ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

坂元真一

【矢橋vs坂元】MB記念前日の江戸川でヘビー級マッチ第2弾

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇第32回日刊スポーツ杯。6日間のロングランシリーズを勝ち抜きましたベスト6強の登場です。いよいよファイナル優勝戦が始まりました。4号艇森永淳が40とタイミング逸した以外はほぼ揃ったスタートで、今シリーズ選手代表の1号艇遠藤晃司がすんなり逃げて江戸川3回目、通算26回目の優勝。順走の2号艇白井友晴が2着に入り、混戦の3番手はスタート凹んだはずの森永がブイ際小回りで立て直し、2Mもインサイドを巧みについて主導権。ですが、2周1Mで5号艇森脇徹の差しが入り3番手逆転。しかし、2周2M差し返した森永が3番手を奪い返し3連単は760円の一番人気決着でした。ということで優勝戦は選手代表遠藤晃司(1964年2月28日生まれ)が2月28日の当地一般競走に続く今年2回目の優勝を飾りました。しかし、本日の最注目は優勝戦ではなくひとつ前のレース。

 選抜戦の11Rが始まりました。「このレースには50kgの選手が3選手登場。重量調整を行わない最軽量ということになりますが、2号艇と4号艇はその重量調整なんか関係ないと言わんばかりに無視しての64kg。超重量級です。64kgが最重量かもしれません。さて、どういった展開になりますか。(動画
 ということで4日目11Rに続く重量級直接対決となった一戦は、枠番と軽量を利して逃げる1号艇毒島誠50.0kgが1着になりましたが、注目の超重量級コンビは順走の2号艇矢橋成介64.1kgと捲りの4号艇坂元真一63.5kgで2番手争い。この2番手争いは2Mで大きく明暗が分かれ、矢橋三重本部長は巧みに捌いて2着を獲りきったのに対し、坂元は外側でもたついてしまい最下位に落ちてしまいました。尚、3着は1M竜鯱まくり差しから2Mチャージをかけてきました6号艇片山竜輔56.7kgです。

浜名湖食堂グルメアタック優勝戦

 もみじまんじゅう島田洋七の母校広陵高校の偉大な監督は中井哲之(自分は中井監督の言動を支持)ですが、重野哲之の地元浜名湖で広陵OBの島川光男が優勝戦3号艇で乗艇した浜名湖食堂グルメアタックは、そのミツオが見事4カド捲りにアタック成功で今年は前節スポニチ杯広島ダービーに続く4回目、通算では52回目の優勝。浜名湖食堂のうな丼は新スタンド2Fのピットインが昨年3月に食べた時、多分600円でお得だったのです。
 デビュー初優勝ならなかった1号艇の地元94期佐藤旭ですが、イン小回りで残し2着に入っています。
ミツオ優出者インタビューin夏の広島ダービー


住之江日刊スポーツ盾争奪しぶき杯競走優勝戦

 今節最大の目玉石田政吾は準優1枠取れなかったのが響いて優出できませんでしたが、鬼神Ogreと化した大賀広幸は7戦6勝2着1回の準パーフェクトペースで勝ち進んで優勝戦1号艇。
 ですが、節間0勝の4号艇宇土泰就が他を圧倒する5カド15トップスタートからの捲り差しで突き抜け、住之江では初めて、自己通算では2004年12月鳴門テレボート杯競走以来となる3回目の優勝。先マイ実らず宇土に差された大賀は2着でした。

下関G3新鋭リーグ戦カモン!FMカップ優勝戦

 76.4MHzCOME ON!FMのタイトルが付いた新鋭リーグ戦はイン07トップスタートの1号艇岡崎恭裕(福岡)が2号艇吉村正明(山口)の直つけまいをガッチリ受け止めた堂々たる逃げで通算4度目の優勝。60日のF休み明け初戦だった福岡支部の岡崎は、福岡支部の偉大な艇王植木通彦元選手が本日来場した下関で復帰即優勝です。
 後続は4艇接戦ながら、5コース2番差しの5号艇大峯豊(山口)と4カド捲り差しの4号艇松村敏がややリードで両者牽制し合って2Mへ。ですが、3コース差し不発で大峯と松村に挟まれる形になった3号艇山口剛が2M流れ気味に両者へつっかけ、一番外にいた松村は消波装置に激突してコースアウトによる失格(動画)。これにより、3艇まとめて差しきったまちゃあき海賊団長が2着に。そして3番手航走の山口は妨害失格となり、大峯が3着に繰り上がりました。

若松アサヒビール杯争奪戦優勝戦

 3コースから果敢なつけまい放った4号艇岡本慎治と4カド差しの3号艇一宮稔弘でBS併走となり、2M先制の一宮を差したオカモトが今年5回目、通算59回目の優勝
 ちなみに優勝したオカモトの次節は9月4日から平和島スポーツニッポンゴールデンカップで2着一宮の次節は9月4日から江戸川デイリースポーツ杯。両者共東京都区内に登場です。

唐津一般競走優勝戦

 Vゴールは熱く、そしてクールに。しかし1号艇繁野谷圭介は28とスタート立ち遅れてしまい、2号艇小畑実成の捲りが。しかし5コースから捲り差しのハンドルを入れてきた5号艇窪田好弘が小畑を捕らえて2Mを先に回り通算28回目、唐津2回目の優勝

大村九州スポーツ杯真夏の王者決定戦優勝戦

 お盆真っ盛りの前節蛭子能収杯真夏の女王決定戦では無く、時季外れのこちらがお盆扱いの優勝賞金84万2000円という不思議な5日間開催は24場対応新マークカード導入後初の開催。
 長崎3人vs遠征3人となった優勝戦は4号艇の不思議な岡山県民山室展弘さんが4カド01タッチスタートからの捲り一撃を決めるも、直外5コースの5号艇落合敬一(長崎)が捲り差しで先頭に。2M山室さんが差し返しを見せるものの、不思議な山室さんはあっさり引いて艇を外に持ち出したので落合の独走となり、落合は通算36回目の優勝
 尚、6号艇津留浩一郎(長崎)が+05のFに散りましたが大外で展開作れず、山室さんと落合の間を割れずの3番手でした。

【明日から蒲郡SGモーターボート記念

 本日は前検という事で入り待ち抽選試運転とあったわけですが、甲子園を沸かせた広陵のOBであるミツオが優勝を飾った浜名湖から競艇甲子園MB記念が開催される蒲郡までは40km650円。もしMB記念が集合時間の遅いナイターSGでなく12時集合の昼間SGなら入り待ちから浜名湖へのはしごもできたでしょうね。

 さて、初日メインは各地区1名ずつが集まったドリーム戦。枠番はこうなっています。このレースはギャンブル王争奪!競艇予想大会対象レースとなっております。また、SGということで自分も参加しているK-BATTLEの方も始まります。今回大会『水上の仕事人を探せ!』のルールはこちらです。

1:松井繁 2:瓜生正義 3:濱野谷憲吾 4:原田幸哉 5:辻栄蔵 6:田村隆信

 各地区1名ずつということで、水上の侍六人衆から山崎智也今垣光太郎が外されており、ウリ坊と田村が繰り上がってます。でもやっぱりここはポスター通り侍の4人から勝利者が出るでしょうね。
水上の侍

ヘビー級対決の江戸川11Rは3艇F&東京ヤング会親睦イベント情報

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇6日間のロングランシリーズ日刊スポーツ杯は4日目の競走水面。11Rが始まりました。このレースは4号艇に三重本部長矢橋成介64.6kg、5号艇に坂元真一63.8kg。江戸川ヘビー級王座決定戦は0.8kg差で矢橋に軍配が上がりました。
 そしてレース本番は内枠3艇が飛び出して行きまして、ヘビー級コンビは共に握り合った結果、スリット飛び出した内の3艇を捕まえられなかったばかりか6号艇橋本久和51.2kgに差されてしまい、ヘビー級コンビは下位独占。
 ですが、「お知らせ致します。フライング艇がありました。1番、2番、3番。1番、2番、3番の3選手がフライングによる返還欠場となりました。(動画」なんとなんと先頭の1号艇金子順一50.1kgが+08、F2になった2号艇作野恒51.1kgが+06、3号艇古川誠之53.7kgが+04の飛び出しで消えてしまい、ブービーの矢橋は2着、殿の坂元は3着に繰り上がる恵まれとなりました。内枠3艇は軽量で出足がついたのが仇になってしまったところでしょうか。尚、1着の橋本は初日第8Rで4艇Fに巻き込まれており、軽量級の4人は揃って賞典除外です。そしてこのレースの返還金は1538万3400円でした。

 矢橋本部長を筆頭に今シリーズは選手会三重本部の選手が複数出場していますが、その中の1人本部真吾は4号艇の第5Rカド捲り2番手も2Mの全速不発で4番手に後退。2周1Mの差しで3番手併走に持ち込んだ本部は2周2Mブイ際を突いて一気に2番手浮上を狙ったものの狙いすぎてターンマークに乗り上げ選手責任の転覆動画)です。

 日曜日は江戸川競艇場を早朝前売に留めて夕刊フジ杯最終日の平和島競艇場で行われる濱野谷憲吾齊藤仁の歴代東京ダービー王コンビによる蒲郡SGモーターボート記念壮行会を見に行こうかなと。7R発売中にトークショーが始まるので江戸川は開門11時の直後を目指さないとですね。
 東京支部から6人がMB記念に出場するのですが、濱野谷は蒲郡一押し水上の侍6人衆の1人であり、唯一F無しの齊藤仁は優勝すれば平和島SG全日本選手権の出場権が獲得できるので、この東京ダービー王コンビは東京支部の中でも特に期待が懸かりますね。

【関東の男女新鋭が9月23日戸田市に集結!】

 ここからは9月23日18時45分から戸田市文化会館で開催されるアルコール付きで会費5000円な親睦会、彩輝会・常昇桐龍・東京ヤング会ファン交流会のお知らせ。あくまでも9月27日から始まる戸田G3新鋭リーグ戦のプレイベントで彩輝会主催ですが、東京ヤング会からこれだけ多くの選手が参加予定です。

 深澤達徳内田亜希子木下真未多田有佑先山健司村田敦長畑友輔石井裕美平田さやか山田哲也若林将从6∀6)古川舞桑島和宏永田秀二萩原知哉

 以上参加確定選手の他に参加内定選手として小澤学曾根孝仁前沢丈史がスタンバイ。ちなみに東京在住埼玉支部からは山崎善庸中西裕子が参加予定です。他の彩輝会と常勝桐龍メンバーはこちら、参加申し込みはこちらを見て下さい。18時45分からなので多摩川G1ウェイキーカップ5日目を見てからでも充分間に合いますね。17時11分競艇場前駅発の電車に乗れば18時30分前に文化会館最寄りの戸田駅に着くのです。
 多摩川からの移動はつらい場合でもウェイキーカップは戸田で場外発売、江戸川で一般競走との併用発売を行います。交流会の前にはしっかり舟券を買いましょうという事です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ