ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

大村市長杯

G3新鋭リーグ第5戦が芦屋競艇で開幕+3場の優勝戦

 今日から始まった芦屋G3新鋭リーグ戦競走第5戦。今節は開会式の公開選手紹介が無いかわりに、前検日に収録した9分39秒の選手紹介動画芦屋競艇HPで公開されてます。
 さて、初日メインドリームレースは気合いパンパン地元元気印の6号艇西山貴浩が派手に2コースまで動き、キラキラ輝くイケメンレーサーの3号艇篠崎元志(福岡)がカドになった16/2/345の進入から1号艇今井貴士(福岡)が17トップスタートも、今井のイン戦は翼を広げすぎて懐が開き、そこを西山が差しきり先頭。
 しかし2周1M今井が差して西山を追い詰めてプレッシャーを掛け、2周2M先行した西山の艇が浮いたところを今井がすかさず差しきり逆転1着動画)。
 惜しくも逆転された西山ですが、選手紹介動画で
 「おはようございます。登録番号4371番の福岡の西山です。今節は師匠の川上剛さんに気合いを入れられて来ましたんで、進入からぐしゃぐしゃにしたいと思います。そして、打倒イケメン精神で篠崎元志選手に少しでも水をかけれるようにがんばります。みなさん応援してください。」と宣言した通りに前付けと打倒篠崎をWで成功させましたね。

戸田内外タイムス杯優勝戦

 134/562の進入から1号艇石渡鉄兵が5号艇原田秀弥のつけまいを蹴散らして押し切り、今年2回目・通算33回目の優勝
 後続は差して2番手の4号艇関口智久(埼玉)を、捲り差しの6号艇山本良一(埼玉94期4284)と、戸田マックスチルト+0.5度大外進入から差し伸びて来た2号艇土屋智則が追走。そして2M、内の土屋を包みきった関口が2着。
 尚、2M土屋を差した山本良一がデビュー初優出で3着。また、土屋は3周2Mで転覆を喫してます。

 15日から始まる戸田次節は18日までの4日間短期決戦イーバンク銀行杯。なんといっても東都のエース濱野谷憲吾のF休み明け初戦なので大注目の開催ですね。

常滑さつき賞優勝戦

 総理大臣来場多摩川さつき杯では優勝戦1号艇も4着に終わり総理杯をもらえなかった角谷健吾が常滑さつき賞で再び優勝戦1号艇になり、巻き返しのチャンス。
 そして、1246/53の進入からケンゴが2号艇坂口周の差しを振り切り、昨年10月鳴門サントリーモルツカップ競走以来となる通算33回目の優勝。ちなみに2連単1-2は190円の断然一番人気でした。

 ちなみに、「多摩川競艇|TOKYO RACERS TIMES 4月」には角谷健吾独占インタビューが掲載されています。内容は若松SGオーシャンカップ出場を決める等近況好調の理由、ペラグループ、後輩への思い等を語ってます。

大村市長杯優勝戦

 花と歴史と技術のまち大村市の松本崇(まつもとたかし)市長杯は枠なり3vs3の進入から1号艇榮田将彦(2月7日生まれO型)が21トップスタートの速攻で3号艇織田猛の捲り差しを振り切り、通算3回目の優勝。今年は先月の下関山口新聞社杯争奪快速王決定戦に続くV2ですが、本日の実況&表彰式司会は下関と同じ大場ナツキアナでした。
 後続は織田に対し4号艇星野政彦の差しが迫り、まさひこワンツーになりかけるも、2M先マイのほしのを行かせて差した織田が2着に入りまさひこワンツーを阻止。ちなみに松本崇市長も作詞家の松本隆も慶應出身ですが、松本隆といえば近藤真彦に数々のヒット曲を提供した事で有名ですね。

オーシャン優勝戦始め9場が優勝戦の海の日スペシャル

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 海の日の本日は東海地区の浜名湖競艇で4日間シリーズ海の日スペシャル!オーシャンアタックの最終日。まさに海の日記念にふさわしい開催でありますが、優勝戦は枠なり3vs3の隊形から1号艇吉田健太郎(愛知)がイン戦堂々押し切り通算9回目の優勝。浜名湖はデビュー初Vだった2003年4月愛・地球博協賛競走以来となる2回目でありますが、初Vは1号艇服部幸男先生含む3艇Fのレースだったので恵まれ無しでは浜名湖初Vとなります。
 後続は2号艇上平真二と4号艇中村尊、それに5号艇中嶋誠一郎の差し合戦になりますが、2M先行する構えの中嶋に対して大胆につけ回った上平の全速旋回が決まって2着を取り切りました。

 と、明日からの蒲郡SGオーシャンカップに先立ち、愛知県民のケンタロウが海の日スペシャル!オーシャンアタックを勝った訳ですが、SGオーシャンカップも2001年尼崎の第6回までは海の日記念として海の日に合わせた開催になってました。2002年以降海の日と関係ない日曜日が最終日になったり、海無しの桐生で2回も開催されたりと海の日記念として創設された当初の趣旨が失われてるのは個人的に残念です。来年の若松も7月21日から26日までと日曜最終日を変えなかったのは個人的に不満材料ですね。再来年以降水曜初日で海の日最終日か海の日初日で土曜最終日の日程に変更してくれればと思います。特に後者なら初日が祝日になるので選手紹介を見たいけど有休取れないファンにも喜ばれると思うし、帰りの時間を余り気にしなくていい土曜が最終日だから旅打ちもしやすくなると思うのですが。

戸田埼玉新聞社杯最終日

 折下寛法折上善一が揃い踏みした4日間シリーズ埼玉新聞社杯は節間2回の直接対決があり、2日目12Rも3日目10Rも折下1着折上4着。結果折下は優出3号艇、折上は10R選抜戦5号艇になりました。
 そんな最終日は前日まで5着3本4着1本だった矢橋成介65.5kgが29歳時のレーシック手術で変わった視力ばりに走りも一変。前半1Rは2コース捲り、後半5Rは4カド捲り差しで連勝。さすが32歳の若さで支部長に就任した貫禄は違います。

 次に、6Rは123/564の進入から捲った2号艇天野晶夫、捲り差した3号艇掛水義盛、両者の間を割る5号艇西山昇一で先頭争いとなりますが、+03の西山と+05コンビの6号艇市川美宏と4号艇篠崎仁志で計3艇フライング。冷水浴びせる事態で先頭争いは2艇に絞られ、2Mで掛水に全速つけまいを掛けた天野が1着
冷水義盛

 優勝戦は枠なり3vs3から1号艇丸岡正典が02トップスタートも、07スタートの3号艇折下寛法のつけまい攻撃に手こずり、2号艇中辻崇人と4号艇長谷川充の差しが。マルちゃんは2Mで2艇マルのみしようと外全速戦仕掛けるものの、内で応戦する長谷川を包む際に艇先が浮いて外に大きく流れてしまい後退。場内でお会いしたさんが残念がるレースになってしまいました。
 ここでマルちゃんに応戦せず長谷川を差しきった中辻が抜け出し今年3回目・通算16回目の優勝。長谷川は2周1M→2周2Mの全速戦で内を包みきり2着を取り切りました。

 尚、7Rで今節選手代表の4号艇加藤峻二御大が枠なり3vs3の4カドから隼の捲り差しを決め通算3199回目の1着となりましたが、差し続いての2着には6号艇永井亮次19歳が入り、47歳差のワンツーになりました。
埼玉新聞社杯優出者インタビュー


徳山競艇TV!レジャチャンカップポーラスター決定戦優勝戦

 2007年度カシオペアリーグ第1戦〜第5戦の優勝星座が一同に集結した優勝賞金70万円の6日間シリーズは魚座・天秤座・蟹座・水瓶座・牡羊座が集い、優勝戦にはてんびん座以外4つの星座が集まり、中でも魚座は3人が乗艇しました。レースは井川大作(うお座)が動いて16/23/45の進入となり、1号艇伊藤宏(うお座)と大作は共に100m近辺でやや深め。
 そして中凹みの隊形から伊藤は13トップスタート放つものの、4号艇佐口達也(かに座)が5カド16スタートの好気配。これに対し23スタートの2号艇山本英志(うお座)が抵抗の先捲りに出て、山本のつけまいを伊藤が受け止める展開を突いた大作の差しは切り返しからのイン替わり。奇策が成功した大作が先頭に立ち、捲り差しに切り替えた佐口が2番手で、伊藤は3番手の位置に。
 2Mは大作先制の後、1M捲り差し入れず4番手の5号艇草場康幸(みずがめ座)が切り返しからおっつけ態勢も、佐口と伊藤は共に行かせて捌き、不発の草場は戦線の陰に。HSでは佐口を差しきった伊藤が2番手に上がり、2周1M小回りで大作との差を詰めた伊藤は2周2M大作におっつけて先制。しかしここは大作が行かせてかわし、辛うじて先頭をキープ。ですが、3周1M伊藤宏の光通信時給90円つけまいが大作に炸裂(動画)。爽快に大作を突き放したOXBOW伊藤が大逆転で今年4回目・通算17回目の優勝
 
 以上の様にぅぉちゃん★ぶろぐ魚谷香織(おうし座)でお馴染み徳山競艇のポーラスター決定戦は魚ちゃん座のワンツーでした。でも、いくら2コースだったとはいえ6号艇が2着なのに2連単2番人気430円は安すぎですね。

津倉田栄一杯争奪安濃津賞優勝戦

 津前節ヤングファイター戦はU36のヤング戦でしたが、競艇の神様倉田栄一元選手の名を冠した今節はO46のシニア戦。優勝戦のスタート展示は123465でしたが、本番は節間オールインの2号艇西田靖46歳が1号艇松野京吾51歳からインを奪い、進入は2134/56。そして11トップスタートを放った西田が3号艇貞廣徳夫のつけまいをブロックしての逃げ圧勝で今年3回目・通算61回目の優勝と、優出メンバー中唯一のSGウィナーが格の違いを披露。
 後続は差し順走の松野、捲り差す4号艇亀本勇樹46歳、2番差しの6号艇大西英一52歳の順となり、2M内から先行しようとすつ大西を亀本は包み、松野はゴージャスに差して応戦。HS松野ややリードの中、2周1Mでは最内の大西を松野は包み、亀本は差して応戦。2周2Mではおっつける亀本を松野が包んでかわし、大西が亀本を差して3番手逆転を決め、更には松野にも接近。そして3周1M内の利で先行した大西と差した松野でBS同体になり、大西が外からプレッシャーをかける中3周2Mを内から先行した松野はもたつき、余裕を持って差した大西が大逆転2着で東京支部のワンツー。

大村市長杯優勝戦

 最終レース締切19時と実質ナイターの夕焼け開催にして松本崇大村市長のタイトル戦。松本と大村のコラボといえばSweetMemoriesですが、残念ながら松田選手の斡旋はありませんでした。
 さて、松本崇(まつもとたかし)大村市長杯のはっぴいえんどを飾る優勝戦は枠なり4vs2の進入から白いパラソルの1号艇白石健が15トップスタートを放ち、20スタートも中凹みの展開を突いて捲ってきた青い珊瑚礁は4号艇4号艇山口浩司を張っての逃げ圧勝で今年5回目・通算38回目にして大村初優勝。松本崇大村市長も出席したウイニングラン&表彰式ではありがとうございますのご挨拶と深いお辞儀を見せています。
 後続は山口浩司と捲り差した5号艇渡辺豊の争いとなり、2M内から先マイの渡辺豊を差した山口浩司が2着。ちなみに青い珊瑚礁の編曲は大村さんですが、作詞は三浦さんです。三浦といえば、山口さんの寿退職と入れ替わるように松田さんの時代がやって来た珊瑚礁の頃ですね。

常滑日本モーターボート選手会会長賞争奪戦優勝戦

 我が師匠である平針の巨匠田中信一郎氏が現地参戦し、モンスター野中和夫選手会長がトークショーを行い、りえパパこと谷川宏之元選手も来場してたそうですが、実況の山田智彦アナはSG展望番組のため来場しなかった本日の常滑競艇。
 優勝戦は142/365の進入隊形から1号艇吉村正明が先行態勢も2号艇森貴洋をブロックした分懐が開き、そこを突いた4号艇今村暢孝まちゃあき海賊団長を差しきり、まちゃあき海賊団長の2M外全速フルターンをこらえきった今村は通算37回目の優勝

住之江G3新鋭リーグ戦報知新聞社賞ダイナミック敢闘旗優勝戦

 内枠3人が揃って10月14日生まれとなった優勝戦は枠なり3vs3から2号艇山田哲也(1982年10月14日生まれ)が09トップスタートを切りますが、13スタートの1号艇大峯豊(1983年10月14日生まれ)があっさりと伸び返して1Mを先行。優出メンバー中唯一の優勝経験者の貫禄を見せ付けた堂々たる逃げで住之江2回目・新鋭リーグ戦初・自己通算では4回目の優勝
 結果的に大峯の壁役になった山田哲也は外を止めての差し順走から2M全速戦で2着に入り、3号艇山田佑樹(1986年10月14日生まれ)は山田哲也に張られたのが響いて最下位に敗れました。よって2連単では10月14日生まれのワンツーも、3連単では10月14日生まれの独占ならず。

 ところで、今日は祝日で翌日は平日だからてっきり最終は1時間早い日曜時間になると思ってたので、最終が通常の20時台だったのはものすごく意外でした。ちなみに昨日は日曜時間で最終が大村と30分程しか違いませんでした。

桐生競艇マクール杯優勝戦

 枠なり3vs3から4号艇森秋光が絞ってマクール態勢も、1号艇高沖健太が艇を伸ばし1Mを先行。森は捲り差しに切り替えますが、ここで5号艇清水敦揮が高沖と森の間をズバっと割り、捲り差し突き抜けた清水は通算7回目の優勝
 高沖と森が清水に割られた間に6号艇金子貴志が3号艇石橋道友を叩いての差しで2番手につけ、3番手の高沖が2M切り返して先に回るも金子は行かせて捌き2着確保。

若松あやめカップ優勝戦

 住之江&桐生と同日優勝戦ながら、こちらは4日間開催とあって場外はほとんど6日間開催の住之江&桐生。よって大村及びBP呉宮島徳山&BP金峰しか場外が無く売上苦戦となったシリーズですが、あやめの花言葉は「希望・嬉しい知らせ」。そして地元では素敵な贈り物を届けるギフトショップの名前でもある株式会社彩芽カップは枠なり3vs3の進入から内2艇がスタート抜け出すも1号艇一宮稔弘のターンは流れ、的確に差しきった2号艇下田哲也が通算V6にして若松は2003年1月日本財団会長杯争奪戦競走以来となる2回目の優勝。BS2番手だった一宮が下田に牽制されて菖蒲勝負所の2M仕掛け遅れる間に、1M2番差しの4号艇西川新太郎が内に潜り込んで逆転2着。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ