着。川添に差されたうまは2着でした。そして3着には捲り差し不発もダッシュ勢は振り切った3号艇谷川里江が入り、内枠3艇が上位独占。

 抜けるような青空が広がりました今日の江戸川競艇、1走目にしてエンジンのパーツを換えての登場となりました泉具巳が連勝。空中線の小旗が1M方向に緩やかにたなびいていますレースコンディション(南追い風3m波高5cm)となった6号艇の第6Rが04トップスタートから強気な大外強襲捲り、南追い風4m波高10cmとやや水面が悪化した1号艇の第10Rが11トップスタートのイン速攻と、スタートを武器に連勝致しました。昨年3月の日本モーターボート選手会会長賞で優出1号艇となった実績が生きた形のともみちゃんです。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ