ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

前田光昭

初優勝あり完全優勝ありと盛りだくさんだったナイスの日の8場優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日7月13日はナイスの日だそうですが、実験室でラベンダーの香りをかぐ事なく過ごした今日は丸亀SGオーシャンカップ前日とあって一挙8場で優勝戦。

 まずは住之江G3新鋭リーグ戦競走第10戦報知新聞社賞ダイナミック敢闘旗から。
 金曜日の記事で書いたように今節は2日目3Rで全艇Fの時をかける大事件もあったシリーズで、優勝戦も一筋縄で行かなそうな雰囲気。
 そして枠なり3vs3の進入から3号艇山田哲也(東京支部95期4297)が12トップスタートから内艇を捲りきるも流れ、ミクロスターター哲也が捲った展開を突いて捲り差しを決めた4号艇田中和也(大阪97期4357)が先頭突き抜け、97期やまとチャンプ田中和也(妻は同期4372原田佑実)は9度目の優出にしてデビュー初優勝
 後続は差した6号艇土屋智則(群馬97期4362)が2Mで哲也を張りながら内突っ込む5号艇海野康志郎(山口95期4324)を全速戦で包みきるダイナミック敢闘賞もののスピードターンで2着。うんのこうしろうが3着でここはダッシュトリオで決着。


 さて、今節アクアライブブログYouTubeチャンネルは今夜の時点で「ピチピチ浅ちゃんの選手突撃コーナー」が父型のいとこに海野ゆかりがいて母方の親戚に北津留翼がいる優出3着海野康志郎インタビュー、2度目のインタビュー登場でエア実況にチャレンジした河村了インタビュー、子供が生まれたばかりで節間誕生記念水神祭もした藤田靖弘インタビュー
 ステージの盛り上がりが伝わってくる「ピチピチ浅ちゃんの選手ふれあいコーナー」は鎌倉涼トークショー鶴本崇文トークショーが公開されてます。
 また、鎌倉嬢は住之江HPで特集ページ「大阪支部のニューヒロイン鎌倉涼」も公開されており、インタビューが掲載されています。


戸田アクアマリンカップ優勝戦

 コカ・コーラ系列の三国フーズが協賛する5日間シリーズは福井支部の参戦がなく、優勝戦はなんと埼玉4人vs千葉2人でさながらアクアマリン三国コカ・コーラvsマックスコーヒー利根コカ・コーラの様相に。
 そんな優勝戦は1号艇前田光昭(埼玉)に完全Vが懸かった一戦で、前田太尊は枠なり3vs3のインからスカッとさわやかに押し切り、2007年7月福岡山笠特選レース以来となる通算20回目・戸田4回目の優勝を見事完全Vで達成。
 ちなみに下のインタビューではなぜあだ名が前田太尊なのかについてや、日曜大工でペラ小屋を自作した件についてなどの話を丁寧に語ってます。

 後続は捲り差した6号艇大西源喜(千葉)が2番手、小回り残した3号艇中村尊(埼玉)が3番手でしたが、2M外から先行した大西のターンは流れ、内の中村尊が大西に舳先届いてHS2艇横並びに。
 しかし、1M捲り差し不発で4番手だった4号艇杉山貴博(千葉)が2Mの差しで2番手争いに割って入り、オーシャンアクアマリンブルー杉山貴博は内からするするっと伸びて2周1Mで中村尊を牽制しながらの旋回で抜け出し逆転。
 2周1M差して3番手の大西が2周2M元気に差して杉山と同体に持ち込み再度2番手争いは接戦になりますが、3周1M杉山が外から清く貴いつけまいで大西を捲りきって2着争いに競り勝ちました。


芦屋モーニングレースオープン記念優勝戦

 優勝戦場外締切予定時間が14時39分と、毎年10Rに組まれてる賞金王シリーズ戦優勝戦よりも締切時刻が早い芦屋モーニングレース改め芦屋サンライズレース
 優勝戦は4号艇原田順一がカド受けになった枠なり4vs2の進入から1号艇安田政彦が08トップスタートのナイスな速攻で押し切り、前走地ウィンボとこなめ開設1周年記念競走に続く今年5回目・芦屋3回目・通算52回目の優勝は優勝戦イン戦17連続V。

 後続は差し順走の2号艇原田幸哉に対し2番差しの3号艇今村暢孝(福岡)が2M艇を伸ばし先行。
 ここは原田幸哉が行かせて捌きますが、今村暢孝は2周1M内に切り返して再度先行し、そのまま原田幸哉にアタックして2番手逆転。
 突進されて飛ばされた原田幸哉は2周2M切り返してハラダンプを敢行するも今村暢孝に包まれてかわされ4番手に下がり、今村暢孝が2着を取り切りました。

下関JLC杯優勝戦

 1号艇がミスターチルト+3度の阿波勝哉なので234/561の並びになった優勝戦は2号艇吉村正明が阿波捲りを牽制しながらの1M先マイで先頭も、まちゃあき海賊団長は東京湾海賊団員阿波勝哉を意識し過ぎた結果スタート異常で+02のフライングと先マイも水の泡。
 これにより先頭争いは阿波と内から伸び返した3号艇中岡正彦による接戦になり、内から2Mを先行した中岡が阿波の差しを振り切り、前走地丸亀サンケイスポーツ大阪発刊55周年記念競走に続く今年4回目・通算40回目の優勝

大村アサヒビール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山口裕二(長崎)が23の一番遅いスタートながら南西追い風7m波高6cmの荒れ水面をしっかりと回りきり、2008年1月徳山カシオペアリーグ?以来となる通算5回目にして大村初優勝は初日12R発祥地選抜3号艇2着以外全て1着の準完全V。

 後続は差した4号艇久富政弘を外マイの3号艇江本真治が追いかける展開になりますが、2M切り返した江本が久富をドライに飛ばして久富は後退。
 この展開で浮上したのが2号艇小西英輝で、1Mもたつき4番手で2001年12月三国一般競走以来となる2度目の優出で初Vこそならなかったものの小西は2Mで6号艇池田雷太を行かせての差しで一気に江本に並び、2周1M内先マイで抜け出し逆転2着。

唐津か・らっキーカップ第1戦優勝戦

 7月いっぱい4節連続で開催するか・らっキーカップの第1戦は同時に唐津標準型モーターの使い納め開催。
 からつ標準型モーター最後のエキゾーストノートを轟かせた優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇三井所尊春(佐賀)が02トップスタートの速攻で5号艇萬正嗣の捲り差しを振り切り、当地5月のミニット開設6周年記念に続く今年2回目・唐津5回目・通算12回目の優勝で2月のG1九州地区選手権競走優出1号艇F以降は唐津連続V。

徳山サンケイスポーツ杯大阪発刊55周年記念カップ優勝戦

 152/346の進入から1号艇坂本誠治が1Mを先行するも5号艇一瀬明が難なく差しきって坂本の追撃を振り切り、優出メンバー中唯一のA1選手だった初代ベイパ一瀬明は格の違いを見せた形で前走地倶楽部平和島杯に続く今年3回目・徳山初・通算24回目の優勝

若松日本トーターカップ優勝戦

 発走時間が被らない芦屋サンライズレース開始後初の若松パイナップルナイター4日間決戦は1235/46の進入から1号艇熊谷直樹が押し切り、今年3回目・若松2回目・通算65回目の優勝。2番差しの5号艇上平真二が2着。

【まぐろづけ丼】江戸川競艇でまぐろ買いたいジョー【まえづけドーン】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 大晦日の一時を熱戦でお楽しみ頂いております江戸川京葉賞は人機一体となりました各レーサーが今年の掉尾を飾ろうと激しいレースを展開しました2日目の競走水面。第9R発売中には昨日に引き続きましてまぐろ解体ショーが行われました。昨日はまぐろ解体ショーの前に江戸川を出て京王多摩川に向かったので見られなかったのですが、今日は目出度く見る事が出来ました。解体されたまぐろを使ったまぐろづけ丼500円の販売も行われ、自分はもちろん買って食べまして、まぐろ解体ショーでまぐろ食いたいジョーの欲望を満たすことが出来ました。
ガラス奥のファンも注目!まぐろ解体ショー

 解体が済んだところで第9Rが始まりました。「6号艇の前田が動きを見せましたがどの辺でしょうか、そのまま4コースということになるんでしょうか(動画)。」ということでスタート展示6コースだった6号艇前田光昭が前付け4カド進入からスピードを乗せました。そして差しのハンドルでBS伸びた前田太尊が2M先に回って1着です。かくして場内ざわつく前付け大成功のタイソンでしたが代償として待機行動実施細則違反が適用されました。

 江戸川競艇今年最後のレースとなる12Rは圧倒的な人気を集めた1号艇齊藤仁が独走ぶっちぎりのイン逃げで1着
 今年は平和島東京ダービー優勝で東京ダービー王を襲名し幸先いいスタートを切った金メダリスト齊藤仁、今年は江戸川代表として桐生SGモーターボート記念でSG初出場と飛躍の一年となり、年またぎの今シリーズも軽快なステアリングで今シリーズ最も動きが注目される選手です。

 その齊藤仁、前半第6Rは6号艇で不利な枠。しかし1号艇平井紀之が振り込み(動画)、差しを狙った2&3コースが大きく煽りを受けて4カドも軽く不利を受ける中、エンジン上々の5号艇高橋二朗の捲りに2段捲りで続いた齊藤仁は嵐のマッチョマン高橋二朗に続く2着でゴールし、不利枠をソツなくまとめました。

 最後に、年またぎ開催の今シリーズですが明日元旦は中休みです。だから新年初競艇は首都圏で唯一元旦開催してる戸田埼玉選手権・スポーツニッポン杯争奪戦ですね。

多摩川カップ優勝戦

 今、まさに暮れていく2006年の大晦日。泣いても笑っても今年の走り納めとなりました、今年最後の優勝戦さあ行こう!水上の超特急秋山直之が1号艇でイン戦も秋山にゃんならではの33ネコスタート発動。この展開に2コース&4カドが飛びつき、福が来ましたとばかりに間隙を突いた捲り差しで突き抜けたのは5コース進入の6号艇福来剛。デビュー水面の多摩川で87期福来が嬉しいデビュー初優勝です。待ちかねた福来たる喜びに笑う門となった福来は表彰式でウェイキーくんと抱き合う程の喜びようです(動画の6分20秒過ぎ)。
 で、ネコスタート発動の水上の超特急秋山にゃんはBS伸び返し、2M内からかかり鋭く旋回してしっかり2着を取りきってます。

 かくして待ちかね福来たるつよしが大晦日に初優勝をやってのけましたが、つよしといえば田中豪も今シリーズ出場中。初日9RでいきなりFを切りV6での平和島SG総理杯出場はアウト、V5勝率上位での出場にも暗雲が立ちこめましたが、3日目9R以降4連勝で望みを繋いで今日の2走。
 自力出場には連勝を求められる苦しい立場で、前半4Rは2コース差し不発で2Mぶん回しで追い上げるも2番手。しかし3周1Mで差しのハンドルを入れた田中は遂に前を行く1号艇秋山昌宏に並び、3周2M内先マイで逆転の1着。この後浜名湖静岡新聞社・静岡放送NewYear'sCup3日目出場中の競合相手大場敏が2着2本で終え、田中は後半2着条件に。
これで気をよくした田中豪は後半9Rで4カド気合いの捲り差しで1着となり総理杯に向けてGoGoGo、何ともつよしな6連勝で勝負駆け成功、見事自力での総理杯出場を決めました。

平和島日本MB選手会会長賞優勝戦

 4カド09トップスタートの2号艇角谷健吾が捲り一発狙うもインの1号艇荻野裕介に激しく抵抗されて不発。この展開を突いて3コースから5号艇柴田光が捲り差しで先頭に。以下、大外差しの6号艇三角哲男が2番手で5コース差しの4号艇平岡重典が3番手。
しかし2Mでミッスーが切り返しから柴田におっつけて行き、張られた柴田はバタついて後方。ミッスーの旋回も外へ流れ、間隙を突いて平岡と荻野が上がってきます。そしてHS内の利で2周1Mを先マイした大阪支部の平岡が荻野のつけまいを振り切り、今年初優出にして通算26回目の優勝。大阪選手の優勝にプレゼンターの野中和夫日本MB選手会長も場所が東京ベイ平和島という事を忘れて大喜びです。
 2Mでミッスーを差した荻野が一度は2番手に上がるも2周1Mでミッスーが差し返して再逆転。しかし2周2Mで平岡の内に入ろうとしたミッスーがもたつくミスターン、その内を差した荻野が2着争いに競り勝ちました。ミッスーは3周1Mでも先行艇の引き波をまともに踏むミスターンで角谷に差されて結局4着でした。

住之江ファイナル競走優勝戦

 9億4376万600円と他場を圧倒する売上を残した最終日、住之江ファイナルのファイナル優勝戦は近況前付け多用で勝率も現期B1から新期A1にジャンピーアップした3号艇森岡満郎(岡山)がここも大胆に前付けでイン奪取。森満は07トップスタートを決めますが起こしがかなり深かったのが災いし、助走距離をたっぷりとった2コースの1号艇東健介(岡山)に10スタートからあっさり捲られて終了。
今月13日まで約6年間勝てなかった健介は前走桐生一般競走で優勝戦連敗記録を39で止め、ここも見事な北斗ボム捲りで2節連続優勝。通算ではV5です。
 3コースの2号艇吉川昭男は差しを狙うももたついてしまいますが、6号艇貫地谷直人の大外差しが吉川にぶつかり、角度が変わって助走もついていい感じや(動画)ということで軌道修正に成功した吉川が2着です。

宮島日刊スポーツ栄光楯優勝戦

 大外単騎の5号艇清水敦揮が20トップスタートから絞り捲り敢行もインの白水勝也が艇尾をぶつけてあっさり弾き飛ばし、そのまま先頭に立った白水が通算18回目の優勝。地元からただひとり優出した角ひとみが2コース順走で2着に入り、意地を見せています。

桐生ファイナルレース優勝戦

 鋭いピット離れでインを奪った2号艇重野哲之が上昇気流な今年の勢いそのままにイン戦堂々押し切り今年7回目・通算10回目の優勝。インを取られた1号艇山来和人が2コース順走で2着。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ