ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

安藤裕貴

深川ドンと構えた不動のイン戦で全日本王者の座をあっさりめし取る

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今年最初のG1、唐津競艇開設56周年記念G1全日本王者決定戦が本日最終日。
 優勝戦は4号艇今村豊が2コースに入り、ピット出遅れた3号艇川上剛が回り込んでカド受け4コース進入の1423/56の並びに。
 そしてインにドンと構えた1号艇深川真二(佐賀)が10トップスタートの深川不動の堂々たる速攻でぶっちぎり、通算46回目にして昨年6月G1佐賀新聞社杯唐津モーターボート大賞に続く2度目のG1優勝をかなえました。
 後続は順走の今村豊が2番手も、2M内に艇を伸ばしてきた5号艇井口佳典を包んだ際に流れ、1Mの攻めを深川に門前仲町払いされての外マイから2M差した2号艇今垣光太郎が2周1M先行して逆転2着。
 2周1M今村豊は91期たけし軍団長に押っつけられてしまい。その間隙を突いて内を回った井口が逆転3着。
深川不動堂深川不動参道入口


浜名湖日本トーター杯アタック優勝戦

 前付けキバタと化した5号艇柴田光(群馬)が動いた15/23/46の進入から1号艇・静岡の獅子堤昇が先行するも掛かりが悪く流れてしまい、2号艇角谷健吾のつけまいを張る事には成功したものの柴田と3号艇佐口達也(群馬)の群馬コンビに差され3番手。
 そして10トップスタートから早差しの柴田が2007年9月児島デイリースポーツ創刊60周年記念以来となる通算18回目の優勝

 2番差しの佐口は2M堤の包み込みを振り切り、2M差し込んできた4号艇藤生雄人(群馬)を2周1M行かせて差しきり、2周2M内に切り返してきた堤を行かせて捌き、3周1M堤の外全速戦をこらえきって3周2M先に回り群馬ワンツー完成。


 さて、明後日からのG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦(初日開門予定9:20)を前に「全国スター候補・地区スター候補交流会」を本日浜名湖ロイヤルホテルで実施した浜名湖競艇。
 それに先立ち、同日と前日は全国スター候補・地区スター候補の講習会が行われ、現役競艇選手からは原田幸哉大嶋一也が特別講師を担当したそうです。

常滑スポーツ報知杯争奪ウインターカップ優勝戦

 162/345の進入から3号艇安藤裕貴(愛知)が04トップスタートを決め、これに対応して2号艇飯島昌弘と6号艇白水勝也が先捲り合戦で抵抗。
 飯島は白水を捲りきるも抵抗された結果大きく流れてしまい、展開ドンピシャに捲り差した安藤が単独先頭に立ち、2007年9月蒲郡菊花ナイト特別以来となる通算9回目の優勝
 常滑前節睦月特別では弟子の99期4409坂元浩仁がデビュー初Vを飾りましたが、今節は大将のAnchangがVを飾って師弟で2節連続V。

 後続は4号艇島田一生と5号艇渡辺豊が捲り差しで続き島田が2番手になりますが、2M先行した島田を一生懸命に差した渡辺豊が逆転。
 4番手の飯島も2周1M内に切り返し2番手争いに加わろうとし、ここは渡辺豊が包み島田が差す展開で不発に終わりますが、2周2Mで前の渡辺豊を深追いしてもたついた島田を飯島が一気に捲って3番手逆転。
 飯島は3周2M渡辺豊の内に潜り込んでゴール寸前2番手接戦まで持ち込みますが、ここは渡辺豊がなんとか粘って2着。


 ここで来月2日から始まるG1東海地区選手権競走の情報。
 昭和特撮映画チックな特設サイトが13日に開設されましたが、それによるとシリーズ5日目の6日土曜日には原田幸哉のそっくりさんタレント原口あきまさが来場するそうです。

 ちなみに原口あきまさはタレントの福下恵美と結婚を前提にした交際をしている事が本日付けのサンケイスポーツで記事になり、その後正式に交際を発表しました。
総天然大迫力東海大決戦

ボートピア習志野1周年記念メインイベント・濱野谷菊地ショー

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
ボートピア習志野1周年記念 なっちありがとうのJLCニュースワイドが最終回を迎えた上半期末の本日、江戸川競艇場外ボートピア習志野開設1周年記念イベントとして濱野谷憲吾菊地孝平トークショーがあったのでBP習志野まで行ってきまして12時30分頃に到着しました。新習志野駅から徒歩約4分のBP習志野は中山競馬場(本日のメインは1200m戦G1スプリンターズステークス)からも近いので、中山競馬でお目当てのレースがある時にも便利なのです。ちなみに新習志野から船橋法典までは片道210円です。更に言えば、船橋競馬場船橋オートレース場は新習志野から1駅130円ともっと便利。

 12時50分に先ずはメインホールでイベントの予告があって、次いで13時からアクティブビジョンホールでイベント本編が始まりました。JLCニュースワイド最終出演日に見せた涙に思わず自分も涙腺が緩んでしまった前田くみ子キャスター司会のイベントは息子のサッカーにお供して日焼けと絆創膏全開の濱野谷とクローズド・ノートを推薦する読書家の菊地がしゃべったり記念撮影をやったりと。その後14時20分過ぎに松岡俊道アナと坂田博昭アナが緑茶中継スタジオ司会を担当している白黒アンジャッシュ祭りの中山に移動してアストンマーティンもといアストンマーチャンのエキゾーストノートを堪能したのでチャリティオークションは見られなかったのですが、トークショーと撮影会はボートピアならではの環境でじっくり堪能できたのです。只今3週連続トークショー中で今回が第2弾にあたる濱野谷はともかく、菊地は東海地区なので貴重なイベントでございました。あと、クローズドノートの話題をしたとはいえ、菊地はERIKA様と違って物腰が柔らかかったのです。
トークショー前にメインステージで予告編濱野谷憲吾&菊地孝平トークショー地区違いなのでなかなか見られない貴重なツーショット

 さて、BP習志野は翌週日曜日の10月7日にもトークショーがありまして、出演は熊谷直樹渡辺千草、それにスペシャルゲストの艇王植木通彦元選手です。 

江戸川ボートピア習志野開設記念2日目

 ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面は第6Rの開始です。逃げ込み図る1号艇石川哲秀に対し5号艇宮嵜隆太郎が猛然と捲りに行きますが、宮嵜はボートの舳先が持ち上がって選手責任の転覆(動画)です。尚、ボートの撤収作業を行った為に第7Rの展示開始が若干遅れました。ということで楽逃げになった哲秀が1着、順走の2号艇作間章が2着に入りました。

 第7Rが始まりました。このレースは4号艇鈴木正人が1号艇西川真人を捲り差しで捕らえきって1着になり、2着に西川真人、3着に6号艇山来和人が入ったら、人・人・人のワンツースリーになってしまいました。


 明後日に行われます優勝戦を目指します得点率上位7名は以下の通り。

森高一真10.00 さくまあきら9.75 大西源喜9.33 須藤博倫8.75 清水敦揮8.67 石川哲秀8.33 宮武英司7.67

 森高と大西が元気に本日連勝でポイントの上積みに成功です。

蒲郡菊花ナイト特別優勝戦

 1号艇芹澤克彦にデビュー初優勝が懸かりましたがプレッシャーからかスタート遅れ、艇を伸ばして1M先制も芹澤はあせりざわになって大きく流れてしまいます。そんな芹澤に対し、地元の大将として優出を果たした2号艇安藤裕貴がドンピシャと日本刀のようなキレのある2コース早差しで斬り込み芹澤を斬り捨て御免。そして4カド差しで大将に迫り舳先を入れようとする4号艇益田啓司に対しては2Mで頭を叩いて全速のフルターン!これで独走となった大将がリング×2の整備失敗もなんのその、通算8度目の優勝ゴォル。安ちゃんコールが飛んだ表彰式では験担ぎに蓄えたヒゲと黒くした髪の毛を菊花ナイトのオレンジ☆ホールで満面に公開しました。ちなみにプロフィール写真は金髪のヒゲ無しです。なんにしてもヒゲと黒髪の効果覿面、さすがは愛知の大将!
 さて、優出メンバー唯一のA1選手だった5号艇福島勇樹王子は5コース捲り差しで3番手も、そこは早実の王子様。2Mで一枚上の捌きを見せて益田を差しきり逆転。2周1M切り返してきた益田を包んでかわし自分感動のゆうきワンツー…ではなく、安藤裕貴は「ひろたか」です。

多摩川日刊ゲンダイ杯優勝戦

 BP習志野でも場外発売が行われた今節の優勝戦は、4カドから08のトップスタートを放った4号艇山谷央がカド受け3号艇伊藤雄二に抵抗されながらも捲りきって通算3回目の優勝。2着は大外捲り差しから2M外全速の6号艇加藤高史
 山谷でお馴染み江戸っ子の山谷央が雨を泪橋に変えた捲り戦で優勝した事で、多摩川では前節G1ウェイキーカップに続き東京支部が優勝。対して、3着に終わった1号艇山本隆幸(王者軍団若頭)はご存じのように兵庫支部で、前節G1植木杯に続き兵庫支部が1号艇で人気を裏切りました。

 さて、表彰式(動画)の最後で山谷は「ファンの皆様。本日は競馬場ではなく、雨の中多摩川の方にお越し頂いて本当にありがとうございます。」と熱のこもったあいさつをしてますが、自分はBP習志野から中山競馬場に行ってしまいました。ごめんなさい。ちなみに多摩川優勝戦の舟券は習志野で入手した出走表を使って12R江戸川特別(江戸川だからもちろん1800m)発売中の馬場内投票所で電投購入しました。BP習志野は本場と発券機メーカーが違うので相互払戻が出来ず、よって前売が買いにくいのです。

津レディースチャンピオンカップ優勝戦

 節間は5日目一般戦8Rの4着以外は全て1着という快進撃を見せて2001年4月桐生G3女子リーグ戦上毛新聞社杯白滝姫賞以来約6年半ぶりの優勝を目指した1号艇大山博美でしたが、1999年5月常滑G3女子リーグ戦レディース笹川杯以来約8年4ヶ月ぶりの優勝を目指した6号艇若山美穂(1999年当時は美穂子)に2コースまで入られ暗雲が。そして16/2/345の進入から3号艇宇野弥生が07トップスタート。この展開に大山は艇を伸ばして先制態勢もやや深めの進入で焦ったのか流れ、宇野を張っての捲り差しを見せた3号艇佐藤幸子に差され、更には4号艇角ひとみにも差されて3番手。久々の優勝なりませんでした。
 津で開催されるG1企業杯JAL女子王座決定戦に向け幸先良いVを飾った佐藤幸子は通算26回目の優勝です。

宮島報知エキサイトカップ優勝戦+MMJ】

 1号艇大場敏がインから押し切り燃えて前走地丸亀W準優シリーズ秋の陣に続く2節連続今年4度目、宮島では初めて、通算では34回目の優勝
 2コース順走の2号艇松本勝也と4カド握った4号艇山崎義明による2番手争いは2M全速で松本を捲りきった山崎義明埼玉支部長の手に。


 さて、宮島競艇オリジナル動画コンテンツモン太チャンネルではメタル・マスター宮武準元選手の引退後を紹介した「宮武準〜新たなるスタート(動画」が公開されました。
 Jun Miyatake Presentsのエキサイター必至なライブハウス「MOTOR BREATH」は広島市佐伯区五日市のコイン通りにある清水プラザビル3F(1Fは用品銘酒センター)に11月1日オープン予定で、工事の進捗状況はMOTOR BREATH's DIARYで公開中。そして廣島を代表する書道家正木嗣鵬先生が一筆奮ったロゴが最高にイカすレザークラフト工房革り者とカービング王子加納直人も応援ヨロシク。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ