ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

北山康介

東京支部103期北山康介デビュー初優出+全国8競艇場の優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 江戸川競艇今シリーズは優勝賞金114万円を懸けて争う得点率制6日間シリーズの日本財団会長杯
 予選最終日の5日目の今日今節初めて江戸川本場に行ったら、寒さと江戸川単売の複合要素か日曜ながら寂しい入り(売上8587万2000円)でしたが、水上では1人の新鋭に熱い視線が。
 昨日終了時点で得点率5位の神奈川在住東京支部の103期4535北山康介はデビュー初優出を第10R5号艇1回乗りに懸けましたが、17トップスタートの北山康介は4号艇後藤陽介の捲りに乗っかって超気持ちいい捲り差しを決め、見事1着で勝負駆け成功(動画)。
 尚、1Mで6号艇深井利寿が1号艇西原明生に追突して西原が転覆、2号艇濱田隆浩も転覆艇に乗り上げてから転覆し、深井には不良航法が適用されました。


 ということで北山康介が初優出を決めた優勝戦のメンバーです。北山康介に加え、通算19回目の優出を決めた6号艇寺本武司(長崎70期3571)にもデビュー初Vが懸かります。

1:畑和宏 2:三嶌誠司 3:北山康介 4:吉永泰弘 5:東健介 6:寺本武司

 ミスターK北山康介にはリビングアリーナの皆さんをご起立させる様な超気持ちいいレースを期待しますが、この初優出は尊敬する同門の先輩・今月22日のTBS「水上の挑戦者」にも出演した後藤翔之(神奈川在住東京支部101期4460)と、既に優出歴がある同期のやまと勝率1位深谷知博(静岡103期4524)と一緒に出場した開催で優出したというのにも個人的に感慨深いものであります。

 ちなみにミスターK北山康介は2008年11月多摩川の新人選手紹介2009年7月江戸川のピット見学会と先月14日の笹川賞ファン投票in江戸川競艇でレース中以外の姿を見たことがあります。

福岡G3新鋭リーグ戦第4戦植木通彦フェニックスカップ優勝戦

 若松競艇と共に植木杯の冠が付いた福岡競艇の新鋭リーグは152346の進入から6号艇水摩敦(福岡99期4413)が07トップスタートを決め、デビュー初V懸かる1号艇沢田昭宏(大阪99期4411)を捲りきるもののやや流れてしまい、5号艇今井貴士(福岡94期4287)の差しと4号艇海野康志郎(山口95期4324)の捲り差しがどうも水摩せんとばかりに入って水摩は3番手。
 そして、最内の今井がうんのこーしろーを振り切って2Mを先行し、メンバー中実績最上位の今井が福岡初・今年3回目・通算10回目の優勝
 今年卒業期ながら優出メンバー中最年少のうんのこーしろー22歳は2Mと2周1Mで水摩の全速戦をこらえきり、2周2Mで水摩を振り切って2着。

 これで今年の新鋭リーグは4戦全て94期の優勝ですが、2月の児島G3新鋭リーグ第2戦瀬戸の若鷲決定戦で優勝して、今月の平和島SG総理大臣杯でも優出1号艇2着と既に艇界トップクラスの活躍を見せる福岡94期4296岡崎恭裕の存在は、こちらもSG出場歴がある同県同期の今井貴士にとってかなりの刺激になってるのではないでしょうか。

津レディースチャンピオンカップ優勝戦

 2009年度のトリを飾るトリノのISU World Figure Skating Championships 2010 Ladiesはぴちぴちの19歳浅田真央が金メダルになりましたが、TSU Ladies Championcupは淺田千亜希が2号艇で優出し、氷上のぴちぴち浅ちゃんに続けるかが最大のポイント。
 しかし水上の浅ちゃんは枠なり3vs3の2コースから差しに構えるも1号艇田口節子の引き波をまともに踏んでしまい失速。2006年7月G3クイーンカップ女子リーグ戦競走第7戦以来遠ざかってるTSUでの金メダル獲得なりませんでした。

 かくして先頭独走になった銀河系の織姫節子が今年2回目・津2回目・通算24回目の優勝
 2008年3月の当地女子王座選手紹介で一休さんのコスプレをした事で知られる6号艇岩崎芳美が差して2着。


下関川棚温泉青龍杯優勝戦

 4月4日の朝から青龍を奉る「川棚温泉まつり 舞龍祭」を開催予定な湯・食・楽ゆっくらしよう川棚温泉の名を冠した6日間シリーズは内枠3人が東京支部。
 そして、枠なり3vs3の進入から1号艇齊藤仁(福岡在住東京支部)が04トップスタートの速攻で一本勝ち、下関初・通算17回目の優勝で川棚温泉青龍杯の金メダル。
 差し順走の2号艇福来剛(東京)が2着、1Mつけまいから2M差しの3号艇石渡鉄兵(千葉在住東京支部)が3着に入り、東京支部が下関を制圧。

多摩川澤乃井カップ澤乃井ファイナル

 「春に酔い、花に酔い、浪漫に酔う。(動画
 清酒造り一路な小澤酒造澤乃井のタイトル戦は枠なり3vs3の進入から4号艇吉田健太郎が01タッチスタートから捲り一撃決めて多摩川2回目・通算12回目の優勝で副賞の澤乃井「大吟醸 梵」を獲得。
 江戸川地元スターの6号艇若林将が差し続いて2着。

スポーツ報知杯争奪蒲郡なのはな特別優勝戦

 開催経費削減に本気なG1戸田グランプリ節間唯一のゲストイベントは30日に実施予定のスポーツ報知プレゼンツ川口和久予想会ですが、スポーツ報知杯蒲郡なのはな特別には川口貴久が2005年12月津一般競走以来となる通算V2を懸けて4号艇で優出。

 そして123/546の進入から川口貴久は捲り差し届かず3番手の位置でしたが、1号艇金子良昭を差しきった5号艇村上純が金子を牽制してる間に川口貴久は切り返して村上純の内に潜り込み、2Mをトップターン。
 これが成功したかに見えましたが、村上純の差しが届いてトップは両者併走になり、2周1M内から村上純が先行体勢。
 川口貴久も外全速戦で応戦しますが捲りきれず、しずる村上純が蒲郡2回目・通算21回目の優勝

 スパイダーマンのレーシングスーツで表彰式に現れたしずる村上純はレースを振り返って「しんどい」を連発し、「勝因は日頃の行い」と語るなど、ぶっちゃけた雰囲気の面白い表彰式になってました。

鳴門四国キヤンテイーン杯競走優勝戦

 スカッとさわやか四国キヤンテイーンのタイトル戦は枠なり3vs3の進入から1号艇興津藍が押し切り、徳島銀河系の藍ちゃんは昨年12月の前回当地鳴門市長杯競走に続く鳴門3回目・通算12回目の優勝
 差した4号艇石田政吾が2着。

三国やよい第1戦優勝戦

 125/346の進入からデビュー初優出の6号艇土山卓也(福井101期4469)が09トップスタートで仕掛けるも、5号艇山口哲治が先捲りで抵抗。
 その猛牛山口哲治を難なくブロックして押し切った1号艇岡瀬正人が昨年3月の前回当地坂井市制3周年記念競走以来となる通算13回目の優勝

 2番手は山口哲治と差した3号艇古川誠之で接戦になり、2M内先マイの古川を山口哲治が差しきるものの、2周1M外全速古川マイが決まって両者併走。
 2周2Mも3周1Mも外全速マイの古川と内でこらえる山口哲治の図式になり、併走が続きましたが、3周2M古川はそれまでのつけまい連発から一転して山口を行かせて差しきり、2着争いに競り勝ちました。

丸亀日本財団会長杯優勝戦

 江戸川の日本財団会長杯に先駆けて最終日を迎えた丸亀の日本財団会長杯は2号艇星野政彦(大阪在住兵庫支部)がスタート展示同様にびっしびしとインを奪い、213/456の最終隊形から1M先行したほしのが4号艇松本勝也(兵庫)の差しを振り切って2Mを先行し、2M再度差しを狙う松本勝也をびっしびしと締めて振り切り、ほしのは通算52回目・丸亀4回目の優勝を兵庫支部ワンツーで達成。

blog開設5周年記念江戸川ピット見学会とオーシャンC準優勝戦

 2004年7月25日にブログを開設して丁度5年になる今日は江戸川競艇場でペアボート試乗会に参加する予定でしたが、強風高波浪の為ピット見学会に変更されました。江戸川のピットは1Fにボート、4Fにモーターと整備室がある縦長の造りで唯一無二の構造なのです。
 ということで写真はモーター分解実演会からサイン色紙一枚一枚に全て違う一言が書いてあった気配りの人平田さやかを始め、超気持ちいい北山康介と104期4560庄司樹良々のイケメントリオです。
 ピット見学会では他にプロペラ叩きの実演で井坂友則平井紀之糸數由里稲生夏季青いTシャツを着てた滝澤友恵が参加してました。
 ちなみに2004年7月25日は江戸川一般競走初日中止順延日で、メイン記事はWINS渋谷で見た小倉競馬のオープン特別佐世保ステークスの話題。ブログで初めて競艇が主題だったのは若松SGオーシャンカップ初日だった2004年7月27日の記事でした。
さやかときららと北○康介1枚1枚全て違う内容で一番人気だったさやかの色紙ピット1Fにある邦画の映画看板

 今日はこの後、友人2人と消化レースの最終まで観戦してから船堀駅前の八丈丸で飲み食い。
 以下は江戸川で得た話をだらだら書きますが、三国競艇の実況が下半期以降4日間開催も小林習之ファミリーの男性実況で統一されて通称はぁと実況さんを始めとする女性2人の競走会所属実況アナが裏方に回る事や、今の江戸川番組マンは昨年度まで平和島の番組マンだったりとか、江戸川の内勤職員にノッポ島崎慎一郎さんがいてピット内に指定表が貼ってあったりとか、江戸川周年V2の湯川浩司(江戸川優勝回数もV2)を江戸川浩司と呼ぶには一般戦の実績が足りないので認められない話とか、食べ物や飲み物をたくさんおごって貰った太っ腹の友人さんが貰った平田さやかの色紙には「早起きは…つらい。」と書いてあったとかの話を。

 起きて酒が抜けたら、備忘録的にOC準優ダイジェストを加筆します。

【準優は9〜11R、若松SGオーシャンカップ5日目

 北九州市若松区赤岩町の若松競艇場で赤岩善生トークショー(特設サイトに写真あり)があった25日土曜日、先ず1つ目の準優9Rは13/52/46の進入から1号艇白井英治が13トップスタートも2〜4コースが凹み、19スタートの4号艇濱野谷憲吾Tokyo bay pirates)が壁無し展開も利してぐいっと伸び、あっと驚く強つけまいで白井を撃破し1着。28スタートながらくるっと残した3号艇田中信一郎が2着。
 東都のエース濱野谷憲吾@DEEPは4日目11Rで白井がもつれた展開を利して逃げ切った強運を勢いに変えて今年のSG初優出。

 2つ目の10Rは枠なり3vs3の進入から2号艇・炎の男徳増秀樹が差しきり1着と、秀樹感激SG初優出いただきマンモス。
 予選オール2着の1号艇重成一人はここも2番手航走で、1M差しから2M突っ込んできた6号艇中島孝平を行かせて捌き、1M捲り差し→2M差しから2周1M内先行狙った5号艇湯川浩司を包んでかわし、2周2M再び押っつけてきた中島を再度包んでかわしましたが、3周1M先頭の秀樹が安全航走してて重成は前が詰まり、内突いてきた湯川を包みきるのにも手こずって湯川に差を詰められてしまいます。
 そして3周2M、重成は先行するも湯川に差されて劇団一人の若松劇場を演出してしまい、湯川がまさかの逆転優出。このレース中に落下して壊れた携帯電話、重成まさかの逆転負けで壊れたショックも倍増。対して湯川は4日目12Rの3周BSで先行艇が浮遊物を巻き込む展開に恵まれ2着勝負駆けを成功させた強運を勝負強さに変えて逆転優出。

 本日のメイン11Rは15/4/236の進入から06トップスタートの1号艇菊地孝平が08スタート決めた5号艇西島義則の差しを振り切って1着。艇界のJPエクスプレスペリカンさんが前付け大成功の2着。


 さよならオーシャンカップ最後のHoly Nightを締めくくる優勝戦の枠番。

1:菊地孝平 2:徳増秀樹 3:濱野谷憲吾 4:田中信一郎 5:西島義則 6:湯川浩司

 今年は7月17日生まれの歌手杉山清貴生誕50周年という節目のオーシャンカップ。ちなみに杉山清貴は大雨だった金曜日の24日、キャンペーンで福岡県に滞在。そして今日の江戸川競艇ペアボートには杉山貴博が来場予定。

府中市公営競技場をはしごした日曜日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
オグリキャップ様東京競馬場にご来場。 今日はアジア競馬会議記念で入場無料の東京競馬場関東競艇専門紙記者クラブ杯最終日多摩川競艇場を行ったり来たりしたので、それにちなんだ写真を紹介していきます。まずは周回展示中のスーパースターオグリキャップから。G1並みにぎっしりですね。

山室大先生インタビュー オグリキャップを数分見たところで急いで多摩川に移動して、キャディーもする山室展弘さんの優出インタビューを。昼飯はカレーにしたいという話や、プロペラの最終兵器をリーサルウェポンになぞらえた話も出て、相変わらずヤマムロ節炸裂でした(動画)。

左が北山康介、右が平野恭平。 4517平野恭兵(右側)と4535北山康介(左側)が参加した103期新人選手紹介です。平和島近くに住む平野恭平は宮内由紀英率いるJPCに所属し、間違えて北島康介と名前を紹介されてしまった北山康介(B1級斡旋)は柾田敏行率いるグループに所属します。

オグリキャップ放牧中も人大杉で近寄れず 新人選手紹介を見た後は再び競馬場に行って放牧中のオグリキャップを見たのですが、写真でわかるように旬の小栗を見るファンがぎっしりで近寄れず、遠くから見ました。

ジョッキーマスターズ表彰式 後述の優勝戦&表彰式を見た後、ダッシュで競馬場に移動してジョッキーマスターズを観戦。JRA&NAR&海外から8人が参加したジョッキーマスターズは河内洋調教師が優勝、写真はその表彰式です。

 最後に、さあ行こう優勝戦スタート展示の162345から本番6号艇西田靖(51期3072)と待機行動違反の1号艇松野京吾(51期3056)が入れ替わっての612/345の進入から西田のやっさんが08スタートを見せたのに対し、16スタートの2号艇の山室さん(51期3070)がつけまい攻撃。西田が山室さんを受け止める間に3号艇鎌田義の捲り差しが入り、西田のやっさんを差しきったヤングのカマギーが51期競艇マスターズトリオを従えて今年3回目・通算27回目にして多摩川初優勝。ちなみに関東競艇専門紙記者クラブ杯は1月の江戸川関東競艇専門紙記者クラブ杯に続く今年2回目です。
 表彰式(動画の6分すぎから)では「隣ではね、あの、競馬やってる中、競艇に来てくれて頂きましてありがとうございます。」と今日のJRAイベントを意識した発言も。
淡路のヤングレーサー・カマギー多摩川初V


【G1ハマコー賞優勝戦】

 80歳超えても元気な浜田幸一元衆議院議員が来場した開設55周年記念静岡県知事杯争奪戦G1浜名湖賞最終日
 シリーズ最終決戦優勝戦には「和&直・競艇・倶楽部」という冠協賛があり、全部合わせると「静岡県知事杯争奪戦G1浜名湖賞優勝戦和&直・競艇・倶楽部」という長い名前になるので、はしょってハマコー賞で。
 レースは枠なり3vs3の進入から1号艇菊地孝平(静岡)が07トップスタートの速攻で堂々押し切り燃えて8月芦屋G1全日本王座決定戦以来の記念V5にして通算25回目の優勝
 後続は2号艇の地元スター服部幸男先生が30とスタート凹んだ上に差しもたつき、外握った3号艇白井英治が2番手航走。白井が攻めた展開突いての2番差しでBS伸びた4号艇渡邉英児(静岡)が内の利で2Mえいじ(白井)に先行するも、えいじ(渡邉)を行かせて捌いたえいじ(白井)が2着に入り地元ワンツー阻止。

 これで白井の獲得賞金は約6684万になり、約6501万の魚谷智之を抜き返したわけですが、うおちゃんにとってはかえすがえすもG1宮島チャンピオンカップ3日目9R5号艇で5コース捲り差し不発の最後方追走から2周1Mの選手責任落水が痛かったです。

下関美祢組合開催41周年競走優勝戦

 「6日間に渡ってお送りしてきました下関競艇美祢組合開催41周年競走、いよいよ頂上決戦の時を迎えました。冬の空気も感じる水面に、元気よく六強の登場です。優勝戦第12Rのメンバー(動画)。」とスタートしました優勝戦第12Rは、枠なり3vs3の進入から、2005年SGグランドチャンピオン決定戦以来の下関参戦になった1号艇仲口博崇が2007年4月常滑スプリングカップ以来となる通算42回目にして下関初優勝をかなえました。是非見て欲しい表彰式(動画)では「競艇って、本当に面白いと思います。また、下関来て下さい。」と語ったヒロタカマンです。
 2号艇中島孝平は差し届かず順走の2着で、孝平同日アベック優勝ならず。とはいえ、優出2着に入ったことは来月の大一番G1競帝王決定戦へ向けて好材料を得られたのではないでしょうか。私事ですが、ツアーとれれば競帝王決定戦で24場制覇を果たせる予定です。

住之江サンケイスポーツ旗争奪飛龍賞競走優勝戦

 3号艇寺田千恵に6号艇五反田忍(大阪)と2名の女子が優出するなど、女子選手の活躍が目立った6日間シリーズの最終決戦は枠なり3vs3の進入から1号艇間嶋仁志が千恵の捲りをブロックして逃げ切り、元地元の住之江ではV3・今年は2回目・自己通算では24回目の優勝。差し順走の2号艇湯川浩司(大阪)が2着。
 ちなみに間嶋仁志は三重支部ですが元々は平野区出身の大阪支部。三重出身の3356下重千恵元選手と結婚した際に三重に移籍しました。

びわこもみじ競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から13トップスタートの4号艇山崎哲司がカド捲りを決め、今年は守田俊介雨宮昌一相手に優勝した1月の蒲郡中日スポーツ賞龍神杯争奪戦以来2回目・通算では12回目の優勝
 7月の多摩川JLCカップ優勝戦でF2になり、以降10月末まで事故パンで身動きできなかった中澤和志は月が変わって事故点の呪縛から抜け出しSGウィナーの本領発揮で優勝戦1号艇を獲得しましたが山崎に捲られてしまい、守田&雨宮相手に優勝した2007年7月児島倉敷市議会議長杯争奪戦以来のVならずも2着に残しました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ