ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

全日本覇者決定戦

江戸川初代減音覇者は村田敦+若松全日本覇者は井口佳典

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日遂に最終日を迎えたBOATRACE江戸川の減音型モーター初おろし開催は、BOATRACEがもっと楽しくなる!競艇センターKTCの名を冠したKTCカップ

 KTCでは羽田発1泊2日35000円の大村グラチャン観戦ツアー(既に定員到達)を企画してますが、大村へ飛べるANAといえばANA47旅割REVIEW旅ガールが出演する水着PVが話題ですね。
 それに対して本家?AKB48も50万枚超えとAKB48総選挙投票用紙在中で話題の新曲「ポニーテールとシュシュ」で水着PVを見せてくれてますね。果たして中間発表1位の前田敦子は明日の開票日まで逃げ切れるのか?

 と、レースタイトルから違う話題に脱線したところで、波も流れも乗り越えた男達による優勝戦
 江戸川減音型モーター初代優勝者の座を懸けた一戦はチルト+1.5度の3号艇飯山泰(東京支部81期3940)が捲りに行くも流れて首都高に乗ってしまい、展開ずっぽりはまった4号艇村田敦(東京)が差し抜けて先頭に立ち、
 「今節も白星量産。まさに今ノリノリあっちゃんとなっています。(動画
 と、自分を始め投票したファンの期待に応えた敦っちゃんは前走地蒲郡ビクトリーチャンネル杯に続く通算2回目の優勝
 2007年5月の当地ゴールデンカップで顔面負傷を負ってしまい、3ヶ月後に父の故郷豊橋から近い蒲郡サマーナイト特別で復帰した敦っちゃんは復帰の地でデビュー初Vを飾り、負傷の地で2節連続Vを決めました。まさにひとつのVをきっかけに本格化を果たした感じです。

 後続は差した6号艇石田章央(静岡77期3811)が2番手でしたが、2周2Mで痛恨のキャビテーション。
 これにより、3番手航走の5号艇長野道臣(静岡77期3796)も失速した石田と押っつけてきた2号艇汐崎正則に挟まれた格好で行き場を無くし、2番手以降の情勢激変。
 2番手は汐崎と差した1号艇黒崎竜也(三重81期3931)の争いに変わり、3周1Mは汐崎が内にいた飯山やすしを包み、黒崎が雅やかに飯山やすしを差してBSはやや汐崎有利もほとんど同体で3周2Mは黒崎が先制。
 ですが、差した汐崎が黒崎をわずかにリードしてゴールを通過し、2着争いに競り勝ちました。

 尚、第10R選抜戦で5号艇眞鍋賢司が1M手前で振り込み選手責任転覆を喫してます。
昨年6月江戸川本場再開記念時の村田敦


若松G1全日本覇者決定戦優勝戦

 3号艇山本修一がピット遅れるも回り込んで枠なり3vs3の進入になった全日本覇者決定戦はスロー勢がスタート遅れ、4号艇井口佳典が本人曰く目標より遅かったとはいえ堂々0台の07スタートぶちこみから一気のカド捲りを決め、SGV3含む記念V7・今年3回目・通算35回目・若松はデビュー初Vだった2002年2月TYSテレビ山口杯争奪戦競走を含む3回目の優勝
 今節2日目に次男が生まれて誕生記念水神祭も行った井口佳典、まさに真弓やったぞ!といった心境でしょうね。

 後続は残した2号艇今村豊に6号艇今垣光太郎の差しが届いて2Mを先行。
 しかしガッキーはミスター競艇今村豊に差され、1M捲り差しから2M外全速の5号艇山口剛に捲られ一歩後退し、HSで2番手争いはミスター競艇と山口つよしに加えて2M2番差しの1号艇魚谷智之も加わった三つ巴に。
 2周1Mはミスター競艇が白魚を包んで先に回ろうとしますが、ここで豪快な外フルターンを魅せた山口つよしが一気にミスター競艇を捲りきり2着。ここで差したガッキーが3着。
水面の月を獲れ!若松競艇全日本覇者決定戦


浜名湖特別史跡新居関所ヒストリーアタック優勝戦

 注意一秒怪我一生。全国で唯一現存する関所特別史跡新居関所の名を冠したシリーズは2号艇大西源喜がピット遅れて134/526の進入に。
 そして1号艇荻野裕介がイン速攻で先頭に立ちますが、スリット飛び出してしまったオギリンは+01のフライングに散ってしまいます。
 残る5艇による先頭争いは、2番差しの大西が差し順走の3号艇山崎裕司を捕らえて2Mを元気に先制し、通算19回目の優勝
 山崎裕司は1M捲り差しから2M切り返してきた5号艇山本隆幸を行かせて捌き2着。

 ここでしんみりした話。今節4日目の6月6日に冠協賛レース12R案山子Pさん、今までありがとうが行われました。
 ウイークリーフライングハイライトなどの動画をニコニコ動画にアップロードして私達を楽しませてくれた案山子Pさんがウイークリーフライングハイライト12月27日-1月2日お正月特大号を公開した後の今年1月に交通事故で急逝されました事が5月にわかりました。謹んでご冥福をお祈りいたします。
 案山子Pさんへの追悼と今までの感謝を込めて実施された冠協賛レースは全艇スタート正常で完走し、1号艇新美恵一(優出4号艇)が1着、6号艇山崎裕司(優出3号艇)が2着でした。
案山子Pさん、今までありがとう(浜名湖競艇:2010/6/6)


鳴門日本財団会長杯競走優勝戦

 メンバー全員がG1V歴のある顔合わせになった優勝賞金114万円の日本財団会長杯競走。
 進入は、インコースから123/456の並びでスタートが切られました。1号艇服部幸男が1Mを先制して押し切り、トップでゴールイン。
 「若くしてSGV4をとり、長年艇界のトップランナーとして走り続ける1号艇服部の華麗なスピード戦(動画」を3周に渡って披露した服部先生は今年2回目・通算77回目の優勝
 差し順走の2号艇野添貴裕が2着。

 さて、鳴門市では今夏「鳴門で「NARUTO」だってばよ!」という、岸本斉史原作の漫画NARUTOとのコラボキャンペーンを実施。
 主なコラボイベントとして、8月7日にはBR鳴門Presents鳴門市納涼花火大会で木ノ葉隠れの里花火等NARUTOにちなんだ花火を打ち上げたり、8月9日〜11日の鳴門市阿波おどりではNARUTOキャラクターで埋め尽くす「NARUTO西演舞場」を設置して11日にはNARUTO出演声優も来場するイベント等を実施予定です。
 ちなみに岸本恵子アナが実況および表彰式司会予定の鳴門お盆開催渦王賞競走は10日〜15日です。


三国テレボートカップ優勝戦

 テレボートカップ、戦いはいよいよフィナーレ。優勝戦第12Rを迎えています。この最後の最後のステージで一番の輝きを見せるのはやっぱりダントツ人気、1号艇赤岩善生となるか。
 インから123/645の順です、スタートしました。赤岩は3号艇平石和男の攻めをブロックしつつ差し勢も寄せ付けない盤石のイン戦を披露し、トップでゴールインした赤岩は堅いわ強いわ凄いわ速いわの今年はV5、通算48回目・三国では前回の2月きさらぎ第1戦に続く4回目の優勝
 平石の捲り差しを内でこらえきった2号艇武田光史(福井)が2番差しの6号艇新井敏司を2M行かせて捌き2着のゴールイン。

宮島モンタチャンネルカップ

 今年は新鋭特集を中心に公開しているBR宮島オリジナル映像コンテンツモンタチャンネル
 そのモンタチャンネルの名を冠したシリーズは枠なり3vs3の進入から1号艇白井英治(山口80期3897)が07トップスタートの速攻で押し切り、白井西京は今年2回目・通算46回目・宮島はG1V2を含む5回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇重成一人(香川80期3908)が2番手につけ、2M内突いてきた6号艇深井利寿を行かせて捌き2着を取り切り80期ワンツー完成。

児島サンケイスポーツ大阪発刊55周年記念レース優勝戦

 スタート展示の枠なりから本番では3号艇高濱芳久が大きく回り込んでインを奪った3/12/456の進入から高濱がちょっと際どいタイミングで飛び出すものの、2号艇佐々木康幸が鋭い捲り差しで高濱を差しきり、今年2回目・通算35回目の優勝
 2番手の高濱はスタート審議の結果+02のフライングに消え、差し順走の1号艇池上裕次と2番差しの4号艇小畑実成(今節選手代表)による2番手争いになりますが、戸田天皇がイーグル会長を締め込んで2M先行するものの佐々木に押っつけてった分流れ、小さく回ったイーグル会長が2着。

何が起こるかわからない若松劇場+ガッキーが準完全Vの三国

 連日ドラマチックなレースが相次いだ若松劇場G1全日本覇者決定戦。ファイナルステージ優勝戦も3号艇古場輝義が男は黙って3カドを選択した12/3465のドラマチックな進入から始まり、1号艇田村隆信が10トップスタートからの速攻で2号艇坪井康晴の差しと古場のつけまいを問題にしない王道の逃げで千秋楽を締めくくり、記念8回目・通算26回目の優勝…
 かと思われましたが、2周1Mターンマークを外した田村の懐につボイの差しが飛び込み、離れた2番手から一気に並んだつボイが2周2M田村を突き放して1着付けたむ券を紙くずにしたドラマチックな大逆転劇(動画)で若松V2・記念V6・通算32回目の優勝。怪傑黒頭巾つボイが勝利のツボは押さえてバッチ・グ〜!な差し技で若松劇場の千秋楽大トリを派手に締めくくりました。

G1三国モーターボート大賞優勝戦

 2日目にTOSHI ECO LIVEがあった三国MB大賞は2日目6R以外全て1着の1号艇今垣光太郎(石川)が枠なり3vs3のインから逃げの体勢を作りきってツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが奏でる芦原ミュージックを轟かせ、記念24回目・通算68回目の優勝
 今年のガッキーはSG準優で2回とも準優で勝つ好調子ながらも2回とも賞典除外になるリズムの悪さに泣きましたが、地元みくにのそらでやっとG1カップをhugする事が出来ました。
 後続は2号艇守田俊介と4号艇平石和男と6号艇吉田弘文の差し合戦になり、2Mは最内の吉田が先行図るも外の守田が全速で吉田を包んで捲りきる事に成功。代わってBS4番手だった平石が2M差して守田に並びかけますが、2周1M内から先行した平石を俊敏に行かせて捌いた守田が2着。

唐津一般競走優勝戦

 節間(11111141112)と圧倒的な成績で締めくくった大嶋一也は4日目の12R準優進出戦で1号艇イン戦も162/345のカドから攻めてきた3号艇谷津幸宏(予想屋8ちゃんでおなじみ戸田競艇の88期4109)に捲られて4着に敗れまさかの敗退。ちなみに88期の8つゆきひろが勝って3連単362は80番人気88880円の8づくしでした。

 ということで混戦メンバーになった優勝戦はスタート展示の枠なりから本番2号艇藤田竜弘(静岡)がピット遅れた134/562の進入になりましたが、1号艇伊達正利(静岡)は動ぜず11トップスタートの速攻で堂々押し切り、通算15回目の優勝
 後続は差し順走の3号艇吉原聖人が2番差しの5号艇西川新太郎を振り切って一歩リードも、1M捲り差しから2M切り返してきた4号艇乙津康志を包むか差すかの判断に迷ったような感じの後に乙津を差した吉原のターンは甘くなり、決め差しの西川が2艇まとめて差しきり逆転2着。

児島TSCテレビせとうち杯優勝戦

 「なな色の夢 発信!」TX系列局TSCテレビせとうちのタイトル戦は今日WG1場外の丸亀競艇場に到着してから児島に到着したはしりびと重野哲之による表彰があるスペシャルな一戦になり、同県の後輩が来るんじゃ負けられないでしょということで1号艇今坂勝広(静岡)が146/2/35のインから10トップスタートの速攻で堂々押し切り、今年V6となる通算38回目の優勝
 後続は、5カド進入の3号艇岡部貴司(岡山)が、桃太郎伝説の地岡山できっちり優出も33と凹んでしまった2号艇作間章銚子電鉄でおなじみ千葉県民)を叩いての差しで2着。

【若松】昼夜2つのG1が準優勝戦【三国】

 江戸川競艇場でも場外発売中の若松劇場G1全日本覇者決定戦は本日準優勝戦。ちなみに普段の若松は9R〜11Rが準優勝戦で最終12Rは一般戦ですが、今節は10R〜12Rが準優勝戦になっています。
 先ず準優1つ目の10Rは1235/46の進入から4号艇古場輝義がカド捲り決め1着。小回り残した1号艇山口剛が、山口つよしの外を回った5号艇湯川浩司の攻撃をこらえきって2着。

 2つ目の準優11Rは1号艇阿波勝哉と4号艇矢後剛と6号艇村田修次の東京トリオが揃って若松MAXチルト+1.5度の若松劇場に。
 スタート展示は235/461で展示タイムも6.59と図抜けていた矢後に絶好の展開が予想されましたが、蓋を開けてみたらチルト0度の5号艇篠崎元志(福岡)が3カドを選択して23/5461。
 そして09スタート決めてチルト+1.5度トリオの伸びに勝った篠崎が絞りに行きますが、篠崎が3号艇長野壮志郎(福岡)に引っかかった間に実質ポールポシジョンの2号艇田村隆信が逃げきり1着
 捲り差しの篠崎は矢後のつけまいを振り切って2番手を航走し、2M差してきた矢後を2周1M行かせて捌ききり2着優出。

 最後の準優12Rは4号艇西島義則がイン取りの構えも、1号艇魚谷智之が艇をぶつけて割り込み、うおちゃんがペリカンさんに食われまいと待機行動違反食らってまで必死に抵抗した結果146/235の進入に(動画)。
 うおちゃんは07トップスタートもカドから伸びた11スタートの2号艇坪井康晴の勢いが勝り、うおちゃんは必死に艇を伸ばして1M先行するも流れてしまい、捲り差しがツボにはまってバッチ・グーなつボイが1着。差して2番手の3号艇笠原亮が2Mうおちゃんの差し返しを振り切って2着に入り、静岡ワンツー。 


 2009年度の全日本覇者を決定する優勝戦の枠番です。

1:田村隆信 2:坪井康晴 3:古場輝義 4:山口剛 5:笠原亮 6:篠崎元志

 予選5位ながら実質準優1号艇になり、予選4位の白水勝也(10R2号艇6着)よりもはるかに恵まれた準優番組になった運も味方につけた田村が勢いに乗りそう。

G1三国モーターボート大賞5日目

 準優1つ目の10Rは123/465の進入から3号艇萩原秀人(福井)が捲りに行って1号艇芝田浩治に飛ばされた展開を突いて、12トップスタートの4号艇守田俊介が捲り差しで突き抜け、義弟が作った展開を生かした守田に勝利の香り漂う芦原ミュージックを轟かせる1着ゴール。内で残した2号艇平石和男42歳がトシの功を見せて2着。 
 
 準優2つ目の11Rは枠なり3vs3の進入から08トップスタートの4号艇西村勝を1号艇石田政吾(石川)が芦原温泉方面に張っていった展開を突いて捲り差した5号艇服部幸男(64期3422)と、内で踏ん張る2号艇松井繁(64期3415)の同期対決になり、2M内から先取りした王者松井を差しきった服部先生が1着。2006年以降鳴門G1V3と小林習之アナが実況するレースで好成績を残す王者も前走地鳴門G1大渦大賞からの連続Vに望みをつなげる2着ゴールで同期ワンツーの芦原劇場になりました。

 準優最後の12Rスタート展示の134526から一転枠なり3vs3になった進入から1号艇今垣光太郎(石川)が逃げの体勢を作りきって1着。つけ回った3号艇吉田弘文が2着。


 優勝戦の枠番です。

1:今垣光太郎 2:守田俊介 3:服部幸男 4:平石和男 5:松井繁 6:吉田弘文

 2日目6R5号艇2着以外全て1着で、準優1号艇トリオで唯一生き残ったガッキーが最後も逃げの体勢を作りきりそうですね。三国と縁が深い守田は誰か入れて3.4コースの方が勝機ありそう。

7づくしの瓜生正義が全日本覇者+11づくしの吉川元浩が完全V【7-11】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 昨日の4Rでは「本場イベントでは本日までメイドさんと楽しく競艇観戦できる「MAID in 若松競艇」を行っております。場内はかわいいメイドさんで萌え萌え〜☆水上では白熱バトルで燃え燃えの若松(ニコニコ動画)。」という紹介もあり、3日目から5日目までメイドさんたちと楽しく舟券バトル「MAID in Wakamatsu Kyotei(特設サイトに写真あり)」も行われ、2日目には「フェニックスホール-植木通彦記念館」も開設された若松競艇開設56周年記念G1全日本覇者決定戦
MAID in Wakamatsu Kyotei

 そんなメイドインジャパンシリーズを締めくくる優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇瓜生正義(筑豊ブラックダイヤモンズ)が差し場を塞ぐ見事なイン戦で堂々押し切り燃えて、若松7回目・今年7回目・記念7回目とますもとナナづくしなVは通算35回目の優勝。握った3号艇重成一人が2着に入り、4号艇服部幸男先生を叩いて差した5号艇三井所尊春が三位所入線。
 表彰式(特設サイトに動画あり)で植木通彦競走会理事からウェイキーカップもとい花束を贈呈されたウリ坊は、これで初の全日本覇者襲名。既にG1福岡チャンピオンカップは獲得済みなので、あとは芦屋のG1全日本王座決定戦を獲得すれば福岡県内周年三冠、そして芦屋に加え唐津のG1全日本王者決定戦も獲得すれば全日本決定戦三冠になります。

 ちなみに17の5番手スタートだったことを全く感じさせなかった圧巻の逃げから生み出された勝ち時計は1800m1.43.9の日本レコード(新ペラ基準以降)を記録。ついでにJRAの1800m日本レコードは1:44.1で、ダイタクバートラムが若松競艇と同じ北九州市内にある小倉競馬のG3テレビ西日本賞北九州記念で樹立。

 ところで、終盤3日はミニボートピア北九州メディアドームも併設する小倉競輪場競輪発祥60周年記念濱田賞(F1)が開催されてましたが、西武園G1全日本選抜競輪初日の12月6日にサテライト若松が若松競艇場内に開設されます。もし、もう半月早く開設されてれば競艇場内で若松競艇開設記念と競輪発祥60周年記念の両方が買えてたことになりますね。

多摩川内外タイムス賞優勝戦

 シリーズ2日目1Rでは103期4535北山康介が大外から差しを決め、チョー気持ちいい水神祭を挙げたW準優制6日間ロングランシリーズは不動の主役吉川元浩がチョー気持ちいい10戦全勝で優勝戦1号艇。
 優出者インタビュー(動画)で「はい。あのー、昨日夜、ちょっとJLCを見てたんですけど、このレースを予想してた方が、僕の舟券を思いっきり外してたんで、是非、何が何でも優勝したいと思います。」と意気込んでた吉川元浩は枠なり3vs3の進入から2号艇山本光雄の捲りを軽く退け、吉川元浩は通算36回目にして多摩川初V、そして今年11回目のVは11戦全勝での完全優勝のイレブンづくし。
 ちなみに吉川のパーフェクトVは2002年GW尼崎報知金杯争奪六甲賞と2007年2月若松一般競走に続く3回目で、多摩川競艇におけるパーフェクトVは2001年SGモーターボート記念市川哲也以来です。
 後続は差しのハンドルを入れた3号艇渡邉英児が2M手前で山本光雄に届き、押っつけながら2Mを旋回して2着を取りきり、4日目まで名誉市民吉川英治ゆかりの青梅市が主催(5日目以降東京都四市競艇事業組合主催)した武蔵府中の多摩川競艇は吉川えいじワンツーで締めくくりました。

浜名湖中京スポーツもみじ杯優勝戦

 静岡県知事杯争奪戦G1浜名湖賞で王者松井繁が予選落ちに泣くも「まだ整備を続ける。」と最終日もエンジンのパーツを交換した2連対率30.4%の66号機を今節手にしたのは眞田英二
 王者が整備を施した66号機に当たりを出した眞田英二は節間(1311221)と眞田無視できない成績で堂々優勝戦1号艇を手にし、132/456の進入隊形から2号艇須藤博倫の捲り差しを振りきった白い枠のえいじは通算15回目の優勝を飾り、浜名湖にえいじここにありをアピール。

 尚、今節デビューした103期4524深谷知博(やまと在校勝率1位)はデビュー戦の初日2Rで大外捲りを決めいきなり水神祭の快挙。5日目7Rで通算2勝目も挙げております。

ヒラチュウ完全復活の若松全日本覇者決定戦&多摩川Lダービー

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 新年度最初の記念レース若松G1全日本覇者決定戦優勝戦は1号艇平田忠則がイン10トップスタートの速攻戦で圧勝。2003年以来となる全日本覇者決定戦V2にして通算25回目の優勝は2003年の住之江G1高松宮記念特別競走以来となる3度目の記念優勝。2着には3コースから差した3号艇金子龍介が入り、5コースから捲り差した5号艇齊藤仁と大外から差した6号艇横澤剛治による3着争いは3周1M内を回った横澤が競り勝ちました。齊藤仁は同日専用場外ミニボートピア北九州メディアドームにいた齋藤仁アシアナ航空杯争奪戦初日10R5着)共々残念な結果に。
 福岡支部の次期エースとして器の違いを見せつけた高松宮記念からいろいろあって記念戦線から遠ざかりましたが、これで完全復活。今節は艇王植木通彦や若松の英雄田頭実に博多の水炊き鳥飼眞等地元の有力選手が不調でしたが、そんな中シリーズリーダーとして駆け抜け優勝戦も1号艇。地元最後の砦として一本被りの人気に応える圧勝でした。先月の選手登録票不携帯による出場停止がどの時期にかかるかは不明ですが、艇王が福岡賞金王決定戦出場絶望になった今、福岡支部で最も賞金王出場が期待される選手ですからこれをステップに賞金上積み期待ですね。

【Lダービー王はミラクルマオ】

 NADESHIKOリポーター都築あこも無事退院、例年より1ヶ月早く桜花満開の時期に行われた多摩川G3女子リーグ戦モーターボートレディスダービー優勝戦は4カド05トップスタートを放ったシリーズリーダー淺田千亜希魔王が捲り戦で多摩川初・通算21回目の優勝。Lダービー王戴冠と共に今年最初の大和NADESHIKOスカーレットオハラに。準優12Rではついうっかりとりこぼしましたが終わりよければ全てよしということですね。
さて、淺田千に捲られた1号艇インの横西奏恵ですが冷静に小回りで残して2着に入り、淺田千横ちんの阿波姫ワンツー。尚、最後方では2号艇安岐奈緒子が1周2Mで3号艇海野ゆかりに接触して落水。

三国うづき第1戦優勝戦

 穏やかになった季節とは裏腹、激闘繰り広げてきた水上はうづき第1戦の締めくくり優勝戦を迎えています。インから123/465の順です。1秒前、スタートしました。07トップスタートを決めた1号艇一瀬明が1周1Mの攻防に向かっていきますが、2号艇柏野幸二を強引に捲る形での捲り差しを入れた3号艇岡田憲行が一瀬を差しきって先頭。
Vゴール目指してトップ力走です。勢いはF休みに阻まれる事無く絶好調のまま。今年に入って2勝目、通算9度目のVを手にしそう。みくにプールでは初優勝です。(動画
ということでほんとにF休み明け?と言いたくなる程の勢いそのままに好旋回で一瀬を差しきった岡田が優勝のゴールイン。以上でございました。

宮島デイリースポーツ杯争奪春花賞優勝戦

 イン11トップスタートの1号艇津留浩一郎に対し2コースから鋭く差した2号艇伊藤誠二が舳先を入れて2M先マイ。対する白ツルのつけまいは流れ勝負あり。伊藤誠二が通算39回目の優勝
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ