ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

倉田郁美

正道快感!大村夢の初優勝W決定戦マンスリーKYOTEI杯

 初優勝目指すA組と優勝経験有りのB組、2つの優勝戦が行われる4日間シリーズ大村夢の初優勝W決定戦マンスリーKYOTEI杯。オール女子のB組に白一点で出場していた廣中良一は昨日の準優10Rに6号艇6コースで登場も、外マイ不発で6着敗退。ちなみに3周2M突進で5号艇徳増宏美を抜いて3着入線の1号艇橋谷田佳織(逆ハッシービームで19トップスタート)は不良航法で賞典除外となり徳増が優出してます。
 ということでB組優勝戦はオール女子戦となり、1号艇イン倉田郁美が4号艇4カド中里優子の捲り差しを振りきって優勝。2007前期適用勝率10.00の倉田は1994年7月の桐生以来約13年ぶり2度目の優勝で、今年は既に江戸川一般競走尼崎競艇ダービー杯の男女混合戦で優出するなど、今回を入れて4回の優出を数える好調でまさに機が熟した感じの優勝であります。

 初優勝目指すA組初優勝決定戦は香川67期山下和彦が1号艇。1996年1月尼崎以来約11年半ぶり3度目の優出で悲願実現に大きく近づきました。ちなみに広島70期山下和彦は39回の優勝を経験しています。
 しかし、機力RE雨宮級の3号艇雨宮昌一(優出メンバー中唯一来期A2)が一気の4カド捲りで山下和彦(香川)を潰しにかかり、これに山下和彦(香川)が抵抗して両者共倒れ。そしてこの展開がどんぴしゃになったのが雨宮の直外5コースにいた飛脚カラーの4号艇佐川正道(優出メンバー中唯一現A2)。捲り差しのハンドルを入れた佐川はそのまま突き抜け、あとは春日部佐川エクスプレスと化して独走。
 かくして16度目の優出で遂に悲願の初優勝を実現した68期3533佐川正道。同期には前出の3518倉田郁美を始め、SGウィナーの3534野澤大二等がいます。ちなみに自分にとって一番印象に残った佐川正道のレースは2005年正月の戸田埼玉選手権初日6R橘菊太郎初春公演浅草大勝館出演記念。インの飯島昌弘を飛脚色の佐川が5コースから捲った一戦です。
 後続は大外から差した6号艇沖本健二(今回で56優出目)が2番手も、2M振り込み転覆(動画)。1M張られて最後方も、2M外全速戦で難を逃れた雨宮が2着に入ってます。

平和島レディースカップ最終日

 blogの女王まきたんこと長嶋万記の今節最後のレースになった10R選抜戦。1号艇新田芳美がインから羽ばたいて1着になりましたが、チョーさんは2コース順走から2Mフルターンのギザ捲りで2着を取り切り最後を締めたとお伝えしておきます。

 優勝戦は前走地三国みなづき第2戦(オール女子戦)で史上最多77優出目での初優勝を果たした勢いに乗った今節選手代表渡辺千草総長が1号艇。「既にその話術は正子のおつげの後継者となっております。口も回りますがプロペラも回ります。(動画」と、選手紹介後の初優勝セレモニーで歌を披露しプロペラも好調な千草がイン先マイ態勢からくるっと回って先頭。外を張っての2コースつけまいに出た2号艇金田幸子が追いかける展開に。そして2周1Mカナダを締めて先マイもターンが膨らんだ千草に対し、優勝0回とは思えぬ冷静なカナダドライターンで小さく回ったカナダが大型映像前ぐぐっと伸びてラップに持ち込み、2周2M先マイのカナダが逆転成功。艇界の日劇ウェスタンカーニバル平尾崇典でお馴染み岡山支部の86期生カナダがギャグを封印して愛の白昼夢に悲願の初優勝でございます。

 ちなみに平目も出場する戸田SGグランドチャンピオン決定戦が明日から始まりますが、グラチャンパンフレットAquatic Expressには埼玉のSGウィナー滝沢芳行を妻として後から前からサポートする3155花澤葉子元選手のインタビューが掲載されています。

唐津西日本スポーツ杯優勝戦

 電気設備故障の為2日目8R以降打ち切りとなるアクシデントもあった今節はさよならエンジンと石川香奈恵アナに銘打たれた現モーター撤収のシリーズは石川哲秀も4号艇で優出(5コース戦で間割れず4着)しました。
 さて、1号艇は笠戸湾の海賊吉村正明でしたが2コースに入った5号艇鎌田義が32と凹む泥壁ぶりをやらかしたのが痛く、まちゃあき海賊団長はイン先制も2号艇3コース村田修次と3号艇4カド佐々木和伸の捲り差しを貰って3番手と万事休す。優勝は先に捲り差したムラッシュでした。ムラッシュは通算24回目にして唐津初優勝。唐津のムラッシュといえば昨年2月のJLC杯で(111111F11)というすさまじいけど悲しい成績を残したのが強烈な印象ですね。
 優勝ならなかったまちゃあき海賊団長ですが、3周1Mの外全速戦で佐々木を捕らえ併走に持ち込み、3周2Mの外全速戦で遂に佐々木を逆転。平和島SG全日本選手権を狙える勝率を持つまちゃあき海賊団長が7点レーサーらしい勢いを見せた2着争いでした。

【白の日】本日の1号艇は全8場96戦35勝1着率36%

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日は8場で競艇が開催(一覧)されましたが、白枠1号艇の頭は全96R中35本(内訳:江戸川3多摩川3浜名湖2びわこ4住之江4児島7芦屋7福岡5)で、1着率は約36%。白の日にしては意外と低い1着率ですね。特に浜名湖の低率ぶりが目立ちます。

 そんな白い日、名前に白が付く選手は全部で8人いますが、このうち今日出走していたのは白石浩二ただひとり。そのスマイリー白石は1回乗りの芦屋G3企業杯アサヒビールカップ5日目5R5号艇で6着と大敗してしまいました。名前が白でも枠が黄色だったのがよくなかったのでしょうか。
芦屋市から近い尼崎がホームの白石浩二


江戸川3日目

 冷たい北寄りの風が吹いています今日の江戸川競艇は開催3日目に進んでいます。第1Rは大外から大捲りを放った中島浩哉1着、イン戦捲られるも2M全速戦で浮上の中島真二が二着に入ったナカシマワンツーは3連単90070円の高配当。ヤマト主流の競艇界にあってナカシマコンビが一石を投じました。

 ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面は第6Rを迎えています。ポイントリーダーの3号艇泉具巳が32トップスタートも、36スタートの2号艇富田章が壁になり捲り差しも不発で5着敗退。捲り戦に出た富田が1着となりましたが、5コース40スタートながら豪快な2段捲りを見せた倉田郁美が2Mも豪快な全速戦で2着を取り切り、全国適用勝率10.00の倉田郁美(静岡支部だけどチュッチュキャンパス中京女子大卒:昨年5月には母校で凱旋講演)が優出に大きく近づいたのが特筆されます。

 11Rが始まりました。3号艇本部真吾が73と大きく凹むなどスタートばらける中、前半第6R5着大敗で優出3着条件に追い込まれた5号艇のともみちゃんが25トップスタートを放って捲り差し。1号艇吉田俊彦をBS捕らえて2Mを先制したともみちゃんが見事勝負駆け成功の1着。このレース1回乗りの2号艇垣内清美はともみちゃんに捲られるも3着に残してこちらも優出成功です。

 12Rは優出圏外の1号艇林恵祐が優出1着勝負駆けとなる馬袋義則の2コース差しと、同じく優出1着勝負駆けとなる今シリーズ選手代表佐藤雄治の4カド差しを振り切り1着。2Mうまを先行させて差した佐藤が2着でうまは3着。
 尚、このレース勝てば優出1号艇もあった3号艇倉田郁美ですが、1M捲り差しも間を割れず苦しい戦いを強いられ、2Mでもたついたのが響きまさかの6着。しかし、3着条件の5号艇寺本昇平が4着に敗れたので両者共に5走36点ながら1着数の差で倉田郁美が6号艇優出となりました。


 優勝戦のベスト6強です。

1:ともみ 2:川添英正 3:柳沢一 4:きよみ 5:小野信樹 6:いくみ

 2006年3月の日本モーターボート選手会会長賞当地連続優出を果たしたともみちゃんが昨年に続いて優出1号艇。捲られて4着だった昨年の借りを返せるでしょうか。休憩中にグミ噛みながら電投して結果を待つことにします。

【旅立ちの春、夕立の夏、淺田千の亜希】

 かつて艇界の大将安藤千夏優勝した由緒正しいオール女子戦のファイナル住之江大阪スポーツ賞アクアクイーンカップ優勝戦は5号艇中谷朋子が回り直して12346/5の進入。そして大本命の1号艇淺田千亜希がイン戦決めて住之江初、通算20回目の優勝。住之江7優出目にして旅立ちの春にうれしい初優勝となりました。
 2コース順走の新田芳美が2着で、3コース捲り差し不発も5コースクルリン差し橋谷田佳織との3着争いを2周2M全速つけまいで制したデビュー初優出の細川裕子が3着。

福岡都市圏17周年記念競走優勝戦

 昨年当地で行われた日本の強い男決定戦G3企業杯JAL CUPを制してJAL男子王座の栄冠を手にしたG.O大神康司兄貴が節間8戦7勝2着1回の圧倒的な成績で手に入れた1号艇を生かしきり、地元水面優勝以外に道はないとばかりにイン06トップスタートで圧倒!前走地平和島神奈川新聞社賞に続く2節連続通算26回目の優勝を飾ったグレートな大神兄貴です。
 3コースから捲った堀本裕也と4コース差した岡瀬正人の2着争いは2周1M内先マイの岡瀬が制しております。そしてムラミーでお馴染み(動画)の2号艇村田瑞穂は1M裕也に捲られて離れた4番手でしたが、2周2Mの差しで裕也に迫り、3周2Mの差しで0.2秒差まで追い上げるも着順替わらずの惜しい4着。でも熟練技と好調足を存分に披露してくれたムラミーでした。

【いくみきよみ】男女混合江戸川競艇2日目は15万舟【いずみともみ】

 第8Rが始まりました。先捲りの2号艇小林晋に1号艇の馬場貴也がボートを合わせて逃げ切ったかに見えたところで、6号艇の倉田郁美(適用勝率全国1位10.00)が差し伸びてきて2Mを先制。尚、1M出口では小林が転覆。
 そして倉田に先制された馬場は2Mで4号艇伊藤啓三に捲られ、全くの人気薄3号艇稲垣一恵にまで差されで4番手に後退。2周1Mには事故艇がいるので着順が固まり、倉田が第4R(逃げ)に続く連勝で1着。伊藤が2着、稲垣が3着となった結果3連単150340円と腰が抜けるような高配当に。

 初日連勝の泉具巳第10R2号艇1回乗り。ともみちゃんは1号艇川添英正の逃げを捕まえられなかったものの順走で2着にまとめ、予選得点率は10.00でトップをキープ。逃げ切った川添は柳沢一と共に8.75で予選得点率2位。2日目までの得点率は以下、8.67の倉田が3位で12Rを逃げで制した垣内清美が8.50の4位となっています。

山口県モーターボート競走会会長杯争奪戦優勝戦

 競艇史上、最愛。の安定板付き美艇旋風から9日が経過した徳山競艇で行われた開催のファイナルは、1号艇坂口周がインから07のトップスタートをしっかり踏み込んでいくも、3号艇守田俊介の3コース捲り差しをブロックしてターンが甘くなり、そこを2コースから差した2号艇小野勇作があっさり坂口を突き放して通算5回目の優勝。優出メンバー中唯一前節優出モーター(16号機)だったハイパワーを武器に差しきった小野は2004年1月の宮島一般競走以来となる久々のVでしたが、この時も今回と同じ2コース差しです。

鳴門JLCカップ競走優勝戦

 3コースから捲った富永正人(埼玉)と4カド差した須藤隆雄(栃木)で接戦になり、初優勝狙って2M先マイの須藤を差した富永が優勝。2004年11月JR三河塩津駅オープン16周年記念競走以来久々の優勝は通算14回目の優勝。
 元気に差して優勝ぱくりんのはずが富永に差し返されて残念ぴろりんになった関東地区の須藤は富永に捲られて3番手だった1号艇今村暢孝に3周1M差し伸びられて3周2M先マイを許し、0.1秒差ながら逆転を許してしまい失意の3着で涙ぽろりん。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ