ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

多摩川蛭子カップ

明日からグラちゃん+3場の優勝戦

 白黒つける蝶野正洋のポスターがトレードマークの戸田SGグランドチャンピオン決定戦、略して戸田ちゃんは明日が初日で、選手紹介は9時15分からの予定。
 それに先駆け、特別番組水上の挑戦者#22が本日の明け方1時50分からTBSで放映され、今節選手代表のメタラー平石和男と愛弟子の99期4419原加央理が前後半に分かれて出演。トレードマークの迷彩模様はACCEPTやU.D.O.のヴォーカルとして有名なウド・ダークシュナイダーに憧れてのものだったとか、都夫人の存在が競艇へのメタルハートを燃え上がらせたとか、ドリームハウスやペラ小屋が登場したりの内容でした。
 また、その数時間前の昨夜19時からフジテレビ系全国ネット番組熱血!平成教育学院で、戸田競艇レポーターとしておなじみの西岡麻生がなんと歴ドルとして出演、検索ランキングもブログランキングも急上昇で一気に全国区に。直接競艇とは関係ない番組内容でしたが、明るい話題だと思います。
 更に、今回の媒体訪問は思わずホーッ!とうなる中西学&天山広吉組の野人猛牛タッグでしたが、20日が初回放送だったJLCがぁ〜るずトーク#03(紹介動画)では東京在住埼玉支部94期4282中西裕子りんが同期東京支部4286・スーパーストロングマシン平田さやか(今日の多摩川でデビュー初優出)とタッグを組んだ中西&平田組で出演。対照的な2人のキャラがおもしろくていい味だしてます。


多摩川蛭子カップ蛭子優勝戦+miruさん1000勝】

 今年度で第3回目になった多摩川蛭子カップは、今回から2006年度2007年度に実施された優木まおみ杯同様に、予選は男女別で優勝戦が男女3vs3のガチンコバトル。
 そして枠なり3vs3の進入から12トップスタートの2号艇原田秀弥がイケイケドンドンと捲りを決め、多摩川初・通算5回目の優勝。三コースから差した三号艇三角哲男が2着っス。

 かくして、大阪支部の原田ひでやが蛭子能収から副賞の似顔絵を獲得しましたが、今節は山口支部から向井美鈴柳瀬興志支部長、そして本題の57期3215能見稔が参戦。
 ブログ「嗚呼! 競艇 俺ってプロ?」の更新が終了して約1年2ヶ月経ちましたが、本日の3R2号艇で1253/64の2コース進入から差したmiruさんは、カド捲りの6号艇渡辺千草(今節選手代表)と共に2番手の位置につけ、2Mで前を行く1号艇佐々木和伸を差しきり、2周1Mを先行して通算1000勝達成。miruさんおめでとうございます。

浜名湖ナガノグループアタック優勝戦

 静岡県内でTSUTAYA(静岡西脇店&静岡曲金店&静岡シネマ通り店及び焼津インター店&島田店&静波店)と極楽湯(浜松幸店&浜松佐鳴台店)のフランチャイジーを主要業務とするナガノグループの冠が付いた4日間決戦。
 最終決戦は初日ドリーム戦の再戦になり、2日目8Rでは通算1000勝も達成した1号艇山田竜一に完全優勝が懸かった一戦。
 そしてスタート展示の261534から一転、125/634になった進入から山田竜一が1Mを先行するも、6号艇金子良昭が捲り差しで山田竜一を差しきり、通算63回目にして抽選でファミリー1組をスワッキールーム(10名定員)に招待するKANEKOボックス実施後の初優勝
 完全Vを逃した山田竜一は捲り差しで金子に続いた4号艇竹上真司を2M行かせて捌き2着。

平和島東京中日スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇中澤和志が65度目の正直を狙う2号艇佐藤勝生の差しを振り切り、今年4回目・通算23回目にして平和島は2006年SG総理大臣杯と2004年G1関東地区選手権を含む5回目の優勝。この勢いで年間V6を達成して、来年の平和島総理杯で完全復活して欲しいですね。

江戸川サンケイスポーツ杯3日目

 「お待たせいたしました。江戸川競艇第33回サンケイスポーツ杯。今日がシリーズの3日目です。サンケイスポーツ杯の一面トップを目指す戦いも中盤にさしかかっています。(動画
 という感じで始まりました第1Rはイン逃げ先頭の1号艇浜田博を大外捲りの6号艇森作広大が差無く追いかける展開になり、茨城在住東京支部の99期やまとチャンプ森作広大は江戸川初1着を飾りました。
 尚、1R1回乗りだった今節最年長最古参61歳の4号艇荒木保昌(兵庫25期2200)が1周2Mで内にいた3号艇田崎豊と接触した際に流れて、波に引っかかってしまい失速。完走こそしたものの負傷帰郷となってしまいました。
 
 1周1Mでアクシデントがあったのは第8R。差しに構えた2号艇黒崎竜也が少し波に引っかかったところに3号艇泉具巳が乗り上げてしまい両者失速。そこに6号艇三瀬譲がよけきれずいずみともみに接触してしまい、三瀬さんに転ばされたような感じでいずみともみは転覆してしまいました(動画)。不幸中の幸いは、このレースからは負傷帰郷者が出なかったことですね。

多摩川蛭子カップは山本浩+津MB大賞で王者が津G1V6

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 6日間シリーズの多摩川蛭子カップ。本日は蛭子能収が来場してチャリティオークションを開いたり、AKB48とCMで共演しているTOKYO体操を披露したりとまさにエビス顔のエビスデー。ただし多摩川のビールはサントリーとアサヒです。
 ちなみに今日は多摩川の後、葛西の千里で行われた職場の忘年会に参加しましたが、そこのビールはサッポロラガービールでした。ヱビスではないものの、重厚なうまみがあるサッポロビールという点では一緒ですね。
エビスオークションTOKYO体操を実演するエビスさん

 昨年8月大村蛭子能収杯真夏の女王決定戦を制し、今節2日目6Rでは通算800勝を達成した女王横西奏恵が蛭子杯V2を懸けて1号艇で臨んだ蛭子優勝戦は5号艇・優出者インタビュー(動画)でしゃべりまくった亀本勇樹が公約通りに動いて15/3/246の進入。
 そして亀本が04トップスタートを放ち、15スタートの横ちんを捲りに行こうとしますが、伸び返した横ちんが受け止めきって1Mを先行。しかし亀を受け止めた分横ちんの懐が開き、広島の亀が作った展開を突いた3号艇・赤ヘル軍団総大将山本浩次(岡山)が横ちんを差しきり多摩川初・通算45回目の優勝。ちなみにミスター赤ヘル山本浩二サントリーモルツ球団監督です。
似顔絵持ってえびす顔のミスター赤ヘル

 惜しくも2着だった横ちんですが、一週間後の21日にボートピア習志野でトークショーとポラロイド撮影会を行います。

トークショー開催時間
13時40分頃から メインホール

サイン色紙プレゼント&ポラロイド撮影会
整理券配布 13時50分頃から メインホール等
先着50名様に整理券を配布いたします。お早めに!


 今日の優出者インタビューでも表彰式以上に人が集まり、インタビュー後は花束多数の大人気だった横ちんが1月27日以来の習志野登場です。ちなみにポラロイド整理券は1Fより2Fの方が貰いやすいです。
優出者インタビューでも大人気の横ちん横ちんに挿入狙う宣言した亀の頭


G1津モーターボート大賞優勝戦

 今年最後のG1戦は5号艇上瀧和則が動いて15/23/46と、直前の多摩川エビスカップとよく似た進入隊形になりますが、1号艇松井繁は15トップスタートの速攻で深インを克服。
 「今年を表す漢字一文字は「変」でした。しかしこの人の強さに変わりはありません。6月の周年記念に続いて津のG1は連続優勝。絶好のリズムで住之江に向かいます松井繁(動画)。」ということで、今年9回目のVにして6月のG1つつじ賞王座決定戦につづく津G1連覇は津の記念V6。そして記念V47は通算87回目の優勝でつ。
 後続は2号艇今村暢孝が捲り差しに行こうとするも上瀧に張られ、その展開を突いた4号艇吉川元浩が捲り差しで2着。1M吉川に叩かれて最後方ながら道中追い上げ逆転3着になった3号艇今垣光太郎と合わせ、上位3人は住之江SG賞金王決定戦出場組。12月23日の住之江12Rもこの3人が乗艇してそうな予感がしますね。

 さて、津次節は20日から23日まで賞金王決定戦完全併用の津グランプリシリーズ第9戦ISUグランプリシリーズは本日グランプリファイナルを終えましたが、TSUグランプリシリーズの方は3月のグランプリファイナルを前に1月11日から第10戦があります。

蒲郡師走特別優勝戦

 ハイパワーを武器に初日ドリーム戦6号艇3着以外は全て1着の1号艇重野哲之がここもハイパワーを武器に枠なり3vs3のインから圧勝快勝!で2007年10月江戸川夕刊フジ杯(アグレッシブアナ引退レース)以来となる通算18回目の優勝
 後続はドリーム戦で重野に土を付けた3号艇益田啓司の捲り差しが重野にブロックされ、順走の2号艇勝野竜司が2着。

 蒲郡次節は18日から23日までファイナルカップ。住之江場外ボートピア梅田を始めとする全国BPで場外発売され、賞金王決定戦の舟券敗者復活レースとして大きな注目を浴びそうですね。


三国しわす第2戦優勝戦

 「この一年振り返り、思い残しの無いように、ここまで来たらあとは優勝ゴール目指して走るだけ。しわす第2戦はいよいよフィナーレ、優勝戦第12Rを迎えています(動画)。」インから123/456の順です。スタートしました。1号艇岩崎正哉(福岡)が艇を伸ばし先行体勢も、2号艇篠原俊夫が31と凹んだ展開を突いて3号艇山一鉄也(福岡)が捲り差し。岩崎を差しきり、前走地桐生ヤング・ミドル対抗戦からの連続Vになった山一は今年3度目・通算20回目にして三国初となる優勝のゴールイン。2着でゴールインした岩崎はこれで3節連続優出2着です。

徳山カシオペアリーグ畦ゾ\

 おひつじ座・しし座・さそり座の選手で争われた今回のカシオペアリーグ。しかし優勝戦(波高10cm南西左横風5m)は獅子座4人の蠍座2人で牡羊座は全滅。
 そしてレース本番、枠なり3vs3の進入から4号艇・広島支部池上隆行(獅子座)がカドからガツンと絞って3号艇・山口支部原田篤志(蠍座)と2号艇・広島支部畑和宏(蠍座)に不利を与え、その勢いで1号艇・広島支部吉岡政浩(獅子座)をも捲りに行きますが、ここは吉岡に抵抗されて捲り不発。尚、見た目がチョイ悪不良系の池上隆行は不良航法を適用されました。
 以上の展開を突いて元気な捲り差しを決めたのが13トップスタートの5号艇・東京支部大西源喜(獅子座)で、道中大西隆洋(三国出場中)と名前を間違えられるハプニング(動画)はあるも、大西は元気に今年3回目・通算16回目の優勝。2着には不利を受けながらも立て直し、1M畑を包んで回った地元原田が入線。

芦屋ファイナルレース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇小野信樹が鉄壁のイン戦で前走地住之江あざやか霜月競走に続く今年5回目・通算42回目の優勝
 後続はつけ回った3号艇志道吉和が2番手、4号艇柳沢一を叩いて差した5号艇福島勇樹王子が3番手という隊形も、2M押っつけてきたゆーき王子を包んだ吉和がやや流れ、HS差を詰めたゆーき王子が2周1Mを内有利に先行して逆転2着。芦屋競艇2008年最後の優勝戦は樹になるワンツーになりました。

【ちびっ子のヒーロー池田】G1マーメイドグランプリ【白井最強対決】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇場でも6日間場外発売され、昨日は15億6746万6800円を売った中日スポーツ金杯争奪常滑競艇開設54周年記念競走G1マーメイドグランプリ。昨日は常滑競艇場行ってきたんですけど、ドリームなごや号で帰ってきた今日はラリーズクラブDEスタンプラリーガラポン大会があった江戸川場外へ。ちなみに抽選で手に入れたのは2007年多摩川G1関東地区選手権のクオカードでした。
場内の人口密度。施設改善工事中の為非常に狭くて混雑。

 白井最強対決が実現し、売上の方も節間70億4347万8800円で最終日は今年の非全国発売G1では1位の21億9372万1500円、優勝戦単独で3連単6億21万6300円、2連単5247万9400円という大盛況だった優勝戦は4号艇吉田隆義のピット離れが悪かったものの枠を主張しきって枠なり4vs2の並びとなり、11トップスタートを放った1号艇池田浩二が1Mを悠々先行し「残った〜リードは5艇身(動画」と独走態勢に持ち込んで記念V4となる通算22回目の優勝特設サイトで見られる表彰式では、初タイトルだった2002年蒲郡G1オールジャパン竹島特別に続く2つ目のG1Vを地元で決め、ちびっ子のヒーローになりたい池田浩二は地元G1両制覇の喜びに包まれております。そういえば、昨日のゲストはセニョール玉置浩二でしたね。
 後続は順走の2号艇坪井康晴が2番手、それを捲り差しの6号艇白井英治と外マイの5号艇白井友晴による白井最強コンビが追いかける展開に。2Mは内の白井(西京)が先行態勢も、外全速フルアクションのつボイが白井(西京)を振りきって2番手死守。今度は2M差してきた白井(埼京)が内から詰め寄ってくるも、つボイは必死に締め込み、舳先を入れようとする白井(埼京)を強引に振り解いて2番手死守。つボイに締められた白井(埼京)は2周1Mをうまく回ることが出来ず、外全速の白井(西京)に捲られ4番手後退。かくしてつボイが2着に入り、白井最強対決を制した白井(西京)が3着に入りました。

多摩川蛭子カップ蛭子優勝戦

 閏年生まれ限定の多摩川競艇多摩川蛭子カップ。ジャケットのイラストを手がけたCDも絶賛発売中。幅広い活躍を見せる鬼才・蛭子能収さんの名を冠した今節。熱戦を駆け抜けた精鋭6選手によりまして、いよいよ第12R蛭子優勝戦が行われます(動画)。進入隊形4vs2、1236/45。日本一の静水面是政夢劇場の幕が開く、さあ行こう蛭子優勝戦!1秒前、スタートをきりました。スタート踏み込んだ1号艇山本寛久が1Mを先に回り単独先頭、後続は差す2号艇今坂勝広と2番差しの6号艇金子順一で2番手を併走し、捲り差し届かなかった3号艇岩谷真(今節選手代表)は4番手。しかし+02の金子を始め、4号艇菊池峰晴と5号艇若林将も+01のフライングに散り、今坂がFの金子に進路を塞がれる間に岩谷が内に切り返して2Mを先に回り逆転2着。尚、先頭独走の山本は02で生き残りました。
 多摩川は昨年4月日本財団会長賞以来2回目・通算18回目の優勝となった山本は蛭子能収画伯(蛭子買いで舟券全返還)から副賞の似顔絵を贈呈(動画の6分過ぎ)されてます。ちなみに2連単540円2連複420円だったのに対し、3連単は350円と3艇Fの影響が強く出ております。

 ここでお知らせいたします。最終日の本日は序盤2つを若手女性アナ、その後2つを若手男性アナ、そして第5R動画)と第6R動画)を「あの」ヤッターマンアナが実況。どうやら本日が2月3日以来の実況復帰だったようです。

平和島府中市長杯優勝戦

 125/346の隊形から2号艇木山和幸(広島)が19と凹んだのに対し、3コースに入った5号艇関忠志が00の早い飛び出し。セキチューは05スタートの1号艇西島義則(広島)を一気に捲りますが、セキチューとペリカンさんの間を割って捲り差した3号艇高山哲也が突き抜け先頭。2Mでセキチューが哲也に追突する場面があるも、そのまま哲也・セキチューの順で入線し、哲也は2004年3月尼崎一般競走以来となる通算23回目にして平和島4回目の優勝。優勝者インタビュー(動画)ではかなりいい味出しています。次は平和島地区スター山田哲也が初優勝する番といきたいですね。

 ここで、平和島競艇場施設所有者である京急開発関連の情報。京急開発が運営するラーメン店集合施設品達に昨年12月からつけめんTETSU(店主:小宮一哲)が入ってます。西日暮里の本店は立地と営業時間から行けませんでしたが、品川店の方は先月22日夜行ってきました。本店と違って立地や営業時間の敷居が低くて行きやすいのがいいですね。ここの特徴は焼き石サービスですけど、冷めた状態でも充分美味なつけだれでした。ちなみに自分はスープ割りの際に焼き石投入。以上、哲也優勝にちなんだつけめん哲の情報でした。 

三国やよい第1戦優勝戦

 一人勝ちで土つかず、完全無欠のパーフェクトVへと王手をかけるのは1号艇瓜生正義。対して2号艇松本勝也、3号艇橋本年光、4号艇木内敏幸、5号艇鈴木茂正、6号艇渡修平。それぞれがどうVロードを見いだすのか。ファイナリスト6名でこれよりやよい第1戦、優勝戦の開始です(動画)。インコースから123/564の順です。1秒前、スタートしました。1Mで格の違いを見せつけて後ろにいても追い上げる。驚異の強さを誇る1号艇の瓜生が見据えるのはイン戦から完全優勝です。ということでインから25トップスタートを決めた瓜生が1M速攻できれいに逃げまして無敵・別格ともいえる強さで通算30回目となる優勝を飾り、完全Vのゴールイン。カニ坊の三国でウリ坊が7戦全勝でした。
 後続は2号艇松本が順走で続き、2番差しのしげしげが内から伸びて2M先行狙うも、これを全速戦で包みきった松本が2着でゴールイン。日ごと調子アゲアゲでVチャンス狙った3号艇の橋本は仕掛け届かずの外マイで4番手でしたが2Mでしげしげを差しきり3番手浮上。2周1M、2周2Mと内から突っ込んでくるしげしげをどちらも包みきってかわし3着でゴールイン。2連単160円3連単400円はどちらも1番人気の決着でした。

 三国競艇のおたのしみ4日間決戦、この後は少し間が空きまして4月3日からのうづき第1戦です。以上でございました。

下関一般競走優勝戦

 123/465の進入から1号艇畑和宏が14トップスタートを放ちますが、指定席の大外から5号艇阿波勝哉が15スタートを放ちチルト+1.5度でぐいぐい伸びて捲り態勢。しかし阿波の捲りが来る前に畑が1Mを回りきり阿波を振りきる事に成功し、2006年2月江戸川東京スポーツ杯以来となる通算5回目の優勝を、準優前の一般戦8R2着以外全て1着という準パーフェクトで飾りました。捲り届かなかった阿波ですが、2M全速戦で2着を取りきってます。

アントニオ猪木杯を来月に控える福岡競艇は本日優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日唯一の優勝戦、福岡スポーツニッポン杯争奪戦優勝戦は1523/46の並びから3号艇小野勇作が捲り差しを決めて通算V6にして福岡初優勝。同じく福岡初Vを狙った地元の1号艇宮地秀祈は2着でした。

 とまあ、レースはそんな感じでしたが福岡競艇では来月13日から16日まで燃える闘魂!アントニオ猪木杯を開催。レース名にちなんだイベントとしては15日の土曜日に九州産業大学プロレス研究部の学生プロレスが9Rと10R発売中にあり、最終日である16日の日曜日には燃える闘魂アントニオ猪木本人が来場。表彰式のプレゼンターを務める他に、8Rと9R発売中にトークショーを行い、更には前日の学生プロレス観戦者から希望者5名に猪木本人による闘魂注入の儀式がある猪木ファン必見の4日間シリーズです。ちなみに主な出場選手は無我西村勝に魔界倶楽部星野政彦といったところ。

常滑G1マーメイドグランプリ2日目

 枠なり3vs3の並びから1号艇原田幸哉がイン逃げ独走で1着になった11R
 後続は差した4号艇重野哲之、捲り差した5号艇守田俊介、捲り差し不発の3号艇一宮稔弘の順で続き、2Mで一宮が切り返しにて潜り込み、重野が包んで守田が差して一宮をかわしますが、かわされた一宮は「振り込んで3号艇耐えるか!?耐えられません(動画)。」と転覆。一宮は負傷帰郷しました。
 これで2番手は重野と守田に絞られましたが、2周1M締めて先行する重野に対し守田はつけまい態勢に入りますが、ここで「おっと煽られ5号艇ウイリー状態大丈夫か!?デンジャラス…ヒヤッとするが立て直すも最後方に置かれました。」と艇が浮いた守田は失格こそ免れたものの脱落し、重野が競り勝ちました。

多摩川蛭子カップ初日

 オールオリンピックイヤー生まれ、または全員閏年生まれともいう企画開催の初日メインは蛭子能収がメンバーと枠番を選んだ蛭子閏年男選抜。3号艇妹尾忠幸がピット遅れて6号艇冨田秀幸が動いて隊形は1246/53となりかけますが、冨田が回り直して124/536に(動画)。冨田の回り込みでやや内側が深くなった上に妹尾と冨田が早い飛び出しを見せましたが、+01の妹尾も+05の冨田も1M仕掛けられずに1号艇中村亮太の逃げと4号艇山本寛久の差しでマッチレースに。差し伸びて2Mを先に回った山本が中村の差し返しを振りきり1着。なんにしても、2艇Fでエビス顔とはほど遠い寂しい競走になってしまいました。

 初日はもうひとつ蛭子番組がありまして、オール4000番台の11R蛭子ヤング特選は枠なり3vs3の隊形から浜名湖地区スターの1号艇谷野錬志が3号艇岡村仁の捲り差しを押さえきって1着

【明日の予告】

 月はまだきさらぎですが、三国やよい第1戦が始まります。1Rおはよう特賞江夏満が1号艇、三国選抜瓜生正義が1号艇です。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ