ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

中日

戸田ウインビーカップ・イーバンク協賛+東海の中日開催3本

 iモード電投及びPC電投のお供イーバンクが協賛する戸田ウインビーカップ・イーバンク銀行協賛はメーデーから始まり、開催最終日にしてゴールデンウィーク最終日でもある本日はなんと14746名の入場で売上も全国1位の6億174万9400円。今年のウインビーカップは例年と違ってオール埼玉支部では無くなったものの優勝戦はオール埼玉支部。1983年5月6日生まれの濱崎直矢も4号艇で乗艇です。
 レースの方は1236/45の進入から濱崎が捲り差しに行くも入りきれず流れ、3日目12R以外全て1着だった1号艇後藤浩が逃げ切りゴトールデンウィーク開催を優勝。これで今年2回目・通算40回目の優勝となりましたが、戸田では2004年10月一般競走以来久々の優勝でV6。地元Vの喜びに、ウイニングランもメットを外してさわやかに駆け抜けました。
 後続は濱崎と外マイの5号艇向後龍一で併走となり、それに小回りの2号艇須藤博倫も内から迫るも、2Mで外の向後を牽制しつつ須藤を包みきった濱崎がバースデーに2着ゴール。そして3着が2艇接戦となり、2周1Mつけ回った須藤が一旦抜け出すも3周1Mで向後は切り返して内に潜り込み再び接戦に持ち込みますが、最後は須藤が向後を外から被せて振りきり意地を見せています。ちなみに今日は中田大輔のトランポリンショーがあったので、12時過ぎに起きた自分がこっそり到着した16時頃もトランポリンが設置されてました。
誕生日おめでとう濱崎直矢トダンポリン


浜名湖中日新聞東海本社杯優勝戦

 薄暮レースの7日間開催は82期三羽烏揃い踏みとなった頂上決戦は4号艇横澤剛治(82期3956)がピット出遅れるも回り込んで枠を守り、枠なり4vs2。こんな隊形になりましたが、1号艇坪井康晴(82期3959)はすんなり逃げ切り今年3回目・通算26回目の優勝。つけ回った2号艇菊地孝平(82期3960)が2着に入り、外を張っての差しハンドルを入れた3号艇笠原亮(84期4019)が3着。横澤は1M外マイも笠原に届かず4着に終わり、82期三羽烏の上位独占なりませんでした。

蒲郡中日スポーツ賞竹島弁天杯争奪戦優勝戦

 今節初日から昭和ハワイアンアーケードがオープンして、7月3日からのG1江戸川大賞(蒲郡開催)に向けてお楽しみが増えたわけですが、オープン第一弾・竹島弁天こと八百富神社のタイトルが懸かった竹島弁天杯の優勝戦はスタート展示145236だったものの本番ピット離れぶっしゅ〜ん!(動画)と飛び出した4号艇都築正治がインを奪い、5号艇石川真二も回り込んで2コース進入。1号艇天野晶夫は3コース進入となりインコースから45/1/236。充分な助走距離をとってのカド受けだった天野は捲り差しに行くも07スタートからぶしゅっと逃げたツヅッキーには届かず、先制あこターンで一気の逃走態勢を築いたツヅッキーが今年3回目・通算47回目の優勝昨年に続く竹島弁天杯連覇達成。正月の常滑中日スポーツ杯争奪新春特別競走も制しており、盆正月GW三冠にリーチをかけました。
 ツヅッキーの次節は5月10日から15日まで桐生タイムス杯。残念ながら17日から始まる当地G1オールジャパン竹島特別の斡旋は入ってません。ちなみに昨年も竹島特別に呼ばれず、追加斡旋で同日程のG1江戸川大賞に呼ばれました。

 さて、本日の表彰式終了後は102期新人選手紹介。尾張旭出身で国立静岡大学を休学して競艇の道に進んだ4499滝川真由子を始め、4492本多宏和、4509平見真彦の3人が登場してネット中継でもOAされました。デビューは本多宏和と平見真彦が9日から蒲郡BOATBoyCUP、滝川真由子が10日から常滑競艇TV!レジャチャン専用ch開始記念JLC杯争奪戦競走となっています。

常滑中日スポーツ杯争奪チャンピオン大会優勝戦

 124/356のインコースからトップスタートぴたっと決まった1号艇新美恵一が18トップスタートを放ち一目散に先行して他艇を寄せ付けずリードは5艇身。と1Mで決着を付け通算40回目の優勝。2番差しの4号艇仲口博崇が2番手航走も差し伸びた6号艇久田武が2Mを先行。しかしこれを行かせて捌いたヒロタカマンが2番手を守り、1M外マイから2M内に切れ込んだ5号艇吉田隆義が2周1M内から先行するも、これを待って引いて差したヒロタカマンが2着を取りきりました。

大村九州スポーツ杯GW特選レース優勝戦

 5月3日の2日目以降マイルクラブ大村24ポイント2倍開催だった5日間シリーズの最後はオール地元選手の一戦となり、枠なり3vs3の並びから外2艇と2号艇山口博司がスタート遅れてスリットばらつき、カドから勢いよく17スタート放った4号艇赤坂俊輔とぶつかった23スタートの3号艇飯山晃三が先捲りで応戦。これに14トップスタートの1号艇吉田一郎が抵抗して、懐がら空きになったところを俊敏に捲り差した赤坂は通算5回目の優勝
 後続はイチローが2番手も、小回りの山口がBS伸びて内から2Mを先行。しかしイチローは行かせて捌き2番手をキープ。そして一番遅い48スタートだった5号艇榎幸司は1M遅れ差し5番手だったものの2M小回りで山口との3番手争いに持ち込み、山口と併走。これが2番手を走るイチローにも何らかの影響を与えたか、2周2Mでイチローは艇が暴れて流れる痛恨のターンミスを犯してしまい、イチローと山口を共に行かせたアントニオ榎が2艇まとめて差しきり48スタートからの大逆転2着。3着は3周1M先行した山口を差したイチローが3周2M山口に差されそうになるもなんとか3着を死守。

東海4場持ち回りの中日カップ蒲郡大会は濱野谷憲吾の独壇場!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 東海4場をぐるっと回る4年に1回のイベントG3企業杯中日カップ。蒲郡で開催の今年度で第21回となる中日カップは前年度(常滑)覇者守田俊介の登場こそなかったものの、前年の蒲郡G3企業杯S&Bゴールデンカレー杯覇者、東都のストロングヒーロー濱野谷憲吾が9戦7勝オール2連対の文句ない成績を残し優勝戦1号艇で堂々登場。
 レースは5号艇江本真治がピット遅れ、6号艇マッハGoGoGo田中豪と入れ替わり123/465。6コース踏み込んだ江本が出て行くがやはりコース遠く、2号艇魚谷智之がエモーショナルな無理捲りで抵抗。その間にイン10トップスタートの濱野谷がグリップして他を寄せ付けずのイン逃走劇ぃ!
今までは感性の男。しかし今年はペラを研究で努力の男。結果の出方も違います。今まで以上にスケールアップ完成度増して驚異の強さを今年は披露する。ニヒルなダイナミックケンゴ様濱野谷憲吾今最終コーナー回った。(動画
 かくしてTokyo bay pirates濱野谷憲吾が通算45回目の優勝ゴルィン。魚谷が江本をブロックした展開を利しての3コース差しで2着に入ったのは心憎いコーナーコーディネイトの烏野賢太マッハGoGoGo田中豪は江本に絞られたのが響いて、道中江本を抜いたものの4着に終わってしまい平和島ムテキング濱野谷憲吾との準優11R動画)に続くタツノコプロワンツーはならず。

 最後に、今回の中日カップは最終日売上6億4662万500円、6日間総売上27億1082万8200円と下手なMB大賞より売上が多かった事を付け加えておきます。中日ドラゴンズも知多ビーチの天使浅尾拓也がデビュー月にして早くもプロ初勝利とおめでたでした。

江戸川日刊ゲンダイ杯2日目

 今日もエキサイティングな走りが大いに期待されています2日目の水面上です。第2Rの開始です。差しで3番手航走の5号艇松下一也が2番手浮上狙ってインサイドをすくってきた2M出口でコロンと転覆。ここに6号艇上條信一が乗り上げエンスト(動画)。これにより上條は負傷帰郷により1号艇の第7Rを欠場。選手責任転覆+不良航法となった松下も負傷帰郷で2号艇の12Rを欠場したのですが、選手責任欠場で大量の事故点をお持ち帰りする事になってしまいました。

 その12Rは134/56となり、3号艇橋本久和が2コース差しで1着になったのですが、イン戦残して2番手の1号艇諏訪馨が2周1Mバタついてしまい、そこに4号艇今坂晃広が突っ込んでぶつかり諏訪転覆(動画)。ぶつけられた諏訪は選手責任転覆となっています。

 関東が誇るSGウィナーが1号艇で必勝を期して臨んだ11R。その戸田天皇池上裕次が3号艇岡本慎治に捲られて5着に敗れたにもかかわらず、1着のオカモトと5コース二段捲りで2着に来た5号艇笠原亮の組み合わせは2連単750円、3着が大外差しの6号艇永井源で3連単2490円の低配当でした。

三国G3新鋭リーグ戦ヤングヒーロー決定戦優勝戦

 ナウなヤングが激突した新鋭リーグ第5戦は4カド進入の郷原章平が04トップスタートから一気に捲ってインの1号艇吉永則雄を潰しますが、この展開を利して2コースから差した宇佐見淳が剛腕業腹を押さえて2Mを先制しデビュー初優勝。ちなみに愛知のうさみですが、宇佐美(名古屋市中村区名駅)ではなく宇佐見なので注意。

 宇佐見がヤングヒーローに決定した三国次節は27日から待望のうづき第2戦。おはよう特賞から最終レースまで4日間ごゆっくりお過ごし下さいませ☆しかし5月はさつき第○戦が無く3節全てタイトル戦と悪夢の1ヶ月…。うづき第2戦の次は6月7日のみなづき第1戦となります。

住之江春たけなわ競走初日

 12R春たけなわ特選はインから押し切った1号艇服部幸男先生が1着。4カド捲り差しで2号艇2コースの71期3623深川真二を引き波に沈めた4号艇の71期3622山崎智也が2着でした。尚、3号艇植木通彦は1M握るも服部先生にブロックされた上に2Mで揉まれてしまい5着に敗れました。

 そんな豪華な12Rメンバーを尻目に初日連勝は大場敏。1号艇の11Rはきっちりイン戦をものにした順当な勝利でしたが、6号艇の7Rは2コース先捲りの5号艇尾崎明男と4カドから先に捲り差した青い不死鳥ウェイキーくんが作った展開を5コースから突いての技あり捲り差しでした。

【池田要るね】池田居るねの江戸川競艇は4日目の競走水面

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズは日本モーターボート選手会会長賞、本日は予選最終日4日目の競走水面です。第3Rが始まりました。連勝で相手待ちと優出へ非常に厳しい状態だった江戸川選抜1号艇3着の須藤博倫。しかし尻に火が付いた本日に一変。4カドつけまい攻撃から1号艇清水敦揮にぱくりんと食らいつき艇を並べ、2M一気の差しで清水を抜いて1着
 そして後半第10Rは3コースからひろりんと差しきって1着。相手待ちの須藤に対し勝利の女神はどういった采配を見せてくれるのでしょうか。尚、第10R6号艇前野竜一58.7kgは捲り差し不発の4番手も、2Mインサイドを突く好旋回で2艇を抜き去る2着ゴールでアウト戦のハードルを飛び越え須藤より一足早く優出成功。

 目を離せぬ攻防が相次いでいます競走水面です。第11Rを開始します。得点率1位の5号艇岡瀬正人と得点率2位の3号艇池田浩二による直接対決となりましたが、それを尻目に1号艇古川誠之がイン19トップスタートの速攻戦で優出成功の1着ゴール。
 捲り差し不発で外マイの形になった池田は、差し順走の2号艇山崎毅と激しくサイドとサイドをぶつけながらの格闘になりまして、2周2M内先マイの山崎に一度は突き放されますが、3周2Mで山崎がもたついてる間に内側をくるりと好旋回(動画)。山崎を一気に抜き去る大逆転の2着ゴールで、差し届かず4着に敗れた岡瀬の得点率をも大逆転。得点率トップに立ちました。
 対して土壇場で抜かれた3着の山崎は相手待ちの須藤に得点率で抜かれ(須藤7走55点山崎7走53点、山崎2着なら上位着数の差で山崎が上)、第12R3号艇の今シリーズ選手代表三品隆浩が無事故完走当確(結果は無事故完走の5着)だったので、土壇場で優出をも逃してしまいました。


 明日に行われます優勝戦。激戦を勝ち抜いて来た6精鋭です。

1:池田 2:岡瀬 3:古川 4:前野 5:三品 6:須藤

 江戸川に池田イルネを強くアピールした第11Rの3周2Mは自身の1号艇と須藤の逆転優出を決めた好旋回。優勝戦も格上の捌きで池田イルネをアピール出来るでしょうか。

常滑G3企業杯中日カップ優勝戦

 正しくは中日新聞・中日スポーツ第20回G3中日カップという長いレース名の企業杯(ちなみに第21回は来月19日から蒲郡で開催)は6コースから13トップスタート決まった6号艇守田俊介の捲り差しが艇間ずぼっと入ったぁ!が、イン先行から1号艇都築正治が残し、しゅんしゅん2番手。しかし2Mしゅんしゅんの差しがきてます(動画)。舳先が乗ったしゅんしゅんに対し外半艇身先行の都築がやり合うぞ。1号艇6号艇激しいぞ。2周1Mしゅんしゅん突っ込んだぁ!都築流れたぁ!空いたぁ!3号艇吉川元浩差して行く!さあもつれを突いたか?が、吉川届かず3番手のまま。
 かくして都築に競り勝ったしゅんしゅんが不利枠を克服して優勝。春分の日の翌日から始まった旬なG3春闘で通算38回目の優勝を飾ったしゅんしゅんは今年V3と、まさにもりもり旬々な活躍。

【(゚∀゚)てれたま!戸田テレビ埼玉杯優勝戦

 テレビ埼玉略してテレ玉のイメージキャラクターたまごろーも口あんぐりであっと驚くたまごろーな激戦が続いた6日間シリーズの最後は、スロー3艇のスタートが遅れて4号艇山本修一の4カド捲り炸裂。捲りきった山本は通算4回目の優勝。2004年3月の戸田シニアvsヤング戦以来約3年ぶりの優勝は当地2回目の優勝でもあります。
 後続はイン小回りで踏ん張った1号艇中村守成が5コース外マイの田中伸二を振り切って2着。

丸亀日本財団会長杯優勝戦

 スタート展示は251364。そして本番は5号艇鈴木幸夫が怒濤の回り込みでインに入り512/3/64。かなり深い起こしになったものの気合いの09トップスタートでイン速攻を成功させて優勝。進入争いに動じず、4コースから冷静に差した宮迫暢彦が2着。
 1992年蒲郡SG総理大臣杯等記念V8を含む通算67回目の優勝となった鈴木幸夫は2004年4月のびわこ一般競走以来久々の優勝。

鳴門スポーツ報知杯競走優勝戦

 5カドから東本勝利が15トップスタート、おまけに4コースの松元弥佑紀が40と凹む絶好のカド捲り展開も3コース22スタートの向達哉が先捲り。東本は捲り差しに切り替えるもイン31スタートの川添英正に張り飛ばされて万事休す。川添のアシストも受けた向が捲りきって先頭に立ち通算12回目の優勝。後続は大外から捲り差した森竜也が追走も、2Mで川添が差しのハンドルで逆転の2着。
 ちなみに向達哉は大阪在住大阪支部ですが、実は鳴門市生まれの地元民と表彰式で告白。故郷に錦を飾った今回の優勝でした。

蒲郡なのはな特別優勝戦

 優勝したのは昨年同レース初日負傷帰郷の借りを返す為に逃げ狙った1号艇本橋克洋でもなく、昨年に続く同レース連覇を3コース差しで狙った3号艇石川真二でもなく、5コースから全速捲り差しの5号艇山本浩次。結局昨年同様なのはな色のカポックが優勝でした。山本浩次は通算40回目の優勝。

児島優勝戦

 2コースから差した2号艇前本泰和が通算35回目の優勝。そして3コースから捲り差した5号艇小畑実成が2M全速→2周1M差し戦と、硬軟自在な走りで2着をとりました。さすが岡山が誇るイーグル会長ですね。

宮島弥生賞優勝戦

 節間7勝のドラゴンパワーシフトでVロードを突き進んだ1号艇勝野竜司がイン戦圧勝で宮島初・通算24回目の優勝。3コースから捲り差しのハンドルを入れた6号艇木山和幸が2着。
 宮島では初めて勝野が勝つのとなりましたが、勝野のすごいところは今日7つの優勝戦で唯一人1号艇で勝つの。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ