ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

作間章

作間章トークショーinボートピア横浜+大森の牛小屋でオフ会

ブログネタ
競艇 に参加中!
マーサク選手と黒石加恵ちゃん☆ 春風吹き荒れた今日は正午前に起きてから、強い南風が吹く平和島競艇をパスして作間章のトークショーがあるボートピア横浜へ。
 見られたのは第2部だけでしたが、司会が黒石加恵アナだったので、嬉しさ2倍です。

 マーサク選手の生の声を聞けた事に加え、久しぶりに黒石さんに会えた事でも行った価値の大きいトークショーでした。ちなみに、もし黒石さん司会なのを事前に知ってたら早起きして朝から行ってたと思います。

 トークショーではSG総理大臣杯に出場中の同期についても語り、坪井康晴は普段無口だけど時折ボソッと鋭い事をつぶやくとか、赤岩善生菊地孝平は赤岩は武闘派で菊地が頭脳派と多少タイプが違うものの、どっちもリーダーシップがあって男らしいとかの話を。
 また、最後のじゃんけん大会では当初予定のサイン色紙と帽子のセット10人分に加え、ペラグループTASK(TeppeiAkiraShouKanae)オリジナルTシャツとベイパTシャツを自前で提供した兄貴肌のさくまあきらです。

 さて、ボートピア横浜は青森県のミニボートピア黒石、秋田県のボートピア河辺と共に平和島競艇を必ず買える専用場外ですが、今日は平和島に加え秀樹感激桐生日本財団会長杯4日目と劇的尼的決戦尼崎選手権競走5日目も買えました。
 但し、SG終わった後も帰さんということで発売予定だった若松G3企業杯JR九州ビートル杯は強風の為中止順延になったので、ナイターは買えず。
 よって、今日は昼間のみの営業になりましたということで暗くなる前に横浜から帰りました。

 ところで、夢大作先生主演のJLC番組「勝負師はつらいよ#10〜ミニボートピア長洲 火の国の金魚篇〜」はマドンナ役が黒石さんなので、見ることをおすすめする逸品(番宣動画)なのです。自分はもちろん録画して保存したのです。
TASKTシャツをマーサク選手と黒石さんが紹介

 夜は、17日のMXTV「ボートレースLIVE」にも登場し、クワバタオハラの取材を受けた大森の名店牛小屋へ。
 マーサク選手という秀逸なニックネームを生んだ競艇あれこれの良2さんが企画したオフ会には、半月前に会った山ちゃんさん、久しぶりなかじさんにマイケルさん、初めましてのおくぞうさんにscopusworksさん、他にも牛小屋仲間のカッキーさん達や、URLが無いので明かせませんが初めましてだった方などいろんな方が来てましたです。
牛小屋の焼酎20100320

船橋オートトークショーに出演のボートレーサーさくまあきらが久々のV

ブログネタ
競艇 に参加中!
 中部国際空港セントレア行き高速艇が発着する津なぎさまちの開港5周年記念津なぎさまち開港5周年記念レース

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から先行体勢の1号艇作間章(千葉県木更津市)に対し、昨日12R中11Rがインコースの頭(一覧)だった中、10R準優勝戦動画)において唯一イン以外で勝つ大金星(1M2コース順走2番手→2M差しで逆転勝ち)を挙げた3号艇古場輝義がつけまいを打つも不発に終わり、そのまま逃げ切ったマーサク選手が2008年9月びわこ日刊ゲンダイカップ以来となる通算21回目の優勝
 前述の準優10Rにおいて1度は先頭も2M差されて唯一逃げ切れなかった屈辱を味わった4号艇三角哲男(千葉市)ですが、優勝戦は古場輝義が攻めた展開に乗っかっての差しで千葉県民TBPクラブ員ワンツーの2着に入り、着順こそ準優と同じ2着ながら古場輝義には先着。


 さて、昨年末のレーシック手術効果もあってか久々の優勝を飾ったボートレーサーさくまあきらですが、24日に船橋オートレース場でオートレーサー木村武之とのコラボトークショーに出演します。
 同日は22日から始まるG2日刊スポーツさざんかカップの3日目で、時間は8R(13時47分発走予定)終了後。

 同日は新鋭王座の最終日なので自分は多分江戸川競艇場ですが、ボートピア習志野の最寄り駅新習志野は船橋オートの最寄り駅南船橋の隣駅なので、トークショー後でも間に合いますね。
 尚、今のところBP習志野の選手イベントは発表されてないので、もしかしたらこのイベントがBP習志野全国発売競走イベントの替わりかもですね。

 ちなみに区花がさざんかな住之江競艇のデイリースポーツ杯争奪サザンカップは3月2日からです。
年末にレーシック手術を成功させて視界バッチリのマーサク選手


【さくまあきらの弟子がG1水神祭かなえました!】

 江戸川競艇地元スターとして浜名湖G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦(携帯動画GBちゃんねるはこちらの携帯専用URL)に出場中の96期4335若林将

 初日はスタート行けずゴンロク発進と散々だった若林将ですが、3日目の今日、6号艇で乗艇した1Rで遂にG1水神祭
 レースは枠なり3vs3の6コースから3号艇鈴木勝博を叩いての差しでBS伸びて2M先行体勢に入りますが抜け出せず、1M捲り差しから2M差す5号艇海野康志郎と、イン戦から2M外全速で逃げ切り図る1号艇岡祐臣を加えた3艇でHSトップ併走になり、最内のうんのこーしろーが2周1Mを先行しますが、ここで若林将の差しが届き、内の利で2周2M先行してG1初1着をかなえました。

 ちなみに若林将は石渡鉄兵、さくまあきら、若林将と昨年11月13日の金曜日(大安)に結婚式を挙げた同期4341かなえ夫人の4人でチーム「TASK」を組んでおり、江戸川鉄兵とさくまあきらの愛弟子であります。

木更津の桃太郎が地元開設記念V&藤田竜弘戸田で初優勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 秋雨前線の影響を受けまして今シリーズの江戸川競艇は雲の多い陽気となりましたが、水面の方は連日アグレッシブな攻防戦が続いています。今日は早くもボートピア習志野開設1周年記念最終日の水面上。
 多彩な攻め技の応酬が相次いでいます今日の競走水面、ファンファーレが鳴りました。第5Rの開始です。06トップスタートの3号艇宮嵜隆太郎が鋭い伸び足で一気に捲りきり先頭に立ちますが、捲り差しで2Mインサイドを鋭く突いてきた6号艇富田章がHS宮嵜の内に潜り込んで逆転に成功。そして2周1Mでは1Mを2段で捲ろうとしたら大きく振り込んでそのまま転覆(動画)してしまいました5号艇木山誠一の転覆艇がいたためここで確定。まさに年の功といえます粘っこい走りで31期2500富田章57歳が逆転1着ゴールとなりました。

 選抜戦の11Rが始まりました。3号艇篠原俊夫がつけまいで1着となったこのレース、捲り差しで3番手の6号艇立山一馬は2Mで内側にいた4号艇西重次を差し、切り返しで突っ込んできた1号艇清水敦揮を抱いてかわそうとしましたが清水に接触してしまい、更に避けきれなかった5号艇浦田晃嗣に轢かれてしまい落水(動画)です。セイコー舟券教室立山一馬で家をタテヤマの次走は11日から三国かんなづき第1戦。怪我無く無事に出てくる事を願います。

 4日間の短期シリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。インから逃げていく1号艇森高一真を2号艇作間章がサクマ式の差しで捕らえるものの、2M全速でぶん回した森高が食らいつきほとんど同体。ですが、2周1Mを内側の利で先行したさくまがここで森高を突き放し今年3回目、通算16回目の優勝。木更津の桃太郎にしてTokyo bay piratesの一員でもあるさくまあきらは、ボートピア習志野の開設周年記念を獲得して地元開設周年ウイナーの仲間入りです!
 一方、無念の2着に終わった森高ですが14日に戸田競艇場で同期井口佳典と銀河系トークショーをする事が発表されました!

戸田G3新鋭リーグ戦優勝戦

 今節のプレイベントとして交流会フットサル大会が先月23日に開催され大成功に終わった戸田競艇。
 レースはどうだったかといいますと、枠なり3vs3から05トップスタートを決めた2号艇濱崎直矢(戸田地区スター)が捲りを打つもやや流れ、カドから差した4号艇藤田竜弘(静岡)が濱崎を捕らえて2Mを先行しデビュー初優勝。他地区の為にイベント参加選手では無かったものの、ニュースターが生まれた新鋭リーグらしいエンディングとなりました。

 8度目の優出にして初優勝となった藤田竜弘ですが、彼の奥さんは愛車ナルを駆る浜松のドラゴン鈴木辰己の次女。鈴木辰己の娘といえばもうひとり鈴木成美がおり、鈴木成美の旦那さんは山田雄太。即ち、藤田竜弘は鈴木成美&山田雄太と義理の縁戚関係なのです。

浜名湖スポーツニッポン菊花杯優勝戦

 静岡4人vs三国2人の対決になった優勝戦はスタート展示で4号艇後藤正宗(静岡)が1号艇徳増秀樹(静岡)からインを奪い415326の不穏な進入。そして本番でも4123/56と後藤正宗が展示同様にインを奪ったものの蓋を開けたら30とスタート遅れ、2コースから後藤正宗を叩いて捲り圧勝の徳増がガマ・アマ・ハマの秀樹感激自信復活3節連続となる通算36回目の優勝
 後続はカド遅れ差しで伸びた三国71期3620の5号艇信濃由行と大外進入からイン変わり気味に差した6号艇の舟研スーパーマン野中義生(静岡)で2番手争い。一角崩しを狙う信濃は2Mを先に回ろうとするも、383系しなのと違い振り子式機構の付いていない71期信濃由行のターンはマイシロ不足で流れ、信濃の懐をあっさり差しきった舟研スーパー野中が2着。でも文恵の印に義生は無し…。
 アウェーの信濃は静岡71期3591の5号艇後藤孝義にも差されて同期同士の3着争いとなり、内の利とホームの利で後藤孝義が主導権を握って2周2Mで完全に突き放し3着。71期静岡支部の後藤孝義は4月27日蒲郡スプリングカップ初日11R落水による骨盤粉砕で全治3ヶ月の重傷を負い、今節が復帰初戦でしたが復帰戦で即優出を果たしただけでなく、舟券にも絡む健闘を見せました。その一方、信濃は2周2M差しに構えようとしたところ後藤正宗に前をカットされて5番手に後退。信濃がアウェーの悲哀で周回毎に順位を下げた結果、上位4艇を地元静岡が独占しました。

三国日本モーターボート選手会会長杯菊花賞優勝戦

 三国の1800m戦はデビュー初優勝目指して3号艇松村康太が捲りを打つもやや流れ、松村が捲った展開を突いてカドから捲り差した4号艇西山昇一が先頭に。そしてイン戦粘った1号艇星野太郎は松村に舳先をかけて抵抗する中、2Mは西山が先に回って松村がこれを差す展開になりましたが、ほしのを包もうとした松村は包みきれずほしのに接触してバランスを崩し落水。そこに6号艇竹田辰也も突っ込んでしまい竹田も落水(動画)。
 このアクシデントにより上位は西山とほしので固まり、菊の季節に強いほしのを堂々従えた西山が通算30回目の優勝にして第15代菊花賞男に。西山と菊花賞の絡みといえば1998年のセイウンスカイ(西山牧場)ですね。

桐生日本トーター杯優勝戦

 4号艇角浜修が4カドから絞りに行くも、インから艇を伸ばして先に回った1号艇安達裕樹が角浜の捲り差しを振りきって通算2回目の優勝。今年、地元津のGW開催スポーツニッポンパール賞競走で初優勝を飾ったもののF前退き恵まれVだった安達裕樹、今度は正真正銘恵まれ無しの自力優勝です。安達裕樹についての詳細はこちらのエントリーを。

【明日から平和島SG全日本選手権

 てっきり地元の高橋勲が選手代表をするのかと思いきや、なぜか上瀧和則が選手代表を務めるSG全日本選手権。ギャンブル王争奪!競艇予想大会BEGINNER'S BOAT CAMPにリニューアルしましたが競艇予想大会は健在で、今回はドリーム戦が予想対象レースです。
 SGといえば、SG恒例の予想大会であるK-BATTLE。今回の大会は「競艇予想選手権 頂点を掴め!」。詳しいルールはこちらですが、今回の特徴は予想する側も選手同様5回走りか6回走りということ。30000ポイントを限られたレース数でいかに運用する事と、勝負レースの見極めが重要ですね。

【米牌列】Tokyo bay pirates結成記念イベント

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
なっち司会のさくまあきら指定席トークショー 全国の水面を制覇するため彼らは動き出す。見逃すな!のキャッチコピーと衝撃のビジュアルを伴ったTokyo bay pirates発表から約1ヶ月。生憎の天気でしたが立夏の本日、佐山夏子キャスター司会のTokyo bay pirates結成記念イベントが東京ベイ平和島競艇場で行われました。
 先ずはMotley Crue/Dr.FeelgoodをBGMにハマーリムジンが現れ、イベント広場後方でスーツを着込んだベイパイメンバーが下車。現れたメンバーは濱野谷憲吾中野次郎作間章阿波勝哉角谷健吾熊谷直樹山田竜一蜷川哲平のイカした8人。
 この8人が赤マットの花道を歩いてステージに上がって颯爽とお披露目です。お披露目が済んだ後はGun's 'n' Roses/Appetite For DestructionをBGMにさっと退場。入場時に使用した赤マットはここで片付けられました。個人的には白スーツの濱野谷&後ろ前キャップの角谷が特にディープインパクト。
メンバー紹介:白スーツがケンゴで後ろ前キャップがケンゴ

 続いてはメンバーがユニフォーム姿で現れたトークショー。最年長のクマさんが仕切って撮影秘話等が明かされました。ここでメンバーの追加や入れ替え等の話がありましたが、実現したらおもしろいですね。冒頭のリンク先で写真が見られますが、角谷の衣装だけが自前だったとの事です。
ユニフォーム紹介&トークショー

 トークショーの後は指定席イベントのさくまあきらトークショー。「角谷さんもっとはじけて」とか「若林将くんはボクよりスタート勘がいい」とか「寝ないとスタート勘が冴える」とか「好きな競艇場は平和島・江戸川・唐津・尼崎など」とかの内容でした。間近で見られる指定席イベントはやっぱり楽しいですね。
なっち司会のさくまショー横長仕様

 イベントの最後は選手手渡しによるステッカープレゼント。ちなみに自分は抽選に外れました。ついでに舟券の方は結局11Rの1本しか当たらず惨敗だったのですが、指定席喫煙所で見た東京G1NHKマイルカップも人のPOG馬が勝って競馬まで大惨敗のおまけつきでした。キングカメオとピンクカメハメハ
オリジナルステッカープレゼント


平和島京浜急行社長杯4日目

 今節は2名のベイパイメンバーが登場。今節選手代表でもある池田雷太東京支部長はいの1番に1R1号艇で登場しましたが、4号艇石田剛大の4コース捲りに抵抗して流れ3艇に差され、最後3着争いに加わったものの結局4着。続く6R6号艇は大外からの差しで3着でした。

 もうひとりの齊藤仁は前半7R6号艇で登場。「今日はTokyo bay piratesの結成式が行われておりますが、メンバーとして恥ずかしいレースは絶対にできません。(動画」とお伝えされましたが、5コースからの捲り差しは行き場を無くして間を割れずにまさかの5着。続く11Rは1号艇でしたが、シリーズリーダーの5号艇福島勇樹に大外つけまい一発決められてイン戦失敗の3着とお伝えしておきます。

 ここで私事ですが、本日は朝から平和島の指定席に入り、イベントの時間はイベント広場にいました。指定席にはさくまファンのちるとれーどさん&ァチコさん+αさんがいて、イベント広場ではまっちゃんさん&SPLASHのお2人さん&ゆたさん&R/Callさん&ふにゃ蔵さん&よしのぶさんと、東京支部のビッグイベントとあって沢山来てました。で、レース後はR/Callさんのおごりでふにゃ蔵さん、よしのぶさん、そして自分の4人で牛小屋に行き、ホルモン焼をごちそうになりました。ありがとうございました。

唐津GW特選西部日刊スポーツ発刊30周年記念優勝戦

 1号艇森永淳が08トップスタートのイン速攻態勢で逃げようとしますがターン漏れで大きく流れ脱落。2コースからくるりと差した3号艇上瀧和則と4コースから捲り差しの2号艇樋口亮が一歩抜け出し、2M先制で樋口を振り切った上瀧が通算71回目の優勝

【Fあるところに小暮茂】江戸川4日目の第10Rで4艇がフライング

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズは関東競艇専門紙記者クラブ杯、今日は開催4日目の競走水面です。いよいよ明日に行われます優勝戦進出を目指し、今日は各レーサーが激しいポイント争いを演じています。さあファンファーレが鳴り渡りました第10Rを迎えています。大時計の針をにらみます。発走台の大時計の白い針が今黄色い針に入れ替わりました。さあスタートです。各メンバーが態勢を整えてレースコースへと入ってきました。激しいレースが期待されます競走水面第10R、全速態勢の6人スタートしました!3号艇4号艇5号艇6号艇とこの辺りが激しくスタートゾーン飛び出してきました(動画)。イン19と立ち後れるも艇を伸ばし先マイの茶谷信次に捲り差しで艇を並べた3号艇田添康介を始め4艇がフライングです!フライングに散ったのは田添(+06)の他に4号艇古賀勝則(+04)、5号艇桑原将光(+05)、6号艇新地雅洋(+04)です。対して生き残った2艇は2Mで田添を差し返し先頭争いの主導権を握った茶谷と、2コース25スタートも小回りで立ち回って先頭と僅差の3番手を走った小暮茂です。
 優出圏内と思われました田添と新地がスタートラインを飛び出してしまいましてポイント争いボーダー上のメンバーに稲妻が走りましたこのレースの返還額は1526万5500円で、残った売り上げは2連単136800円と単勝53300円だけでした。なぜか単勝(1日トータル152200円)がこの日最高の売り上げで5万円以上も売れていたのが特徴的ですね。そして初日恵まれで2勝の小暮茂は恵まれで2着と今シリーズの2連対は全て恵まれ。この悪運はまさにデーモン小暮閣下ですね。

 今シリーズ選手代表にして今シリーズ優勝候補筆頭の作間章は1号艇の前半第6Rをきっちり逃げて1着とし優出当確になって6号艇の第12Rを捲り差しで2着にまとめ優出1号艇を決めました。尚、第12Rを逃げで1着とした貞兼淳二は私傷病で帰郷しました。


 中止順延を挟みました5日間の激戦を勝ち抜いてきました優勝戦の6精鋭です。

1:さくまあきら 2:眞田英二 3:阪本聖秀 4:荒井輝年 5:関口智久 6:丹下健

 同期の田添はFに散りましたが、前日までさくまとトップタイでした阪本は優出に成功しました。そして前日まで得点率11位と苦しんだゴッドハンド輝は本日連勝、そしてボーダーの低下により4号艇まで押し上げてきました。

【ポイントカードの変更について】

 年会費無料の江戸川競艇ラリーズクラブ、新年度からポイントカードの規定が変更となりました。
旧ルールは150P500円、250P1000円、600P3000円の現金キャッシュバックでしたが新ルールは500P場内利用券2000円分、1000P指定席エグゼ入場券4枚or特別観覧席入場券2枚、2000P指定席エグゼ入場券10枚or特別観覧席入場券5枚となっております。ちなみにエグゼの料金は2000円で特別観覧席の料金は4000円です。
 よって、現金3000円をキャッシュバックできるのは3月28日の日本モーターボート選手会会長賞最終日となります。現金キャッシュバックやめるのならラリーくんのぬいぐるみくらいポイント特典に付けてくれてもよさそうなものですが。

G1戸田グランプリ3日目

 前日まで得点率8.00と上位につけていた梶野学志。5号艇1回乗りの11Rは5コースからの捲り差しで3番手争いでしたが、カジノは2周1Mで外の2号艇赤岩善生を牽制しつつ、後方追走の6号艇山崎智也を叩いた勢いで内先マイの4号艇山崎義明を差そうとしたところ舳先が浮いて転覆動画)。残念なことに今節3人目の負傷帰郷となってしまいました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ