ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

中澤宏奈

江戸川は今日も本場中止でしたが、市村沙樹&中澤宏奈ショーは無事開催。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 快晴の真夏日だった本日も強風高波浪の為に江戸川BOATRACE振興会会長賞競走テレボートカップ2日目が中止順延になり、最終日は21日水曜日に。
 ただし、ナイターの場外発売(住之江G3女子リーグ第6戦2011モーターボートレディスカップ5日目丸亀スポーツニッポンカップ5日目)は予定通り行われました。

 ということで、指定席エグゼ入口そばの第5投票所前特設ステージで開催予定だった市村沙樹中澤宏奈のトークショーおよび仮面ライダーフォーゼショーは午前から午後に時間が変更されたものの無事行われました。

 話は中止順延にちなんだ宿舎での過ごし方や、二人揃って斡旋が入った多摩川東京中日スポーツ賞(9月25日〜29日)の話題などで、最後は1名様にサイン色紙等が当たるじゃんけん大会。

 ちなみに選手ショーと仮面ライダーショーの写真は江戸川オフィシャルブログに掲載されてます。
 あと、トークショーでは2選手のブログの話題も出たので市村沙樹Tama☆StarBlogと中澤宏奈つよく☆やさしく☆美しくヒロナ'sブログと本日の司会者☆黒崎雅'sBLOG☆“MIYABIXXX”の更新に要注目です。
市村沙樹中澤宏奈ショー1市村沙樹中澤宏奈ショー2市村沙樹中澤宏奈ショー3

 明日はテレボートカップキャンペーンとしてテレガールの山岡実乃里荒木よし穂がマスコットのテレッペを帯同して江戸川に来場予定ですが、明日も悪天候が予想されるので中止日程短縮になった場合はこちらのイベントも今日同様の時間変更が予想されます。
江戸川TBC広告

多摩川カンチク3日目は中澤宏奈&渡邊佳子ショー

ブログネタ
競艇 に参加中!
 江戸川報知新聞社杯初日(主な出場選手:快速みえ黒崎竜也)が強風高波浪で中止になった土曜日はG1関東地区選手権3日目の多摩川へ行ってきました。

 カンチクは千葉の山田哲也が初日2Rで不良航法-7点を適用されながらも4戦3勝2着1回の成績で得点率7.75の4位、得点率8.50の1位が千葉の石渡鉄兵と、おれは鉄兵ちばてつやが好調です。
ちばのてつや

 陸の上では中澤宏奈(105期4569)と渡邊佳子(105期4577)の東京支部選手トークショーがあり、寝坊した自分は第3部しか見られなかったですが、第2部では青汁を飲ませる罰ゲームがあったようです。

 そんな出来事もあったらしいトークショーの様子は「ウェイキーのTAMAGAWAダイヤリー」、「つよく☆やさしく☆美しく ヒロナ'sブログ」に。
 そして司会者にして選手と一緒に青汁を飲まされた快速みやび黒崎さんのブログ「☆黒崎雅's BLOG☆ "MIYABIXXX"」にトークショーの事がたっぷり書かれており、☆お団子girlとトークショー☆in関東地区選手権ヘドロ汁…あ、間違えた……あの汁…あの汁ってこんなにドロリとした飲み心地なの?その後の控え室やるわね!スタッフ!!だって女の子だもんっ☆中澤宏奈選手と渡邊佳子選手にエール☆とお題も楽しい7本立てです。
中澤宏奈&渡邊佳子ショー1中澤宏奈&渡邊佳子ショー2


住之江サンケイスポーツ大阪発刊55周年記念GSS競走優勝戦

 今節から昼開催になった住之江のゴールデンサンケイスポーツ旗競走は一号艇が渡邊雄一郎、二号艇が貞兼淳二、三号艇が君島秀三と内枠一二三が枠番通りの名前に。
 しかし進入は6号艇宮本裕之が割って入った162/345の並びとなり、4カドになった秀三が13トップスタートを決めて雄一郎を捲りきり、下克上成功の秀三が住之江初・自己通算では昨年9月江戸川デイリースポーツ杯以来となる13回目の優勝
 28スタートの雄一郎は捲りに呑み込まれ5着、29スタートの淳二は1M行き場無く6着に敗れた中、差した宮本がスロー勢で唯一上位に残り、差し続く5号艇渥美卓郎を2M行かせて捌き2着。
 あつみたくろうが4号艇・優出メンバー唯一のA1だったしずる村上純との競り合いを制して3着に入りましたが、静岡91期4197あつみたくろうはこれがデビュー初優出。
 ちなみに辰巳琢郎は大阪市住之江区出身です。

蒲郡SGMB記念準優は石野真子と市村沙樹のライブを見た1日

ブログネタ
競艇 に参加中!
 蒲郡SGモーターボート記念が準優勝戦だった5日目は江戸川場外で石野真子のミニライブを見てから、平和島場外で103期4519市村沙樹のミニライブを観覧。

 親衛隊による大音量のまこちゃんコールもあって大いに盛り上がった石野真子ミニライブ(こちらに写真付きの詳報あり)は土手の脇から場職員も観覧するなど多くのファンが集まり、ラストの代表曲「狼なんか怖くない」は場内ほとんどのファンが知ってる曲とあって盛り上がりはピークに。
 MCでは同日開催されたペアボートに乗ってみたかったとの話や、オファーを受けた際に江戸川の小高さんに事前に案内してもらってレースや江戸川アートミュージアムを観覧したとかの話を。
 ちなみに石野真子はベイ吉松永良一アナもファンであるとお伝えしておきます。


 石野真子ライブ第2部はビートアカペラユニットSOLZICKとのジョイントライブだったようですが、こちらは見ないで市紫ライブ会場の平和島に移動。

 「平和島deダンス」と題されたライブの内容は市紫がAKB48の楽曲に合わせて踊るというもの。
 曲目は「言い訳Maybe」と「RIVER」で、レースでの姿とは全く違う見事なアイドルぶりで確実に市紫のファンが増えたと思います。

 このイベントは前後MCも選手が担当したのが特筆もので、「つよく☆やさしく☆美しく ヒロナ’sブログ」でお馴染み105期4569中澤宏奈と105期4577渡邊佳子が担当しました。
 ちなみにイベント終了後に平和島スタッフが収録した3人のコメントが動画になってました。
イベントの前説をする中澤宏奈と渡邊佳子AKB48ダンスを熱演する市村沙樹3人揃って後説MC


【MB記念準優勝戦】

 3つ全てが事故レースになってしまった準優は元ジャニーズ事務所の訓練生だったイケメン花田和明ギンギラギンにさりげないファッションで特別出演。
 1つ目の9Rは枠なり3vs3の進入から02スタートの1号艇濱野谷憲吾が4号艇吉田俊彦の攻めをブロックして逃走態勢を築き上げ1着。
 差した5号艇徳増秀樹が2番手も、秀樹はフライングやめろと言われても今では遅すぎた+01のフライングに散ってしまい以降のSG4節が選出除外に。
 Fの秀樹を追って6号艇福島勇樹が差し続き、その外では順走の2号艇仲口博崇(愛知)と俊彦が併走。
 しかし1M俊彦を張って流れ最後方だった3号艇菊地孝平が2Mで不良航法適用の突進仕掛けてゆーき王子を飛ばし、その外にいた俊彦も玉突き式に煽りを食う形に。
 ここで展開が向いたのが仲口で、2M差しに構えた仲口は3艇を差しきって秀樹に続き、秀樹前退きにより2番手に上がり2着優出を決めました。

 ということで永遠のライバル濱野谷と仲口が共に優出を決める最高のワンツーになりましたが、波多野憲二と洞口雄大が盤面で戦うCRモンキーターンは8月30日入荷です。
CRモンキーターンは大森駅前キントキに30日入荷

 2つ目の10Rは枠なり3vs3の進入から02トップスタートの4号艇池田浩二(愛知)が捲り差し決めかけますが、イン先マイの1号艇辻栄蔵が振り込み選手責任転覆を喫した直後に池田も2号艇服部幸男と接触してバランスを崩してしまい、6号艇中島孝平が各艇と接触しあいながらも捲り差しで池田を捕らえ1着(レース映像)。
 2番手の池田に対し、1M各艇と接触しあいながらも差して3番手だった3号艇平本真之(愛知)が2M押っつけにかかり、不良航法にならない程度に上手く池田を張って逆転2着優出。
 ちなみに3連単6-3-5は118番人気の121620円、2連単6-3は最低人気の19960円でした。

 3つ目の11Rは132/456の進入から1号艇今村豊が4号艇平尾崇典の捲りを受け止めて押し切り1着。
 後続は捲り差す5号艇山本寛久と一度は寛久に叩かれながらも伸び返した3号艇今垣光太郎で接戦になり、2Mはガッキーが先行。
 しかしここで平尾と2号艇須藤博倫の差しが入り、2番差しの須藤が平尾を差しきってガッキーに舳先を掛けますが、平尾は切り返して艇を伸ばし、2周1Mを先行。
 ですが前の今村が壁になった平尾のターンはもたつき気味で、そのまま須藤に接触して選手責任転覆と不良航法を適用されました。
 これにより須藤は後退し、2番手争いは差したガッキーと捲り差した寛久の争いに戻りましたが、寛久の捲り差しを内でこらえきったガッキーが2着で今村今垣のなうなうワンツー。


 優勝戦は以下の枠番です。

1:今村豊 2:濱野谷憲吾 3:中島孝平 4:仲口博崇 5:今垣光太郎 6:平本真之

 今年のSGは全て4000番台の選手が優勝してるので、この流れだと84期4013中島孝平か96期4337平本真之が優勝する確率が高いと思います。
 一方、1号艇今村豊が48期2992で、世代対決という点では4000番台の潮流を2000番台が受け止めるという結果もありそう。

平和島レディースカップは銀河系の織姫田口節子が強つけまいでV

ブログネタ
競艇 に参加中!
 七夕の翌日に最終日を迎えたオール女子戦平和島レディースカップ
 優勝戦は123/564の進入から1号艇横西奏恵が11トップスタートも、14スタートの2号艇田口節子が横ちんに強つけまいを浴びせ、そのまま捲りきった銀河系の織姫田口節子は今年4回目・平和島3回目・通算27回目の優勝。横ちんが落としたのを見て捲りに行くのを決断したそうです。
 この優勝戦は外枠2名が地元55期コンビでしたが、5号艇渡辺千草(今節選手代表)が差して2着に入りました。
平和島初Vならなかった横ちんはおとといが誕生日地元選手以上に平和島好相性の田口節子静岡91期たけし軍団第1号三浦永理静岡91期たけし軍団第2号長嶋万記今節選手代表を務めた渡辺千草東京支部理事ハイサワー宣伝隊長の宮本紀美田口節子表彰式

 尚、1Rで5号艇中澤宏奈(東京105期4569)が136/425の6コースから02トップスタートを決めての捲り差しでデビュー初1着。
 デビュー103走(責任外失格1走含む)で水神祭を飾った中澤宏奈は平和島プロデュースで「つよく☆やさしく☆美しく ヒロナ'sブログ」を先月25日から始めてましたが、選手宣誓も担当したブログ開設後最初の開催で見事水神祭を飾りました。
平和島レディースカップオール女子戦選手紹介


紫雷美央・イオ 以上の様に水上の格闘技平和島レディースカップは銀河系の織姫田口節子が優勝を飾りましたが、今日はリング上の格闘技から女子プロレスラー姉妹の紫雷美央・紫雷イオが来場して紫雷最強レディーストークを7R発売中に披露。

飯山泰・福島勇樹オーシャンカップ壮行会 丸亀SGオーシャンカップ壮行会として飯山泰福島勇樹のベイパトークが8R発売中に実施されました。
 ミス府中の久保真理弥も出演したベイパトーク、大磯町民の朝型人間飯山やすしは直前まで自転車で熱海に行ってたそうです。

10分一本勝負「紫雷姉妹vsベイパ」 そして9R発売中にはベイパvs紫雷姉妹によるクロストークが坂田博昭アナによる仕切りのもとで行われました。
 ここでは飯山やすしがいい味出してました。

飲みきった芋焼酎と白水と未開封の芋焼酎 平和島の後は2010年度初の牛小屋へ。
 おいしいもつ煮とレバ刺し、焼酎を堪能できる喜びに感謝です。
 2010年度初めて山ちゃんさんとも再会しました。
 ちなみに、田口節子本命を予告してたマスターは横ちん3着付けで優勝戦を的中させてました。


G1宮島チャンピオンカップ優勝戦

 西巣鴨の広島風鉄板焼宮島で田中信一郎さん(仮名)と飲み食いした翌日から始まった宮チャン。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇吉川元浩が05トップスタートの速攻で押し切り、昨年に続く宮チャン連覇で記念V14の宮島V2・通算44回目の優勝
 後続は1Mつけ回った4号艇松井繁が順走の2号艇石川真二を2M外全速包みきって2着を取り切り、昨年と同じワンツー。
昨年宮チャン優勝時の吉川元浩


福岡県内選手選抜山笠特選レース優勝戦

ちびまる子ちゃんの山笠製作中 博多祇園山笠(7月1日〜15日)に合わせて開催された40歳以下によるオール福岡支部戦は最古参の早良区民大神康司(70期3574)が4号艇、最年長の中間市民大庭元明40歳が5号艇で優出。

 レースは枠なり3vs3の進入から1号艇鳥飼眞(西区)が3号艇富永修一(飯塚市)の捲りを振り切り、福岡9回目・通算30回目の優勝
 優出18度目のチャレンジも初Vお預けになった富永は2M内から押っつけてきた2号艇吉田弘文(古賀市)を行かせて捌き2着。
 尚、2周1Mで大庭元明が選手責任転覆を喫しました。

 ちなみに10R那の津選抜は123/546の進入から新九州地区スターの3号艇篠崎仁志(東区)が今節選手代表の1号艇伊藤宏(中央区)相手に捲りを決めて1着、元福岡地区スターの5号艇青木幸太郎(博多区)が差し続く6号艇和合俊介(宮崎在住福岡支部)を2M全速包みきって2着に入り、我勝手隊篠崎弟とげってん会コータローの福岡ホーム新鋭選手によるワンツー。
 尚、福岡ボートは大型映像装置の取り替え工事及び投票集計機器の更新のため本場開催も場外発売もお休みとなり、次の開催は2人が再度出場予定のお盆特選レース(8月11日〜16日)になります。
新映像装置設置工事中
 

児島サンケイスポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇佐々木康幸が押し切り、先月の当地サンケイスポーツ大阪発刊55周年記念レースに続く児島連覇のV2・今年3回目・通算36回目の優勝。差した4号艇松本勝也が2着。

江戸川テレボートカップ3日目

 決まり手「逃げ」による1号艇の頭が第9R黒柳広孝1本(第1R12Rは抜き)だけというイン受難水面だった今日の江戸川。
 折り返しの3日目を終え、得点率上位者は以下の通りです。

9.50石渡鉄兵 8.60芦澤望 8.40金子猛志 8.00齊藤仁 7.75小林一樹 7.40竹村祥司 7.20星野太郎永井源 7.00樋江井愼祐川崎智幸

 尚、生方厚成太田克哉が私傷病の為に帰郷しました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ