ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

報知杯

平和島報知杯は白星タローが優勝タローでした。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 読売ジャイアンツの4番からニューヨークに渡り、今年遂にMLB世界選手権MVPに輝いた王者松井秀喜の背番号と同じ55回目となる平和島報知杯

 優勝戦は2007年10月の当地SG全日本選手権以来のVに王手を掛けた平成の侍高橋勲が1号艇で、
 「先日ボートピア大郷のイベントで今シリーズの平和島での優勝を約束しましたこの男、まさに有言実行の優勝まであと3分少々とお伝えしておきます。(動画
 と、同イベント司会であり、その時の話を13日の金曜日競艇ナイト3でもしてたベイ吉松永良一アナにお伝えされた高橋勲でしたが、5号艇松野京吾が動いて152/3/46とちょっ深めの進入に。
 そして高橋勲は09トップスタートも深インで伸びず、11スタートの2号艇白井友晴のつけまいを貰ってしまい、後方に消えて選手権以来のVはお預けに。
 一方、先頭は白井埼京が作った展開に乗って3号艇山田竜一の捲り差しと松野の小回り差しと4号艇・白星太郎こと三重のShootingStar星野太郎の2番差しが入り、2M内から先行した白星太郎が抜け出し単独先頭に。
 2番手争いに目を移すと2M外全速レッドスペシャルドラゴンアタック山田竜一に対し白井埼京の差しが入り、2周1Mを内有利に先行した白井埼京が山田竜一の全速ドラゴンアタックをこらえきり、2周2Mでも同様にこらえきり、3周1Mでは差しに転じた山田竜一を振り切って2着を確保。
 話を先頭に戻しまして、「さあ、この白星太郎は約1ヶ月遅れましたが大好きなノンチパパへの還暦祝いのプレゼントとお伝えしておきます。」とお伝えされた白星太郎はワースト機を同期村田修次のアドバイス等もあって見事克服し、平和島初・今年2回目・通算20回目の優勝。白星太郎のニックネームが生まれた平和島なので、今回が平和島初Vというのはちょっと意外でした。

 白星太郎といえばブログ「SHOOTING STAR TAROの捲り差し〜」でもお馴染みですが、決め言葉は「平和島優勝タローでした」だった優勝報告記事の「平和島終わり」では1Rの1周1M出口で落水した同県の後輩南佑典が左手親指をプロペラで切ってしまった事や、5Rの1周1Mで振り込んだ5号艇鈴木猛が同じく振り込んだ2号艇廣瀬真也に乗り上げられて航走不能になって救急車で運ばれ9Rを欠場した事故にも触れており、
 「そんな状況を目の当たりにしても、自分のするべき仕事に集中する。自分もそうならないようにおもいっきり集中する。
 と書いております。勝負の世界にいる者ならではの言葉に胸を打たれました。
白星太郎平和島初優勝とお伝えしておきます。


桐生競艇マクール杯優勝戦

 今年最後の桐生アクアンNightは1236/45の進入から1号艇江口晃生が13トップスタートの速攻で押し切り、チャレカ初代覇者の現役大学院生シエロさんは8月当地報知新聞社杯お盆レースに続く今年2回目・通算60回目の優勝
 19スタートの4号艇大澤普司が30とスタート凹んだ6号艇井上恵一を叩いての差しで2着に入り、赤城の山も今宵限りのアクアンナイトにふさわしく地元ワンツー。

児島スポーツ報知大阪発刊45周年記念競走優勝戦

 123/465の進入から5号艇・ミスターチルト3度阿波勝哉が15トップスタートも、リング2本交換が裏目に出た?他と同じくらいの展示タイム通りに伸びが足りず、16スタートの1号艇東健介(岡山)が受け身をとってそのまんま先マイ。
 しかし阿波を受け止めた分健介のターンは膨れ、2号艇茅原悠紀(岡山)の差しが届きかけ茅原実りあるデビュー初Vを狙いますが、絡みつく茅原を振り解いて2Mを先行した健介がそのまんま押し切り、2006年大晦日住之江ファイナル競走以来となる優勝で通算V6。

 2M外に持ち出した茅原はやや流れ、1M2番差しから2M小回りの6号艇加瀬智宏が2番手争いでやや優位に立ち、2M差して智様の内に潜り込んだ阿波を2周1M行かせて捌き2着。

マリンテラスあしやカップ〜三つ巴戦〜優勝戦

 ヤング・シニア・レディースの三つ巴戦は団体戦を制したレディースが個人戦でも3人が優出し、1号艇寺田千恵(元福岡支部現岡山支部)が枠なり3vs3のインから3号艇梶野学志の1Mつけまいと2M突進気味な差しを問題にせず堂々押し切り、今年3回目・芦屋5回目・通算32回目の優勝
 レッドウォリアーカジノも2番手をドライヴして2着に入った結果、夫に立間充宏を持つテラッチと妻に梶野真未を持つカジノによる夫婦レーサーワンツー。

江戸川スポーツニッポン杯4日目

 第4Rで捲り差し狙おうとした5号艇山本寛久に、山本に絞られるも外に持ち出して立て直そうとした3号艇中越博紀の舳先が接触した勢いで山本が振り込んでしまい、そこに6号艇林慎一が乗り上げ林が転覆、山本がエンスト失格になるアクシデント(動画)があった4日目の競走水面。

 3日目まで4戦全勝と突き進む前本泰和の勢いは今日も止まらず、試練の6号艇だった第5Rが捲り差しで1着になり、1号艇で圧倒的な支持を集めた11Rではそれまでの10個レースでインの頭0本という水面傾向をものともせず07トップスタートの速攻で本日初のイン逃げを決め、無傷の6連勝で明日の予選最終日を迎える事に。

 ということで4日目までの得点率上位者です。

10.83前本泰和 9.33中里英夫 7.86北川潤二 7.33山田豊 7.29伊藤誠二 7.00林慎一&山本寛久 6.83山田哲也 6.71白石健

 明日の前本は第6R4号艇と12R3号艇の2回乗りです。

常滑SG競艇王チャレンジカップ2日目

 今回がSG初出場の福井86期4061萩原秀人。初SGへ臨む前に横西奏恵親子&萩原ファミリーでディズニーランドに行ってからの参戦。
 夢の国で息抜きしてから臨んだ初SGは2日目にして1つの成果を出し、5号艇で乗艇した3Rで16/5/342の3コースから11トップスタートを決めて1号艇平石和男の抵抗を振り切って捲りきりSG初1着達成。
 水神祭には守田俊介を始めとする近畿地区の面々が参加したそうです。

【報知杯】平和島・児島・下関の優勝戦【JLCCとクリスタルC】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日は平和島を始めとする3つの優勝戦をお送りしますが、平和島情報は牛小屋マスターも愛読しているBOAT親父ぶろぐさんがおすすめです。今節も前検レッドソックス岡島秀樹&ホワイトベア熊谷直樹トークショー優出者インタビューの写真と内容が満載、そして文章の方も予想に役立つ毎日の展望と足の診断があり、平和島を買う前には必ず読んでるブログであります。

平和島報知杯優勝戦

 3日目11R2号艇2着以外は全て1着の快進撃を見せた金田諭が1号艇の優勝戦は、枠なり3vs3の進入から4号艇加瀬智宏(群馬64期3414)の捲り差しも、3号艇藤井徹(今節カネやんに唯一の土を付ける)を叩いての差しで伸びてきた5号艇安達裕樹も振りきり、ジャイアンツゆかりの報知杯で今節正に一着を並べたカネやんは平和島3回目・通算では14回目の優勝を準完全Vで達成。ちなみに前回Vは昨年7月の江戸川代替開催下関ゴールデンレースで、その前は2007年大晦日江戸川京葉賞であります。

 智様と安達ゆの2着争いは2M握った智様が流れ、内を小さく回った安達ゆが優勢に。そして2周1Mキリカエしてきた智様を安達ゆ実りある差しで捌ききり2着。ちなみにこの日唯一当たったレースがこの平和島優勝戦でしたが、その払戻は若松JALナイトクイーンカップ3日目8Rの6号艇安達美帆(3着)にスピード運用。

 ところで、安達裕樹の師匠はムラミーでお馴染みの村田瑞穂ですが、ムラミーの名付け親でありますベイ吉アナは前節東京ダービー最終日からお休みですが、今節も全日程お休みでした。今節は替わりにヤッターマンアナが前半レースを担当していたとお伝えしておきます。

児島JLCカップ優勝戦

 新モーター導入初節の一戦は5号艇関忠志(今節選手代表)がお約束の前付けで2コースに入り、内2艇が深い15/2/346になった進入から深い起こしの2艇が共に20台とスタート遅れ、15スタートの2号艇原田篤志が捲りの体勢。1号艇佐々木康幸に抵抗されながらも原田は佐々木を捲りきりますが、セキチューと佐々木の間を割った3号艇伊藤宏と6号艇片岡秀樹、佐々木と原田の間を割った4号艇一宮稔弘に差されて原田は後方。
 そして捲り差し勢3艇の中では伊藤宏の勢いが特に良く、間を割ってそのまま突き抜けた伊藤が通算21回目の優勝。2Mで片岡を全速包んで捲りきった一宮が2着、2周1M片岡を捲った原田が3着。

下関市議会議長杯争奪クリスタルカップ優勝戦

 紅一点のチョコボール向井美鈴も5号艇で優出した一戦は4号艇仲口博崇が動いて14/2/356になった進入から1号艇芝田浩治が逃げ込み態勢も2号艇畑和宏が捲り差しで芝田を差しきり、昨年3月の当地一般競走以来となる優勝で通算V6。安めの田畑ワンツーではなく、裏目で高めの畑田ワンツーでしたね。
 尚、今節はタイトル戦なので、クリスタルカップとスーツケースを授与された表彰式(表彰式クリスタル映像)もありました。
クリスタル映像のDVDならトレンド書店

まるで六甲賞の近松賞は、優勝の魚谷を筆頭に兵庫が上位独占!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「1.17という日には誰もが忘れ得ぬ悲しみがあります。しかしそんな記憶をほんの少しでも癒してくれるような素晴らしい名勝負も幾重に刻まれていきます。今年もこの日が完結の日となりました。(動画」ということで開設50周年の2003年以降、開設53周年の2006年を除き必ず1月17日が最終日となってる尼崎競艇のG1近松賞。開設55周年の今年も1月17日が最終日となりました。
 6名中4名が兵庫県民、しかも内3艇の顔ぶれが昨年5月の報知金杯六甲賞と全く同じとなりました優勝戦は1235/46の進入からNo Boat No Lifeの1号艇魚谷智之が押し切り優勝。先月のG1モーターボート大賞に続くセンタープール連覇にして記念V11、通算では46回目のVでありますTOPレーサー魚谷は2005年の悪夢を乗り越え近松賞初Vであります。
 六甲賞は捲り差しで2着だった3号艇馬袋義則ですが、六甲賞と違って魚谷と2号艇吉川元浩の間を割ることができず、握って流れて6号艇鎌田義に差されて4着。逆に六甲賞でターンかからず馬袋に捲られ5着だった吉川はきっちりターンがかかり、差し順走の2着入線。兵庫支部4名が上位4着を独占しましたが、中でも2007年を引っ張ってきた兵庫ツートップがワンツーと、2008年も兵庫パワーは続く事を予感させた近松賞でした。

平和島報知杯優勝戦

 ミスターチルト+3度の1号艇阿波勝哉がお約束の大外進入、ミスターモンキンターンの6号艇水野要が2コースに回り込んで進入は263/451。この隊形から内2艇とアワカツがスタート遅れたのに対し、報知杯なのにカープ色の3号艇島川光男(広陵高校出身)が先捲りを決めて平和島2回目・通算55回目の優勝。アワカツは捲り差しに出ますがミツオの引き波を踏んで不発、要だけを捲って小さく捲り差した4号艇中里英夫がBSアワカツの内から伸びて2着に入りましたと報知しておきます。
 宮島競艇モン太チャンネル2007ベストパフォーマンス賞(動画)でカニを貰ったトーセンミツオーは報知新聞社からポータブルDVDプレーヤーを贈呈されております。ミツオが主役のモン太チャンネルベストパフォーマンス賞は他に別府昌樹(罰ゲーム担当)と永田義紘(オッパッピー担当)と司会の土谷由美アナもいい味出してますのでとってもおすすめの動画です。

G3企業杯INAX杯争奪とこなめ大賞優勝戦

 常滑に本拠を置くINAXの企業杯は1243/56の進入から1号艇服部幸男先生が残ったリードは1艇身と僅かにリード。これに順走の2号艇鈴木唯由、捲り差す4号艇石川真二、更に両者の間を割ろうと5号艇深井利寿が続きますが、服部先生が後続を締めたところ「おっとっと〜(動画」ともつれあってしまい深井が脱落。ですが服部先生と鈴木と石川の順位に変動無く、服部先生が通算64回目の優勝
 1M差しから2M突っ込んできた3号艇吉川喜継を行かせてかわした鈴木が2番手、差し続いた石川が3番手と隊列は変わりませんでしたが、2周1Mで鈴木が引き波を踏んでる間に石川の全速ロケット☆モンキーが決まり急接近。そして2周2Mで鈴木を差しきった石川が3周1Mを先制して逆転2着。

徳山JLC杯U35選手権優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中岡正彦30歳が16トップスタートを放って楽に逃げ切り徳山初・通算30回目の優勝。後続は大外進入から差して2番手の6号艇赤坂俊輔25歳に対し捲り差しの5号艇小野勇作29歳が内に切り返し2Mを先制。行かせて差した赤坂に対し、1M順走不発の2号艇鳥居塚孝博32歳が2M大胆な全速つけまいで小野を捲りきり、HSでは赤坂と鳥居塚の2番手争いに。そして鳥居塚が2周1Mでまたも全速つけまいで赤坂を捲りきって逆転2着。優出メンバー中最年長の5号艇大澤普司33歳よりも1つ若い32歳ながらメンバー中最古参の73期鳥居塚が20代の2人を若さ溢れる全速つけまいで抜き去り、U35選手権にふさわしい2着争いでした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ