ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

佐藤旭

標準型モーターラストの宮島新鋭リーグ+QBK尼ロックフェスティバル

ブログネタ
競艇 に参加中!
 モーターボート競走のモーターは1992年からヤマト発動機のヤマト300シリーズを使用しており、現行は標準型のヤマト302型(宮島競艇フリークスのモーター解説)と減音型のヤマト301型(尼崎HPの特集ページ)を使用してますが、今年4月の段階で4場残っていた標準型モーターの場は5月に尼崎、6月に江戸川、7月に唐津(従来は唯一の電波障害対策仕様ヤマト304型)が減音型に替わり、最後に残った宮島も遂に次節JLC杯争奪パワーバトルから減音型モーターに。
 今年度からモーターボート競走の通称がKYOTEIからBOATRACEに変わりましたが、ボーターが減音型に統一されたという出来事にもKYOTEIからBOATRACEへの移り変わりを感じますね。

 ということで今節G3新鋭リーグ第14戦厳島昇龍決戦は長い間使われてきたヤマト302型モーター最後の開催に。
 今年度の新鋭王座開催地という事でも注目だった宮島新鋭リーグの優勝戦は枠なり3vs3の進入に。
 そして3号艇池永太(福岡97期4364)が34のドカ凹みスタートをやらかしてしまい、カドから4号艇水摩敦(福岡99期4413)の捲りが飛んできて、水摩の捲りを受け止めた1号艇麻生慎介(広島94期4292)と水摩が競る間に、池永を叩いて差した5号艇佐藤旭(静岡94期4273)が両者に並んで来て、ノーマルエンジンのエキゾーストノートを轟かせる先頭争いは三つ巴に。
2Mは最内の佐藤旭が先行し、麻生が差し、水摩が6号艇藤岡俊介(兵庫94期4278)を行かせての2番差し。
 水摩は藤岡を行かせた分差し遅れて3番手に下がり、HSは先頭の佐藤に麻生が必死に舳先をねじ込み、2周1Mは麻生が押っつけ気味に先行しますが、ここで水摩の差しが届いて再び3つともえに。
 2周2Mは最内の水摩が艇を伸ばし先行するも麻生が押っつけ気味の差しで抵抗。
 そんな中、両者を外から全速包んで回った佐藤が一気に捲りきって単独先頭に立ち、今年も通算も2回目の優勝
 2周2M麻生の差しを振り切って2番手に上がった水摩は3周1M切り返してきた麻生に押っつけられますが水摩はなんとか行かせて捌ききり、通算V3こそならなかったものの麻生には競り勝ちました。
競艇標準型モーター使い納めレース宮島新鋭リーグ優勝戦


尼崎日本モーターボート選手会長杯争奪センタープール大賞優勝戦

 「今年の夏フェスは尼ロックで決まり!(ニコニコ動画
 のキャッチコピーで開催された6デイズシリーズは枠なり3vs3の進入から1号艇安藤裕貴が1Mを先行するも2号艇・急にボートが来たのでQBK柳沢一が差しきり、QBK柳沢は昨日の12R準優勝戦でシリーズリーダーの1号艇・100V2000W山室展弘にせんせい4カド捲り攻撃を浴びせた勢いそのままに今年2回目・尼崎初・通算19回目の優勝
 2番差しの4号艇・前節楠公杯争奪オール兵庫王座決定戦優勝から尼崎連続ブッキングのARB安田政彦が2着。

児島競艇マクール杯優勝戦

 レース名のマクールとは裏腹に1号艇がA1選手大場敏、それ以外はA2とB1で朝とくガァ〜コ戦みたいなニゲール鉄板番組になった優勝戦。
 そして124/356の進入から4号艇広瀬聖仁が42とスタート遅れ、22スタートの3号艇久富政弘(佐賀67期3508)が絞りに行きますが、ここは大場敏(静岡67期3489)が艇を伸ばして先行し、流れずに押し切った大場は厚みのある強さで今年2回目・通算39回目の優勝
 捲り差しになった久富が2着で同期ワンツー完成。

下関G3企業杯サンデン交通杯優勝戦

 かつて山陽電気軌道を運行してたバス会社サンデン交通の企業杯は枠なり3vs3の進入からスロー3艇がスタート遅れ、カド捲り敢行の4号艇笠原亮を1号艇柏野幸二が飛ばしに行った展開を突いて捲り差しを決めた5号艇汐崎正則が2008年6月津グランプリシリーズ第1戦以来となる通算5回目の優勝
 小回り差しの2号艇桐本康臣が2番手につけ、2M差した柏野がHS内から差を詰め2周1M先行するも、行かせて捌いた桐本が2着。

今年度最初の優勝戦ラッシュは完全Vあり初Vありの全9場。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 2010年度6日目の今日はなんと9つの競艇場が最終日で、2010年度最初の優勝戦ラッシュ。まずは地元江戸川、その次に表題のおめでたV2場の順番で全9場を紹介していきます。

江戸川一般競走優勝戦

 4日間のショートシリーズを勝ち上がって来ました6精鋭による優勝戦は3周戦ながら南追い風5m波高10cmの安定板着用レースになり、1号艇荻野裕介(東京)は15トップスタートも風に流されてしまい、差した2号艇村上功祐(大阪85期4039)が先頭に。
 荻野は6号艇齊藤寛人の差しを振り切って2番手を航走し、迎えた2Mで荻野が渾身のオギノ式ターンで大阪銀河系村上を鋭く差しきり逆転。
 荻野は2周1Mで大阪銀河系村上の差し返しを振り切って先頭を守り、通算4回目にして東京3場での初優勝

 ここでちょっと脱線。江戸川競艇場をバックに「ボートボートボート ボートボートボート ボートクイズ♪」のテーマソングが流れるクイズ競艇ダービーのニコニコ動画がニコニコ BOAT RACE@JLCの開設に合わせて公開されました。
荻野滋夫アワー 第1回クイズ競艇ダービー


唐津外向発売所ドリームピット開設記念優勝戦

 年度も替わり、携帯マクール唐津コーナー内「エンタ亭カナエの先走りブログ」の壁紙も変わった今節は3日目の3日土曜日にオープンした外向発売所ドリームピットの開設記念。売りは車に乗りながら舟券購入がかなえられる全国初のドライブスルー早朝窓口です。
 そんなドリームピット開設記念は白井英治が節間02スタート(2艇Fの3日目12R)や00タッチスタート(4日目8R)の薄氷を踏みながらも白井最強な9戦全勝で完全Vに王手。
 そして1号艇白井英治は枠なり4vs2の進入から最後も11トップスタートの速攻でぶっちぎり、白井西京な通算45回目・唐津3回目の優勝で自身3度目の完全Vをかなえました。
 後続は順走の2号艇大野芳顕が2番手優位に運び、遅れ差しから2M艇を伸ばして白井ワンツーかなえようとする6号艇白井友晴が2Mを先行するも、白井埼京を差しきった大野が2着。

浜名湖湖西・新居合併記念おいでんカップ優勝戦

 3月23日に湖西市と浜名郡新居町が合併して誕生した新生湖西市誕生記念開催は枠なり3vs3の4カドから4号艇佐藤旭(静岡94期4273)が11トップスタートを決めて捲りきり、地元佐藤は9度目の優出にしてデビュー初優勝
 後続は小回り残した2号艇西山昇一が、2番差しから2M小回りで接近した3号艇松元弥佑紀を2周1M行かせて捌き2着。

住之江テレボートカップ優勝戦

 新年度良い春のテレボートカップは枠なり4vs2の進入から1号艇國崎良春(福岡)が25とややスタート後手を踏み、21スタートの2号艇齊藤仁(福岡在住東京支部)が捲り敢行。
 しかし齊藤仁の捲りは國崎に飛ばされて転覆。飛ばした國崎も大きく流れ、展開ずっぽしに差しきった3号艇仲口博崇(愛知69期3554)が2004年7月日刊スポーツ盾争奪しぶき杯競走以来となる住之江2回目・通算47回目の優勝を同期3556田中信一郎来場イベントの日に達成。
 2番差しの5号艇新美恵一が2着に入る愛知ワンツーで、2M差した國崎が3着に入った奇数艇トリオ決着。


 さて、住之江のお楽しみと言えばアクアライブブログYouTubeチャンネルですが、新年度を迎えてますますパワーアップ。
 「ぴちぴち浅ちゃんの選手突撃コーナー」は今節出場したミスター競艇今村豊門下の101期4475末永祐輝インタビューに、今節こそ5日目負傷帰郷も通算V2で102期一番星の福岡げってん会前田将太インタビューに、2006年12月の児島ヘビー級王座決定戦を制して艇界ヘビー級チャンピオンに輝いた山地正樹インタビューが公開されましたが、今節はそれに加えて浅ちゃんが司会のアクアライブステーション公開イベント「選手ふれあいコーナー」の動画も公開されました。

 「選手ふれあいコーナー」の動画は4日の106期新人さんいらっしゃ〜い小坂宗司&坂口愛トークショー、5日の新婚さんいらっしゃ〜い・江戸川V歴(2004年11月の日本財団会長杯)がある中井俊祐トークショー、賞金王決定戦V3を誇る艇界の巨人田中信一郎トークショーです。
 そして、動画を見た後に☆ピチピチあさちゃんブログ☆を読むと動画をより一層楽しめる事請け合いなのです。


常滑G3女子リーグ第1戦レディース笹川杯優勝戦

 今年は浜名湖で開催されるSG笹川賞と共に笹川良一先生の名を冠した由緒ある女子戦笹川杯は1号艇・優出メンバー唯一のA1レーサー三浦永理(静岡)が枠なり3vs3のインから09トップスタートの速攻で押し切り、地元笹川賞落選の悔しさを活力に常滑初・通算5回目の優勝
 後続は捲り差しの6号艇香川素子が優勢も、外マイから切り返してきた3号艇池田明美が2Mを先行。
 香川はイカせてさしますがキレが無く、1M順走から2M2番差しの2号艇鎌倉涼が2艇まとめて差しきり逆転2着。
女子リーグ第1戦 G3レディース笹川杯 優勝者インタビュー

 ここでトコトコ動画な話。江戸川のところでも少し触れましたが、ニコニコ動画のJLCの公式チャンネルニコニコ BOAT RACE@JLCが昨日5日から始まりまして、前出の無料動画に加え、月額525円の有料会員になるとJLC380ch中継と、無料公開以外の名番組も見られるようになります。
 そんなJLCがニコニコ動画を意識した動画といえば、JLCが制作した2007年11月〜12月に開催されたG1常滑ダイヤモンドカップの特設サイトで公開されてたトコトコ動画じゃニャいかと。
トコトコ動画(G1常滑ダイヤモンドカップ(優勝:原田幸哉)のCM)


戸田一般競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から14トップスタートの2号艇山田哲也(千葉)に対し20スタートの1号艇山来和人(千葉)が艇を伸ばすものの、差しきった山田哲也が4号艇藤生雄人(群馬)の2番差しを振り切って2Mを先行。
 3号艇橋本久和(群馬)のつけまいをこらえきって2番手優勢の山来は2M藤生を行かせて山田哲也にも迫りますが、なんとか振り切って2周1Mを先行した山田哲也が先頭を守り、関東地区スターのミクロスターター哲也は千葉県民ワンツーで戸田初・通算2回目の優勝

三国G3企業杯スズキ・カープラザカップ優勝戦

 福井県内でスズキ車と三菱車を販売するスズキ・カープラザの企業杯は枠なり3vs3の進入から1号艇岩崎正哉(福岡)が12トップスタートの速攻で押し切り、昨年11月江戸川夕刊フジ杯以来となる通算37回目・三国2回目の優勝
 順走の2号艇長野壮志郎(福岡)が2着に入った福岡ワンツーで、2周2Mで4号艇海野康志郎を差しきった3号艇山室展弘(東京在住岡山支部)が逆転3着。

徳山すなっちスプリングカップ優勝戦

幾多の名勝負を魅せたあの頃の輝き、再燐。 来週13日からいよいよG1競艇名人戦が始まる徳山。
 3人の美男美女イラストが目を惹く特設サイトではLEGEND-マンガ今村豊物語&小説西島・日高物語-が11日に公開予定であります。
 ちなみに左のポスターはBOAT RACE official webの壁紙と登場人物が若干違います。特に右端。

 さて、福岡支部が4人優出したすなっちスプリングカップは枠なり3vs3の進入から4号艇松村敏(熊本在住福岡支部)が07トップスタートから捲りきり、徳山初・通算3回目の優勝
 松村に捲られながらも5号艇打越晶(福岡)の捲り差しを内でこらえきった1号艇伊藤宏(福岡)が2着。
徳山ボートの案内板


芦屋日本トーター杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇村上信二が3号艇前田昭宏のつけまいをブロックしつつ、シリーズリーダーの4号艇江口晃生の差しも振り切り、次節に名人戦を控える村上信二は2007年11月浜名湖中京スポーツもみじ杯以来となる通算48回目の優勝
 先月26日の早大大学院卒業式後初の実戦になったツイッターレーサー江口さんは2着でした。

【競艇名人戦】ちょい悪オヤジに選抜されたのは眉毛がイカす荘林

 大村G1競艇名人戦2日目メインのファン投票選抜戦は陸の上でブイブイ言わせるちょい悪オヤジ6人衆が水上でブンブン言わせるちょい悪オヤジ選抜戦。213/456の進入から4カド11トップスタートを放った4号艇荘林幸輝が捲りを決めて1着ゴール。眉無しの威圧感は伊達ではありません。
 後続は大外から豪快に捲り差した6号艇加藤峻二御大に、3コースから小さく捲り差したヒゲダンディ大嶋一也が続き、2Mは御大が全速隼マイで2番手をキープしたのに対し、ヒゲダンディはもたついてしまい4番手航走の5号艇水野要に差され3番手争いに。しかし2周1Mでかなめちゃんが御大に突進仕掛け、これをかわした御大のターンが流れた所を差しきったヒゲダンディが逆転2着。そして2周2M小回りモンキンターンで御大を捕らえたかなめちゃんが3番手に浮上しますが御大も食らいつき、3周2M内に切り返した御大がかなめちゃんに突進してこれがヒット。再浮上に成功した御大が3着です。

 明日のメインは通算2000勝以上限定の2000勝レーサー選抜戦。通算3164勝の御大は1号艇で登場します。枠を主張したら苦手のイン戦なだけにひとつの試練ですね。そして当blogは今回で1000回目。2006年7月30日以外は1日1エントリーなので開設998日で1000回を迎えました。

江戸川サンケイスポーツ杯優勝戦

 連日の激戦を勝ち抜いてきました今節の6精鋭が一斉にピットを飛び出してきました。江戸川競艇の優勝戦第12Rの開始です。イン速攻で当地V7を狙いますのは1号艇の今シリーズ選手代表山田竜一でしたが、枠なり4vs2の5カドから秋田健太郎60.2kgが01スタート。絞りにかかる秋田犬に3号艇金子龍介が抵抗。
抵抗した金龍はそのままつけまいに出て山田竜一を捲りきり勝利のカーブを描き、通算23回目となる優勝のゴールイン。初日1走目第5R3号艇での1周2Mで振り込み大恥をかいての独走ぶっちぎり最下位ゴールから4日後に同じ枠番で見事リベンジを果たした金龍です。
 龍に捲られた竜が2番手、捲り差しに切り替えた秋田犬が3番手という態勢から2M闘犬モードに入った秋田犬が山田竜一に突進して両者接戦になりますが、2周1M秋田犬を差した山田竜一が競り勝ち細工は龍竜、仕上げを御覧じろだワン。
赤い看板の金龍ラーメン


丸亀日本モーターボート選手会会長杯優勝戦

 イン03トップスタートの1号艇吉川元浩に対し1004勝レーサーの4号艇山崎智也が4カドつけまいを敢行しますが流れ、トップ独走となった吉川が通算21回目の優勝
 後続は2コース順走の池本輝明と5コース捲り差しの中嶋誠一郎で併走となりますが、2M全速戦で池本を捲りきった中嶋が2着でゴールイン。3番手の池本は2周1Mで山崎に差されますが2周2Mですぐさま差し返して3番手を奪い返し、以降も追いかけてくる山崎を何とか振り切っています。

若松プラスミック杯争奪戦優勝戦

 中央競馬を始めとする写真判定業務やレース中継映像制作を行うプラスミックのタイトル戦は4カド18トップスタートを放った4号艇村上純の捲り差しをイン先マイあこターンで振り切った1号艇都築正治が今年3回目・通算41回目の優勝
 2着には村上、そして村上の後を追って5コースから捲り差した5号艇大澤普司(桐生競艇)が3着。22日も桐生の大澤が3着で終わりますように。

尼崎デイリースポーツ杯争奪ささはら賞優勝戦

 若手以上名人戦世代未満のミドルエイジであります1号艇島川光男42歳のイン戦に対し、新鋭であります2号艇峰竜太の2コース差しが入りますが2M先制の峰竜太は流れ、そこをミドルエイジの熟練技で差しきったミツオが通算49回目の優勝であります。

桐生ドラキリュウカップ・東西対抗戦初日

 125/643の進入となった10R、大外から早い飛び出しを見せた3号艇佐藤旭(東軍)が絞りに行った所直内の4号艇藤生雄人(東軍)に接触しまず藤生が転覆。更に佐藤は4カドの6号艇平岡重典(西軍)にも接触して平岡と佐藤自らも転覆(動画)。おまけに佐藤は+02のフライングでした。佐藤はフライングによる事故点に加え不良航法の事故点も加算されております。
 尚、1着になったのは3コースから捲った5号艇小野勇作(西軍)。もし枠番通りの進入だったら事故に巻き込まれた可能性があるだけに、まさに前付けさまさまですね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ