ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

占部彰二

多摩川競艇で占部彰二とフォーリンラブ

 薄暮開催サマータイムレースの多摩川JLCカップ。サマータイムらしく、フォーリンラブのお笑いラブストーリーも16時30分過ぎ(三国優先だったので見ず)と17時30分過ぎの薄暮時間になってました。ちなみに全レース終了後に流れたサマータイムレースのテーマは「天気図は曇りのち晴れの予報♪ 週明けの第三京浜選んだ♪」のサマータイムブルースでした。
イエス、フォーリンラブ

 優勝戦元気だせ!!多摩川競艇と共に小柳南町商店会は5号艇吉岡政浩がチルトを+3度に跳ね上げ大外に出た123/465の進入から1号艇占部彰二が2号艇小野勇作の差しを振り切り、通算50回目にして多摩川初優勝。今日の多摩川行きは占部彰二が優勝戦1号艇になった事から決めたので、優勝してくれてよかったです。
占部彰二インタビューって言うじゃない〜占部彰二にJLCカップ授与占部彰二にイエス、フォーリンラブウェイキーくんと占部彰二


三国G3新鋭リーグ第6戦ヤングヒーロー決定戦優勝戦

 JLCカップの多摩川競艇場でも併用発売してた事に多摩川現着してから気づいた新鋭リーグ。場外モニターではもちろんJLC381chの映像が使われてましたが、ウイニングラン終了後多摩川映像に切り替わってしまったので以降の部分はウェイキープラザで見ました。
 さて、優勝戦は1236/45の進入から1号艇松田祐季(福井98期4391)が逃げの体勢を作りきって通算2回目の優勝
 ちなみに北陸のジャックナイフこと松田祐季は初Vも同じ三国で昨年9月のながつき第2戦ですが、その3日目5R道中抜きで1着になったレースはJLC番組「一週間で24場を制覇せよ」のハイライトシーンだったのは記憶に新しいところ。
 後続は1M差して2番手の5号艇土屋智則が2M全速も流れ、1M捲り差しから2Mで3艇を差しきった6号艇吉川喜継が2番手逆転。しかし、2周2Mで土屋が吉川に全速つけまい強襲お見舞いし、インパクト大な再逆転2着(土屋映像)。

 尚、前回の芦屋G3新鋭リーグ戦競走第5戦と今回の第6戦三国を収録したJLC番組GOLDEN BOYS2009#03は6月10日22時30分からJLC380chで初回放送予定です。芦屋編は土日の三国でスタジオキャスターを担当した原ちゃんがGBリポーターです。

鳴門デイリースポーツ杯競走優勝戦

 デビュー初V目指す2号艇片岡秀樹(徳島90期4167)がインに入り、6号艇池本輝明が2コースに入った26/13/45の進入から片岡が47とスタート大きく遅れ、13トップスタートから絞り込む1号艇中澤和志に対しては池本が先捲りで抵抗。
 そんな中、カドから差し伸びた4号艇白石浩二が2Mを先頭で回り、2003年10月尼崎一般競走以来となる通算5回目の優勝
 後続は片岡と池本に加え、両者の間を割った5号艇森貴洋と3号艇向後龍一の2艇も2番手争いに加わりますが、内小回りの片岡と外握った森と差した池本は無事に2Mを回ったものの、森の外を二段で握った向後は大きく流れて対岸にぶつかり航走不可能となって責任失格。
 HSでは外の森と内の池本による争いになり、2周1M内小回りの池本がここで優位に立ち、2周2Mで森を突き放して2着争いに決着。

丸亀G3女子リーグ戦競走第4戦優勝戦

 2003年6月のSGグランドチャンピオン決定戦で愛知81期3941池田浩二が華麗なるウィリーターンでイン戦押し切りSG初Vを達成してからもうすぐ6年、新生まるがめ競艇は今節女子リーグがブルーナイター3節目。
 さて、外枠の西村コンビを除く4人が14日に甲子園で阪神vs広島戦を観戦したというタイガース色の強い優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇池田浩美(静岡81期3932)が07トップスタートから華麗なるウィリーターンで押し切り、通算7回目の優勝
 後続は1M差した3号艇・やっちゃん、やっちゃったぁ!?宇野弥生が2着で、1Mつけ回った2号艇・バードアイ長嶋万記が3着と、阪神戦観戦コンビのブロガーコンビが占めました。
 ちなみに、池田浩が使用したモーター5号機はブルーナイター第2節安岐真人杯争奪瀬戸の大魔神大賞で優勝者森高一真が使用、ブルーナイター第1節まるがめブルーナイターオープン記念レースで優勝者太田和美が使用と、ブルーナイター3節全て3優勝というモンスターエンジンです。

常滑中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞優勝戦

 日本モーターボート選手会常設訓練所と勤労青少年水上スポーツセンターでおなじみ碧南市に隣接し、衣浦大橋を渡って半田市を通過すれば常滑市にも行ける愛知県の市は高浜市。
 さて、愛知では無く広島の高濱芳久が1号艇のドラゴン大賞は、その高濱氏が1253/46の進入から押し切り、今年2回目・通算41回目の優勝
 後続は差して2番手の3号艇荻野裕介に対し、1Mつけ回った5号艇川添英正が2M切り返して荻野の内に潜り込んで荻野は包んでかわしますが、川添はHS舳先を掛けて2周1Mを先行。しかし、ここで鋭く差した荻野が単独2番手を奪い返し2着を取り切りました。

【併用発売】お風呂で999東京新聞盃&びわこ弘文天皇即位

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 武豊&中野次郎トークショーで東京ベイ平和島を大いに沸かせた武豊が不死鳥スズカフェニックスに騎乗して優勝したのは府中のG3東京新聞杯。そして不死鳥は中京G1高松宮記念を制して記念ウィナーの仲間入りをしたのですが、府中市営の平和島東京新聞盃優勝戦には10月下旬の住之江G1高松宮記念特別競走に出場して欲しい今垣光太郎が3号艇で登場。そんな府中市営東京新聞盃ですので、今日の自分は江戸川開催中にもかかわらず生ガキと5号艇占部彰二目当てに平和島競艇場まで行ってきました。

 さて、優勝戦は予選12位と最下位通過ながらW準優勝戦前半6R1着、W準優勝戦後半11R2着と手堅くまとめた上平真二(生ガキでお馴染み広島支部)が1号艇とW準優らしい枠順に。そして132/456の進入から18トップスタートを放った上平がそのまま押し切り平和島初、通算20回目の優勝。後続は2コース順走のガキさんと3コース捲った佐々木和伸でラップも、2Mガキさんのターンが流れ佐々木の差しが入って佐々木が2着。ここでガキさんは4号艇松本勝也(平和島のかつやだけど4カドチルト0度)にも差されてしまいましたが2周1Mすぐさま差し返して3着。機力はエース機かつやが上でも、記念V22のガキさんと記念0勝のかつやでは格が違いましたね。尚、◎の占部は5コース24とスリット先行できず、直内のかつやも壁になって枠番通りの5着でした。

 平和島に行った本日は麺矢 龍王の野菜しょうゆラーメン食べたり篠田和之アナによる優出者インタビュー見たり牛小屋で煮込みライス食べたりしましたです(続く)。
優勝した上平独身貴族佐々木平和島で生牡蠣平和島のかつやはちるとれーど4カド進入兵庫県民な方の兵庫支部白石
占部彰二その1占部彰二その2


【夢・爛漫。G1びわこ大賞優勝戦

 80期3897のホオジロザメ白井英治が1号艇、記念初Vを狙う近江大津宮の主80期3899吉田弘文天皇が2号艇と同期の友が内を固めた優勝戦はスタート展示で+04の飛び出しを見せた同期弘文天皇の気迫に押されたか、それとも2号艇弘文天皇&3号艇濱野谷憲吾の並びに不死鳥植木通彦がFに散った平和島SG総理大臣杯が被ったかインの白井はまさかの54ドカ遅れスタート。思えば白井自らも多摩川SG総理大臣杯で優勝戦Fを切り記念戦線から離れた過去の持ち主。ロック界のホワイトシャークグレイト・ホワイトの代表曲はOnce Bitten Twice Shy(前の失敗に懲りて必要以上に慎重となる意)ですが、その言葉通り優勝戦Fの恐怖でOnce Bitten Twice Shyになってしまったのでしょうか。
 かくして同期の大友である白井が54で壬申の乱ならぬ人身の乱を起こしたのに対し、2コース12トップスタートの弘文天皇が実質5艇立ての1Mを楽々先に回りきり、弘文の名の通り縁あるびわこ水面で通算21回目にして遂に記念初優勝。息子吉田士陽(よしだしよ)君の入園式に合わせて記念真紀子の水神祭です。子煩悩で有名な弘文天皇らしく「息子のために走る事が自ずとファンにも貢献できる事と思ってます。」という言葉を梶浦梶子ママwithカルシウムハウスダンサーズに祝福された表彰式で語りました。それにしてもこの一週間、平田忠則若松G1全日本覇者決定戦白石健住之江G3企業杯アサヒビールカップと80期の吉報が相次いでますね。
 後続は4カド進入の4号艇松井繁が二段捲りとも捲り差しともつかぬ態勢からあっさり弘文天皇にブロックされて消え、3コースから差しを狙った濱野谷も角度が甘く、ヒモ人気の両者は共に5コースから鋭く差した高橋勲の餌食に。2M全速戦で濱野谷が高橋と同体に持ち込むも、Tokyo bay piratesには負けられないとばかりに2周1M内の利で先に回った高橋が再び突き放して穴を出しました。ちなみに3連単253は準優11Rと同じ出目です。

 (平和島の続き)併用発売平和島びわこ両優勝戦における自分の買い目なんですけど、結果は平和島123でびわこ253。そして自分の買い目の中には平和島25びわこ123、まさに買い目が真逆。

江戸川サンケイスポーツ杯2日目

 第5Rが始まりました。スタート展示は枠なりでしたが本番では5号艇勝元忠司と6号艇前田光昭が派手に動いてあっと驚く1563/42の進入(動画)。結局進入に惑わされずに逃げ切った1号艇芹澤克彦1着となりましたが、3コース08トップスタートから捲った前田太尊が2着に入ったので前付け(タイソンの江戸川前付けは昨年大晦日京葉賞第9Rの6号艇4カド以来)した効果ありですね。尚、1M振り込んで6着の勝元は待機行動実施細則違反を適用されました。こちらは前付け失敗でしたね。なんにしても一番かわいそうなのは2号艇で大外になったダンディ坂野泰章とその舟券を買ったファンだと思います。

 かように、江戸川らしからぬ激しい進入があった2日目の競走水面でしたが、第11R3号艇1回乗りのmiruさんこと能見稔は3コースから果敢な全速つけまいを決め2着に入りオール2連対を守っています。3日目は第8R6号艇と第12R1号艇です。

【胸高鳴る多摩川デイリースポーツ賞優勝戦

 前節G3女子リーグ戦モーターボートレディスダービーを走った茶谷桜から最新多摩川情報を入手して4号艇で優出成功の茶谷信次(第29代びわこ王座位)。その茶谷は剛腕郷原章平の3コース捲りに乗じての4カド捲り差しで郷原に舳先を入れ、2M郷原を牽制して先に回った茶谷が単独先頭となり嫁の地元で初めての優勝報知新聞社杯争奪びわこ王座決定戦に続く2節連続Vは通算V5です。ということで東京2場の優勝戦は共にしんじを信じた者勝ちでした。
 茶谷に牽制された郷原は2M全速戦で対抗するも流れ、そこをちょい悪オヤジの6号艇横山節明(大外差しから3番手追走)が差して逆転2着。3連単は89700円になりました。

【ヽ( ・∀・)ノ ウンノコーシロー下関優勝戦

 1号艇金子良昭がイン戦で先頭も、5コースからぶっ差した4号艇海野康志郎が迫ります。そして2コース差し届かず3番手の別府昌樹が2M切り返しで先に回ります。これを行かせた金子ですが、落として回った金子に対して全速捲り差しの形になったうんのが金子を捲りきって逆転。下関地区スターにしてblog☆競艇☆4324海野康志郎!でもお馴染み95期うんのこうしろう19歳がデビュー6優出目にして遂に初優勝。気持ちよく初優勝の風を切ったうんのはウイニングランでガッツポーズを連発するなど喜びを表に出してました。おめでとうございます。
 うんのに捲られた金子は2周1Mでうんのの引き波をまともに踏んでもたつき、そこを捲った別府が逆転の2着。尚、3号艇3コースの作野恒はスピードが乗ってきませんで責任外出遅れ。大方浮遊物でも巻き込んだのでしょうか。

蒲郡ムーンライトレース優勝戦

 6号艇杉山正樹がひとつ内へとボートを潜り込ませて123/465の進入隊形です。スタートを切ってきました。08トップスタート4号艇カドからフルダッシュ伸びる山一鉄也が内の艇を絞り込みにかかるぅ〜!弾丸一気か1号艇村田修次飛びつくぅ〜!6号艇展開ずぼ〜っと!素晴らしい捲り差しの好ハンドルで突き抜けた杉山が通算5回目の優勝。感想を聞かれて第一声「いやラッキー。」1Mの捲り差しを聞かれて「山一さんさまさまです。」な地元の杉山正樹でした。
 後続は大外から差した馬袋義則が2番手、2コース小回りでしのいだ渡邉英児が3番手も2M差したえいじが馬体を合わせ、2周1Mを先制したえいじが逆転の2着ゴルィン。

桐生G3東京中日スポーツ杯新鋭リーグ戦優勝戦

 初優勝狙う2号艇山田哲也が5カドから15トップスタートで絞るも、2コース16スタートの5号艇吉永則雄が先捲りで抵抗したので捲り差し。そしてのりおの捲りをブロックし、山田の捲り差しも振り切った地元1号艇毒島誠がイン逃げ圧勝。1月の多摩川優木まおみ杯以来今年2回目、通算では4回目の優勝。2Mもたついた山田を捲ったのりおが2着です。

 今節から桐生はアクアンNIGHTですが、昨年と違うのはネット中継の実況が本場と同じになった事。但し、JLC中継とリプレイ音声は昨年同様差し替えられています。

福岡西日本スポーツ杯争奪戦優勝戦

 桐生SGオーシャンカップの出場が内定した2号艇正木聖賢が2コース18スタートから、イン16トップスタートの今坂勝広を強気に捲りきって福岡初優出初優勝、通算13回目の優勝。正木に捲られてBS4番手の今坂ですが切り返しで2M内を突き2番手集団に浮上し2着ゴール。

G1関東地区選手権55号機55号艇の濱野谷憲5の今日は?

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 田中信一郎のアグレッシブな5カド捲りにインの70期3589西村勝が抵抗し、その展開を突いてのエキサイティングな捲り差しで先頭のタナシンを捕らえ(動画)、2M先制で1999年7月の多摩川G1ウェイキーカップを優勝し、東京3場の記念を初めて制した70期3590濱野谷憲吾
 それから約7年半、2005年のSG総理大臣杯準優1号艇5着敗退でケチがついたか、GWの多摩川さつき杯こそ優出2着だったものの9月のG1ウェイキーカップは予選落ち、2006年の多摩川さつき杯は準優3号艇4着敗退、7月のG1ウェイキーカップは準優4号艇5着敗退と多摩川では3節連続で優出を外してます。
 と、昨年3優出1優勝の江戸川&東京ダービーV4の平和島に比べて多摩川での成績が冴えない濱野谷憲吾ですが、今回のG1関東地区選手権は2連対率40.9%のモーター55号機に加え前検タイムも5位、更にボートも2連対率44.5%の55号とまさにGoGoKenGo大フィーバー。そしてファン投票1位で選出されたウェイキードリーム戦も1着と当地での低迷を脱出するお膳立ては整いました。
 ところが、勝ったものの「何か軽い感じ。ターンも直線も水を掴んでいない。コーナーで曲がれないです。」との不安コメント通りに2日目9Rで水を掴めず6着に敗れ、更に3日目12Rも水を掴めず5着大敗。

 好機好艇55フィーバーなのに予選最終日を2着2本or1着3着の勝負駆け。前半5Rは5号艇5コースと55号機55号艇の濱野谷憲5にふさわしい枠番でしたが、捲り差しを狙った濱野谷はかかりが悪く直内の作間章に接触してしまい後退。道中追い上げの3着で首の皮一枚繋ぐのがやっとでした。
 そして1着勝負駆けとなった2号艇の9R。2コースの濱野谷は4カド捲り差しの菊池峰晴に捲られてしまい4着。好機好艇の55セットで苦手意識払拭と行きたかった濱野谷は好機好艇を全く生かせなかった回り足の悪さで予選落ち。多摩川への苦手意識増幅の方向へ行ってしまいました。

丸亀優勝戦

 かつて住之江SG賞金王決定戦ファイナリストになった実績もある博多の実力者占部彰二が1号艇、骨付鳥パワーでぅどんなもんだいの勢いに乗って昨年当地G1京極賞を制した博多の水炊き鳥飼眞が2号艇で博多コンビの一騎打ちが見込まれた一戦ですが、蓋を開けたら鳥飼の差しは全く届かず、占部が危なげないイン戦であっさり優勝。通算48回目の優勝ながら丸亀は初優勝です。
差し届かなかった鳥飼は5コース捲り差しの吉永則雄に差されてしまいますが2M差しに構えたのが幸い。実は1Mで6号艇6コース野添貴裕がターンマークにぶつかってエンストしており、HS内側にいた鳥飼に2周1Mの優先権が。これによって鳥飼が2着となり、博多コンビのワンツーが実現しました。

鳴門四国地区選手権優勝戦

 鳴門松竹杯競走市長杯争奪まるがめ競艇大賞のメンバーに女子選手が加わった讃岐・阿波対抗戦のファイナルは6号艇林美憲準優11R同様の前付けに出ますが、インを奪いきった準優のようにはいかず2コースまで。1号艇田村隆信が枠を主張し、地区選手権V6を狙う2号艇瀬尾達也は3コースとなりました。
そして02トップスタートの瀬尾が捲りに行きますがターンが甘く、インの田村を捲りきれず。しかし瀬尾の捲りを振り切った田村も懐が開き、3号艇4コースから捲り差しの嶋田貴支に差されて2着まで。嶋田が2000年丸亀四国地区選手権以来通算2度目の記念優出で記念初優勝を飾りました。通算では14回目の優勝。

 尚、10R特別選抜B戦で大外進入の6号艇新田芳美がインの1号艇佐々木和伸と2コースの2号艇近藤稔也(!)を差しきり1着となっています。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ