ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

大神康司

金曜日は多摩川ゴールデンレース最終日【70期A級トリオ】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇場で6日間場外発売されたスポーツニッポン杯争奪多摩川ゴールデンレースは23日から始まってゴールデンフライデーの本日最終日。
 日本一の静水面、是政夢劇場の幕が開く優勝戦は初日多摩川選抜戦に揃って乗艇した70期ゴールデントリオ(内から福岡70期3574大神康司・埼玉70期3589西村勝・兵庫70期3572安田政彦)が揃って優出。そして枠なり3vs3の進入から2号艇芹澤克彦が+04のフライングを切るも、05スタートの1号艇大神康司が伸び返し、芹澤を壁に1Mを先行して押し切り、2007年福岡お盆特選レース以来となる通算28回目で、多摩川は完全Vを含む3回目の優勝
 後続は3コース03スタートから握った3号艇濱崎直矢が芹澤と併走状態から芹澤F退きにより単独2番手に上がり、2M押っつけてきた6号艇安田政彦を軽く包みきって2着と、70期ワンツーならず。
 ちなみに、優勝戦の実況(動画)を担当した野村達也アナは昨日がゴールデンな生誕記念日だったようです。お誕生日おめでとうございます。

 多摩川次節は12月9日から蛭子能収杯の多摩川蛭子カップ。2007年8月大村蛭子能収杯真夏の女王決定戦優勝者横西奏恵(祝・チャレカ予選突破!)の参戦が目立つ所でありますが、怪我で半年デビューが遅れた102期4493滝澤友恵(埼玉在住東京支部)が遂にデビューの幕を開きます。それに先立ち、多摩川競艇場では本日新人選手紹介が行われたようです。平日じゃなければ絶対見に行きたかったところですね。

【ホワイトシャーク祭ボートピア習志野発売情報】

 賞金王チャレンジカップこと浜名湖ドリームジャーニーSG競艇王チャレンジカップのみを売る土日の江戸川競艇場は無料ポイントカードラリーズクラブ会員限定ガラポン大会がありますが、江戸川競艇場外ボートピア習志野では土曜日に白井英治トークショー。住之江SG賞金王決定戦出場当確になった白井西京のトークショーは7R松田安男大先輩、永年勤続御苦労様杯終了後の13時35分からで、その10分後にはツーショットポラロイド撮影会の整理券を先着50名様に配布。
 で、本題の習志野発売情報ですが、単売の江戸川と違い場外発売に特化されてるだけあって4場併売の充実ぶり。昼は浜名湖に加え三国しもつき第3戦2日目と男子王座決定戦大村G3企業杯JAL杯競走、夜はミニボートピア北九州メディアドーム開設2周年記念競走を発売します。
 ちなみに、チャレカ準優予想はK-BATTLE予想大会『競艇王CC 勝ちに行きます!(5日目)』のコメント欄に投稿してます。

7日間シリーズの福岡お盆特選は日本の強い男・大神康司!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 11日から始まるも、7日間シリーズだったので最終日が1日ずれた福岡お盆特選レース。当初斡旋が入っていた艇王植木通彦元選手の引退イベントもあり、グレートマザー日高逸子も花束贈呈に駆けつけたこの日に行われた優勝戦は1号艇大神康司がインから押し切り福岡V6、通算27回目の優勝。2着は3コースから捲り差しの3号艇島田一生でした。
 昨年3月当地で開催されたJAL男子王座決定戦G3企業杯JAL CUP浜名湖G1JAL女子王座決定戦との併用開催)を制して日本の強い男に決定したグレート大神は今年3月の福岡都市圏17周年記念競走に続く当地連覇と、さすがは福岡市を代表する強い男なのです。来月24日からのG1福岡チャンピオンカップでも楽しみですね。

 そういえば、上の艇王イベントのリンク先はKYOTEIブログ〜ウォーターガーデンからなのですが、そのKYOTEIブログで新企画「KYOTEIキャンパス」が始まりまして現役大学生が一挙に11人加わりましたね。

【白の日】本日の1号艇は全8場96戦35勝1着率36%

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日は8場で競艇が開催(一覧)されましたが、白枠1号艇の頭は全96R中35本(内訳:江戸川3多摩川3浜名湖2びわこ4住之江4児島7芦屋7福岡5)で、1着率は約36%。白の日にしては意外と低い1着率ですね。特に浜名湖の低率ぶりが目立ちます。

 そんな白い日、名前に白が付く選手は全部で8人いますが、このうち今日出走していたのは白石浩二ただひとり。そのスマイリー白石は1回乗りの芦屋G3企業杯アサヒビールカップ5日目5R5号艇で6着と大敗してしまいました。名前が白でも枠が黄色だったのがよくなかったのでしょうか。
芦屋市から近い尼崎がホームの白石浩二


江戸川3日目

 冷たい北寄りの風が吹いています今日の江戸川競艇は開催3日目に進んでいます。第1Rは大外から大捲りを放った中島浩哉1着、イン戦捲られるも2M全速戦で浮上の中島真二が二着に入ったナカシマワンツーは3連単90070円の高配当。ヤマト主流の競艇界にあってナカシマコンビが一石を投じました。

 ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面は第6Rを迎えています。ポイントリーダーの3号艇泉具巳が32トップスタートも、36スタートの2号艇富田章が壁になり捲り差しも不発で5着敗退。捲り戦に出た富田が1着となりましたが、5コース40スタートながら豪快な2段捲りを見せた倉田郁美が2Mも豪快な全速戦で2着を取り切り、全国適用勝率10.00の倉田郁美(静岡支部だけどチュッチュキャンパス中京女子大卒:昨年5月には母校で凱旋講演)が優出に大きく近づいたのが特筆されます。

 11Rが始まりました。3号艇本部真吾が73と大きく凹むなどスタートばらける中、前半第6R5着大敗で優出3着条件に追い込まれた5号艇のともみちゃんが25トップスタートを放って捲り差し。1号艇吉田俊彦をBS捕らえて2Mを先制したともみちゃんが見事勝負駆け成功の1着。このレース1回乗りの2号艇垣内清美はともみちゃんに捲られるも3着に残してこちらも優出成功です。

 12Rは優出圏外の1号艇林恵祐が優出1着勝負駆けとなる馬袋義則の2コース差しと、同じく優出1着勝負駆けとなる今シリーズ選手代表佐藤雄治の4カド差しを振り切り1着。2Mうまを先行させて差した佐藤が2着でうまは3着。
 尚、このレース勝てば優出1号艇もあった3号艇倉田郁美ですが、1M捲り差しも間を割れず苦しい戦いを強いられ、2Mでもたついたのが響きまさかの6着。しかし、3着条件の5号艇寺本昇平が4着に敗れたので両者共に5走36点ながら1着数の差で倉田郁美が6号艇優出となりました。


 優勝戦のベスト6強です。

1:ともみ 2:川添英正 3:柳沢一 4:きよみ 5:小野信樹 6:いくみ

 2006年3月の日本モーターボート選手会会長賞当地連続優出を果たしたともみちゃんが昨年に続いて優出1号艇。捲られて4着だった昨年の借りを返せるでしょうか。休憩中にグミ噛みながら電投して結果を待つことにします。

【旅立ちの春、夕立の夏、淺田千の亜希】

 かつて艇界の大将安藤千夏優勝した由緒正しいオール女子戦のファイナル住之江大阪スポーツ賞アクアクイーンカップ優勝戦は5号艇中谷朋子が回り直して12346/5の進入。そして大本命の1号艇淺田千亜希がイン戦決めて住之江初、通算20回目の優勝。住之江7優出目にして旅立ちの春にうれしい初優勝となりました。
 2コース順走の新田芳美が2着で、3コース捲り差し不発も5コースクルリン差し橋谷田佳織との3着争いを2周2M全速つけまいで制したデビュー初優出の細川裕子が3着。

福岡都市圏17周年記念競走優勝戦

 昨年当地で行われた日本の強い男決定戦G3企業杯JAL CUPを制してJAL男子王座の栄冠を手にしたG.O大神康司兄貴が節間8戦7勝2着1回の圧倒的な成績で手に入れた1号艇を生かしきり、地元水面優勝以外に道はないとばかりにイン06トップスタートで圧倒!前走地平和島神奈川新聞社賞に続く2節連続通算26回目の優勝を飾ったグレートな大神兄貴です。
 3コースから捲った堀本裕也と4コース差した岡瀬正人の2着争いは2周1M内先マイの岡瀬が制しております。そしてムラミーでお馴染み(動画)の2号艇村田瑞穂は1M裕也に捲られて離れた4番手でしたが、2周2Mの差しで裕也に迫り、3周2Mの差しで0.2秒差まで追い上げるも着順替わらずの惜しい4着。でも熟練技と好調足を存分に披露してくれたムラミーでした。

びわこオールニッポン選抜戦の初日メインは日本の強い男大神が!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 選抜されたオールニッポンの精鋭が勝利を目指して集結したびわこデイリースポーツ杯争奪オールニッポン選抜戦は今日から始まった6日間シリーズ。
 三レースは三号艇三瀬譲が三コースからの差し届かず三着…ではなく、鋭く差しきり一着です。尚、このレースの三着は大外から差し伸びた金子勝利です。
 でも三瀬の後半8Rは5カドから差すも届かず、2Mでは流れて4着。このレース、インから逃げた東本勝利が先頭も、3コース差しから2番手にいた黒田誠司が2Mで東本を差しきり逆転。しかし2周1M差し返した東本が再び先頭に立って勝利を飾っています。

 11R特別選抜戦並びに次期A級決戦で1着になったのは次期勝率7.17の黒崎竜也ですが、クロサギは出走回数不足で次期B1ですから残念!クロサ斬り!

 本日の最終レース並びにメインレース12Rびわこ選抜戦はオールニッポン選りすぐりの主力級6人が選抜され、3月5日に行われたJAL男子王座決定戦福岡G3企業杯JAL CUPを制した大神康司が強い男の貫禄を見せ2コースから豪快に捲りきって勝利のカーブを描き1着。大外から捲り差した人気薄の6号艇中里英夫が2着に入り、2連単4640円の波乱。

三国しもつき第1戦初日

 待望のみくにしもつき第1戦。レースはしもつき、心はうわつきな予選初日の戦いもラストカード。シリーズ主力の6メンバーが登場で水上は三国選抜の第12R。1秒前、スタートしました☆1号艇の高山秀則が2号艇北川幸典の2コースつけまいを振り切り1着でゴールイン。

【明日からG1江戸川モーターボート大賞

 ボート界の精鋭陣が覇を競いますG1江戸川MB大賞、明日は9時半から選手紹介とゴールデンレーサー賞出場選手インタビューが行われます。尚、GR賞のメンバーは以下の6選手。

1:濱野谷憲吾 2:松井繁 3:今村豊 4:中村有裕 5:辻栄蔵 6:熊谷直樹

 37歳の誕生日に今世紀江戸川初登場となる王者の存在に注目が集まりますが、手にしたモーター10号機は勝率こそ29.7%ながら前節日本財団会長杯で大阪支部の播口昌司が節間3勝を挙げております。

 ところで、日曜に自分が私淑する愛知の大物vainsystem.netのこういとさんが江戸川にやって来る記念のオフ会が。遂に念願の初対面です。
 鋭い切り口でレースを語るこういとさんの競艇記事は、是非過去ログを読む事をお薦めしたい内容。ちなみに自分が過去一番ヒットしたこういとさんの名言は2003年6月の「競艇のようなものには3種類ある。「競艇」「S展競艇」「江戸川競艇」。」です。ちなみに競艇以外の日記も芸能や野球等、みくに好きでベイファンのこういとさんならではの鋭い切り口で実に面白いので読んでみて下さいです。
 実は自分がblogを始めようと思ったきっかけがこういとさんが2003年12月に競艇記事の更新を一度は停止(以後競艇記事の比率が縮小)したのが理由のひとつ。それまで数年来愛読してた競艇記事が更新されなくなっちゃったから自分でなんか書くかと思い立ったのでした。

【土曜競馬キルトクール】

 東京G2京王杯2歳ステークスのキルトクールはマイニングゴールド。同コース同距離で500万条件の前走くるみ賞で2着に敗れたのは頂けない。

 G3福島記念のキルトクールはフォルテベリーニ。なんといっても唯一の4歳牡馬なのだから真っ先にキリです。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ