ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

原弘産

【ビナちゃんもヒゲ】ヒゲの倉谷和信がG1近畿地区選手権優勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 地区選手権の最後を飾るびわこG1近畿地区選手権優勝戦は1245/36の進入となり、3コースから王者松井繁が捲りで内の兵庫コンビを撃破。その展開に乗って4コースから倉谷和信が差し、更に5カドから王者の弟子山本隆幸が差し、更に大外からびわこ天皇山田豊が差し、と差しが3本入ります。
 BS倉谷ややリードも2Mは最内の山田(最後のG1秩父宮妃記念杯競走覇者)が先マイしますが、山田を行かせて差した倉谷(初代のG2結核予防事業協賛秩父宮妃記念杯競走覇者)が先頭を守り優勝。通算31回目、記念は2000年3月の住之江G1太閤賞以来約7年ぶり4回目の優勝です。
 優勝キャップを被って表彰式に登場した倉谷は「捲ってくれた松井君のおかげです。レース前の心理状況?気合いパンパンの鎌田君以外はみんなリラックスしてましたよ。」な感じで飄々と語ってましたが、王者と倉谷の因縁といえば1996年の児島SG笹川賞。リアルタイムでは見てませんが、この時は先頭を走る倉谷が転覆して王者が繰り上がりでSG初優勝を果たした王者伝説誕生のレースでした。
 後続は山田が流れて、HS2番手争いは内の山本、外の松井と師弟対決に。しかし1号艇魚谷智之がアツアツの師弟対決に嫉妬したか?2周1M山本に突進し山本は5番手まで後退。ともあれ、これで王者が2着に上がり、児島の因縁コンビでワンツーとなりました。

下関原弘産カップ優勝戦

 近年関東へも進出を果たした下関の有力不動産企業原弘産カップの優勝戦は1号艇須藤博倫がイン05トップスタートの速攻で押し切り下関3回目にして通算23回目、そして今年は2回目の優勝スタート展示イン、本番2コースに入った積極策が功を奏した5号艇新美恵一(愛知)が2コース順走から4コース差しの3号艇小林茂幸(愛知)との2着争いになり、2M→2周1Mと全速戦で小林を攻め、2周1Mで振り切って2着争いを制しました。
片や節一パワーながらコース争いに敗れ、スタ展の5コースから本番大外進入となった4号艇塩崎優司(愛知)は消極的なコース取りが災いして全く見せ場のない5着でした。

戸田日刊ゲンダイ杯初日

 オール2000番台の50代で争われた名人戦10Rは人気対抗格の玉生正人57歳が2コース先捲りで人気の中心林貢55歳の4カド捲り差しを振り切り1着。林が2着でここは本命サイド(2連単900円3連単1810円)の決着でした。

 初日メイン戸田選抜戦天野晶夫の3コース捲りに抵抗しようとしたイン木村光宏の艇が浮いてバタつき後方に消える大波乱(動画)。ミッチィを避けた天野も流れて、4カド捲り差しで3番手の山室展弘さんに続く4番手。先頭は2コース差しの玄馬徹。これに5コース差しの清水攻二が続く隊形になりましたが、2M先マイの玄馬を差した清水が逆転。そして2周1Mで玄馬が振り込み選手責任転覆。これで独走になった清水が1着。事故現場の内をすり抜けた山室さんが2着に上がり、2連単4080円3連単49830円の波乱に。

東京G1フェブラリーステークスキルトクール

 スタート地点が芝の欠陥コース東京競馬場ダート1600mが舞台のフェブラリーS、キルトクールは府中大嫌いの2番枠アジュディミツオー。逃げないと馬券に絡めない馬なだけに、スタート出負け必至の東京ダ1600mではインを奪えない確率大。だからキルトクール。ちなみにG1近畿地区選手権の山本光雄は2番枠に3回入りましたが全て3着に泣きました。
 馬券はシーキングザダイヤの2着3着で買えば大丈夫だと思いますよ。ラッキー7の青枠に入った幸せの青い鳥ブル−コンコルドも切るのは無謀です。

江戸川日本写真判定社長杯順延、そして下関原弘産カップは…

 江戸川日本写真判定社長杯最終日は強風高波浪の為中止順延。朝中川を渡った時には大して強風高波浪ではありませんでしたが、夕方頃から南寄りの強い風が吹き、帰りに中川を渡った時には波も荒だってました。なんでも亥年の春一番だそうです。
 デビュー初優勝を目指す優勝戦1号艇の大峯豊にとって最大の敵はW山崎よりもじれったいじれったい中止順延の末に打ち切りという恐怖でしょうか。無事開催されて、トワイライトに大峯優勝の夕暮れ便りが届く事を期待します。
 尚、第1R3号艇1回乗りでした増田進が次回斡旋三国きさらぎ第2戦前検に参加の為帰郷、替わりに選手代表井坂友則第1R3号艇となっています。


 かくして江戸川は中止順延になりましたが他の開催は予定通り行われました。その中でも特に激しかったのが大峯兄妹の地元水面下関原弘産カップ3日目。信頼と安心の住宅を提供する原弘産カップは江戸川同様新モーター&新ボートの開催。
 8R(波高9cm南西向かい風9m)ではインの金田大輔が60、10R(波高11cm南西向かい風11m)では3コースの秋田健太郎が83とドカ遅れを喫し、11R(波高12cm西向かい風12m)からは2周戦に。
 2周戦の11Rは5コースに入った関口智久がスリット前に向かい風に煽られ転覆(動画)。関口は責任外の出遅れ扱いとなり残った5艇でレースが争われますが、大外18トップスタートから捲った佐藤旭の捲りは流れ、イン37スタートの塩崎優司が小回りで粘り、44スタートだった品川賢次の3コース捲りをこらえきって僅かに先頭。そして2Mで品川を張って回った塩崎が1着となっています。張られた品川は、2コース68スタートながら小回りでBS最内を突いた須藤博倫に小回りで抜かれて3番手に後退。尚、2M後方では外を回った佐藤が大きく流れ、出口で風に煽られ責任外の転覆を喫しています。
そんな中、江戸川鉄兵の異名と共に波巧者と言われている(今日の実況も言ってる)石渡鉄兵は4カド捲りで佐藤の内、品川の外になりますがBSで艇が浮いて後退。2Mでは流れた佐藤とは対照的に小さく回りますが小回り大正解だった須藤のようにはいかず4番手のままでした。で、この11Rを最後にレースは打ち切りとなりました。

 ハンカチを手放せない興奮の競走水面で4R(5コース捲り差し)と11Rを制した塩崎と共に連勝だったのは先月イケメン選抜戦にも選ばれたハンカチ王子福島勇樹5Rが3コースから、波高10cm西向かい風10mの9Rが4カドから、共に捲り差しを決めています。特に9Rは狭い艇間を突いてのもので波巧者ぶりが際だってます。

【第1回桐生上毛風神杯優勝戦

 G1赤城雷神杯V2の実力者後藤浩こそ準優10R3着で消えましたが、残る優勝候補は順当に駒を進めた優勝戦。中でも近況から1号艇横澤剛治と5号艇佐藤大介現地観戦の初日から注目をしてましたが、レースはインの横澤が逃げ切り、2コースに入った佐藤が順走で2番手。
でしたが、2周1Mで横澤を差しきった佐藤が2周2Mを先マイ。差し返した横澤ですが、舳先を入れようとするも佐藤に締め込まれ3周1M先制できず。それでもBS必死に食らいついた横澤ですが3周2Mで振り込んで万事休す。逆転でマッチレースを制した佐藤は通算22回目の優勝。初代上毛風神杯覇者になったプロレスLOVEの佐藤は前回優勝の昨年12月江戸川一般競走同様にウイニングランで武藤敬司の物まねを披露しました。対照的に横澤は今年の5節全て優出ながらこれで4度目の2着。今年初優勝は次回にお預けになりました。
 4カド差しの松村敏が5コース差しの重成一人を2M包みきって3番手でしたが、3周2Mで4号艇の差しが入り逆転の3着。終わってみれば初日桐生特選組のワンツースリーになりました。
これは江戸川優勝時のウイニングランこっちが上毛風神杯のウイニングラン


蒲郡バレンタイン特別優勝戦

 チョコレートよりも優勝が欲しい。V争奪バトルは甘さを捨てビターなバトルの応酬です(動画)。優勝戦は節間8戦7勝2着1回の快進撃でより速くより華麗に、そして競艇愛をアピールした圧倒的なV本命原田幸哉が1号艇でインにどっかり座り、バチッとサイドを掛けて寄せ付けずの逃走で独走。ファンの事を誰よりも想い、レースでメッセージを告げる原口が通算40回目の優勝であります。3コース捲り差しの4号艇赤岩善生が2着に入って2連単210円3連単680円の本命チョコならぬ本命配当です。

戸田ケーブルネット埼玉杯優勝戦

 戸田及び川口南部をカバーするCATV局ケーブルネット埼玉のタイトル戦は4連続優勝を狙う1号艇西島義則がイン戦押し切るかに見えましたが、2コースから差し伸びた4号艇藤丸光一が舳先を掛けて2Mを先マイし先頭に。ペリカンさんのV4を阻止した藤丸は通算42回目の優勝、これでチョコレートの数も倍増するでしょうか(動画)。少なくとも藤田美代犬童千秋からは確実にチョコを貰えそうな博多のマルちゃんです。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ