ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

乙津康志

京急杯は東京ダービー王にして新ベイパの三角哲男が平和島3連覇

 平和島競艇、京急電鉄社長杯。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。ベスト6強の登場。3vs3、枠番通りの進入になりました。さあ始まる水上の格闘技。京急ウイング号の翼を下さい。6選手スピードが乗ってきました。優勝戦今スタートしました(動画)。
 昨日はトーキョーベイパイレーツシーズン兇披露目イベントがありましたが、新ベイパの4号艇三角哲男が四カド11トップスタートで絞ってきた展開を受けて1号艇矢後剛(3日目4Rで1000勝達成)が艇を伸ばし先行。しかしマイシロ無くターンミスった矢後に対し、待ってましたとばかりに三角と5号艇一瀬明(旧ベイパ)の捲り差しが。
 内の一瀬と外の三角で先頭ラップになり、矢後もすぐ外につける展開から2Mは一瀬が矢後を牽制しながら先行。しかし、矢後を張った一瀬がややミスったところに三角の差しが入り先頭逆転。
 2周1M内に切り返した矢後を包みきった三角は、矢後を差しきった一瀬の追撃も振り切り、正月の東京ダービーも制した俺たちの誇り三角哲男が平和島3連続となる11回目にして通算54回目の優勝は一瀬との新旧ベイパワンツー。初日東京ドリーム戦での責任転覆による減点を克服しての今年V4で来年の平和島SG総理大臣杯出場にもぐっと近づきました。

 そういえば今節は京急杯ですが、昨日は急いでた行きも雨だった帰りもいつものJR大森駅経由でした。ということで京急サウンドを聴きそびれたから、三角哲男テーマソング動画と京急ドレミ動画。でも土曜日に京急乗るかもです。


桐生上毛新聞社杯優勝戦

 上毛新聞のタイトル戦は枠なり3vs3の進入から2号艇橋本久和が32とスタート遅れ、早大大学院入学後の初節ながら2ヶ月のブランクを克服し堂々優勝戦1号艇になった江口晃生も25の5番手スタート。
 この結果、江口は先マイするも流れてしまい、3号艇乙津康志(神奈川)と4号艇中里英夫の捲り差しが入り、2Mを先頭でクリアした乙津が2006年7月浜名湖海の日スペシャル!オーシャンアタック以来となる通算11回目の優勝

 アウェーながら見事優勝を飾った乙津やすしといえば、濱野谷憲吾中野次郎飯山泰と、第2期ベイパにも3人のメンバーを送り込むO2ブランド総帥として有名ですが、昨年末の前回当地ボートピアなんぶ杯で同じ斡旋だった飯山やすしと桐生の帰りに寿司屋に行き、そこで「年末の桐生の帰りに乙津さんに連れていってもらった、すし屋さんで頂いた石がいいみたい。それから抽選運が上向いた。」と、寿司屋のパワーストーンが戸田G1関東地区選手権優勝をもたらしたとも言われてます。
 そんな素晴らしい総帥がいるO2ブランドですが、昨日は飯山やっさんや第1期TBPクラブ員角谷健吾を始めとするO2ブランドの選手陣と交友があることで知られるTCKのガチャピン騎手矢吹誠に初めて声をかける機会がありましたです。中野ジローラモスがとってもフットサルがうまいとかの話も聞けたりして、ガチャピンさんはとても気さくな方だったのです。

三国湯の花賞優勝戦

 枠なり4vs2の進入から09トップスタートの1号艇中島孝平が逃げの体勢を作りきり、中島飛行機の勢いで勝ち進み一躍その名を高めた昨年9月の完全V桐生G1赤城雷神杯以来となる通算23回目の優勝
 湯の花賞2連覇中だった4号艇今垣光太郎は2番差しで2着でしたが、結果届かなかったものの2Mでは中島に斬り込みあわやという場面も。


 ところで、G1三国モーターボート大賞2日目の6月14日(日)14時から場内オーシャンホールで「TOSHI ECO LIVE」が。
 坂本憲男坂井市長とのミニトークもあるスペシャルライブはFBCラジオでも1時間にわたって生中継されるとのこと。
 さすがは今月2日3日に東京ドームライブを成功させたX JAPANのボーカリストTOSHI、競艇場イベントとは思えぬ大規模ライブですね。
X JAPAN 攻撃続行中


児島鷲羽杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇平尾崇典が+01のフライングも、捲り差し平目は2号艇山本修一に張られて3番手の位置。
 かくして、F艇に関係なく逃げ切った1号艇山本浩次が1月の当地岡山県モーターボート選手権大会に続く今年2回目・通算47回目の優勝
 差して2番手の4号艇立間充宏が、2M切り返しから突っ込んで来た5号艇藤本佳史を行かせて捌き、この2M2番差しでタツマッチの内に潜り込んだF艇の平目を2周1M行かせて捌き2着。

宮島サンケイスポーツ若葉賞優勝戦

 5号艇吉岡政浩がチルトを+2度に跳ね上げて大外に出た123/465の進入から18スタートの吉岡が絞りに行くも、14スタートの3号艇山口剛が抵抗。
 この間に13トップスタートの1号艇前本泰和が逃げきり、今年3回目・通算52回目の優勝
 後続は順走の2号艇市川哲也に2番差しの4号艇辻栄蔵が絡み、2M辻ちゃんを行かせて捌いた勝負師哲也に対し辻ちゃんが2周1M切り返して再び先行するも、ここも行かせて捌き2着を取り切りました。

下関先帝祭特選男女W優勝戦競艇の日大賞最終日

 まず始めに、レース名の先帝祭とは壇之浦の戦いで敗れ入水した安徳天皇を偲ぶ祭り。
 そんな先帝祭特選競艇の日大賞は男女W優勝戦で行われ、1つ目の11R優勝戦(女子)は枠なり3vs3の進入から1号艇山川美由紀(香川)が逃げ切り今年4回目・自らの女子最多優勝記録を更新する通算61回目の優勝をJLC番組「水神」山川美由紀編初回放送日に達成。順走の2号艇平山智加(香川)が2着に入る香川ワンツーでした。

 2つ目の12R優勝戦(男子)は1235/46の進入から1号艇大賀広幸が2号艇寺田祥を牽制しつつ3号艇白井英治の捲りもこらえきって通算65回目の優勝。2番手の白井は2M突っ込んできた寺田を行かせて捌ききって2着。

福岡どんたく特選レース優勝戦

 1346/52の進入から1号艇長野壮志郎が07トップスタートも09スタートの4号艇大神康司が壮志郎を爽快なつけまいで沈めますが、福岡初V目指す内小回りの3号艇今村暢孝と2番差しの6号艇川添英正が大神に届き、2Mは内小回りの川添と、大神を張って回った今村がラップターン。
 ですが、大神を張った分今村のターンは流れ、一昨年の同レース覇者川添が通算24回目の優勝

平和島イーバンク銀行杯&豪華メンの下関開幕+高山初代名人引退

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ネット投票の友イーバンクのタイトル戦平和島イーバンク銀行杯が今日から開幕。目玉の濱野谷憲吾が足の故障で急遽斡旋辞退して師匠の乙津康志(O2ブランド総帥)が追加で呼ばれたり、その前には寺島和典公称64kgが斡旋辞退(ちなみに8月8日浜名湖マルユーチャレンジ杯アタック2日目9R2着後途中帰郷して以降の斡旋を全て辞退)して替わりに吉田弘文が追加斡旋されたりのメンバー変更はありましたが、濱野谷の代理で出場した乙津が初日絶好調。
 先ず5号艇で登場の3Rは12/5346と3カド進入を敢行し、07スタートの乙津は04トップスタートの6号艇・チルト+1.5度上島久男隊長と先捲りの2号艇木山誠一がやり合う展開を突いてのオツな捲り差しで初戦1着
 次いで2号艇で登場の11R。2コースの乙津はオツなハンドリングで1号艇金田諭を差しきり初日連勝の1着ゴール。ちなみに乙津は今節選手代表も務めてます。乙津かれ様です。

 3号艇に福岡80期3898平田忠則、5号艇に福岡80期3899吉田弘文と同県同期連番のライバル同士が顔を揃えたものの、濱野谷の斡旋辞退で4月の兵庫vs静岡対抗戦関東日刊紙競艇記者クラブ杯以来となる関東勢0人の平和島選抜戦は枠なり3vs3から6号艇山口剛が02トップスタートを放ち、ヒラチュウも06スタート。ですが山口には吉田が抵抗し、ヒラチュウには1号艇白水勝也(福岡70期3576)が抵抗し、そんな展開を突いてずっぽり差し抜けたのは4カド25ドカ凹みスタートの4号艇大場敏。大場は2M白水の差し返しを振りきり前半5R4着の汚名を返上する1着ゴール。
 2番手の白水は2周2M切り返しから突進してきた2号艇高濱芳久に当てられて大時計前ラップとなり、3周1M外全速流れて3番手に後退。更に3周2Mでも大きくターンマークを外した結果、ヒラチュウにも抜かれて白い白水は4着に終わってしまいました。

下関一般競走初日

 新しい?実況アナの声と共に始まった1Rおはよう特賞は枠なり3vs3から一号艇谷村一哉(山口)が3号艇寺本昇平のつけまいを貰うもこらえきり、2M先行して人気に応える1着ゴール。

 今節から導入された進入固定競走9R。起こし位置は1と3がターンマーク付近、残り4艇がダッシュ戦となり、一号艇井上恵一が4号艇原田篤志のつけまいを振りきって先頭も、2M原田の全速戦が見事に決まり、けいいちくんを捲りきった原田が1着

 ノンタイトル戦とは思えぬ豪華メンバーのドリーム戦は枠なり3vs3から1号艇瓜生正義(76期3783)が逃げ切り1着
 後続は2番差しの4号艇田村隆信(85期4028)に順走の2号艇西村勝、外から攻めた3号艇横西奏恵(76期3774)の3艇で接戦になるも、1M捲り差し不発で5番手だった5号艇森高一真(85期4030)が2M内に切れ込んで艇を伸ばし突っ込み態勢。田村は森高を包みきるも流れ、鋭いマチャルターンを見せたまちゃるの差しが勝って2番手浮上。2M2番差しの横ちんが田村を捕らえ、2周1M田村の差し返しを振りきり3番手に。そして2周2Mは横ちんが内からまちゃるに先行して2番手浮上と76期ワンツーを狙いますが、まちゃるは横ちんをあっさり差しきり2着死守。

 最後に、今節は銀河系85期4042丸岡正典が斡旋辞退した替わりに、91期たけし軍団長の愛弟子西山貴浩(福岡97期4371)が斡旋されています。

【お疲れ様でした】

 本日、宮崎36期2672高山秀則59歳が、還暦を迎える11月11日を前にして本日引退。最後のレースはF2の足かせをものともせずに優出した福岡競艇マクール杯優勝戦4着でした(動画)。尚、通算2324勝目となった最後の1着は3号艇前付けインで制したマクール杯の10R準優勝戦で、通算82回目となった最後の優勝は昨年10月の福岡ボートボーイカップでした。
 36期本栖チャンプとして1973年11月に若松でデビューし、1990年の住之江SG賞金王決定戦に1996年の多摩川SGグランドチャンピオンとSGV2、そしてG1V17のうち自分も印象に残ってるG1競艇名人戦では共に住之江で開催された第1回と第3回の2度優勝。特に初代名人位を襲名した第1回は完全優勝の偉業でエベレストの如き存在を示した高山名人でした。還暦を目前にしての引退は残念ですが、約35年弱の間お疲れ様でした。

大江戸賞、濱野谷乙津のO2ブランド師弟対決に乾杯!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日は江戸川競艇場WINS後楽園とはしごしたのですが、その最大の目的は東京ドームそば風と緑のビアガーデンで行われた納涼ビアパーティに参加する為でした。暑空に喉が渇く中でギンギンに冷えた生ビールを飲むのは乙津なのです。とりあえず後楽園ではビールで涼しくなる前に馬券で財布を涼しくしときました。着いて初っぱなのJ・G3新潟ジャンプステークスで2枠濱野谷憲尚が逃げ失速7着に敗れたのが涼しくなるのを予感させましたよ。

 と、二次会の天狗で更に酔っぱらった状態でごあいさつしたところで本文です。

江戸川大江戸賞3日目

 各レーサーがエキサイティングなレースを展開しています大江戸賞は3日目の競走水面。第9Rでは2枠濱野谷憲吾と6枠乙津康志の師弟対決が実現致しました。
そして2コースから差した濱野谷と大外から濱野谷の内側を捲り差した乙津、師弟でトップ争い。2Mは内の乙津が先マイしますが、そこは波乗りの名手濱野谷憲吾。バウンド気味ながらも巧みなボートコントロールで制御した濱野谷は乙津をスパッと差しきる鮮やかなコーナーワークで1着をもぎとり、師弟対決を制したのでした。

 その他出来事と致しましては、第6R浦田信義がインから逃げるも+07のフライング、第8Rでイン戦2着だった田上晋六が待機行動違反を取られました。

 連日書いてますが、今節は変則的な予選得点率順開催です。その変則ルールとして5日目には点増しレース、3つのラリーズ選抜が行われます。ラリーズ選抜とは、4日目までの得点率上位18人によって得点率順に枠番が組まれ、このラリーズ選抜に出場した18人の中から予選得点率順に優出メンバー6人を選ぶシステムです。準優制と違うのは得点率で優出当確だったらラリーズ選抜の着順に関係なく優出できるということです。
 今節の得点表は下の画像を参照して下さい。
第29回大江戸賞実施要綱


G2札幌記念キルトクール】

 前売1番人気の重賞未勝利馬マチカネキララをキルトクール。唯一の強敵相手だった阪神G2神戸新聞杯で離された4着に敗れているように一流馬相手ではまだ結果を出しておらず、ここ2走も馬券には絡んだものの1番人気3着と危険な人気馬を地で行く成績。だから3着ドンガバチョ覚悟でキルトクール。
 ベガラインクラフトと名牝の訃報が相次いでますが、札幌記念ではベガゆかりの人脈が関わるエンドスウィープ産駒のアドマイヤムーン、それに唯一の牝馬レクレドール、この2頭が絡んでほしいですね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ