ブログネタ
競艇 に参加中!
 オーシャンカップV3を誇る永世海の王者松井繁が予選1位で、13位タイの6.00に兵庫トリオはじめ8人がひしめく大村SGグランドチャンピオン決定戦は本日3日目。
 大村本場では今節、確定前舟券3000円以上提示で5000円の交通費キャッシュバックを実施してますが、それに加えて今節限定で博多駅(7時10分)・天神駅(7時40分)からの無料バスを運行する太っ腹のサービスを実施してます。
 バスは福岡ボートの最寄り駅天神を出た後、10時に大村到着。ちなみに博多から大村はJR2枚きっぷ使用で往復6000円、高速バス九州号で往復4000円です。
オームラで勝つ!!

 さて、最寄り駅から大村無料バスが出てる福岡ボートでは今日から優勝賞金80万円の九州スポーツ杯争奪戦が始まりました。
 九スポといえば関東スポーツ紙でボート記事充実度No.1の系列紙東京スポーツが、SG期間中は動画コンテンツ東スポ@チャンネルを絶賛更新中ですね。

 28日の最終日に予想トークショーを行う九スポ朝比奈記者選出のドリームレースは枠なり3vs3の進入から1号艇重野哲之が12トップスタートの速攻で1着。
 重野といえば、感謝の1500キロ!!24競艇場マラソンの出発地が福岡だったり、現時点で唯一のSG優出が2006年の福岡SG全日本選手権だったりと福岡とは非常に縁が深い選手ですね。


江戸川日本写真判定社長杯5日目

 前日得点率7位タイで江戸川初優出を目指す江戸川王子桑原将光第7R3号艇で登場して15トップスタートを決めますが内枠2名の地元女子選手を絞りに行かず、19スタートの1号艇梶野真未に伸び返され、中途半端な捲りは真未にあっさり張られて4着。
 尚、2番差しで1着になったのは前日得点率1位の4号艇大峯豊
 先差しで2着だったのは江戸川王子と「江戸川アートミュージアムインターネットCM-RIVER SIDE LOVE STORY-」で共演した2号艇足立かなえです。

 江戸川王子はこの4着が響いてしまい、後半12R2号艇は1着条件に。
 江戸川王子は差して先頭に立ちますが、捲り差しからの切り返しで2M押っつけてきた3号艇藤生雄人を包んだ際に流れてしまい、その間に1号艇黒井達矢に差し返されてしまい2着に終わり、1点足りずに優出次点でした。
 尚、黒井達矢は今節が江戸川初出場で、このレースが江戸川初1着でした。

 また、本日は第3Rで1号艇大川茂実が1周1Mで振り込んだ件と第4Rで2号艇石川哲秀が同じく1周1Mで振り込んだ件の2件で不良航法(哲秀は今節2回目)が適用されています。


 日本写真判定社長賞として通常よりちょっと高い100万円の賞金を懸けた優勝戦の枠番です。

1:大峯豊 2:飯島昌弘 3:本吉正樹 4:柳橋宏紀 5:高橋勲 6:益田啓司

 果たして大峯豊はデビュー初Vだった2007年2月日本写真判定社長杯以来の江戸川V2&日本写真判定社長杯V2を飾れるか?