ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

和田アキ子

井口佳典、85期銀河系一番乗りで賞金王決定戦優勝!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
アッコと井口 舟券もホルモンも大行列、千葉っちマニアさんが連日レポートしてました公開FMアクアライブステーション大阪支部女子選手トークショーの締めを飾る大原由子のトークショーも大盛況だった住之江SG賞金王決定戦最終日。人が多くて表彰式の撮影は屋外からになってしまいました。

 賞金王決定戦ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇井口佳典が12トップスタートをぶち込んでぶっちぎり、2006年G1太閤賞で記念初Vを飾った思い出の住之江で今年V7・通算28回目にして初めての賞金王決定戦優勝。表彰式ゲスト和田アキ子からは「なんや、前にやった時はエンストしたらしいな。」と突っ込まれましたが、エンスト失格に終わった昨年福岡大会の借りを返しましたね。真弓明信阪神タイガース新監督が誕生する来年も「真弓やったぞ!」といきましょう。
 さて、今日の住之江にはJLCでお馴染み原理恵子が来場してましたが、原ちゃんが応援する4号艇・東都のエース濱野谷憲吾は優勝こそならなかったものの差して2着に入る活躍を見せてくれました。
井口を激写!


10R賞金王シリーズ戦優勝戦

 1号艇田中信一郎(今節選手代表)に対し6号艇倉谷和信(大阪)が進入で激しく絡み、16/2/345の最終隊形になった一戦は倉谷が15、2号艇笠原亮が21スタートだったのに対しタナシンは目の覚めるような01どっきりスタートで深インと壁無しを克服して3号艇中島孝平の捲り差しを悠々振りきる圧勝劇で記念V15・うち住之江の記念は9回・自己通算では44回目となる優勝
 中島孝平は1M握ってきた4号艇山口剛に2Mも全速で食らいつかれるものの、2周1Mここも外全速戦だった山口のターンが流れて2番手を守りきりました。尚、2周2Mもターン流れた山口に対し倉谷の差しが入り、3周1M外全速で倉谷につけまわろうとした山口に倉谷が艇を併せ、張られた勢いで山口が振り込んで倉谷逆転3着(動画)。
賞金王シリーズ表彰式

 ここで予告。冒頭のトークショーは鹿島俊昭アナの軽快な司会、ちいちゃん(濱野智紗都)とゆうこりんの同期トークが実に面白くて見た価値大でしたが、明日の記事は今日の記事で書ききれなかった住之江話(主に予告編の補足)がメインになると思います。ということでトークショー写真の他に山田智彦アナが司会してた11R順位決定戦予想コーナーの写真も一枚。
なにわのゆうこりん横長仕様山田さんを激写!


蒲郡ファイナルカップ優勝戦

 新幹線車内で電投購入したアフター賞金王決定戦は152/346と3号艇大嶋一也(愛知)がカドになり、1号艇烏野賢太(60期3304)が2号艇渡辺豊(60期3303)との同期連番アベック優出に花を添える今年3回目・通算では記念V16を含む67回目の優勝ドリーム戦阿波勝哉(ドリーム戦F)に対抗してチルト+3度の競演を敢行する等盛り上げたミスター阿波踊りは表彰式で正月以外散々だったと今年を振り返り、締めには「来年は井口くんと一緒に走りたいです。」と賞金王決定戦復帰を目指すコメント。
 後続はカド差しの大嶋が2M外を張って共倒れになり、遅れ差しからBS伸びた4号艇天野晶夫(愛知)が2M艇を伸ばしながらもかかり鋭く流れずに回って2番手争いの主導権を握り、内差して迫ってきた6号艇田中和也(妻は元愛知現大阪の原田佑実)に対しては2周1Mもきつく締めながらも流れずに回り、渡辺豊の差しも振りきり2着のゴルィン。

 ところで、前記のように賞金王決定戦はシリーズ初日から6日間通して大阪支部女子選手によるトークショーがありましたが、最終日売上6億7364万5900円を記録した今節の蒲郡は大阪支部女子選手から人気者高橋淳美と94期落合直子が出場してました。

津グランプリシリーズ第9戦優勝戦

 GPボートで戦う賞金王決定戦と完全併用開催だったTSUグランプリシリーズは優勝戦1号艇が地元86期4066東本勝利と、1号艇が三重県民ということろまで賞金王決定戦と同じ。そして枠なり3vs3の進入から東本は1Mを先行して勝利のカーブを描ききり、地元初・通算では2006年7月下関G3新鋭リーグ戦COME ON!FM CUP以来となる2回目の優勝で1期先輩の井口より一足早く優勝のゴール。順走の2号艇木村浩士が2着。

【峰竜太】競艇新CMは和田アキ子におまかせ!【峰竜太】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 POWER&SOULをテーマに送る2008年競艇新CM動画ページ)の発表会が品川プリンスホテル内にあるエプソン品川アクアスタジアムステラボールで本日行われ、その模様がJLC NEWSで放映されました。
 CMには紅白歌合戦でセミファイナルも務めるビッグネームであり、馬主でもある和田アキ子が出演。多摩川競艇場のオッズ板の上で「和田」と書かれたボートを片手で持ち上げるCMと同じく、ボートを持って発表会のステージに登場。競馬ファンの和田アキ子ですが、競艇の方は「競艇は一部のオジさんしか見ていなくて暗いイメージがあった。でも実際に見てみたら、スピード感やモーターの音、水しぶき、選手同志の熱い心のぶつかり合いとか本当にすごい。魅力も迫力も満点ですね。これからは若いカップルや、お年寄りが楽しめるような、明るいイメージを作っていきたい。」と初体験でした。

 次いでCMの別バージョンでは、ピットを案内される和田アキ子が案内人に濱野谷憲吾中野次郎魚谷智之峰竜太を紹介され、峰竜太の名前に反応した和田アキ子が峰竜太に抱きつくという内容。そして峰竜太も紹介されましたが、ステージには妙に老けた峰竜太が登場…ではなくアッコにおまかせ!の方の峰竜太が登場。最近こそ競艇場イベントに呼ばれない峰竜太ですが、実は何度もイベントに呼ばれるなど競艇経験豊富だったそうです。という豪華なボケがあったところで、22歳のイケメンレーサー峰竜太が登場。「和田さんという豪華な方と競演できて、楽しくCM撮影ができました。このCMを見た人たちが競艇場にレースを見に来てくれると思います。自分も一生懸命頑張りたいですし、競艇もこれから発展していってほしいと思います」と語り、峰竜太には「峰さんは今一番会いたかった人なので、会えて光栄です。」と峰竜太同士による夢の対面実現に感動して、まさにカッチカチになってる様子が放映されてました。

 ちなみに和田アキ子が和田選手のボートを担いでるということで、艇界の和田選手情報。艇界には77期3789和田敏彦(福岡)と100期4446和田兼輔(兵庫)の2人がいて、和田敏彦は本日から福岡歳末特選レースに出場中。初日は8R4号艇1回乗りで、3コースからの捲り差しで2着と好走しました。
 次いで和田兼輔は1月9日から始まる丸亀ボートピア朝倉開設15周年記念競走に出場予定。そして1月21日からの江戸川関東競艇専門紙記者クラブ杯の斡旋も入ってます。この江戸川開催は月曜初日金曜最終日のオール平日開催ですが、前検が日曜日なのとメンバー構成が幅広いので絶好の入り待ち開催です。


江戸川京葉賞2日目

 1号艇関口智久と2号艇作間章(今シリーズ選手代表)の一騎打ちムードだった第6Rは1M入口で5号艇進藤侑が振り込んで選手責任転覆(動画)を喫してしまいましたが配当の方はガッチガチで、逃げもたついた関口をあっさり差しきったさくまあきらが1着、4号艇土屋智則の差しを2M全速戦で振りきった関口が2着で2連単250円2連複120円、土屋弟が3着で3連単490円でした。

 ヤッターマンアナの実況が風邪声に聞こえる開催2日目最後のファンファーレが鳴り響きました。最終12Rは25スタートの1号艇熊谷直樹に対し13トップスタートの2号艇浦田信義がGear on!といい伸びを見せて1着ゴール。捲り差した6号艇小倉康典が2番手でしたが、2Mで小倉は内を突いてきたさくまあきらに追突してしまい転覆(動画)。2M外を回したクマが2着に上がりました。

三国しわす第4戦初日

 いよいよ押し迫る年の瀬となりまして、三国プールはしわす第4戦初日を迎えています。一年を締めくくるラストシリーズ。一層の気合いを込める選手陣の攻防戦にどうぞご期待下さいまして4日間通してお楽しみ下さいませ。それでは水上は予選初日のオープニングカード、おはよう特賞第1Rです(動画)。インから123/456の順です、スタートしました。11トップスタートの1号艇山口剛が関門のホワイトシャーク・4号艇白井弘文(山口)のつけまいをブロックしながらのダイナミックな逃げを披露してトップでゴールイン。差した5号艇渡邊雄一郎が2着でゴールインし、3着は順走の2号艇後藤博と白井の争いになりますが、2Mを先に回った後藤ヒロシを差した白井が2周1Mを先制したところを差し返した後藤ヒロシが競り勝ってます。

 初日のメインカードは三国選抜第12Rの開始。それぞれが注目集めるメンバーです(動画)。インから123/465の順、スタートいたしました。1号艇市川哲也が2号艇守田俊介の差しを振りきって逃げを完成させトップでゴールイン。
 尚、別府昌樹川北浩貴池本輝明らのA1レーサーを押しのけて三国選抜に選ばれた4号艇武田光史(A2)は大外から絞って6号艇山口剛を退けた5号艇吉永則雄を張ったまではよかったのですが、その直後に振り込んでしまい、6着でゴールイン。場違いという前評判を覆すどころか増幅させる結果になってしまいました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ