ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

大場敏

エーデルピルス缶発売記念若松サッポロビールカップは黒ラベルの敏

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「さあ〜皆様、片手にサッポロビールはお持ちですか?先ずはスポーツマンシップに乾杯。そして水面に登場したベスト6のメンバーに乾杯。(動画」と馬場加奈子アナの第一声で始まったのは若松サッポロビールカップ優勝戦。枠なり3vs3の進入から08スタートの1号艇吉川昭男が同じく08スタートの3号艇一瀬明Tokyo bay pirates)を張って1M先制も、06トップスタートの黒い2号艇大場敏が吉川を俊敏に差し、「さあ2艇並んでいる2号艇1号艇。大場か吉川か主導権を奪うのは1周2Mの攻防戦。」から2M内有利に先行した大場が抜け出し通算36回目にして若松初優勝黒ラベルのCMには西田敏行が出演してますが、サッポロビールカップは黒の敏が優勝です!
 2Mの差し返し届かず優勝逃した吉川は2周1Mで巧差しの一瀬に並ばれますが、2周2M全速戦から機力の違いでHS徐々に差を広げ、3周1M締めて先行して辛くも2着を死守。 尚、本日は谷原秀人が元ココナッツ娘。で知られる長手絢香との結婚を発表しましたが、若松パイナップルナイター優勝戦4号艇の萩原秀人は差し届かず4着でした。

 そんなサッポロビールカップ最終日の本日はエーデルピルス缶ビールの期間限定発売日。芳醇なホップの香りがとってもええでルピルスはこれまで店舗でしか飲めず、自分はボートピア新開地そばの元町ヱビスで一度飲んだきり。それ以来となるエーデルピルスを片手に優勝戦を楽しみました。但し舟券は大場敏行かず、太田市にあるサッポロビール群馬工場つながりでチルト0度の6号艇はヱビス<ザ・ホップ>色の太田克哉(群馬)から行ったら、太田は28のドカ遅れをやらかし6着。でも男は黙ってサッポロビール。

 ちなみに若松本場では日高逸子トークショー&自伝「私は、迷わない。」即売会に、8月3日23時よりレジャーチャンネル380chでOAされる舟券予想大会の収録もあったようです。


下関日本トーター杯優勝戦

 かつて新・よしつね伝説 いざ、壇之浦!と謳われ、よしつねシーボーの名でマスコットにもなった艇界の牛若丸伯母芳恒(神奈川)も5号艇ながら優出を果たした日本トーター杯は枠なり3vs3から14トップスタートの2号艇島川光男が捲りに行くも1号艇佐々木康幸が抵抗。しかし、ここでバランスを崩した佐々木は転覆(動画)。トーセンミツオーも流れ、転覆艇とミツオの間を割った3号艇村上功祐(大阪85期4039)がよしつねの差しを振りきって遂にデビュー初優勝。これで大阪支部銀河系4人(他に湯川浩司丸岡正典吉永浩則)は全員優勝経験者となりました。
 ミツオは2Mで先行2艇を差そうとしたところ、34ドカ遅れスタートだった6号艇山崎善庸の突進を貰って最後方に後退。内側がごちゃつく中、1M捲り差し不発も2M外ぶん回していた4号艇池田明美が山崎を捲りきって3着に入り、2連単3-5は34870円、3連単3-5-4はなんと161450円の下関優勝戦史上最高配当です。
 かようにミツオは敗れましたが、夜のオール女子戦川崎G3スパーキングレディーカップは島川女王ことトーセンジョオーが勝ちました。

G1平和島ダイヤモンドカップ5日目

 本日の実況は9Rまでがベイ吉アナで準優勝戦3つがノッポアナ。9Rは1号艇阿波勝哉が人気を集めた一戦で、ミスターチルト+3度はもちろんアウトから03トップスタートを放ち「インから1号艇の阿波勝哉スタートを決めた!さぁ今度は行くだろう1号艇阿波勝哉ミスターチルト3度捲り一発決まった1号艇の阿波勝哉これは入った気持ちいい1号艇の阿波勝哉(動画)。」 と捲り一発決まって先頭。「まさにこれがヘブン状態気持ちいい水面に持って行く。チルトサンドの紛い物が通る中、本物はこの男だけであります。」とヘブン状態のあまり問題発言も飛び出す中、ベイパの阿波が今節2本目の1着ゴールでトレジャーゲットとお伝えしておきます。

 そんなチルトサンドヘブン状態直後の準優勝戦第一弾10Rは節間ピン無しの平尾崇典が1号艇とあって人気は割れ加減。そんな番組は6号艇長岡茂一と5号艇飯山晃三の2人がチルト+3度。進入はスタート展示から123465と5号艇の飯山晃三がモイチより外の6コースとなりましたが、本番も123/465と6号艇のモイチが5コース。この隊形からモイチはメイチの13トップスタートを決めるもさほどの伸びは無く、14スタートの2号艇熊谷直樹(今節選手代表)が先捲り。ですが、クマくりは流れてモイチの捲り差しとイン戦踏ん張る平目の小回りで先頭争い。2Mは平目が先行も流れ、ここでモイチの差しが入って単独先頭に立ち、チルトサンドながらしっかりした回り足を見せて1着。2周1Mでクマを行かせて捌いた平目が2着。
 ちなみに勝利者インタビュー(動画)では、「チルトサンドというともちろん阿波選手に代表されるように爆発的な伸びというイメージがあるんですが?」という質問に「僕は偽物のサンド野郎なんで、阿波君が本物のスペシャリストのサンドで。ちょっとね、伸びはね、やっぱ阿波君の方が全然いいと思います。」と、9Rの「チルトサンドの紛い物が通る中、本物はこの男だけであります。」を意識した発言をしたTamagawaBPクラブ員のモイチタンです。

 予選1位の菊地孝平が1号艇の11R準優勝戦は枠なり3vs3から菊地が先行もターンマークを外し、捲り差しが入りきった3号艇瓜生正義1着。菊地は4号艇須藤博倫にも差されそうになりますが、2M全速戦で須藤を突き放し2着優出。

 菊地2着敗退により、勝てば優勝戦1号艇が手に入る予選2位のベイパ部員作間章が1号艇の12R準優勝戦は枠なり3vs3の進入からさくまあきらが05トップスタートの速攻で押し切りトレジャーゲットの1着ゴール。ちなみに3日目までのさくまあきらはちるとれーどでしたが、4日目以降はちると-0.5度です。
 後続はつけ回った3号艇田中信一郎と差した5号艇中尾誠(佐賀県)の争いになり、2M内から先行した中尾が2番手。しかし2周1Mタナシンが内に切り返して先行し、差しの形になった中尾はすぐ追いつくものの2周2Mでタナシンの差しが入り、3周1M先行したタナシンが逆転。BS中尾が伸びて舳先を掛けるものの、外から締めたタナシンが3周2M先行したのに対して中尾は振り込んでしまい、2着争いはここで決着。


 優勝戦の枠番をお伝えしておきます。果たしてベイパ最後の砦さくまあきらが瓜破を果たし記念初Vで喜連の破瓜なりますでしょうか?

1:作間章 2:瓜生正義 3:長岡茂一 4:菊地孝平 5:平尾崇典 6:田中信一郎

 明日は職場の仲間と朝から指定席で観戦。先週のG1江戸川大賞IN蒲郡に続いてG1最終日現地参戦です。尚、当日の平和島本場では5R発売中に優出者インタビュー、9R発売中に我武者羅應援團のイベントがあります。
頼もしい表情のマーサク選手
 

予選最終日の江戸川日刊ゲンダイ杯3日目&芦屋静岡祭

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇4日間の短期シリーズ日刊ゲンダイ杯レースは昨日と同様に今日もアグレッシブなレースが大いに期待されます3日目の水面上。予断を許さぬ激しい攻防戦が続いています。第2Rでインの利を取りに行くも3着に終わりました池上隆行が6号艇の後半第6Rを選手責任欠場、そのまま負傷帰郷しました。どこを負傷したかはわかりません。

 第8Rが始まりました。1着を取って結果待ちといきたい4号艇笠原亮は2コースつけまいの2号艇橋本久和を4カド捲り差しで振り切り念願のシリーズ初1着で予選を終え、予選得点率8.00として残りのレースを待つ事になりました。尚、2着の橋本はここで優出当確です。

 第10Rが始まりました。超抜25号機のパワー炸裂の5コース捲りで5号艇永井源1着、大外から冷静な捲り差しで続いた6号艇岡本慎治(優出当確)が2着。愛知の永井はこれで勝負駆け成功、当確のオカモトは最終を待たずして優勝戦ポールポシジョンを決めました。

 11Rが始まりました。1号艇西村拓也が13トップスタートのイン速攻で1着になったこのレース、3番手を争っていた3号艇久田敏之と4号艇上平真二が3番手を争い、3周1M内の上平が久田にボートを合わせていき追い出していく力業(動画)。張られた久田は振り込んで5着に敗れ、3着争いに競り勝った上平は同時に優出も決定。と見せかけて、不良航法-7点を取られた上平はまさかの優出失敗となってしまいました。

 明日行われる優勝戦進出を懸けての最後のレースが始まりました。12Rは上平減点により、1着勝負駆けながら自力優出の可能性が出てきた2号艇草場康幸が2コース差しで1着となり見事勝負駆け成功。3コース捲り差しの杉山正樹(完走当確)がイン先マイの長尾章平を捕らえて2着に入り、5着条件の長尾は3着に入り、優出6人中3人がこのレースの上位3人ということに。と見せかけて新婚さんいらっしゃい!の長尾章平は待機行動実施細則違反(動画)で-7点。三枝も椅子から転げ落ちそうな衝撃の優出失敗となってしまいました。これにより、相手待ちの笠原がまさかまさかの優出成功です。


 優勝戦のベスト6強です。

1:岡本慎治 2:杉山正樹 3:永井源 4:橋本久和 5:草場康幸 6:笠原亮

 当地実績No.1橋本久和のカド戦も捨てがたいですが、オットセイでお馴染み日刊ゲンダイレースで強さを発揮したオカモトに超抜25号機の永井(愛知)が強力そうですね。尚、追加配分で小川時光先山健司の91期コンビが1日だけ登場します。

芦屋日本モーターボート選手会会長杯争奪戦優勝戦

 節間7勝の成績で1号艇を手に入れた82期3960菊地孝平(静岡)がイン10トップスタートの速攻戦で圧勝、今年V4、通算19回目の優勝となりました。2号艇2コースの82期3956横澤剛治(静岡)は若干キャビったのが響いて3着に終わり、大外から捲り差しを決めた5号艇二橋学(静岡)が二着。
 かくして4人優出の静岡が上位3艇を独占したのですが、4号艇4カドの野長瀬正孝(静岡)は1Mで直内の3号艇安田政彦(芦屋市でお馴染み兵庫県)が壁になって最下位。上位4艇独占はなりませんでした。

住之江春たけなわ競走2日目

 1号艇大場広孝・2号艇大場敏の枠順となった10Rはどっちの大場か?レースはイン取り意欲の大場敏に遠慮?したかスタート展示3コースの大場広孝が本番も枠を主張せず3コース。3コースの大場広孝25歳は捲りに行きますが流れ、インの大場敏40歳がキャリアの厚みにものを言わせて俊敏に逃げ切り1着。2コース順走の71期3623深川真二が2着に入り、大場広孝は大外差しの6号艇宇土泰就に差されて4着に終わりました。

 12Rは1号艇山崎智也(71期3622)に4号艇服部幸男先生(64期3422)と、昨日の12R春たけなわ特選と逆の枠順。そして着順も逆で、インの智様が1着、4カド差しで斬り込んだ服部先生が2着でした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ