ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

冠協賛競走

江戸川最終日は5Rで篠田麻里子誕生日選抜を実施

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日最終日を迎えたBOATRACE江戸川は4日間ノンタイトル開催ながら74期トリオを中心に濃密なメンバーだった一般競走
 9R春のお楽しみ屋形船宴会ツアーご招待レース発売中の14時46分には場内のBGMが止まり、アナウンスのもと場内起立して1分間の黙祷を東日本大震災で亡くなられた被災者に捧げました。

 優勝戦は1号艇辻栄蔵(74期3719)が2005年12月一般競走作野恒以来となる江戸川での完全Vに王手でしたが、2号艇の地元石渡鉄兵(74期3716)が辻栄蔵を捲りきって先頭に立ち、今年の東京ダービー王江戸川鉄兵は今年2回目・江戸川11回目・通算43回目の優勝

 後続は差した3号艇天野晶夫が4号艇荒井輝年の捲り差しを内でこらえきって2番手を航走し、3番手のTERUは差し続く5号艇濱村芳宏を2M行かせての差しで天野を追撃。
 そして2周1MTERUは押っつけ気味に内から先行しますが、ここは天野が行かせて捌き2着確保。

 尚、今日は2Rで4号艇の地元佐藤大佑が1M二段捲りで見せ場を作るも3番手航走の最終3周2Mで一旦バランスを崩した後出口で振り込み選手責任の落水を喫しました。
江戸川鉄兵ウイニングラン


 さて、今日の江戸川は9Rと5Rで冠レースがあり、5Rが東京スポーツの記事にもなった本題の「篠田麻里子誕生日選抜」。

 「都内にお住まいの魅惑のポーカーフェイス様よりメッセージが届いています。「AKB48篠田麻里子さん26歳の誕生日おめでとうございます。」とメッセージを頂きました。ありがとうございます。博多のフランス人形麻里子さま誕生日おめでとうございます。AKB48の最年長としてこれからも日本を盛り上げて頂きたいと思います。

 と、マリコ様推し森泉宏一アナによるレース紹介があった篠田麻里子誕生日選抜は1号艇都築正治が2号艇田中京介の捲りを受け止めて1着。
 2番手の田中京介は2M振り込んで選手責任のエンスト失格を喫し、1M捲り差した5号艇江夏満が1M差した4号艇中村義雄を2Mで差しきり2着。

 ちなみに今日のマリコ様はAKB48劇場でチャリティー公演「東日本大震災復興支援特別公演〜誰かのためにプロジェクト〜」に出演。
 この公演はAKB48だけでなく、今節初日に松井珠理奈生誕記念競走が組まれた松井珠理奈を擁する愛知のSKE48、大阪のNMB48、福岡のHKT48とそれぞれの本拠地劇場で4会場同時に行われ、YouTubeを使って4会場同時中継も行われました。
篠田麻里子誕生日選抜



大村G2モーターボート誕生祭優勝戦

第15回MB誕生祭ポスター G2競艇祭改めボートレース発祥地記念G2モーターボート誕生祭〜マクール賞〜という長いタイトルになった略称MB誕生祭。
 名称変更の件に関しては地元飯山晃三が選手紹介で「競艇祭からモーターボート誕生祭ってなっちゃいましたけど、なんか藪からスティックみたいに中途半端な名前なんで、モーターボートバースデイフェスティバルでもよかったんじゃないかなと思う今日この頃です。でも格式あるこの競艇祭、地元8人一生懸命ガンバリマスんで応援ヨロシク。」と言ってました。



 さて、本来は昨年が名称変更後の初回になるはずでしたが東日本大震災の影響で開催中止になり、震災から丁度1年後に最終日を迎える今回が名称変更後の初代優勝者を決める戦いに。

 その優勝戦は6号艇菊地孝平(岩手県立不来方高等学校出身)が動いた1236/45の進入に。
 そして1号艇森高一真が2号艇山口剛に舳先掛けられそうになるも振り切り、今年2回目・大村3回目・通算22回目の優勝
 2番手の山口剛に対し捲り差しで3番手の4号艇長溝一生が内に潜り込んで2Mを先行しますが山口剛は長溝を行かせて捌ききり2着確保。

 尚、今日が誕生日だった山崎智也は優出こそなりませんでしたが、最終日は3R3号艇と11R特別選抜A戦1号艇で連勝しました。


G2三国モーターボート大賞優勝戦

 MB大賞(特設サイト)の優勝戦はピット出遅れた4号艇濱野谷憲吾が回り込んだ124/356の進入に。
 そして1号艇松井繁は15トップスタートを決めたものの逃げの体勢を作りきれずに流れてしまい、2号艇平本真之と3号艇中島孝平(福井)の差しが入って両者併走の状態から2Mは内の中島が先行。
 ですが平本の差しが届いてHS両者併走になり、2周1Mは内の平本が先行。
 しかし中島の差しが2周2M手前で届いて2周2Mを先行し、ここで平本の差しを振り切った中島が今年2回目・三国12回目・通算36回目の優勝

津伊勢湾グランプリ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇丸岡正典が押し切り、津初・通算28回目の優勝

 後続は捲り差した3号艇中村裕将が2番手、外握った5号艇横澤剛治と差した4号艇星野太郎(三重)が中村ゆうしょうを追いかける展開でしたが、2Mで横澤が伊勢湾タローを行かせての差しで中村ゆうしょうを差しきり逆転2着。

戸田日本レジャーチャンネル杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇松村康太が押し切り、戸田初・伝説となった2009年6月びわこ水無月賞以来となる通算5回目の優勝

 後続は2番差しの4号艇鈴木茂正が2番手を航走し、差し順走の2号艇谷津幸宏(埼玉)が内に切り返して2Mを先行しますがしげしげはやつを冷静に行かせて捌き2着確保。


桐生弥生カタクリ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇岩崎正哉が4号艇毒島誠(群馬)の差しを振り切って道中もブス島の追撃をしのぎきり、桐生初・昨年2月の芦屋G1全日本王座決定戦以来となる通算42回目の優勝

江戸川東スポ杯初日は5Rで岩佐美咲ソロデビュー記念競走

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日から始まったBOATRACE江戸川は4日間開催の東京スポーツ杯

 まず、5Rでは冠協賛競走「岩佐美咲ソロデビュー」が実施されました。
 「このレースには「岩佐美咲ソロデビュー」とレースタイトルが付いています。今日はレースオーナーの方からメッセージが届いていますのでご紹介します。
 「夢の実現に向けてスタート。新人演歌歌手岩佐美咲さんおめでとう。」
 とメッセージをいただきました。ありがとうございます。
 さて、今を輝きますAKB48から演歌歌手としてソロデビューします、この岩佐美咲さん。デビューシングル「無人駅」が先日1日発売されたそうです。
 そして先月30日に17歳になった「わさみん」の今後の活躍にも期待したいところであります。

 と、実況の森泉宏一アナによる詳細な読み上げが冠協賛競走を盛り上げました。
江戸川5R「岩佐美咲ソロデビュー」

 ここで新人演歌歌手岩佐美咲(愛称わさみん)の話。
 2月1日にデビュー曲「無人駅」を発売して今日は埼玉県久喜市のモラージュ菖蒲でインストアイベントを行ったわさみんですが、わさみんのプロフィールを見ると好きな食べ物「もつ煮」と書いてありました。
 ちなみに江戸川開催休止前の名物実況アナはアグレッシブ実況(ニコニコ動画)の故岩佐アナ、江戸川の名物料理は豚もつ煮込みと牛もつ煮込みです。

 岩佐美咲ソロデビュー記念競走、レースの方は1号艇谷勝幸が1M先行体勢も振り込んでしまい、そこに3号艇東健介が乗り上げてしまい健介はエンスト失格になり、白い胴着の谷は不良航法を適用されました。
 そんな中で悠々差しを決めた2号艇北野輝季が1着になり、差し続いた6号艇樫葉次郎が2着、外を回った5号艇後藤孝義が3着で2連単6660円3連単50850円は初日一番の高配当になりました。
岩佐美咲ソロデビュー記念1着の北野輝季

 次に、初日メイン江戸川選抜戦は1号艇熊谷直樹(北海道在住東京支部)が11トップスタートの速攻を決め、ただいま2節連続優勝中の白熊が1着。
 外握った3号艇山本修一が差し順走の2号艇野添貴裕を2M外全速包み込んで振り切り2着、野添が3着。

 ここからは5Rと江戸川選抜以外の出来事。
 6R1号艇の村上彰一は2号艇山口高志の捲りを張り飛ばして自らも流れ4番手でしたが、2M外握った際に振り込んでしまい選手責任転覆。
 村上彰一はこれによる負傷で後半10R4号艇を欠場して帰郷しました。

 また、11Rでは6号艇幸野史明が+02のスリットオーバーで、2009年7月の住之江G3新鋭リーグ戦競走第9戦飛龍賞競走5日目8R測定不能の大フライングゲットをしてしまった事で有名な福岡99期4406幸野史明は通算5本目のフライング。
 元ボディービルダーの幸野史明はエース機40号機を駆り前半2R3号艇で差しを決め江戸川初1着を飾りましたが、賞典除外になってしまいました。
東スポ杯展望サイト開設中の江戸川HP

江戸川4日目は春江町ウォーキング会来場記念競走であっと驚く進入

ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日4日目の江戸川報知新聞社杯は色々出来事があり、3Rで今節好気配だった4号艇荘林幸輝が+03で痛恨のフライングを喫し、6Rでも捲りきって先頭の2号艇石田章央が+06のフライングに散ってます。
 特に荘林は後半8R6号艇でF直後ながら08トップスタートを決めての捲り差しでシリーズ4勝目を挙げているだけに余計に悔やまれるフライングです。

 また、2Rでは3番手を航走してた4号艇石岡将太が振り込んで5号艇大井崇夫を巻き込んでしまい不良航法を適用され、ここを差して3着に繰り上がった2号艇橋口真樹はレース後私傷病で帰郷しました。

 5Rでも6号艇赤羽克也が1M捲り差しを狙った際にバランスを崩して4号艇木村光宏に不利を与えてしまい不良航法を適用されました。

 そんな1日でしたが、今日一番の注目は冠協賛の7R「春江町ウォーキング会」来場記念競走
 このレースは上野真之介が1号艇でしたが、なんと3号艇池田雷太前東京支部長がインに入って江戸川スタイルの静寂を打ち破った312/456の進入に(動画)。
 結果は21トップスタートの上野しんのすけが深イン50スタートの雷太を捲りきって1着になりましたが、年に数回あるかどうかの貴重なレースです。


 4日目終了時点での得点率上位者一覧です。

9.29荒井輝年 8.83前本泰和 8.17今井貴士 8.14三角哲男 8.00上野真之介&堀本裕也 7.71木村光宏 7.67入澤友治藤生雄人


下関西京波者結成2周年記念優勝戦

 プッチモニレース最終節の今節は、山口支部ヤング会西京波者結成2周年記念。
 西京波者から3人優出した優勝戦は134/256の進入から1号艇・西京波者海野康志郎が10トップスタートの速攻を決め、今年2回目・下関3回目・通算3回目の優勝
 4号艇・西京波者原田篤志(今節選手代表)が捲り差しで2着に入り、西京波者のワンツー。


 ここでお知らせ。
 11月3日から始まる下関開設57周年記念G1競帝王決定戦では予選4日間48レースを対象に冠協賛レースを募集してます。
 10月14日締切で、詳細および応募先はこちらです。

福岡ペラ坊SHOP杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇田中太一郎(佐賀91期4196)が捲りきり、6度目の優出でデビュー初優勝水神祭を飾って田中○一郎から正真正銘の田中太一郎に。

 田中太一郎に捲られた1号艇梶野学志は捲り差してきた4号艇浦上拓也にも捲られてしまいますがBS伸び返して追いつき、2Mを先行。
 カジノは浦上に差されるものの2周1Mで差し返して抜け出し2着。

浜名湖静岡朝日テレビサンライズカップ優勝戦大阪モリ建設興業土木作業員募集

 大阪府岸和田市モリ建設興業冠協賛オーナーになった優勝戦は136/245の進入から2号艇前田将太が04トップスタートを決めて捲りきり、102期以降が対象となる最優秀新人のタイトルを同期山田康二と争う前田将太は今年2回目・通算4回目の優勝で福岡3場以外での初V。
 外マイで追走した4号艇新田智彰(大阪)が2着。


 ちなみに下の動画は浜名湖で開催される来年のSG笹川賞に向けて結成された電子コミック連動の3人組女性ユニット紅天狗のデビューイベントです。


常滑日本モーターボート選手会会長賞争奪戦優勝戦

 123/465の進入から2号艇野長瀬正孝が1号艇烏野賢太を捲った結果両者大喧嘩で共倒れになり、その展開を突いて差した3号艇塩崎優司(愛知)と6号艇加藤高史の先頭争い。
 そして2Mは内の加藤鷹氏が先行しますが塩崎の差しが届き、2周1M先行して抜け出した塩崎は2009年2月のM1グランプリ蒲郡三河湾グランプリ以来となる通算11回目の優勝

中京スポーツ杯争奪蒲郡ボートキング決定戦優勝戦

 1/25/346と1号艇深井利寿にとって深い進入になった上に2号艇泉具巳がスタート遅れて壁無しになる不快なスリットになってしまいましたが深井は豪快にぶん回して逃げ、懐開いた分5号艇松野京吾の捲り差しに捕まりそうになるも圧倒的な機力差で愉快痛快に振り切り、松野京吾をゴージャスに従えた深井利寿は蒲郡初・通算5回目の優勝
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ