ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

加藤綾

江戸川デイリースポーツ杯前検+多摩川G1ウェイキーカップ初日

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は休みなので、明日から始まる江戸川デイリースポーツ杯の前検に行ってきました。
 江戸川以外の前検は行ったことが無い自分なので、前検に行ったのは江戸川再開前の2008年1月20日以来。この時の関東競艇専門紙記者クラブ杯鎌田義が江戸川5回目の優勝を飾りましたが、今回はカマギーが森脇徹斡旋消除による追加斡旋でその時以来の江戸川参戦を果たしました。

 ここからは、写真を撮らせてもらいました選手を到着時間順に紹介します。本当にありがとうございました。
愛車エルグランドでやってきた神業関口智久 7月の東京中日スポーツ杯以来の江戸川参戦になる関口智久。モーター13号機の2連対率は30.9%です。

大阪支部選手陣と乗り合いタクシーでやってきたおお原由子りん 2007年7月アサヒビールカップ以来通算2度目の江戸川参戦になる大原由子。モーター52号機は2連対率50.9%でG1江戸川大賞を含む2優勝です。

追配ながら優勝候補筆頭!江戸川V5のカマギー 上記の2008年1月以来の江戸川参戦になるカマギー。モーター20号機は2連対率25.0%です。

前泊でもんじゃを食べた加藤あややと細川ゆうこりんのコンビ 2007年5月東京中日スポーツ杯以来通算2度目の江戸川参戦になる加藤綾と、2004年1月新春金盃以来通算3度目の江戸川参戦になる細川裕子
 モーターはプリンセスあややが2連対率47.3%の41号機、細川裕子りんが2連対率43.6%の15号機です。

福岡の佐山夏子杯を4コースつけまいで制したばかりの君島秀三 前走地福岡ペラ坊ショップ杯で豪快なつけまいを決めて優勝した君島秀三
 2007年11月G1江戸川モーターボート大賞以来の江戸川参戦で、モーター51号機は2連対率44.0%で前検タイムは6.52で1位です。

1973年2月7日生まれO型の美人レーサー早坂こずえ 2003年1月新春金盃競走以来の江戸川参戦になる早坂こずえ。モーター15号機は2連対率33.3%です。
 早坂こずえといえば、この時の新春金盃で負傷したのがもとで同年の芦屋G1企業杯JAL女子王座決定戦を出場辞退したのを思い出します。今回はその時の悔いを晴らしてほしいなと願ってます。


 ここからは明日の注目レースを紹介。先ずは今シリーズの有力どころが集まった江戸川選抜戦のメンバーです。

1:寺田千恵 2:向所浩二 3:江夏満 4:鎌田義 5:沖島広和 6:君島秀三

 次に、企画レース第2Rオール女子戦のメンバーです。前泊で都築あこともんじゃを食べた加藤綾&細川裕子も同じレースに乗艇。

1:清水久美子 2:大原由子 3:加藤綾 4:早坂こずえ 5:細川裕子 6:今井裕梨

 ここで欠場情報。優勝候補の1人だった田中豪は6日の浜名湖食堂グルメアタック最終日5Rでの転覆負傷が癒えずに斡旋消除。替わりに西舘健が斡旋追加されました。
 また、小杉志津江も斡旋消除となり、江戸川準地元スターの大池佑来が追加斡旋です。
 更に、一旦競艇場入りした山口73期3684清水攻二が体調不良で欠場。同期3677早坂こずえが乗ってきたタクシーに乗って帰郷しました。

多摩川G1ウェイキーカップ初日

 多摩川競艇開設55周年記念G1ウェイキーカップ。初日の今日は江戸川前検の後京王線府中駅前の麺創研かなでにて、のどごしのいい細ストレート麺と鶏の旨味が前面に出たスープが奏でる恵みの味を堪能してから府中本町経由で多摩川本場へ行き、9R発売中に現着。
 帰りは、カミカゼもいちさんの店福寿@芦花公園で餃子定食を食べて来ましたが、先日の三国ながつき第1戦で通算V70を達成した長岡茂一は今日から蒲郡ボートキング決定戦です。

 ここからウェイキーカップの話ですが、今日は江戸川前検経由だった為に選手紹介を生で見てない自分にとっては実にありがたい31分50秒の選手紹介動画(選手代表熊谷直樹選手宣誓平山智加)も公開されてる特設サイトでは飯山泰インタビューや村田修次による水面特性ガイドもあります。以下は終盤3個レースの勝利者インタビュー写真。

当地SGウィナーながらファン投票13位の池田居るね 10Rを冷静な2コース差しで制した池田浩二

信頼のイン戦ながら高利率も提供の重成銀行 11Rでイン逃げを決めた1号艇重成一人

実質3艇立てのウェイキードリームを圧勝した濱野谷憲吾 12Rウェイキードリーム戦で2号艇阿波勝哉の捲りを軽々受け止めイン逃げを決めたファン投票1位の1号艇濱野谷憲吾

 ちなみに9Rの藤丸光一昨年度覇者)も撮影しましたが、帰宅して写真を見たら撮影に失敗してました。

 ところで、同期繁野谷圭介に「おはようございます、多摩川の皆さん。SG2冠の池田浩二、ドリームに選ばれてません。応援してあげて下さい。」と言われたり、ファン投票3位の横西奏恵に「池田浩二くんより人気があってよかったです。」と言われ、本人も「ゲンはいいけど人気は無いと。(動画」と言ったように3月の当地SG総理大臣杯を含む今年SGV2の池田浩二はファン投票13位でダブルドリームに選ばれず。

 ということでファン投票による選出方法により池田浩二が選ばれなかった結果、今日のウェイキードリーム戦は134/562の進入からスロー3艇に人気が集中して、1号艇濱野谷と3号艇魚谷智之と4号艇坪井康晴による3連単134は670円のびっくり配当でした。

 そんな中、現着前のレースながら6Rでは4号艇に乗艇したファン投票3位の阿波姫横ちんが162/345の5コースから07トップスタート決めて、そこから展開読んで冷静に差しきり1着(動画)。19スタートだったファン投票4位の5号艇阿波に全くレースをさせず、票数だけでなく水面上でも圧倒した素晴らしいレースでした。
ツキに向かって発進。

鈴木茂正1100勝達成の江戸川2日目+4場の優勝戦

 江戸川サンケイスポーツ杯は本日2日目。今節選手代表・昨年11月に千葉から東京に引っ越した鈴木茂正が1号艇の第5Rで逃げ切り通算1100勝を達成。娘さんが女優鈴木理子ということでも有名なしげしげ、父の日に節目の1着ゴールを飾りました。
 めでたい事もありましたが、一方で2号艇平野和明が差して勝った11Rは2番手の1号艇大石和彦(+04)と握って3番手の3号艇長畑友輔(+01)がフライングに散る残念なレースでした。

 ここで本日のピックアップレース。「プロ野球のセパ交流戦も今日で終わりですが、江戸川競艇の全国交流戦、第33回サンケイスポーツ杯シリーズの2日目、レースは最後の一般戦第9Rを迎えています。(動画
 しげしげが6号艇で登場したこのレース、1着は差した4号艇・艇界の鷹加藤高史(埼玉)でしたが、しげしげは1M捲り差しを狙うも間を割れず後方。
 ですが2M最後に回ったしげしげの差しハンドルは2番手グループに接近し、2周1Mの小回りで単独3番手に浮上。2周2Mで前方の1号艇長溝一生の懐に潜り込んで2番手争いに持ち込もうとしますが、ここは惜しくも舳先かからず3番手のまま。3周1Mでは差し戦で舳先をかけようとしますが届かず、ラストチャンスの3周2M。ここで鋭い差しが入ったしげしげは遂に長溝に舳先をかけて完全に同体に持ち込み、決着は写真判定に。惜しくも1/4艇身差届かずの3着でしたが、もう1周あったらと思わせた懸命な追い上げでした。尚、長溝はこのレースを最後に私傷病の為帰郷しました。
江戸川周年堂々見参!!


鳴門G3企業杯オロナミンCカップ競走優勝戦

 愛され続けて44年、元気ハツラツぅ?オロナミンCの企業杯は個人的に鳴門競艇で一番好きな開催。
 シリーズのオーラスは枠なり3vs3の進入から1号艇山崎哲司が06トップスタートの速攻で1Mを先行したのに対し、1M握る構えだった3号艇高濱芳久が振り込んで責任転覆(動画)。
 こんなアクシデントもありましたが、元気ハツラツにぶっちぎった山崎哲司は鳴門3回目・通算13回目の優勝。徳島の皆様の人柄と鳴門わかめが大好きな山崎哲司は副賞のオロナミンC1ケースとSOYJOYバナナ1ケースと男性用化粧品UL・OSセットを獲得しました。
 後続は不利が一番少なかった4号艇山本浩次の差しと、転覆艇に乗り上げた事で艇の角度が変わり、幸運にも絶妙の差しハンドルになった5号艇野長瀬正孝で接戦になりましたが、2M外全速の山本浩次がHSではのながせをややリード。しかしのながせを捲りきるまでには至らず、事故艇付近内側優先の為内にいたのながせが2着。
鳴門名物オロナミンCの巨大看板


常滑レディースカップ優勝戦

 3連単643688票2連単55398票の売上があった優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇平山智加が14トップスタートの速攻で冷静に押し切り、今年2回目・通算4回目の優勝。次節は7月2日から丸亀G1京極賞ですが、その前の27日土曜日にボートピア名古屋でトークショーを行い、再び愛知県にやってきます。
 優出者インタビューで「よく、最近、あの、平山智加ちゃんと似てるって言われるんですよ。あの、顔も、顔は、まあ、あちらの方がかわいいですけど、あの、心臓というか冷静な気持ちがすごい彼女が似てると思うので。」というコメントをした4号艇寺田千恵が2着に入り、似たもの同士のワンツー。

津グランプリシリーズ第1戦優勝戦+MB大賞情報】

 シリーズ9戦+グランプリファイナル戦の全10戦行われるTSUグランプリシリーズ(特集ページ)。
 開幕戦は枠なり4vs2の進入から1号艇柳沢一が08トップタイスタートを決めて押し切り、2007年G1江戸川モーターボート大賞を含む通算15回目の優勝。08トップタイスタートの6号艇山本英志が捲り差して2着に入り、前走地江戸川本場再開記念から2節連続優出2着。
 以上の様に一枠の柳沢「一」が一着でしたが、二号艇柏野幸二は差し狙うも山本英志に叩かれて引き波にはまり6着大敗。「一」と「二」のワンツーなりませんでした。

 さて、7月11日から始まるG1津モーターボート大賞。昨日BP習志野でパンフレットを手に入れたので、初日に行われる「G1モーターボート大賞メインビジュアルコラボ企画 加藤綾選手トークイベント」を紹介します。

トークショー 7R終了後
サイン入りMB大賞ポスターが当たる抽選会 8R終了後

いつかこの舞台で輝きを放つ。加藤綾熱烈コメント


尼崎センタープール杯争奪ニッカングローリー賞競走優勝戦

 「政治経済、その先行きは実に不透明ですが、それ以上に先が見えないのが、このレースのコース争いです。史上空前の大混戦となりました、第58回ニッカングローリー賞競走優勝戦の開始です。(動画
 果たして、スタート展示は234165の並びでしたが、本番で2号艇廣瀬将亨(兵庫)と3号艇古賀繁輝がスタ展通りのコースに入ろうとしたところに、スタ展大外の5号艇冨好和幸兵庫支部長が「後先?考えてへんわ〜」とばかりに豪快に回り込んでイン水域は廣瀬とほぼ縦列状態。
 最終的に廣瀬よりも起こし位置が深い冨好支部長がインを取り切ったものの、中途半端やちゃらんぽらんといった言葉とは対照的に思い切りのいい硬派な超深イン戦になり、並びは5/23/146。
 そして、4カド進入になった1号艇・新ベイパ福島勇樹王子が09トップスタートから豪快に捲りきり、ポールポシジョンにこだわらずカドを選択した結果が吉と出て、今日と同じ4カド捲りだった5月浜名湖ボートピア岩間5周年記念茨城新聞社杯以来となる今年2回目・通算9回目の優勝。外マイで続いた4号艇林美憲が2着。

唸る轟音!飛び散る水飛沫!痛快無比の水上活劇!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 暫くの間お休みを頂きました江戸川競艇。お休みの間に看板の種類が増えてたりしましたが、今日からは6日間のロングシリーズ東京中日スポーツ杯を迎えています。内枠2艇を1号艇原加央理19歳と2号艇原準58歳のはらはらコンビで固めた第1Rは99期新鋭の原が6コースに出て、32期名人戦世代の原がインに入ります。この利を生かしましてジュンちゃんが1着となり、幸先良くオープニングを飾っております。尚、2コース順走2番手の3号艇酒井壽賀夫でしたが、2M逆転を狙って全速を仕掛けました酒井は振り込んでしまい選手責任の転覆です。

 暫くの間お休みを頂きました肴菜ya。お休みの間に仕切りが出来てたりお手洗のレイアウトが変わってたりとリニューアルしてましたが、本日自分は改装を祝って江戸川の後に行ってきました。と、ここで酒と肴、特に刺盛が旨い肴菜ya(板橋区大山東町59-10三河屋マンション1F)を宣伝です。

 第8Rが始まりました。インから逃げていく1号艇辺見新治を5号艇原準と6号艇水上浩充が追いかける展開となりましたが、2M先頭の辺見にチャージをかけた水上が辺見と接触(動画)。まさに唸る轟音!飛び散る水飛沫!不快無比の水上浩充活劇!となって水上は失速、辺見もぶつけられている間に外を悠々回った原準に抜かれてしまい、幸運にも先頭に立った原準は本日連勝となる1着ゴール。
 ジュンつながりでいえば、荒金順も2コース差しの第2Rと5コース捲り差しの第9Rを連勝しており、初日は2人のジュンちゃんが連勝発進です。

 江戸川選抜は展示航走中に転覆して前半第5Rを欠場した鎌田義が07トップスタートからいいダッシュをつけて4カド捲り。波高15cmにバタつきながらも捲りきって1着ゴール。イン小回りで残した水上活劇が2着ゴールと、前半で大恥かいた両名が共に巻き返し成功です。

 最後に、今シリーズ出場の栃木在住東京支部栢場優子KYOTEIブログWaterGardenの新連載、女子選手リレーblogとなるVIVA!キューティーブログトップバッターとして記事を執筆。艇界のアスリートとして知られる栢場らしい内容で、糸數由里と共に参加した2007筑波8時間耐久レースinスプリングの記事が掲載されています。
唸る轟音!飛び散る水飛沫!痛快無比の水上活劇!


芦屋G1全日本王座決定戦初日

いっぱいあそんだ いっしょにおうえんした とってもたのしかった 「最後のG1になりましたが一生懸命がんばります。ご声援よろしくお願いします。」と、平和島SG総理大臣杯優勝戦FのペナルティでF明け後6ヶ月G1斡旋停止のため今年最後のG1となる艇王植木通彦が登場するあしやのG1が今日から開幕、ファン投票第1位で選出されたドリームレース1回乗り1号艇で登場。しかし艇王ウェイキーくんは3号艇瓜生正義(76期3783)の3コース捲りを飛ばした間に2号艇松井繁に差されてしまい2着。2コース差しを決めた王者松井が1着になりました。大外から差した6号艇原田幸哉(76期3779)が3番手も、2M2番手浮上狙って先に回った原口はウェイキーくんに差された上に流れてしまい、1M5カド捲り差し不発4番手も2M差してきた5号艇魚谷智之(76期3780)に差を詰められます。そして2周2M魚民が差しで原口を逆転、同期連番同士の3着争いは魚民に軍配が上がりました。

 「おはようございます。前節(スポーツ報知杯争奪GW特選レース)は準優で飛んですいませんでした。あっ、すいません。あの〜準優終わった後に「お前、殺すぞぉ!」とか言われたんでもうちょっと暖かく見守って下さい。もう誰にも負けません。」とごあいさつしたのはM78星雲もとい芦屋在住のカワカミプリンス川上剛。芦屋ホームのウルトラマン軍団とあって選手宣誓も担当し、「おはようございます。早朝よりのご来場誠にありがとうございます。そしてJLCをご覧の1億3000万人の競艇ファンの皆様、おはようございます。本日より開催されますG1全日本覇者決定戦に参加いたします我々51名は最終日最終レースまで魅力あるレースを展開いたしますので暖かいご声援の程よろしくお願いします。」と、全身GOLDEN BOYSでファンを魅了した新鋭王座選手紹介のようにはいかず、若松G1全日本覇者決定戦とレース名を間違える失態を犯してしまいました。
 それがよくなかったか、5号艇大外進入となった開幕カードの1Rは捲り差し狙いながら何もできずに6着。2号艇で巻き返しを期した7Rは師匠原田富士男(F休み中)の兄貴分である5号艇田頭実(今節選手代表)を2コースに入れて3コースから捲るも1号艇イン井口佳典に合わせられて4番手、更に2M差し狙うも引き波越えられず5番手に下がり、更に2周2M差されて2走連続の6着になってしまいました。「全然ダメです。出ていません。引き波があると全然ダメ。」とのコメント通りに冴えない足で「お前、殺すぞぉ!」と期待の裏返し?で野次を飛ばした地元ファンが野次すら飛ばさなそうな低迷ぶりです。

 最後に、各地区から1人ずつ乗艇する2日目12R地区選抜戦ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会対象レースです。

【是政女王決定戦キルトクール】

 これを的中させた婦女子がVICTORIA'S SECRET取扱店に参るか、はたまた男女問わずVictoriaに参るかどうかはともかく、G1レースクイーンとして元準ミス日本の加藤綾がヴィクトリアマイルレディーとして登場する東京G1ヴィクトリアマイルは18頭の婦女子で争われます。
 本題のキルトクールはキストゥヘヴン。世代最強馬カワカミプリンセス不在で争われた当該距離の阪神G1桜花賞で勝っていますが、もともと右回り向きな上にその後の成績から早熟色強し。前崩れの展開でしかこれないジリ脚の差し馬というのも、あまりペースが速くならなそうな今回マイナス材料ですね。

 ちなみに95期4300加藤綾は今日から江戸川を走っています。日曜日はうまくはしごできたら2人の加藤綾を見られますね。尚、加藤綾の初日は第2R1回乗り3番手航走も3周2M痛恨のキャビテーションで6着に終わりました。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ