ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

吉田拡郎

住之江ナイター第1弾は追配吉田拡郎が岩永高弘選手の分も激走でV

ブログネタ
競艇 に参加中!
 2010住之江シティーナイター開幕戦は5日間シリーズのWEB競艇TV杯
 WebkyoteiTVのネット中継で見た優勝戦は2008年9月G3女子リーグ第8戦モーターボートレディスカップ以来となる住之江2度目の優出を決めた6号艇佐々木裕美(山口85期4045)が動いた1236/45の進入に。
 そして4号艇沖島宏和が09トップスタートを決めるも、艇を伸ばした1号艇吉田拡郎が1Mを先行し、沖島の捲り差しと2号艇西村拓也(住之江地元スター)の差しは引き波を踏んで流れ、先頭独走になった吉田拡郎は今年4回目・通算13回目にしてメッカ住之江初優勝

 後続は捲り差した5号艇竹田辰也が2Mで外の西村を張りながらの旋回で抜け出し2着に入り、初日11Rと着順を入れ替えての住之江ヒットスタジオよしだかくろうたけだたつやワンツー。
 1M→2Mと差した3号艇桐本康臣(三重85期4043)が3着に入った奇数艇トリオ決着になりましたが、佐々木裕美は2周2M以降外全速戦連発で桐本に食らいつき、結果4着ながらアグレッシブな走りで3着争いを盛り上げました。

 その佐々木裕美は昨日の10R準優勝戦6号艇で2着になり住之江2度目の優出を決めたわけですが、準優で枠なり3vs3の大外から果敢に捲って2号艇須藤隆雄と抜きつ抜かれつの激しい2着争いを制したレース内容(動画)は、まさに運命の地住之江にかけた鬼気迫る走りでした。


 優勝した吉田拡郎の話に戻りますが、今節は6日付けでの追加斡旋でした。
 そして、正規斡旋で本来出場する予定だったのは長崎79期3861岩永高弘選手。
 岩永高弘選手は今月1日の若松スポーツニッポン杯争奪GW特選競走4日目1Rで2周2M後のHSで締め込んだ際の接触事故で心肺停止の状態となり福岡新水巻病院の集中治療室に運ばれ、その後意識不明の重体で闘病しておりましたが、本日6時04分に死亡したとの発表がありました。
 レース中における事故での殉職者は2007年2月住之江G1太閤賞最終日3Rの福井85期4048坂谷真史選手以来で29人目だそうです。

 岩永高弘選手は2002年2月に大村一般競走で優勝経験があり、最近では今年2月の丸亀マンスリーKYOTEI杯で優出を決めてました。
 個人的には4日に九州スポーツ杯争奪男女W優勝戦競艇の日大賞を優勝した広島79期3873別府昌樹が表彰式(動画)で岩永高弘選手の話をした場面に感極まるものがありました。闘病実らず力尽きたのは誠に残念です。謹んでご冥福をお祈りします。

 また、この悲報を受けて福岡79期3853岩崎正哉平和島ミニボートピア黒石開設1周年記念4日目9R1着後に、兵庫79期3854吉川元浩蒲郡G1オールジャパン竹島特別4日目10R1着後に帰郷、福岡競艇マクール杯出場中だった太田国広長崎支部長も帰郷しました。

宮島日本モーターボート選手会会長賞優勝戦

 125/346の進入から4号艇今坂晃広(静岡)が21トップスタートを決めて絞り捲りに行き、1号艇長岡茂一が飛びついた事によって出来た差し場を突いて捲り差しを決めた6号艇松下一也(静岡)が突き抜け、あの2009年1月びわこG1共同通信社杯新鋭王座決定戦以来となる通算3回目の優勝。モイチを捲りきった今坂弟が2着で静岡ワンツー。

 ということで新鋭王座以降の長いトンネルから抜け出した松下一也が王座後の初Vを飾った訳ですが、長いトンネルを抜けたところで次は蜷川哲平の通算優勝回数9回にチャレンジです。


 ここで新人選手情報。19日からの次節モバイルモンタ2周年記念でデビューする広島106期4600井内将太郎がデモ航走を披露して最後は立ったまま航走してファンに手を振る場面も収録された今節のおまけ映像が公開されてます。

桐生マンスリーKYOTEI杯優勝戦

 展示の枠なりから本番では2号艇土屋智則がピット遅れて大外に回った134/562の進入になったマンスリーKYOTEI杯。
 そして、土屋のおかげでカドが手に入った5号艇岡部大輔が捲り差しを決めて15トップスタートの1号艇伊達正利に迫りますが惜しくも届かず、伊達は通算16回目の優勝で通算888回目の1着ゴール。

【Tetsuya Victory】勝負師哲也、9年ぶりに宮島チャンピオンV2!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
ねぇ、優奈をKYOTEIに連れてって。 安芸の宮島で一機当千。秋の名勝負が繰り広げられ、序盤3日間がG2ふるさとダービー広島と重なったとはいえ3連休を含む絶好の日程もあって50億8440万100円を売った開設54周年記念G1宮島チャンピオンカップは本日最終日。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇市川哲也(今節選手代表)がイン戦押し切り燃えて、1999年の45周年以来となる宮チャンV2にして6年6月6日のアカギG1桐生ダイヤモンドカップ以来となる記念V22は通算62回目の優勝。今節ポスターモデルにして選手宣誓担当の5号艇山口剛が捲り差しで2着の広島ワンツーは準優11Rと同じワンツー。
 記念V22のうち、宮島では周年V2に加えて1998年のG1新鋭王座決定戦と2004年G1中国地区選手権で合計V4。SGは平和島で開催されたSG賞金王決定戦や、完全Vを達成して艇聖になった伝説のSGモーターボート記念を含むV4を獲得した勝負師哲也が準優オール負けインの展開に恵まれての1号艇とはいえ、転がり込んできたチャンスを見事生かして2年5ヶ月ぶりの記念Vを飾りました。

 優勝戦実況も担当した有冨義浩アナが司会した選手紹介(動画)では選手代表として宮島競艇イメージガール優奈から花束を貰った勝負師哲也は、土谷由美アナが司会した表彰式(動画)で広島県安芸郡府中町が生んだ歌姫神園さやかからも花束を貰った上に副賞として新しい大杓子を手に入れ、45周年時に貰った古いしゃもじからのリニューアルにも成功。

 (7日追記)上記の様に広島の勝負師哲也がG1宮島チャンピオンカップで2年5ヶ月ぶりの記念Vを飾る復活劇を見せましたが、翌7日午後に広島ファンの筑紫哲也さんがお亡くなりになるという悲しい出来事がありました。謹んでご冥福をお祈りします。
一機当千


桐生公営レーシングプレス杯争奪戦競走優勝戦

 9月21日の蒲郡トトまるナイト特別以来となる負傷休養明けながら予選3日間で3勝、W準優も2着1着でクリアした後藤浩が優勝戦1号艇。
 レースは枠なり3vs3から1号艇後藤が逃げ体勢も2号艇と3号艇がスタート凹み、カドの4号艇山川美由紀に絶好の捲り差し展開になりますが、みゆきは引き波を踏んでしまって後藤を差せず、各メンバー殺到した勝負所の1Mを逃げ切った後藤が記念V6を含む通算41回目の優勝。1996年の当地40周年記念で初G1を取るなど周年V2の「桐生、最高。」な水面で今夜も後藤浩輝き、メットを脱ぎ颯爽と髪をたなびかせてのウイニングランを披露しました。
 後続は外マイになった5号艇繁野谷圭介が2番手につけ、みゆきが3番手。しかし1Mでは繁野谷の外を回って4番手だった6号艇森永淳が2M差してみゆきに並び、更には2番手浮上狙って2周1M押っつけ体勢。ですが繁野谷が包んでかわし、みゆきも森永を差し返して着順は元通りの1-5-4で決着しました。

津日刊スポーツちどり杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇向所浩二が33と散々なスタート凹みで1号艇吉村正明は壁無しになり、3号艇のTK加瀬智宏の捲り差しが入りかけますが、なんとか締めて振りきったまちゃあき海賊団長が通算9回目の優勝
 「前節児島のG1初優勝で自身に変革、Changeをもたらしました。この優勝戦もYes I can(動画)。」と、記念初Vを決めた前走地児島G1競艇キングカップに次ぐ連続Vで、すっかり競艇キングの貫禄。
 後続は5号艇島田一生が差し伸びて2M一生懸命に突っ込む展開をTKが行かせて差しますが、1Mまちゃあき海賊団長とTKの間を割れずだった4号艇村上純が2M鋭く斬り込んでTKに並び、2周1M内から牽制して回った純が逆転2着。

 ちなみにまちゃあき海賊団長といえば大村G2競艇祭のタイトルも保持してますが、大村線乗換駅の諫早駅は小浜温泉方面行き島鉄バスの乗換駅でもあります。
オバマ温泉


鳴門G3新鋭リーグ戦競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉田拡郎がタラリラリと軽快に逃げ、「子供の頃からピアノを習い、高校時代はドラムスをやっていた。」とレース展望で書かれていたよしだかくろうは今年5回目・通算7回目の優勝
 後続は29スタートだった2号艇の地元村田友也が差し構えも流れて3号艇と4号艇を張る形になり、差した5号艇篠崎元志が2番手優勢に。そして、差し続いた6号艇濱崎直矢を2M行かせて捌いた篠崎が2着を取りきりました。
 3着争いは2M以降3号艇のTK川上剛91期たけし軍団長と4号艇亀山雅幸による接戦が最後まで続き、2周2Mシャープに斬り込んで3周2Mまでやや先行した亀山をたけし軍団長が切り返しで押っつけ、ほとんど同体でゴールするも0.1秒差亀山が粘りきりました。

児島日刊スポーツ杯優勝戦

 新勝率集計期間後初の児島開催は、夏目ナナチャンチンが来場した11月3日のシリーズ3日目2Rで125/463の進入から28ドカ遅れの1号艇岡本大を除く5人(艇番順に今節選手代表明野年博抹香雄三村上彰一有田岳・香川山下和彦)がフライングしてMB競走法第12条の規定によりレース不成立(動画)となるアクシデントもあったりした6日間シリーズ。

 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇鈴木唯由が待機行動違反のおまけがついたものの01タッチスタートからの速攻で他を圧倒して通算24回目の優勝
 後続は02スタートから差し順走の2号艇三井所尊春が2番手、2番差しの4号艇市橋卓士が3番手の体勢も、差し伸びてきた6号艇寺本重宣に対して2Mミーショが包んで市橋が差してという所で展開が替わり、寺本を行かせた市橋はミーショをも差しきり逆転2着。

負けたら引退のつもりだった王者松井のSG総理大臣杯。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 2008年最初のSGウイナーを決します鳳凰賞SG総理大臣杯優勝戦は3号艇原田幸哉がピット遅れてスタート展示と同じ1253/46ながら、展示と違って懐を充分に取れた1号艇松井繁負けたら即引退スペシャルの気合いですんなり逃げて今年5回目・通算83回目・記念は1996年当地SG笹川賞等SG7つを含む40回目の優勝。引退を回避した王者、特設屋台でも売られていた唐揚げ&たこ飯も美味だったイイダコが名産の児島では2005年7月の一般競走優勝が記憶に新しいところですね。2着は存分に流した浅い起こしで折り合い充分の3コースからつけ回った5号艇三嶌誠司
 表彰式(動画)で南明奈から祝福の花束を貰った王者は1976年の第11回住之江開催で大阪支部の先輩常松拓支も獲得している鳳凰賞を、直立不動のベーシスト松井常松を擁したBOΦWYLAST GIGSから20年、そしてYES NewYorkな王者松井秀喜結婚の今年に初めて獲得しました。

 ちなみに本日の自分は江戸川競艇場でガラポンやってクオカード貰って豚もつ食べて一般戦の前売購入してからMONDO21カップ併用開催中の多摩川競艇場へ。ヤッターマンアナの実況を楽しんだ後は芦花公園にあるカミカゼもいちさんの店福寿でチャーハン餃子を食べて帰宅。尚、江戸川競艇は施設改修工事の為5月22日まで完全休業となり、5月23日からの浜名湖ボートピア岩間4周年記念茨城放送ゴールデンレース場外発売で再開となります。

スポーツ報知杯争奪蒲郡なのはな特別優勝戦

 125/346の並びから3号艇鈴木賢一(埼玉38歳73期)が19トップスタートを放って絞り捲り態勢も、1号艇の市川哲也が抵抗。後輩スズケンが作った展開に乗じて4号艇西村勝(埼玉34歳70期)がず〜ぶっとぉ!捲り差しを入れて通算31回目の優勝読売巨人軍は開幕3連敗ですが、スポーツ報知杯を制したのはF2を展開で克服した巨人ファンのコーナー策士まちゃるたんでした。
 後続は叩かれるも立て直した2号艇繁野谷圭介と5号艇関忠志を叩いて差した6号艇田山和広で接戦も、2Mで外の繁野谷を牽制しながら回った田山が先制。しかし、ここで内に切れ込み潜り込んだテチャーンが田山の懐飛び込み同体となり、2周1M先制して逆転2着。3連単は2万円ポッキリでした。

下関一般競走優勝戦

 枠なり4vs2の進入から1号艇吉田拡郎(岡山)が押し切り、2005年6月徳山日本モーターボート選手会会長賞以来となる通算3回目の優勝
 後続は順走の2号艇平石和男が2番手、捲り差し不発の3号艇秋山広一が3番手だったものの、2周1M秋山の差しが入って両者ほとんど同体となり、2周2M先制の秋山が逆転。3周1M平石が差し返し、3周2M内小回りで差を詰めるものの0.1秒差届かず秋山が2着。ちなみに吉田拡郎絡みの拡連複は1=2が140円で1=3が200円でした。

常滑弥生賞優勝戦

 枠なり3vs3から1号艇森高一真が16トップスタートの速攻で押し切り通算14回目の優勝。差した4号艇山崎義明が2着。森高は完全Vだった2006年1月大村一般競走以来となる久々の優勝でした。

【猪名の笹原】センタープールのささはら賞で3艇立てレース

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 猪名の笹原伊丹市営尼崎デイリースポーツ杯争奪ささはら賞競走は予選最終日4日目の競走水面。前半最後の6Rは待機行動中に6号艇谷村一哉が転覆、5号艇河野政利がプロペラ破損、3号艇吉田拡郎がボート破損で3艇欠場となり、再発走後はさみしい3艇立て競走。12/4の進入からイン25トップスタートの新井康行1着、単騎ガマシから捲り差しの北村征嗣が2着となっています。このレースの売り上げは141万7200円、返還額は2651万3100円でした。ちなみに拡郎欠場で拡連複も不成立になっています。

 リプレイ(動画)ではカットされてるので詳細は不明ですが、ここここを総合すると、どうやらピット鋭発の谷村に河野が抵抗し、河野を入れさせないようにする為か、谷村が内側に艇を寄せます。その瞬間吉田拡郎に当たって谷村が転覆し全艇ピットへ帰還。他の2艇ですが、吉田拡郎はその時にボート破損。転覆した谷村に河野が後ろから当たってプロペラを破損したようですね。
 本来L!LはLateのLということでLは出遅れの意味ですが欠場の3艇も出遅れ扱い。レース後の処分は転覆した谷村及び吉田拡郎は責任外、河野政利のみが待機行動違反のおまけつきで選手責任出遅れとなっております。

 ところで、吉田○郎対決は2日目6Rと3日目5Rで実現しています。特に2日目6Rは5コースから捲った吉田拡郎が1着、捲られた内側で3コース捲り差しの吉田一郎が2着と吉田○郎ワンツーが実現しております。

江戸川サンケイスポーツ杯3日目

 第4Rが始まりました。スタート展示2コースの2号艇今村暢孝がピット鋭発、ネトロン沿いにボートを置きましてイン取り成功です。今村は4カド08トップスタートからスピードを乗せてきました4号艇山本修次の捲りを飛ばす間に大外から捲り差して来た6号艇國浦英徳に差されてしまい、2コースの一号艇一柳和孝との2番手併走になりますが、今村は2Mで2艇まとめて差しきり2周1M先行で突き放し1着のゴール。イン取られた一柳は2周2Mゆっくり回る國浦を差して逆転の2着でした。
 前半であっと言わせるイン取りと2Mの差し技を見せた今村、後半第10Rは枠番通りの4カド進入から15のトップスタートを放ちスーッと伸びて捲り圧勝の1着。この連勝で予選得点率9.80としポイント争いのトップに立ちました。これに続くのが9.00の今シリーズ選手代表山田竜一。そして残念なことに昨日までオール2連対でしたmiruさんこと能見稔は本日ゴンロクで予選得点率が6.20に急降下。苦しくなりましたが明日の第8R1号艇と第12R6号艇連勝で得点率7.43と優出の可能性は残っています。

戸田日刊スポーツ杯優勝戦

 1号艇川崎智幸がイン04トップスタートを決め、戸田マスコットキャラの3号艇江夏満の3コース無理つけまいも難なくいなして通算26回目の優勝。捲りにいったウインビーくんは振り込んで転覆(動画)、4コ−スからの差しで難を逃れた5号艇大川茂実が2着に入って岡山ワンツー。
 意外な事に川崎は戸田初優勝。過去にはSG全日本選手権で先頭を走ったり(結果は転覆)、SG笹川賞で優出したりと活躍が多い水面なだけに実に以外ですね。尚、戸田といえば後藤ヒロシというイメージがありながらも意外な事に戸田初優出だった4号艇後藤博は大外進入から転覆艇に乗り上げてしまう不利を受け完走がやっとでした。

津グランプリシリーズ第1戦優勝戦

 今年度も行われますTSUグランプリシリーズ全10戦+TSUグランプリファイナル。昨日は震度5の地震に見舞われた津ですが滞りなく開催が行われ、最終日も滞りなく行われました。スタート展示の162345から一転1425/36の進入になった優勝戦でしたが、進入の変動に関係なく1号艇の地元坂口周がイン14トップスタートの速攻で堂々押し切る圧勝。副賞として名産松阪肉 朝日屋の松阪肉を手に入れた坂口は通算14回目の優勝で早くも今年V4です。スタ展同様3コースとなった2号艇白水勝也が3コースからの外マイで2着に入り、2連単は340円の一番人気でした。
 そしてスタ展の4コースから本番は5カドになったものの差し戦で3着に入ったのは3号艇福来剛。前節江戸川スポーツニッポン杯の1周2Mで流れてピットから出てこず容態が心配されましたが元気に参戦してました。

浜名湖祝!浜松市政令都市誕生記念レース優勝戦

 2号艇横澤剛治(浜松市)、3号艇菊地孝平(浜松市)の82期浜松市民コンビを相手にイン戦押し切った1号艇橋本久和が通算24回目の優勝。2コース順走の横澤が2着で4カド捲り差しの重成一人が3着。尚、3コース09トップスタートだった菊地は差し狙うもスピン気味の旋回になってしまい、スピードが乗らずに6着でした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ