ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

坪井康晴

(;`ω´)つボイヤスハル多摩川初優勝


ボートレース多摩川バースデイカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇坪井康晴がつボインカ帝国を成立させて、今年2回目・多摩川初・通算51回目の優勝
つボイ優勝者インタビュー副賞の澤乃井持って記念撮影


スカパー!JLC杯三国優出者バトル優勝戦

 枠なり4vs2の進入から1号艇山下和彦が2号艇石田政吾(福井支部)の捲りを張り飛ばした展開を突いて3号艇下出卓矢(福井支部)が差しを決めて先頭に立ち、三国4度目の優出だった下出卓矢は2013年10月芦屋ジャパンネット銀行賞以来となる通算2回目の優勝

びわこサンケイスポーツ杯争奪さざなみ賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇三嶌誠司が10トップスタートの速攻を決めて先頭に立ち、1M捲って2番手の4号艇今村暢孝に2M差されそうになるも振り切って今年3回目・通算58回目の優勝

唐津か・らっキーカップ優勝戦

 1546/23の進入から1号艇堤昇が押し切り、今年2回目・唐津4回目・通算32回目の優勝

大村市長杯優勝戦

 1256/34の進入から1号艇山田哲也が04トップスタートの速攻を決めて今年4回目・大村初・通算21回目の優勝にして7戦全勝の完全V。

(;`ω´)つボインカ帝国成立でFカップ連覇+アカギは齊藤仁が金メダル

ブログネタ
競艇 に参加中!
 開設59周年記念G1福岡チャンピオンカップ特設サイト)のトリを飾る優勝戦は1256/34の進入から3号艇中村有裕が絞りに行くも11トップスタートの1号艇坪井康晴が1Mを先制して押し切り、つボインカ帝国を成立させたつボイは3節連続Vとなる今年5回目・福岡3回目・通算42回目の優勝昨年に続くFカップ連覇。
 (;`ω´)ちなみにつボイの3節連続Vは全て新ペラ制度導入後の開催で、新ペラ制度をすっかり手の内に入れた状態で22日から地元浜名湖で開催される総選決戦オールスターボートレースSG笹川賞特設サイト)に臨みます。

 後続は差し順走の2号艇濱野谷憲吾(70期3590)に対し5号艇白水勝也(福岡70期3576)の2番差しが届き、2M先行した白水が2番手争いでややリード。
 同期バトルに対し、1M大外捲り届かず最後方も2M差しで浮上した4号艇湯川浩司がHS内から迫りますが、白水は外の濱野谷を牽制しながら内の湯川を包み込み、BS湯川の追撃を振り切り白湯対決を制して2着。

 (*`ω´)ちなみに今節2日目の13日は福岡ボートから2km圏内のマリンメッセ福岡で福岡県糸島市(天神から地下鉄で一本)出身の篠田麻里子が「AKB48「GIVE ME FIVE!」発売記念全国握手会イベント“AKB48祭り”」出演の為に里帰りしてました。
 ということで、(*`ω´)の地元周年で(;`ω´)が連覇達成。
Fカップ59th表彰式


桐生G1赤城雷神杯優勝戦

 キリュウ開設56周年記念G1アカギ雷神杯AKG56(特設サイト)は3号艇東本勝利がピット遅れてざわ…ざわ…となりますが、東本が大外になるも回り込んだ結果進入はオールスローの124563に。

 そして1号艇齊藤仁が13トップスタートの速攻で2号艇太田和美の差しを振り切り、福岡在住東京支部83期3978齊藤仁は今年2回目・桐生4回目・通算27回目の優勝
 そしてG1では初の金メダルを獲得し、齊藤仁はカブトムシの幼虫のごとく雌伏してた時期を経て遂にカブトムシの成虫のごとき勲章を手に入れました。

 2番手の太田和美に対し4号艇峰竜太の2番差しが迫り、2M内から先行した峰竜太が太田和美を逆転しますが、1M捲り差しから2M差してきた5号艇毒島誠(群馬)が峰竜太と艇を並べ、2周1M両者握り合った結果峰竜太がブス島を捲りきったものの太田和美が間隙を突いて2艇を差しきり、再度2番手に浮上して2着。
AKG56表彰式


尼崎スポーツニッポン杯争奪しらなみ賞競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇服部幸男はスタート19で後手を踏むも伸び返し、3号艇前川守嗣の捲り差しをしらなみにはめて押し切り先頭。
 「飲まず食わずの大減量で体もとことん絞り込んであとはいつものDo My Best。水の上では先輩も後輩もありません。そして勝負になれば持ちペラも備え付けペラも全く関係ありません。そんな変わらぬ強さを形で示します。動画)」
 と、50.9kgで優勝戦に臨んだ服部先生は今年2回目・通算80回目・尼崎は1997年2月G1新鋭王座決定戦以来となる3回目の優勝
 2着は差し順走の2号艇新美進司、3着は2M最後方から3艇を差しきり逆転した前川。

児島G3新鋭リーグ第8戦瀬戸の若鷲決定戦優勝戦

 ヤングイーグル決定戦はイーグル会員の1号艇茅原悠紀(岡山99期4418)が3号艇新田泰章(広島101期4471)の捲り差しを振り切り、新ペラ制度になってもイーグル会は不滅である事を見せて、通算V6にして児島初優勝
 惜しくもデビュー初Vならなかった新田に対し4号艇松田祐季(福井98期4391)の差しが届き、ゆうきワンツー完成。

スポーツニッポン杯争奪G3徳山女子リーグ第7戦優勝戦

 123/465の進入から1号艇向井美鈴(宇部市)が2号艇三浦永理の捲りをブロックして押し切り、2009年9月下関新東通信杯以来となる通算8回目にして徳山初優勝
 2着は差した4号艇松本晶恵

江戸川サンケイスポーツ杯3日目

 7Rで捲り流れて後方だった3号艇坂口周が6号艇進藤侑との3番手争いに持ち込んで3周1M差しを狙いますが、進藤侑がややもたついたところに乗り上げ、直後5号艇竹腰正樹に突っ込まれて坂口周は転覆。
 この転覆により坂口周は1号艇で出場予定だった12Rを欠場して負傷帰郷しました。

坪井康晴がチャレカ2日目に通算1000勝達成

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日の大村SGチャレンジカップ2日目は最終にファン投票で選出されたイケメンレーサーですね!選抜戦が行われましたが、前半最終の6Rでは1号艇坪井康晴が鮮やかにつボインカ帝国を成立させて通算1000回目の1着ゴール。

 (*`ω´)静岡82期3959のつボイは1998年5月の浜名湖一般競走で3956横澤剛治、3960菊地孝平と同日にデビュー。
 そして同年7月の三国一般競走初日2Rで初1着を飾り、2000年10月の徳山一般競走でデビュー初優勝を飾って現在通算優勝回数は37回。
 主な優勝は2005年2月の津G1東海地区選手権競走でG1初Vを飾り、G2は2005年8月にびわこのG2秩父宮妃記念杯競走、2007年8月に大村のG2競艇祭を優勝して当時のG2グランドスラムを達成。
 SGは共に地元浜名湖で開催された2006年6月のSGグランドチャンピオン決定戦と2008年11月のSG競艇王チャレンジカップで優勝歴があります。
 ちなみに同期では3946赤岩善生に続く2人目の1000勝レーサーです。

 通算1000勝達成を記念して、レース後にはもちろん水神祭が行われました。


芦屋競艇マクール杯優勝戦

 芦屋基地創立50周年記念航空祭当日に最終日を迎えた芦屋競艇マクール杯は枠なり3vs3の進入から3号艇長野壮志郎(福岡)が1号艇濱崎誠を差しきり、今年2回目・芦屋2回目・通算10回目の優勝

 惜しくも昨年9月携帯マクール杯G3芦屋モーターボート大賞トライアル(完全V)以来の通算V2ならなかった濱崎誠は、2番差しの4号艇胡本悟志を2M行かせて捌き2着。

下関日本スポーツエージェントカップ争奪戦優勝戦

 スポーツ選手の所属代理人事務所である日本スポーツエージェントのタイトル戦は枠なり3vs3の進入から1号艇山田康二が3号艇大庭元明の攻めに抵抗して先マイも出口で振り込み転覆。
 そんな展開でしたが、両者の内を捲り差した4号艇後藤正宗が先頭突き抜け、今年4回目・下関2回目・通算18回目の優勝

 後続は差した6号艇岡瀬正人が大庭元明を捕らえて2番手争いで優位に立ち、4番手から2M内に切り返してきた2号艇前川竜次を大庭元明が外包みきれず流れたのに対し、岡瀬正人は前川竜次を冷静に行かせて捌きHS最内になり、事故艇がいる2周1Mの優先権を得て2着。

三国しもつき第3戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇川北浩貴が29スタートで凹んでしまい1号艇倉谷和信は壁無しになりますが、倉谷はそれをものともせず逃げの体勢を作りきり、今年2回目・三国3回目・通算39回目の優勝

 後続は1M有利な展開だった3号艇角谷健吾は捲り差しが流れてしまい、小回りで立て直した川北が2番手争い優位に。
 川北に対し2番差しの5号艇東健介が内から迫り、2Mは健介が先行しますが川北が行かせて捌き2番手キープ。
 健介は2周1M内に切り返して再度先行しますが、ここも川北が行かせて捌き2番手キープ。
 健介は2周2Mでも内に切り返しますが、ここの川北は外から包み込んで健介をかわし、HS追走する健介を振り切って3周1Mを先に回り2着を取り切りました。

 ちなみに今節の三国実況は普段津を実況してる佐竹亮アナが担当し、日程が重なってた津競艇マクール杯は普段三国を実況してる小林習之アナが実況を担当してました。

江戸川ラリーズカップ2日目

 初日の連勝選手は渡邊伸太郎篠原俊夫でしたが、今日は篠原俊夫が10R3号艇で1M捲りが流れて2Mでもターン流れてしまい6着だったのに対し、渡邊伸太郎が6R2号艇1着と明暗が分かれ、1M差し順走2番手から2M差しで1着になった渡邊伸太郎は無傷の3連勝。

 尚、10R1号艇石川吉鎬がレース後私傷病の為に帰郷しましたが、10Rのレース内容は2艇に差されて3番手も2M→2周1M→2周2Mと外全速連発のアグレッシブなレースで2号艇國浦英徳(今節選手代表)を抜いて2番手に上がり、3周BSで差を詰められるも最終3周2M行かせて捌き2着に入る見せ場たっぷりのレースでした。

徳山G1はグラチャンの再現+津ボイが若松の再現と丸亀のリベンジ

冠に導かれし戦士達の物語 「今年は開催前から中世ファンタジー風のビジュアルが話題となっています。先日はヤフーのトップニュースにも登場しました今回のタイトルテーマ。冠に導かれし戦士達の物語。これより幕が開きます。(動画
 と、二宮淳一アナによるSpecial Siteの紹介で11日から始まりましたG1徳山クラウン争奪戦
 ヒロインのアマユコット(AMAYUKOT=TOKUYAMA)に扮した都築あこも節間徳山に滞在してアマユコットのコスプレを披露したりイベントMC等で大活躍。

 そして二宮アナは先月23日から28日まで戸田SGグランドチャンピオン決定戦、休み無しで29日から7月1日まで徳山FMYエフエム山口カップポーラスター決定戦の後半3日間、休み無しで2日から6日まで伊勢崎さわやか杯G2スターライトチャンピオンカップ争奪戦、休み無しで7日から9日まで船橋東京スポーツ杯最終日東スポ一面Tシャツ着用で実況とノンストップの活躍が続き、今節も6日間実況と司会(アマユコットTシャツを着た選手陣が登場の開会式動画)で活躍したスーパーニノジュンシリーズでした。

 さて、賞金750万円と副賞の徳山クラウンを懸けた優勝戦は1号艇服部幸男に4号艇今垣光太郎とさながらグラチャンの再現。実況もグラチャンと同じ二宮アナでますます再現ムードが高まります。
 グラチャンはガッキーに敗れた服部先生にとって今回はベストを尽くしてリベンジを果たしたい所でしたが、枠なり3vs3の進入からF持ちの服部先生は18スタートでベストを尽くせず、11トップスタートのガッキーが絞り捲りで服部先生を沈め、返り討ちにしたばかりか服部先生を舟券圏外に追いやるグラチャン以上の圧勝劇で蝶の様に舞ったガッキーはSGV7を含む記念26回目・通算70回目の優勝でグラチャンの再現。20と一番遅いスタートながら展開捕らえてブイ際鋭く差した6号艇吉川元浩が2着。

 二宮アナの司会とあこユコットのアシスタントによる表彰式では、秋葉系ならぬ石丸系プロペラのガッキーに対し、あこユコットが「コスプレは今垣選手いかがですか?」と聞いたのに対し「コスプレは大好きです。」とノリノリで答え、「大好きな徳山で次優勝された時はコスプレしていただけますか?」と続けて聞かれたら97年8月の44周年に続き徳山G1V2となったガッキーは「大丈夫です。」と平常心で答え、緊張気味だったグラチャン表彰式とは対照的に平常心の雰囲気でしゃべってます。ちなみに表彰式動画の10分以降ではあこユコットとアマユコットTシャツを着たガッキーのツーショット記念撮影の様子があります。
 最後に、月に向かってお仕置きする三石琴乃の声が流れる徳山クラウンCMをサービス、サービス。


G1津モーターボート大賞優勝戦

 「加藤綾選手のポスターにファンの目は釘付け。ひとたびレースが始まれば水面を激走する選手にファンの目は釘付け。
 と、プリンセスあややのポスターに釘付けになった津MB大賞は予選4日目の前半まで(11121)の成績だったシリーズリーダーの松本勝也は5号艇だった4日目11Rのピットアウトで内を締め込んだ際に3号艇川添英正に不利を与えてエンストさせて発走不能にした責任を取られ、5艇立てで再発走となった本番で2着に入ったものの悪質な待機行動違反を適用され賞典除外の措置が。この件は節間の実況を担当した佐竹亮アナのブログ「常に常にマイペース」に詳しく書かれてます。

 さて、かつやG1初Vのチャンスを逃した予選ロードと全て外枠が勝った準優を経て優勝戦1号艇はかつやはかつやでも勝とう阿波のミスターチルト+3度阿波勝哉
 「うだるような夏の暑さにスカッとさわやか3度捲り。」G1初V目指してKatoAwaのMB大賞は阿波がお約束の大外に出た234/561の進入から阿波が09トップスタートも、10スタートの5号艇山本隆幸が壁になって絞りきれず、その間に13スタートの2号艇坪井康晴がつボイン体勢を固めて阿波を張りながら1Mを先制。
 この展開を突いて山本隆幸の捲り差しが入り、先陣争いは前走地G1江戸川大賞で優出1号艇だった山本隆幸と前走地丸亀G1京極賞で優出1号艇3着だったつボイのマッチレースに。
 共に前走地のリベンジに燃えるマッチレースは2Mでつボイの差し返しを振り切った山本隆幸が1艇身から2艇身リードも、2周1Mでつボイが先月の若松G1全日本覇者決定戦を再現するかの様な渾身の差し(動画)で山本隆幸に舳先掛けきり、2周2M先行して山本隆幸を突き放し通算V33のSGV2含む記念V7、そして津では自身初G1タイトルだった2005年G1東海地区選手権競走以来となる2度目の津ボイG1優勝でした。
いつかこの舞台で輝きを放つ。


桐生埼玉新聞社杯優勝戦

 埼玉新聞のタイトル戦は134/526の進入から10トップスタートの3号艇川尻泰輔(埼玉)が20スタートの1号艇太田和美(69期3557)を捲りきった展開を突いて4号艇菊池峰晴(69期3538)と2号艇川俣昌史の栃木コンビが捲り差し。
 2Mは内の菊池が先行も、2004年7月宮島九スポ杯競走以来となる優出、そしてそれ以来となる通算2回目の優勝を目指す川俣は渾身の差しで菊池に食らいつきます。
 しかし、HS何とか振り切った菊池は2周1M先に回って川俣を振り切り、2007年大晦日の当地ボートピアなんぶ杯以来となる通算11回目の優勝で栃木ワンツー。
 ちなみに菊池の前回Vも4号艇で、川俣の前回Vの2着は山崎智也で同支部ワンツーでした。

若松サッポロビールカップ優勝戦

 4号艇吉田健太郎が1号艇川上剛91期たけし軍団長の抵抗を振り切り吉田豪快に捲って若松初・通算では昨年海の日浜名湖海の日スペシャル!オーシャンアタック以来となる10回目の優勝を海の日4日前に達成。
 後続は激戦で、くるっと運んだ2号艇山一鉄也(今節選手代表)に対し3号艇岩井繁と6号艇竹腰正樹が差し続きますが、2Mで山一が王者と竹腰の間をスパッと割る好旋回で抜け出し、2周2Mで差し込むたけし軍団長に差を詰められるも振り切って2着。

 以上、ナイター2場の優勝戦はどちらも4-2決着でした。特に桐生は2連単10360円の大波乱。

多摩川デイリースポーツ賞優勝戦

 東京都府中市是政の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇田中信一郎(69期3556)が22とスタート遅れ、14スタートの2号艇大賀広幸が直捲り。
 そして大賀が捲りきった展開を突いて4号艇後藤浩(東京在住埼玉支部)が差しを決め、2M大賀の差し返しを振り切った後藤浩は通算42回目・多摩川4回目の優勝
 府中多摩川では一際後藤浩輝く存在ですが、来月19日からの報知新聞社杯と再来月10日からのG1ウェイキーカップでも多摩川に登場します。

江戸川東京中日スポーツ杯初日

 1日遅れで始まった江戸川競艇6日間シリーズ。第6Rは呼吸を止めて1秒あなた真剣な目をしていた1号艇樫葉次郎が妻岩崎芳美ばりの01タッチスタートからの速攻戦で2号艇坂本啓行の差しを振り切り1着になりましたが、最初の1Mで4号艇多羅尾達之(神奈川)が振り込んで選手責任転覆を喫した所に5号艇入倉数広が突っ込み入倉も転覆。入倉は負傷帰郷となりました。
 更に、2Mで坂本が樫葉A次郎の艇尾に乗り上げ選手責任転覆(動画)。1M外マイ3番手から2M坂本の内に潜り込んでた3号艇佐竹恒彦も樫葉A次郎に接触してしまいますが、ここは両者とも大事に至らず完走。多重事故の波乱でしたが2連単1-3は460円の一番人気でした。
 尚、第5R2周2Mで3番手の3号艇原田秀弥に対し4番手から内を突いた4号艇村上彰一が接触。ここでの接触が原因かは不明ですが、村上も帰郷しました。

 5月の多摩川JLCカップイエス、フォーリンラブな優勝を飾ったのが印象深い占部彰二第10Rで1Mキャビりながらも逃げきり先頭に立ちますが+03のF、残念!
 というアクシデントを経て初日メインカード江戸川選抜戦。南追い風6m波高10cmの競走水面で1号艇岡本慎治が06トップスタート決めましたが、08スタートの4号艇金子良昭がアグレッシブなつけまい攻撃でオカモトを捲りきって1着。2004年10月デイリースポーツ杯以来の江戸川でしたが、その時優出1号艇(6着)だった実績は5年近いブランクを経ても健在でした。
 内でガマンしきったオカモトは2Mで2号艇折下寛法の小回りを包んでかわし、2周1Mで折下をいかせてさして2着と、2007年4月日刊ゲンダイ杯からの当地連続Vへ視界良好。

【平和島deよしもとやすし】ベイパ新入部員発表日の平和島優勝戦

 6日間シリーズ平和島東京新聞盃最終日。本日発表された注目の第2期ベイパ部員発表は後述するとして、今節未勝利だった村田瑞穂が1号艇で登場した2Rで124/563の進入から逃げたムラミーは4号艇糸數由里に差されそうになるも糸數は+02のフライング。競ってきた選手がいなくなって先頭独走になり、お待たせしましたシリーズ初のムラミースマイルです。

 いよいよファイナル優勝戦が始まりました。125/346の進入からチルト+3度の6号艇澤大介が05トップスタートも、07スタートの4号艇久田武が受け止めて先捲り。しかしチルト0度の久田では1号艇坪井康晴を捲りきれず、「つボイがインから押し切ったか。展開まで思うつぼか。(動画」ということで、貫禄のつボイン戦で一人旅になったつボイは200「3」年「3」月「3」日の一般競走以来となる平和島「3」回目・今年「3」回目・通算31回目の優勝
 後続は1Mで2号艇寺本重宣と5号艇前本泰和の狭い艇間を割りきった「3」号艇荘林幸輝が2着。


 さて、今年度の平和島競艇は「平和島deよしもと」として吉本興業とのコラボレーションが起こるでしかし、本日の優勝者インタビュアー(動画)は平和島deよしもとにもっともふさわしい?吉本靖アナが平和島勝利者インタビューに新年度初登場。なんといっても吉本のやすしですからね。
 ですがしかし吉本のやっさんは土日がグリーンチャンネルとラジオ日本の競馬中継に出演なので「平和島deよしもとやすし」は基本平日限定とお伝えしておきます。ちなみに写真は吉本のやっさんが司会だった正月の東京ダービー表彰式。
ミッスーと吉本のやっさんっス


 お待たせしました、トーキョー・ベイ・パイレーツ・シーズン競ラブメンバー発表です!

残留組
濱野谷憲吾 作間章 中野次郎 熊谷直樹 阿波勝哉 

新加入組
飯山泰 三角哲男 田中豪 長岡茂一 村田修次 福島勇樹


 4月3日の平和島deよしもと記者発表会ではまけん、飯山やすし、アワカツ、中野次郎の4人が事実上発表済みでしたが、本日残りの7人も発表されました。
 TBPクラブシーズン兇らの新入部員は前出のやっさんを始め俺たちの誇りミッスー、モイチタン、ゆーき王子、快速特急田中さん豪、そして東京ベイスターのホームラン王ムラッシュです。
 お披露目イベントは京急電鉄社長杯5日目の5月6日ですが、このうちミッスーとムラッシュとゆーき王子は京急杯出場予定です。

芦屋プラスミック杯争奪戦優勝戦

 新年度からチルト+3度が解禁された芦屋競艇場。チルト3度期間限定メニューとしていか焼き卵サンドや、ぶた焼き卵サンドなどを販売し、チルト3択クイズといった本場キャンペーンでチルトアゲアゲ、ムードもアゲアゲに持って行ってるようですが、解禁2節目のプラスミック杯は目玉商品として阿波勝哉が参戦。
 3度にこだわる世界のアワカツが施行者の期待以上?の活躍で4日目7R2着以外全て1着の快進撃でもちろん優勝戦1号艇、だけどもちろん6コースになった優勝戦は南西追い風6m波高6cmのコンディションで、235/461の進入から19スタートのアワカツがチルトサンドの強烈な伸びで一気に絞り込んで捲りきるも、G2競艇祭選手紹介で同期3906飯山晃三に「え〜テレビの前のしよくん。見てますか?吉田パパの同期の飯山おじちゃんです。しよくんの為にがんばりま〜す。」と言われた2号艇吉田弘文(福岡80期3899)がイン11トップスタート踏み込んで阿波に一泡吹かせようと抵抗した分阿波のターンが膨れ、内から伸び返した「3」号艇の鳥居塚孝博が2Mトップターン。阿波の外全速は3鳥居塚に届かず、逆に1M2番差しの5号艇平野勇志に2M小回りで並ばれ、2周1M平野への差し届かず3着に敗れました。
 2コース15と阿波より早いスタートながら抵抗せず差しに徹したのが功を奏した格好の3鳥居塚は芦屋2回目・通算8回目の優勝でプラスミック杯のBOSSになりましたが、芦屋競艇場で売ってるビールはサントリー塚ではなくアサヒです。

宮島デイリースポーツ杯争奪春花賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から23トップスタート決めた3号艇堤健一が一気に捲りきって2005年4月住之江G3企業杯アサヒビールカップ以来となる通算27回目の優勝
 独走の堤健一と対照的に後続は大激戦で、捲り差し流れた4号艇繁野谷圭介に5号艇安田政彦が1号艇滝沢芳行と2号艇中野次郎の間を割って迫り、F2持ちながらも優出した6号艇深川真二も外マイから繁野谷の外にピタリつけます。
 2Mは安田が先行しようとするもここでタッキーが内から押っつけて来て、安田は包みきったものの流れてしまい、差したシゲノヤ、更にはBS最後方だったTBP中野が小回りで浮上し、2番手争いはシゲノヤと中野の争いに。2周1M中野の差しはかわしきったシゲノヤでしたが、2周2M内からあわせて来た中野をシゲノヤは包みきれず、遂に2番手逆転。尚、3周2Mターン膨れた繁野谷に安田の小回りが迫り、写真判定の結果安田が逆転3着に。

坪井康晴、まあメイドGPに続きチャレカでもつボイン帝国を成立。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 2年連続浜名湖競艇で開催された賞金王へのチャレンジカップ、初日には競艇王CCの略称にふさわしく260CCはるな愛も来場したSG競艇王チャレンジカップ
 6日間のドリームジャーニーを締めくくる優勝戦丸山裕樹&森やよい結婚おめでとう記念!は枠なり3vs3の進入隊形から1号艇坪井康晴(決定戦当確)がつボイン帝国を成立させて先頭。11トップスタートの6号艇吉川元浩(決定戦当確)が6コースながら差し伸びて2番手につけ、決定戦自力当確には2着以上が欲しい5号艇赤岩善生は差して3番手、同じく2着以上が欲しい4号艇田中信一郎は3号艇笠原亮(シリーズ15位内5着勝負駆け)が壁になって捲り差せずの4番手。2Mはつボイが先頭でターンし、吉川が2番手でクリア。そして3クシィ笠原が押っつけ気味に3番手旋回も赤岩とタナシンは行かせて捌いて順位変わらず。
 (;`ω´)動きがあったのは2周2Mで、先頭のつボイが風にハンドルを取られて艇が浮き、懐カパッと開いたところに吉川の差しが。先頭独走一転、たまげたピンチになりましたが、なんとか吉川を締め切って先頭を守ったつボイが9月の常滑G1マーメイドグランプリに続く記念V5でSGは2006年の当地SGグランドチャンピオン決定戦以来2つ目となる通算28回目の優勝。2007年度下関G1競帝王決定戦覇者の競てい王吉川元浩へのチャレンジ成功です。
 (;`ω´)つボイは記念V5に加え、2005年びわこG2秩父宮妃記念杯に2007年大村G2競艇祭と、G2V2の実績があります。また、愛知につボイン帝国を成立させたまあメイドGPでは副賞にを貰って文字通りつボイリうな二朗に成ったつボイには今回、CC最終日のゲストで来場したゴージャスCC叶美香から祝福の接吻を貰いました。ゴージャスといえば叶美香を生で見たことはないですが、11月9日に多摩川競艇場で生の松野京吾は見ました。

 レースに戻ると、2周2Mでは賞金王決定戦の行方を決める3番手にも動きがあり、タナシンが格下の赤岩に押っつけて3番手逆転を果たし3着入線を決めましたが、タナシンより約200万獲得賞金が多い赤岩を5着以下に沈めるまでには至らず、決定戦最後の椅子は赤岩のものに。
 ちなみに今年の赤岩は5月日本財団会長旗争奪住之江王冠競走(優勝賞金150万円)のV1で、次点のタナシンは住之江G1高松宮記念特別競走(優勝賞金650万円)のV1で、14位の中島孝平は完全Vを飾った9月桐生G1赤城雷神杯(優勝賞金750万円)を含むV3。


 これにより、住之江で開催されるSG賞金王決定戦初日は以下の番組になりそう。

 初日11R
1:坪井康晴 2:今垣光太郎 3:井口佳典 4:濱野谷憲吾 5:白井英治 6:魚谷智之
 初日12R
1:松井繁 2:吉川元浩 3:湯川浩司 4:瓜生正義 5:丸岡正典 6:赤岩善生


 決定戦初日の2日前から始まる賞金王シリーズ戦のドリーム戦は以下の番組になりそう。

1:田中信一郎 2:中島孝平 3:笠原亮 4:寺田祥 5:原田幸哉 6:菊地孝平

 さて、静岡朝日テレビで放送されたらしいチャレンジカップも終わり、賞金王決定戦を前に12月4日からはいよいよ下関G1競帝王決定戦。競てい王チャレンジカップ優出組からはタナシン、赤岩、笠原が競てい王決定戦に駒を進めます。尚、つボイはG1津モーターボート大賞に斡旋されて津ボイになっております。
勝利のカギは!?

全日本プロレス杯初代チャンピオンは市橋卓士!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今日の東京スポーツ見出しは「新日・全日・ノア オールスター戦 1.4ドーム大会合体」と、昨日に続いて一面に全日本プロレス社長武藤敬司が登場。そんなプロレスLOVE武藤敬司が本日18時30分からあった久留米リサーチパーク大会の試合前に来場した福岡競艇場全日本プロレス杯最終日

 さて、IWGPV3防衛中でもある武藤敬司から優勝カップとサイン入り武藤ベアーTシャツが貰える優勝戦は今年3月の当地燃える闘魂!アントニオ猪木杯チャンピオンの島川光男が今年V6と当地連続Vとプロレス杯二冠を狙って黒師無双の2号艇で乗艇。
 そして6号艇宮地秀祈(今節選手代表)が動いて1263/45になった進入から1号艇柏野幸二が15トップスタートを決めるも柏野は宮地を張りに行った分流れて、ミツオと3号艇市橋卓士の差しが。2Mは一番外の柏野がミツオを締めて先行体勢も最内の市橋が柏野を張って飛ばしきり、内から迫るミツオも振りきった市橋が2003年7月スポーツ報知杯争奪戦においてデビュー初Vを飾った思い出の福岡で約5年ぶり2回目にして今年3回目・通算12回目の優勝。市橋卓士が猪木杯チャンピオンを従えて栄えある初代全日本プロレス杯チャンピオンに輝きました。

 27日から始まる福岡次節は全日杯チャンプが初優勝を飾った思い出のレーススポーツ報知杯争奪戦。28日には85期4024井口佳典の銀河系トークショーがありますが、井口は前日にボートピア習志野でもトークショーを行う人気ぶりです。

常滑G1マーメイドグランプリ優勝戦

 中日スポーツ金杯争奪常滑競艇開設55周年記念競走G1まあメイドグランプリ優勝戦は4号艇市川哲也(広島)以外は全員東海地区で中日金杯にふさわしい顔ぶれに。
 レースは6号艇赤岩善生(愛知82期3946)が動く構えを見せるも回り直して1235/46の並びになり、1号艇坪井康晴(静岡82期3959)が1M先行して先頭リードは3艇身と単独抜け出し2006年7月G1徳山クラウン争奪戦以来4つ目の記念Vにして今年4回目・通算27回目の優勝。副賞で中日金杯の他に、そのものずばりな常滑焼のツボも獲得したつボイはこのVで年間獲得賞金も7000万円近い数字になり、住之江SG賞金王決定戦も当確。まさに愛知はええよやっとかめ。
 後続は順走の2号艇新美恵一(愛知)がややリードも、捲り差し不発から切り返した3号艇菊地孝平(静岡82期3960)と2番差しの市川が迫り、2Mは孝平が艇を伸ばし先行。しかし、孝平と市川の間を割ったけいいちくんが孝平を差しきり、2周1Mではぶん回した孝平が大きく流れてけいいちくんが2番手をキープ。同期連番ワンツーを阻止しました。
つボイ、ツボをもらう。


芦屋競艇マクール杯争奪戦優勝戦

 初日6R2着以外は9戦全勝の1号艇横澤剛治(静岡82期3956)が枠なり3vs3の進入からイン戦押し切り、通算100優出目を通算22回目の優勝で飾り、静岡82期三羽烏つボイと同日優勝。
 2着には前走地桐生G1赤城雷神杯で完全優勝を達成した2号艇中島孝平が1M若干もたつきながらもダッシュ勢をブロックした順走で2着に入り、孝平の勢いは今節も持続。
 尚、11R順位決定戦に3号艇で登場した菊池峰晴は1M差し遅れた上にキャビってしまい6着。そして、約1時間後の常滑に出走した孝平(菊地)の着順は孝平(中島)と同じ着順では無く、道中競り負け菊池峰晴と同じ着順でした。

 26日から始まる芦屋次節はマリンテラスあしやカップ。国民宿舎マリンテラスあしやのタイトル戦です。

多摩川東京中日スポーツ賞優勝戦

 日本一の静水面、是政夢劇場の東京中日スポーツ賞優勝戦は1号艇渡邉英児に3号艇服部幸男先生に6号艇松下一也と東海静岡から3人が乗艇。更に2号艇武田光史も中日エリアの福井県で、5号艇石塚久也はトーチュウエリアの埼玉県。
 ですが、レースは枠なり3vs3の進入からドラゴンズカラーながら中日とは最も縁が薄い佐賀県民の4号艇森永淳が一気の4カド絞り捲りを決め、今年は7月のG1下関モーターボート大賞に続く2回目・通算10回目、多摩川は3度目の参戦にして初優勝。二段捲りの石塚が2着、外マイのPanasonicが3着に入りまして、森永にパックンチョされたえいじと服部先生の静岡A1コンビは下位を独占してしまいました。

 さて、予選4勝2着3回の森永は本来優出1号艇ペースの成績でしたが、昨日の7R6号艇で1362/45の3コースから捲りに行くも1号艇高橋淳美に張られて最後方。ですが、2周1Mで森永は高橋淳美に突進して高橋淳美は転覆(動画)。転覆艇に乗り上げた2号艇笠雅雄も転覆し、森永はエンストしましたが再始動に成功して何とか完走。突進で事故原因を作った森永、ココは妨害失格こそ免れたものの不良航法で7点減点され4号艇での優出になったのです。
森永ジュンチャン


丸亀デイリースポーツカップ優勝戦

 まるがめポイントクラブ略してまるポクラブ発足記念開催は125/346の進入から1号艇平石和男がイン戦押し切り、ドリームハウス平石は今年2月平和島G1関東地区選手権以来となる通算35回目にして丸亀初優勝
 後続は捲り差した4号艇山田豊に対し、内で伸び返した5号艇吉田隆義が2Mを先行するも、これを差して捌いた山田が2着。

 尚、4カドつけまい届かず4着に終わった3号艇鎌田義(兵庫)ですが、SG全日本選手権で再び丸亀に登場。こないだの桐生競艇場でも売ってたオレンジサンシャインなチャリティーTシャツをデザインして地元選手並みにSGを盛り上げています。そんなカマギーは10月4日に尼崎競艇場で壮行会トークショーに出演予定。

宮島長月賞優勝戦

 スタート展示の142356から一転、134/256になった進入から2号艇眞田英二がカド捲りを決め通算14回目にして宮島初優勝のゴールイン。展示3コースから本番4カドに引いたのが大正解でした。
 後続は捲り差した6号艇坂口周が、内で踏ん張る4号艇小畑実成を2M行かせて差しきり、1M外マイから2Mめぐるの内に入って来た5号艇山川美由紀の追撃も振りきり2着。

徳山カシオペアリーグ桐ゾ\

 おとめ座とてんびん座とやぎ座の選手で争われた5日間シリーズのファイナルは山羊座が4人を占め、枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇角谷健吾(山羊座)と12トップスタートから差した2号艇北川幸典(山羊座)、それに2番差しの5号艇中岡正彦(天秤座)による争いになり、2M内の中岡を包みきったゆっきぃ北川が抜け出し今年3回目・通算54回目・徳山4回目の優勝。2M中岡を差したケンゴが2着。

唐津G3企業杯酒の聚楽太閤杯3日目

 本日は85期4044湯川浩司の銀河系トークショー。ピリッとウィットに富んだ湯川のチッチキトークは携帯マクール唐津コーナーで連載中の「エンタ亭カナエの先走りブログ」に愛くるしい笑顔の写真と共に掲載されてましたが、本日は85期4052興津藍と85期4027松江秀徳の銀河系2人が全勝。 
 先ず、4R3号艇1回乗りの松江は234/561の2コース差しから、2番差しで併走する5号艇金子勝利を行かせて差しきり今節初勝利。
 次に、藍ちゃんの前半5Rは枠なり3vs3の4号艇4カドから差しきり今節3勝目。2号艇で登場の後半9Rは枠なり4vs2の2コースから差して先頭。しかし2Mで膨れ、捲り差しで追走する5号艇三品隆浩に差されてしまいますが、2周1Mで三品を差し返し連勝。と、銀河系が3戦全勝でした。

 最後に、4戦全勝の5号艇下田哲也が5号艇1回乗りで登場した10Rは123/564の進入から3号艇濱田和弘福岡支部長が下田の壁になり、仕掛け遅れた下田は外マイから2M差しての4番手。先捲りの2号艇小野信樹1着となり、下田の連勝は4でストップ。
 ですが、捲り差しで2番手の濱田に対し1号艇堤健一が迫り、3周2Mで外の堤が濱田の内に入ろうとして艇が浮いたところを一気に内へ切れ込んできた下田が最後の最後で3着に上がり、4連勝が伊達でないところを見せています。

バッチ・グ〜な勝利のツボを押さえシャボン玉石けん獲得のつボイ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「青いお空が欲しいのね♪飛ばしてごらん、シャボン玉♪」の歌(動画)でお馴染み、若松区に本社があるシャボン玉石けんのタイトル戦若松シャボン玉石けん杯争奪戦競走は9戦7勝と一線を画す活躍を見せた坪井康晴優勝戦1号艇。枠なり進入の3vs3です、インコースから123/456の並び。スタートしました。1号艇のつボイ、2号艇の熊谷直樹と好スタートを決めている。さあ伸びていく1号艇の坪井康晴、イン速攻態勢。捲っていく2番の熊谷直樹も届かない、1番のつボイ非の打ち所のないイン戦披露。
シリーズリーダーつボイ、ファイナルだって勝利のツボは押さえてバッチ・グ〜!(動画
 以上の様に、つボイは11トップタイミン・グ〜!の速攻でそのまま押し切り、あっ超〜!的な強さでウイニン・グ〜!を決め若松初・通算25回目の優勝。昨年大晦日の江戸川京葉賞の様に捲って自爆する事もありますクマの2コース戦ですが今夜は外を止めてのつけまいできっちり2着を確保し、馬場加奈子アナのトーキン・グ〜!がベリー・グ〜!だった優勝戦は2連単250円3連単770円の本命配当。
 (;`ω´)ちなみにつボイの次節は4月9日からG1戸田グランプリですが、シリーズ4日目の12日にはなんとエド・はるみが来るというバッチ・グ〜なイベントがあります。尚、エド・はるみは翌13日につボイの地元浜名湖競艇場スワッキーアタック2日目)にも出演します。
愛知まあメイドカップ準優のつボイ


多摩川MONDO21カップMONDO21優勝戦

 今節選手代表作間章が腰椎捻挫による負傷帰郷で、4日目以降小神野紀代子が選手代表を務めた5日間シリーズは麻雀、パチンコから車、アイドルまでバラエティーに富んだ番組ラインナップのスカパー!279chMONDO21の名を冠した開催。
 副賞のMONDO21麻雀牌を懸けたMONDO21優勝戦は進入隊形枠なり3vs3、内から123そして456。日本一の静水面是政夢劇場の幕が開く。MONDO21優勝戦2秒前、スタートしました。1号艇丸岡正典が16トップスタートの速攻で押し切り今年3回目・多摩川2回目・通算20回目の優勝。今月の多摩川は四市競艇事業組合40周年記念藤丸光一が優勝を飾っており、今月の多摩川は新旧のマルちゃんが揃ってVです。
 後続は花粉症マスクを被る3号艇前野竜一がつけ回って2着。1969年3月31日生まれの5号艇中里昌志は4号艇徳増秀樹との差し合戦となり、2M内から先制して3着争いに競り勝ちました。

サンケイスポーツ旗争奪尼崎選手権競走優勝戦

 センプル君がピットを案内する尼崎競艇場ウェブツアー第2弾が公開された尼センは1235/46の進入から1号艇安田政彦が3号艇の攻めをブロックしてのイン戦を決め通算40回目の優勝。外マイになった堤が2着と上位2艇はすんなりですが、残りの4艇に大アクシデント(動画)。
 差しに構えた2号艇山崎裕司がターンマークに当たり転覆。そこに4号艇枝尾賢も乗り上げ枝尾も転覆。更に5号艇吉田隆義が転覆2艇を踏み越える形になってもたつき、事故艇を避けた6号艇山本寛久はネトロンに乗り上げ回り直しと、完走した2艇も大きな不利を受けた結果山崎は妨害失格であります。

【はっぴいえんど】坪井康晴G2グランドスラムのSweetMemories

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 大村G2競艇祭〜競艇マクール賞〜優勝戦は1号艇坪井康晴が09トップスタートのイン速攻で押し切り通算23度目の優勝。2着は2コース順走から2M全速で回した2号艇西島義則
 つボイは既に2005年のびわこG2秩父宮妃記念杯競走を制しており、今回の競艇祭優勝で現行2つしかないG2競走のグランドスラムという偉業を成し遂げました。表彰式では先ず大村市長松本たかし(崇)がつボイを表彰、続いて舞台袖からスイスイスーダララッタスラスラスイスイスイ♪と走って登場してきた艇王植木通彦元選手がつボイを表彰。艇王は等しい世代のペリカンさんを応援してたらしいですが、若い世代のつボイという事で思い切りおちゃらけて来れたそうです。ちなみに前日に行われた艇王の引退セレモニーは競艇BBで動画が公開されています。

 大村次節は11日から蛭子能収杯真夏の女王決定戦。12日には真夏の女王様にしおかすみこが来場します。ちなみに同日有明コロシアムで行われるワールドグランプリ2007真夏の女王決定戦ではスペシャルサポーター松田聖子松本隆ならぬ藤井隆とコンビを組んで真夏の夜の夢を熱唱します。

福岡国立ボリショイサーカス来日50周年記念レース優勝戦

 福岡公演は8/15〜20日に福岡国際センターで開催される国立ボリショイサーカスのタイトル戦は枠なり3vs3の進入から2号艇菊地孝平が09トップスタートを放ったのに応戦して艇を伸ばした16スタートの1号艇今村暢孝(今節選手代表)が1Mを先に回ろうとしたところで振込詐欺をやらかし痛恨の失速(動画)。今村の内を通った菊地が同期同支部つボイと同日Vとなる通算20回目の優勝を飾りました。今年はこれでV5ですが、福岡は今回が初優勝です。
 後続は今村の外を通った3号艇原田篤志が2番手で2番差しの4号艇桐本康臣が3番手も、2周1M桐本のつけまいが見事に決まって順位が入れ替わりました。

戸田アクアマリンカップ優勝戦

 スカッとさわやかな水上バトルアクアマリンカップの最終戦は枠なり3vs3から2号艇角谷健吾が34と凹んで1号艇鈴木博(今節選手代表)は11トップスタートながら壁無し状態になるも、3号艇海老澤泰行の仕掛けをカットしての先行ターンで押し切り、2005年3月の若松一般競走以来となる通算31回目、戸田は約10年ぶり4回目の優勝は通算1003勝目。捲り差しから2M手堅く捌いた4号艇作間章が2着。
 初日連勝、そして3日目8Rで1000勝を達成した鈴木博はTokyo bay piratesのさくまとケンゴを抑えて最初から最後まで三国コカ・コーラシリーズの主役でしたね。

桐生さわやか杯優勝戦コカ・コーラzero競走

 スカッとさわやかなアクアンNightは1号艇池本輝明がインから押し切り通算27回目の優勝。2コース順走の2号艇後藤浩が2着。2006年6月6日のウェイキーカップ多摩川日本モーターボート選手会会長賞優勝が光る池本は艇王と同じ59期ながら今年の児島G1中国地区選手権が記念初制覇と、今がまさにピークの遅咲きなのです。

三国G3女子リーグ戦クイーンカップ競走優勝戦

 節子一の足でシリーズリーダーとなり、ここもインから逃げの態勢を作った1号艇田口節子が通算12回目の優勝。2コース順走の2号艇岩崎芳美が2着。ちなみに田口裕美子(YUCCO)作詞の旅への扉恋するハニカミ!主題歌)が7月25日に発売されて好評発売中です。

【明日から江戸川大江戸賞

 明日から始まるW準優制6日間シリーズ大江戸賞(各種イベントはこちら)。今シリーズの有力処と目されるメンバーが集まりました江戸川選抜戦はなかなかおもしろい枠番になりました。

1:阿波勝哉 2:熊谷直樹 3:中野次郎 4:石渡鉄兵 5:濱野谷憲吾 6:三角哲男

 全員F持ちの一戦は234/561の進入が予想され、2号艇と3号艇がF2持ちなので4号艇と5号艇に展開が向きそうですね。尚、99期新人小林泰が前節東京スポーツ杯に続く江戸川連続斡旋です。明日優勝戦の浜名湖テレしずサマーカップで同期一番乗りのデビュー初優出を果たした同期茅原悠紀に負けない活躍を期待ですね。ちなみに前節東スポ杯で小林泰と茅原悠紀は直接対決済み(初日第3Rと4日目第5R))で、小林の2戦2勝でした。

【金用の丑】タコツボ祭り!G1徳山クラウンは鰻登りつぼイリの手に

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 G1徳山クラウン争奪戦優勝戦は6号艇今村暢孝を除く5人がSGタイトルホルダーで今村を含む全員がG1タイトルホルダーという豪華な一戦になりました。
 進入は5号艇西島義則が回り込んで3コースに入りますがペリカンさんは回り直して大外に。これで12/34/65の隊形となり、内2艇はやや深め。この起こしで1号艇山崎智也はびしっと14トップスタートを放ちますが、起こし位置の違いで3コース17スタート山室展弘さんの伸びが勝り、山崎は抵抗の先マイ。山室さんは捲り差しに行きますが、山崎と2コース坪井康晴の狭い艇間を割れずにバウンドしてしまいました。
 そして、この展開によっしゃ!となったのは4コース22タコスタートからがら空きのブイ際を差してきた王者松井繁。山崎に舳先を入れ、山崎を飛ばそうと2Mはつっかけ気味に回りますが山崎にあっさり包まれて不発。王者は4番手に後退して「いつかはクラウン」という王者の夢はほんの一瞬に終わりました。
 しかし王者の突進をかわした山崎のターンも大きく流れ、この展開によっしゃ!となったのはつぼイと山室さん。両者共に2Mで差しを入れて王者と山崎を逆転、外つぼイ内山室さんの並びでつぼイが頭一つ程顔を出した状態でHSを駆け抜け、2周1Mで山室さんは先マイしますがマイシロなく山室さんがもたつき、山室さんを差したつぼイがここで独走となり優勝のゴールイン。

 つぼイは先月の浜名湖SGグランドチャンピオン決定戦に続く鰻登りの勢いで土用の丑を目前に記念V3、さすがはびわこG2秩父宮妃記念覇者ですね。でも今年のびわこG2秩父宮妃記念には斡旋がないです…
 山室さんも昨年のG1徳山クラウン争奪戦以来1年ぶりの記念参戦ながら記念でのブランクを感じさせない走りで優出2着、さすがは徳山クラウンV2の実績ですね。この後山室さんは尼崎JLC杯争奪戦でペリカンさんや中村有裕と一緒に走り、お盆はびわこカップで再び中村有裕と対戦。しかし秩父宮妃記念には出場せずに、しばしの夏休みを経て9月2日から芦屋マリンテラスカップで今度は中村裕将と対戦です。

【優勝賞金150万円江戸川アサヒビールカップ2日目

 激しいレースが相次ぐ競走水面は2日目の攻防。今日の注目はクルリと運んで初日2着2本だった千葉の美人レーサー橋谷田佳織。今日は11R2号艇1回乗りでした。その橋谷田、2コース中凹み26スタートからくるりと運んで3コース捲り差した伊藤誠二と併走。そして2周1M内から先マイの伊藤に対し、橋谷田はインサイドを突いての小回り差し。そして機力と体重の差でぐいぐい伸びた橋谷田が単独先頭に立ってシリーズ初1着、インスタントジョンソンかおりん祭り継続中。
( ^▽^)<レッツゴー!デンデンデンデン美勇伝、デンデン美勇伝!
かおりん祭り


戸田キリンビールカップ初日

 初日メイン戸田選抜戦は全艇0台の早いスリットとなり、唯一のA2ながら地元選手ということで他のA1選手を押しのけて選ばれた伊藤啓三が4カド02スタートを決め、インから同じく02スタートだった大西源喜を捲り差しで差しきって1着になっています。

 レースの話題はここまでにして、土曜日の戸田競艇場ではイベント盛り沢山。特に、12時からオープンするフードコート横特設販売ブースにてキリンビールをお買いあげのお客様には埼玉支部選手の直筆サイン入りうちわが贈呈されるというビッグなふれあいイベントが。出席予定選手には山崎義明支部長に西村勝川田久子夫妻、それに中西裕子といった面々なので見逃せません。加えてみち乃く兄弟徳山クラウンレコード所属)のミニライブもあるので見逃せません。ということでアサヒビールカップは日曜にまわして土曜日は戸田です。舟券的にも土曜日の戸田は4R安田大サーカスや6Rとしとしフィーバー等1号艇祭りになりそうなので注目(特に12R)なのです。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ