ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

向達哉

キリンラガーC2005覇者前本が同2着飯山を返り討ちにして6連続V

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 6場所連続優勝を狙う前本泰和が下馬評に応えて優出したびわこ一般競走優勝戦。でも前本は2号艇で1号艇は飯山泰。2005年の当地G3企業杯キリンラガーカップは1号艇の前本が優勝、3号艇の飯山が2着でしたが今回は飯山がポールポシジョンになって2年前の雪辱を狙います。
 さて本番、インの飯山は逃げ込み狙うも2コースから鋭く差し込んできた前本が舳先を入れきって2Mを先に回り、2年前の雪辱狙った飯山を泰然自若に返り討ち。今年8回目、通算41回目の優勝は史上4人目の6場所連続優勝です。ひまひまデータさんによると過去の3人は初代艇王彦坂郁雄とモンスター野中和夫選手会長の両巨頭、それに昨年3月で引退した福岡の小林一生元選手。最後の達成者である小林一生が達成したのは1977年12月から1978年2月にかけてであり、前本の記録は実に約29年5ヶ月ぶりの偉業であります。前本は24日からの多摩川ダブル優勝tvkカップで7場所連続優勝にチャレンジです。
 後続ですが、4カド2番差し3番手追走から2周2Mがむしゃらにインサイドを突いた中村裕将が飯山に急接近。そして3周2Mがむしゃらに内を突いたゆうしょうと外を回した飯山の争いはキンコン!キンコン!キンコン!とゴール判定に持ち込まれ、びわこのゆうが大逆転を果たしました。
この写真は4場所目のオロナミンCカップ


江戸川アサヒビールカップ優勝戦

 6日間(+中止順延2日間)の長丁場を勝ち上がってきました6精鋭が一斉にピットを飛び出してきました。優勝賞金150万円とアサヒビールカップを懸けた大一番は北東向かい風4m波高5cmの競走水面、各メンバーが必勝を期してレースコースに進入です。スタートしました。向かい風大好きな1号艇向達哉が03のトップスタートでするするっと伸びてイン速攻を決め通算13回目、今年2回目の優勝です。
 150万円とアサヒビールカップを獲得した向達哉の次回斡旋は20日からびわこG3企業杯キリンラガーカップ。GWの滋賀県知事杯争奪ビナちゃんカップで優出2着を果たした好相性の水面でビールカップ連続優勝を狙います。
 準優勝争いは順走の2号艇伊藤将吉が2番手、2番差しの5号艇畑和宏が3番手で、長期に渡りまして連続A1をキープする凄腕(動画)の4号艇小野信樹はアグレッシブなカド捲り届かず4番手。しかし2周1Mインサイドをくるりと運んだ小野信樹が一気に前2艇に追いつき、2周2M内を突いてきた畑を捌く凄腕の逆転技で準優勝ゴール。5月の戸田内外タイムス杯で1号艇湯川浩司を得意の斧爆弾捲りで粉砕した凄腕をここの2着争いでも魅せた小野信樹の次回斡旋は、20日から向達哉と共にびわこキリンラガーカップです。
 3周1M畑に差された伊藤はちょっと疲れてしまったか4番手に後退です。4着に終わった悔しさは5着の3号艇村越篤、6着の6号艇落合敬一共々次回斡旋びわこキリンラガーカップで晴らしましょう。ということで優出メンバー中では3着の畑のみが近江琵琶湖のキリンラガーカップに出ません。畑の次回斡旋は20日から遠江浜名湖の公営レーシングプレスアタックです。

鳴門ヤクルト杯競走優勝戦

 スリットを彩る3コース03トップスタートから捲り差した2号艇別府昌樹と4カドから同じく捲り差しの3号艇山崎昭生でトップを争いますが、2M山崎をバズーカ砲の威力で差した別府がトップに立って、ヤクルト杯は広島からきた別府が通算22回目の優勝。ちなみに鳴門を彩った別府昌樹の奥様は喜久子夫人です。

 尚、ツバメ杯の今節未勝利で優出ならなかったカワセミの艇王植木通彦は通算4500走目となった1号艇の10Rうずしお選抜でイン戦決めて最後の最後でシリーズ初にして通算1562回目となる1着を飾りました。

津倉田栄一杯争奪「安濃津賞」優勝戦

 競艇の神様倉田栄一元選手を記念した安濃津賞は3号艇井川正人が捲り差しで突き抜け、2005年2月の下関豊関地区合併記念JLCチャレンジ以来となる通算26回目の優勝。井川正人にとってあの夏の安濃津賞として想い出になっていくのではないでしょうか。
 大外差しの6号艇田中博が2着に入り、2艇に差された1号艇今村豊は3着に敗れたので2連単11200円の波乱。

浜名湖海の日スペシャル!オーシャンアタック優勝戦

 1号艇倉谷和信が12トップスタートからのイン速攻で押し切り、今節をクラさんスペシャルオーシャンカップへアタック(動画)に染め上げ通算32回目の優勝。2コース順走の2号艇福田雅一が2Mでやや膨れるも2周1M捌いて立て直し2着。

【優勝賞金150万円】江戸川アサヒビールカップ1日遅れで開幕

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 お待たせいたしました。江戸川競艇今シリーズは第17回アサヒビールカップ。昨日中止順延となりまして1日ずれまして17日までの6日間のロングランシリーズです。初日の第1Rを迎えています。1号艇の西舘健が際どいスタートで飛び出し1Mを先に回り先頭。2Mまで続いたスタート判定をクリアして今シリーズの1着第1号です。2コース順走の2号艇鳥飼周平が2着。そして花の都にはるみが登場の今節、田川晴美がオープニングレース4号艇に早くも登場。田川寿美とは赤の他人である田川晴美、ここはカドから差して3着でした。

 ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面上、6艇ピットアウトして来ました第9Rを迎えております。1995年度のG1江戸川開設40周年記念優勝の実績を誇るブルーマウンテン青山登が1号艇。しかし2号艇田村美和が2コースからスパッと差しきる青山キラーストリートぶりを見せ、女子レーサーでは初日唯一の1着です。

 第3Rが始まりました。今シリーズ選手代表の3号艇池田雷太東京支部長がつけまいを決めて1着でゴールしましたが、もしTokyo bay piratesのクラブ員でもある池田ライターが平和島で1着になった場合はトレジャー・チャンスの対象になります。池田ライターは7月31日から平和島G3企業杯キリンカップに登場するので乞うご期待。

 第4Rが始まりました。大外捲り差しからBS伸びきり2Mを先に回った6号艇向達哉が大外枠の不利を克服して初戦1着
 向達哉は1号艇の第11Rでインからスリットを攻めてスーッと1Mを先制し、第1Rと同じ01タッチスタートながらもスタート判定にならずすんなり1着。6着発進だった3月の当地前回一般競走とは対照的な連勝発進です。

 第6Rが始まりました。今年V3を記録、平和島SG全日本選手権も今シリーズ出場選手中唯一出場争覇圏内につけている7点レーサー淺田千亜希がポールポシジョンの1号艇でしたが、2艇に捲られてしまった淺田千は2Mで水面にチャピチャピと足をとられもたついてしまいまさかの4着です。
 
 今シリーズの有力処と目されるメンバーの登場です。第12R江戸川選抜戦の開始です。3号艇小野信樹が小野の武器であるアックスボンバー捲りで内枠を叩きますが、斧爆弾の展開を突いてカドから捲り差しのハンドルを入れた4号艇村越篤1着。村越は江戸川選抜を制した勢いで前回惜しくも選抜戦回りだった5月の当地前回東京中日スポーツ杯の借りを返せるでしょうか。
 10トップスタートからスーッと艇を伸ばしての斧爆弾捲りを披露した小野は2着でしたが、5月の戸田内外タイムス杯では1号艇の湯川浩司G1江戸川大賞優勝)を小野の武器である4カド捲りで負かしての優勝。その湯川が1ヶ月半後の戸田SGグランドチャンピオン決定戦を勝った事で小野の優勝は一層価値が上がっています。
 尚、6号艇の淺田千は1Mで2艇に捲られもたついた2号艇山口浩司が壁になって5着。枠も展開も不運でした淺田千、当地前回2004年10月の阿波姫情報満載ナイタイスポーツ杯優出2着(優勝阿波勝哉)と同様以上の走りを見せて欲しいところですが、全日本選手権のボーダーも今シリーズの走りもやや暗雲といったところであります。ちなみに淺田千の次回斡旋は今シリーズ出場の廣中良一と共に24日から芦屋G3企業杯アサヒビールカップと、高額賞金のアサヒビールカップ連続斡旋であります。

【池田要るね】池田居るねの江戸川競艇は4日目の競走水面

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズは日本モーターボート選手会会長賞、本日は予選最終日4日目の競走水面です。第3Rが始まりました。連勝で相手待ちと優出へ非常に厳しい状態だった江戸川選抜1号艇3着の須藤博倫。しかし尻に火が付いた本日に一変。4カドつけまい攻撃から1号艇清水敦揮にぱくりんと食らいつき艇を並べ、2M一気の差しで清水を抜いて1着
 そして後半第10Rは3コースからひろりんと差しきって1着。相手待ちの須藤に対し勝利の女神はどういった采配を見せてくれるのでしょうか。尚、第10R6号艇前野竜一58.7kgは捲り差し不発の4番手も、2Mインサイドを突く好旋回で2艇を抜き去る2着ゴールでアウト戦のハードルを飛び越え須藤より一足早く優出成功。

 目を離せぬ攻防が相次いでいます競走水面です。第11Rを開始します。得点率1位の5号艇岡瀬正人と得点率2位の3号艇池田浩二による直接対決となりましたが、それを尻目に1号艇古川誠之がイン19トップスタートの速攻戦で優出成功の1着ゴール。
 捲り差し不発で外マイの形になった池田は、差し順走の2号艇山崎毅と激しくサイドとサイドをぶつけながらの格闘になりまして、2周2M内先マイの山崎に一度は突き放されますが、3周2Mで山崎がもたついてる間に内側をくるりと好旋回(動画)。山崎を一気に抜き去る大逆転の2着ゴールで、差し届かず4着に敗れた岡瀬の得点率をも大逆転。得点率トップに立ちました。
 対して土壇場で抜かれた3着の山崎は相手待ちの須藤に得点率で抜かれ(須藤7走55点山崎7走53点、山崎2着なら上位着数の差で山崎が上)、第12R3号艇の今シリーズ選手代表三品隆浩が無事故完走当確(結果は無事故完走の5着)だったので、土壇場で優出をも逃してしまいました。


 明日に行われます優勝戦。激戦を勝ち抜いて来た6精鋭です。

1:池田 2:岡瀬 3:古川 4:前野 5:三品 6:須藤

 江戸川に池田イルネを強くアピールした第11Rの3周2Mは自身の1号艇と須藤の逆転優出を決めた好旋回。優勝戦も格上の捌きで池田イルネをアピール出来るでしょうか。

常滑G3企業杯中日カップ優勝戦

 正しくは中日新聞・中日スポーツ第20回G3中日カップという長いレース名の企業杯(ちなみに第21回は来月19日から蒲郡で開催)は6コースから13トップスタート決まった6号艇守田俊介の捲り差しが艇間ずぼっと入ったぁ!が、イン先行から1号艇都築正治が残し、しゅんしゅん2番手。しかし2Mしゅんしゅんの差しがきてます(動画)。舳先が乗ったしゅんしゅんに対し外半艇身先行の都築がやり合うぞ。1号艇6号艇激しいぞ。2周1Mしゅんしゅん突っ込んだぁ!都築流れたぁ!空いたぁ!3号艇吉川元浩差して行く!さあもつれを突いたか?が、吉川届かず3番手のまま。
 かくして都築に競り勝ったしゅんしゅんが不利枠を克服して優勝。春分の日の翌日から始まった旬なG3春闘で通算38回目の優勝を飾ったしゅんしゅんは今年V3と、まさにもりもり旬々な活躍。

【(゚∀゚)てれたま!戸田テレビ埼玉杯優勝戦

 テレビ埼玉略してテレ玉のイメージキャラクターたまごろーも口あんぐりであっと驚くたまごろーな激戦が続いた6日間シリーズの最後は、スロー3艇のスタートが遅れて4号艇山本修一の4カド捲り炸裂。捲りきった山本は通算4回目の優勝。2004年3月の戸田シニアvsヤング戦以来約3年ぶりの優勝は当地2回目の優勝でもあります。
 後続はイン小回りで踏ん張った1号艇中村守成が5コース外マイの田中伸二を振り切って2着。

丸亀日本財団会長杯優勝戦

 スタート展示は251364。そして本番は5号艇鈴木幸夫が怒濤の回り込みでインに入り512/3/64。かなり深い起こしになったものの気合いの09トップスタートでイン速攻を成功させて優勝。進入争いに動じず、4コースから冷静に差した宮迫暢彦が2着。
 1992年蒲郡SG総理大臣杯等記念V8を含む通算67回目の優勝となった鈴木幸夫は2004年4月のびわこ一般競走以来久々の優勝。

鳴門スポーツ報知杯競走優勝戦

 5カドから東本勝利が15トップスタート、おまけに4コースの松元弥佑紀が40と凹む絶好のカド捲り展開も3コース22スタートの向達哉が先捲り。東本は捲り差しに切り替えるもイン31スタートの川添英正に張り飛ばされて万事休す。川添のアシストも受けた向が捲りきって先頭に立ち通算12回目の優勝。後続は大外から捲り差した森竜也が追走も、2Mで川添が差しのハンドルで逆転の2着。
 ちなみに向達哉は大阪在住大阪支部ですが、実は鳴門市生まれの地元民と表彰式で告白。故郷に錦を飾った今回の優勝でした。

蒲郡なのはな特別優勝戦

 優勝したのは昨年同レース初日負傷帰郷の借りを返す為に逃げ狙った1号艇本橋克洋でもなく、昨年に続く同レース連覇を3コース差しで狙った3号艇石川真二でもなく、5コースから全速捲り差しの5号艇山本浩次。結局昨年同様なのはな色のカポックが優勝でした。山本浩次は通算40回目の優勝。

児島優勝戦

 2コースから差した2号艇前本泰和が通算35回目の優勝。そして3コースから捲り差した5号艇小畑実成が2M全速→2周1M差し戦と、硬軟自在な走りで2着をとりました。さすが岡山が誇るイーグル会長ですね。

宮島弥生賞優勝戦

 節間7勝のドラゴンパワーシフトでVロードを突き進んだ1号艇勝野竜司がイン戦圧勝で宮島初・通算24回目の優勝。3コースから捲り差しのハンドルを入れた6号艇木山和幸が2着。
 宮島では初めて勝野が勝つのとなりましたが、勝野のすごいところは今日7つの優勝戦で唯一人1号艇で勝つの。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ