ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

奥平拓也

【奥平拓也G1水神祭】G1江戸川モーターボート大賞2日目

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇今シリーズはG1江戸川モーターボート大賞。6日間ロングランシリーズの今日は開催2日目です。トップレースが始まりました。内3艇が30,46,51とスタート遅れ、4号艇平岡重典が絞りに行くも機力不足の平岡は1号艇毒島誠(待機行動違反)を捲る事が出来ず早々と捲り差しに構えたところに、平岡の上を6号艇奥平拓也が捲り差し。内で粘る平岡を2連対率No.1モーターの機力で振りきった奥平は2Mを先に回ると、あとは後続の混戦を尻目に独走ぶっちぎり。7月のG1浜名湖賞に続く通算2節目のG1出場にして遂にG1初1着の水神祭です。勢いに乗った奥平は1号艇の後半第6Rでイン速攻を決め1着と2日目連勝です。

 第3Rが始まりました。3号艇野添貴裕がつけまい攻撃で1着になったこのレース、1Mの後方では5号艇重成一人が選手責任転覆(動画)を喫しております。
 但し勝った野添も5号艇の後半第9Rは捲り差し狙いも行き場無く6着。そしてレース後私傷病で帰郷しました。

 24スタートから勇気ある捲りを放った3号艇福島勇樹王子と17トップスタートのイン戦で踏ん張る松本勝也による手にハンカチ握るトップ争いとなった第7Rは2M先制の松本を差しきったゆーき王子がシリーズ初1着となりましたが、3周2M5着の座をめぐる成勲秀彦対決で5号艇秋山直之が6号艇吉田宗弘にドーンとぶちかまして、飛ばされた吉田がよろよろになってゴール(動画)。ちなみにこの時はまだ場にいなかったのでどこまでとばされたのかは不明ですが、にゃんと秋山は不良航法を適用されています。

 ライトアップされた競走水面に6選手が登場しました。第11Rの開始です。2号艇鎌田義が捲った展開を突いた4号艇湯川浩司が捲り差しでG1江戸川大賞準優10Rから続く当地連勝を5に伸ばす1着ゴール。コメントの方も初日の「ペラ合ってなくいい感じでなかった。1枚だけ。ちゃんと合わせればよくなると思う。行き足から伸びはまあまあも、出足になってない。スタートは早かったね。」から「伸び良し、出足良し、ペラ良し。」にトーンアップしております。
ラリーくん人形を投げた後な江戸川MB大将最有力候補湯川

 1号艇の第12Rでイン戦を決めシリーズ初1着をとった魚谷智之。昨日は体調不良でうんちが白かった魚民、今日は無事正常な色になって体調も足も上向きだそうです。
 ということで旬の魚が波高5cmの中川で漁獲されましたが、ウオッカが跛行で出走取り消しとなった京都G1エリザベス女王杯は圧倒的1番人気の大和NADESHIKOダイワスカーレットがイン奪取の逃げ切りでG1V3を飾っております。
 で、2着に入ったのがフサパンことフサイチパンドラ。そして今月7日から始まったJLCの新番組はネオパンドラことNeoPan30です。ネオパン第1回の映像には2004年の児島一般競走で優勝した興津藍ちゃんがウイニングランで転覆した時の映像等が放映されております。
今シリーズ中川初漁獲の魚っか

 ところで、第10Rは3号艇室田泰史が一気の捲りで1着。福井支部の室田は藤堂みちえキャスターのニコリンコな勝利者インタビュー(ちなみにAZofficeHPにはみっちゃんみちみちニコリンコ動画があります)を受けましたが、16日から始まる三国しもつき第3戦でデビューを飾る福井支部101期新人選手は4473藤堂里香です。長所は天真爛漫というニコリンコな藤堂里香の活躍を乞うご期待ということで先週5日には新人選手紹介も行われております。師匠は金子貴志との事です。
【がんばれ三国支部】室田さんと藤堂さん
はずれ舟券を食べるDREAM GOATこのヤギはハズレ投票券を食べます!


三国しもつき第2戦最終日

 しもつき第2戦、水上は最終日を迎えまして今日ラストに控えるのはシリーズの決着優勝戦です。波乱有り、本命有り、ベテランからルーキーまで全力で挑んだ4日間の結末にどうぞご期待下さいまして最後まで1日ごゆっくりとお楽しみくださいませ。それではオープニングカードです、おはよう特賞第1R動画)。インから126/435の順です、スタートしました。14トップスタートの4号艇藤田靖弘が絞ってきますが1号艇向所浩二が抵抗のトップ旋回。とはいえ無理に伸ばしての1M先制だった向所は流れ、藤田の捲り差しが入りきってトップは藤田と向所、更に小回りからBS伸びた2号艇篠田智昭の3艇接戦状態。
 2Mは内の利で篠田が先制も大きく膨らみまして藤田がこれを行かせて差す形になりましたが、その藤田を差した向所がHS舳先をねじ込み2周1Mを先制し逆転成功。格上の意地を見せた向所がトップでゴールイン。返す返すも初日第6Rの思い切ったフライング(+13)が悔やまれますね。

 前半戦とは打って変わって上空は青空が顔を出しています。最終日の水上迎えましたのは第8Rです。インから12436/5の順です。1秒前、スタートしました。単騎ガマシでスピードが乗った5号艇篠田智昭がそのまま一撃必殺の絞り捲りを決めトップでゴールイン。人気の一角だった4号艇落合敬一が小回り差しで2着でゴールインも、2連単6830円3連単48000円と本日の最高配当です。が、篠田の単勝は断然人気の100円元返しとなっております。他5艇の単勝オッズが20倍〜80倍ついてますから、誰かが篠田の単勝に大口ぶちこんだんでしょうね。ちなみに終わったレースのオッズは競艇ダメダス.NETさんで確認できます。

 しもつき第2戦。フレッシュな風にときめき、ベテランの技に目を見張り、そして波乱の準優(結果一覧)乗り越えたのはこの6人でした。優勝戦はインコースから142/356の順です。1秒前、スタートいたしました。1号艇橋本久和が4号艇関忠志の捲りをブロックする間に2号艇平野和明が差しを狙いますが振り込んでしまい平野は選手責任落水(動画)。そんな展開もあって優出メンバー中唯一の三国選抜組だった橋本がすんなり逃げ切り今年3回目、通算26回目の優勝。そして思い出プール増やしていきそうな三国初優勝です。後続は事故艇の外を通って3艇を差した6号艇松尾宣邦が2着でゴールイン。

【55MATSUI!児島G1競艇キングカップ2日目

 膝の故障と戦いながらも初日メインキングドリームで外を牽制しつつも流れない55華麗な王者のイン戦を披露した松井繁(1969年11月11日生まれ)。何かが起こる。何かを起こす児島競艇開設55周年(特設サイトのミニゲームはお薦め)でゴーゴーカレーに王者の舞いを引き続き披露したい生誕記念日の本日でありましたが、4号艇で登場した本日前半6Rは312/456の進入でカド戦も31とスタート主導権握れなかった上に1号艇濱村芳宏が壁になってしまい4着敗退。
 巻き返しを期したい3号艇の後半11Rは3コースから差し狙うも内枠の引き波を超えられずに4番手。しかも2Mでも先行艇の引き波を超えられずに着を下げ、5着敗退。王者38歳としての初日はいいところがありませんでした。ですが、「爽健美茶のペットボトルを手にしている姿がこれだけ絵になる男」はそうそういません。さすがは王者や!

 2日目メインプリンス選抜は125/346の進入からカド捲りの3号艇重野哲之と1号艇田村隆信がやり合う展開を突いて捲り差しを決めた4号艇中島孝平が先頭。小回り差しの5号艇森高一真の内から差し伸びた6号艇吉田拡郎が2番手、森高が3番手で、田村を捲るのに手こずった重野は4番手でしたが、+07の重野と+02の中島はフライング返還欠場(返還額1億3827万2300円)。そして2M全速戦で吉田を捲った森高が繰り上がり1着ゴールとなっています。かように2艇が返還となったわけですが、それでも2連単12260円3連単18520円の万舟券が飛び出しております。ちなみに吉田拡郎絡みの拡連複は5-6が830円で1-6が310円でした。

いい湯か、わぁ!ベストを尽くした湯川浩司が江戸川大将に

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
コンパニオン3人に囲まれたでチッチキチー 江戸川競艇開設52周年記念G1江戸川大賞優勝戦が始まりました。進入は枠番通りになりました。さあ始まる水上の格闘技、水上に舞え男達のスピリッツ。スピードが乗ってきました。優勝戦今スタートしました。1号艇2号艇がいいスタートになりました。
 最初のターンマークは20トップスタートの1号艇飯島昌弘G1江戸川モーターボート大賞に続く江戸川連続優勝を狙ってインから逃げて行くも、差した2号艇湯川浩司がボートを併せに行き、舳先をねじ込んだ湯川が内の利で第2ターンマークを先行し単独先頭に。

江戸川名物の荒れ水面。水切りの小石の様にボートが走る。先頭で操るのは湯川浩司。誰よりも優勝へのスピリッツが強かった。優勝へのターンマークはあとひとつ。(動画
 かくして、2005年12月の下関G1競帝王決定戦で競帝王に輝いた自称できそこない軍団85期の湯川がチルト+0.5で南追い風7m波高10cmの上げ潮水面を水切りの小石の様に乗りこなし、競帝王以来となる2度目のG1、通算では13回目となる優勝のゴールイン。師匠の小島幸弘や腰椎捻挫で帰郷したWW RIPPENの不肖の先輩もこれにはヤッター!ヤッター!でしょうか。
 それにしても、2年前のG1江戸川大賞に来たときの選手紹介で「今節はバストを尽くします!」と身振り手振り付きで場内を沸かせた時は選手紹介番長に過ぎず予選落ちに終わったのですが、今回はゴンロク並べ2日目で帰った不肖の先輩とは対照的に初日の2周戦第10Rを見事に乗りこなす等、実にいい走りを見せてました。その初日第10Rで先頭走る1号艇の石渡鉄兵を抜き去ったのが今節の自信につながったのかも。
この報告は師匠の小島さんとワイフに…でタナシンの名は出ず

 というわけで護岸工事で53周年はお休みとなるG1江戸川大賞は湯川の優勝でしたが、江戸川競艇の近くにあるのはいい湯か、わぁ!東京健康ランド。レースの後は6月一杯開設21周年記念キャンペーン価格945円の東京健康ランドで入浴とスピリッツ…もといビールを飲んで帰ってきました。ちなみに江戸川大賞最終日の売上は9億9781万5900円で節間総売上は46億7566万6200円。中止順延や準優12Rの返還はありましたが、目標売上45億円をクリアしました。

児島JLCカップ優勝戦

 江戸川は強風高波浪で8日が中止順延、そして児島は落雷による停電で9日が中止順延となり共に本日が優勝戦。1号艇は奥平拓也でしたが、奥平は1号艇の準優12Rでなんと大外進入。結果は捲り一発決まって1着でしたが、これが優勝戦の進入をスタート展示開始まで難解なものに。
 でも、スタ展でインを主張した奥平は本番もすんなりインを取り切り、気合いの踏み込み03トップスタートで速攻押し切り通算10回目の優勝。3コース捲り差しは奥平にブロックされ外マイの形になった3号艇横西奏恵ですが、4カド差しから追いかけてくる吉田一郎を道中抱いて抑えきり2着に入ってます。

 優勝した奥平は2005年1月の鳴門JLCカップ競走以来の優勝と、くしくもJLCつながり。そして次節はその鳴門で24日から開催されるG3企業杯オロナミンCカップ競走に元気ハツラツと参戦です。

新期初A1奥平拓也は江戸川欠場、でも恋唄奥平雅士は府中で優勝!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 お休みのひと時を熱戦譜でお楽しみ頂いております今日の江戸川競艇、2日目を迎える東京中日スポーツ杯には来期自身初のA1に昇級する71期3602奥平拓也(おくだいらたくや)が地元選手として登場。人機一体となりました各レーサーが激しく鎬を削ります第4R6号艇で登場した奥平は捲り差しを狙うも3号艇松村康太が壁になって行き場を無くし5着敗退。ここで負傷したのかは不明ですが、ともかく負傷の為後半11Rを選手責任欠場。事故点を加算して帰郷しました。7月のG1浜名湖賞でデビュー約14年半初めてのG1出場を控える奥平の次回斡旋は23日から常滑さつき賞です。ここで今シリーズの鬱憤を晴らすヴィクトリーを飾れますかどうか。

 その第4Rで1M若干キャビり6着に敗れた5号艇三浦永理は4月のサンケイスポーツ杯以来となる江戸川出場。発走遅延で東京G1ヴィクトリアマイルと発走時間が重なった2号艇の第8Rは2コース差しでシリーズ初の1着と、枠番の利もあってA級男子2名を相手に人気の中心でしたが見事人気に応えました。ちなみにヴィクトリアマイルも2枠2頭でワンツーとなり、同時刻の2つのレースが共に2枠で決まった事になります。

 第9Rが始まりました。このレース1回乗りの2号艇鎌田義が人気独り占めのこのレースは待機行動実施細則違反の1号艇坂口明義が55とドカ遅れをやらかしたこともあり、カマギーが楽に捲り圧勝。シリーズ2本目の1着ゴールを飾り3走22点。初日第5R展示転覆による欠場をほぼ帳消しにしましたが、この勝利がよほど嬉しかったのか入線後は優勝戦なみに右手を高らかに挙げてました。

 最後に、本日は江戸川から東京競馬→多摩川と行くつもりでしたが寝坊したのでG1レースクイーンヴィクトリアマイルレディーの元準ミス日本加藤綾も、第1R第5R(1号艇田上晋六先頭も+02のF)に出走した95期4300加藤綾(本日3着2着と好調)も生で見られず。だから1Fレストランメインそばの地上波コーナー兼専門紙コーナーで競馬と第8Rを同時に見ました。レース後非常にざわ…ざわ…してたのが印象的でしたね。

 さてここで競馬の話。VICTORIA'S SECRETVictoriaで大量に買い物できそうな配当が飛び出したVictoriaMileは三浦永理と同じ黒枠のコイウタが勝ったのですが、恋唄ちゃんの馬主は「ほんの短い夢でも♪とても幸せだった♪逢えて本当に良かった♪だけど帰る貴方♪」恋唄歌手前川清。かつて蒲郡競艇場水上ステージで真夏の夜の海物語2003年SGオーシャンカップのイベントとしてショーを行い「長崎は今日も雨だった」とか「東京砂漠」とか「ひまわり」とかを熱唱して場内のファンと指定席にいた自分を大いに沸かせてくれたきよしが遂に初G1やりました!新鋭の奥平雅士(おくひらまさし)調教師と新鋭の松岡正海騎手も初のG1タイトルです。そして勝ち馬の恋唄ちゃんはとっても思い入れがある昨年度の我がPOG馬。集計期間から1年遅いですが、現地参戦した昨年のレディスダービーG1優駿牝馬で故障競走中止となり、すわ予後不良?と心配(結果は跛行で無事)させただけに感慨深いです。ちなみに電投馬券は応援複勝だけ当たりましたです。
 そういえば2着に世界のアサヒライジングが入った事でくしくも同じ東京マイルの女子リーグ戦G3デイリー杯クイーンカップ(あの時は大量のチョコが…)と同じワンツーになりましね。
恋唄収録「内山田洋とクールファイブ:ヒットコレクション 決定盤」


尼崎競艇ダービー杯最終日

 今節の目玉濱野谷憲吾、それに3日目10R美智子選手責任エンストだよ美智子で優出こそならなかったものの今節は台風の目となった西村美智子が2日目9Rに続いて同じレースを走る事になった11R選抜戦
 東都の大エース濱野谷ですから同じ相手に2度は負けられない、しかもここは1号艇でイン戦。ということで美智子が5コースからの差し届かず4着に敗れたのに対し、濱野谷はインから踏ん張って通算995回目の1着であります。このペースだとちょうど住之江SG笹川賞で1000勝を達成できそうな感じであります。

 つま先が震えます。鼓動が高鳴ります(動画)。いつもの千葉誠一アナでなく若手実況アナが鼓動を高鳴らせて実況を行った競艇ダービー優勝戦です。「全く出てなかったです、ハイ。」と言いながらも終わってみたら1号艇を手に入れてた地元白石健がイン戦圧勝で昨年末サンテレビ杯争奪歳忘れ今年もありがとう競走以来の地元連覇となる今年3度目・通算30度目の優勝であります。2コース順走の2号艇柴田光が2着であります。
 実況の方は前半限定だった千葉ちゃん司会のインタビューではありがとう競走に続いて「うれしいの一言です、ハイ。皆様の応援がボクの力になってます。ありがとうございました!」と、永遠のミルキーフェイスにして艇界屈指のラーメン党であるしらけんは今回もファンへの感謝を強く表してました。以上でございます。

唐津優勝戦

 節間10戦9勝2着1回の独走ぶりから携帯マクール唐津競艇コーナーで大人気連載中エンタ亭カナエの先走りブログで「だって強いんですものー(*´∀`*)!」と連日紹介され、「はい、ここでこの59号機に注目っ」と2連対率こそ30.9%に過ぎませんが、2優出2優勝の隠れ実績機。「この勢いで一気に優勝戦まで!という未来図も描けますねっ☆」と腕と足の両面で石川香奈恵アナにプッシュされた『裏付けも未来も、見えてきます。』1号艇高橋勲が最後もイン戦独走、母の日に準完全で唐津初・通算45回目の優勝。公称57kgですが、この日は52.8kgまで絞ってきました。2コース張り差し順走の中村有裕54.7kgが2着で2連単は220円。
 尚、3コースモンキッキーターンで捲り戦の山下和彦と5コース差しの岡部大輔による3着争いは、2周2M山下を捲った岡部がものにしています。

 かくしてイサオ祭の唐津6日間シリーズでしたが1Rでは残念なアクシデント。234/651の進入から1号艇の100期新人梅崎恵美が+13、5号艇の98期鈴木祐美子が+08のフライング。更に1Mでは3号艇小羽正作に捲られた2号艇入船幸子がターンマークにぶつかり、そこに4号艇小巻良至がぶつかり、更に小巻に対し6号艇大橋庸志が乗り上げる展開に。これで入船が妨害失格、大橋がエンスト失格となり3連勝式不成立。大橋にゴツンとやられとっても痛そう(動画)に見える小巻ですが無事完走し、レース不成立は免れています。

多摩川マンスリーKYOTEI杯優勝戦

 1号艇金子龍介(兵庫)がインから押し切り多摩川2回目、通算24回目の優勝。マンスリーKYOTEI発行元のエー・アンド・エー桧村賢一専務取締役からマンスリーKYOTEI杯を授与されました。
 チルト-0.5度3コース捲り差しから2M全速戦で抜け出した3号艇松本勝也(兵庫)が2着で神戸カンパニーのワンツー完成。ちなみに昨年の当地ダブル優勝tvkカップ優勝が光るかつやは兵庫支部ですが、新春特別かどまつ賞2年連続斡旋を始め地元選手並に多摩川を走っております。
道頓堀名物金龍ラーメン
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ