ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

安達裕樹

【勇気凛々燃えてる限り】三重新鋭安達裕樹初G1V地元でかなえる

ブログネタ
競艇 に参加中!
 「今年は開催の時期をつつじの花もまだ眠る12月に移しての戦いとなりました。津競艇開設57周年記念競走G1つつじ賞王座決定戦。今節、恋の決定戦のような甘さはありませんでした。厳しい予選、準優勝戦を戦った6名による最終決戦は12R王座決定戦です。(動画

 ということで迎えた王座決定戦ファイナルは4号艇間嶋仁志(三重)が動いた14/23/56の進入に。
 そして前年度覇者の3号艇松井繁が29と凹者スタートをやらかしてしまったのとは対照的に、12の好スタートだった5号艇安達裕樹(三重)が2号艇田村隆信の抵抗を振り切って捲りきり、6号艇池田浩二の差しも締めて振り切り先頭。
 かくして92期4227安達裕樹は今年の賞金ランキング1位池田浩二を2着に従え、当地9月G3新鋭リーグ戦競走第12戦プリンスカップにつづく津3回目・今年4回目・通算7回目の優勝は師匠ムラミーこと村田瑞穂引退の年にもぎとった具が大きい初G1タイトル。
 また、今節のキャッチコピーは「艇王はオレだ。」ということで艇王植木通彦競走会理事からウェイキーカップもといMB競走会長杯を授与(特設サイトに動画あり)されており、つつじの王座は同時に東海艇王の座にも君臨。

 さて、同支部96期4344新田雄史が優勝した10月のG1びわこ大賞に続く新鋭世代からのG1Vで、来年1月の浜名湖G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦特設サイトには安達裕樹トークショーの動画もあり)では、この津ッ輝ー隊東海地区スターコンビが格上選手として他選手の挑戦を受ける立場に。
 昨日のBP横浜トークショーに出演した岡崎恭裕と故障欠場中の篠崎元志(完治して無事出場して欲しい)の福岡支部全国スターコンビとの対戦を中心に新鋭王座も盛り上がりそうです。

 ちなみに画像は2006年2月の「レジャーニューズ」に掲載された安達裕樹インタビュー記事です。本文を書き写したものはこちら
日本レジャーニューズチャンネル

 ところで、昨日はビックカメラ新横浜店でギタリスト足立祐二(あだちゆうじ)を擁する再結成DEAD ENDの20年ぶりとなるオリジナルアルバム「METAMORPHOSIS(DVD付)」を購入。
 本当は王者松井生誕40周年記念日の11月11日に発売されてましたが、売ってる店になかなか巡り会えず、発売から約1ヶ月後にやっと手に入りました。
 Hydeに多大な影響を与えたカリスマヴォーカリストMorrieのヴォーカルはかっこよすぎ、あだちゆうじのギターも弾きまくりで、ジャパニーズメタルとビジュアル系ロックの双方に影響を与えた伝説のバンドは20年前の作品と比べても引けを取らない名盤を発表してくれました。


蒲郡家康賞競走優勝戦

 兜が副賞の名物競走家康賞は第2施行者の岡崎市にちなんだレースですが、岡崎市は収益金の分配をめぐる対立を主な要因に今年度限りで主催から撤退。

 ということで第38回の今回が最後になりそうな家康賞はスタート展示の412356から本番では1号艇福島勇樹王子が枠を主張し、142/356の進入から14トップスタートのゆーき王子が2号艇向所浩二のつけまいを受け止め、4号艇大賀広幸の差しと5号艇川島圭司の2番差しも振り切り、8月G1浜名湖ダイヤモンドカップに続く通算12回目の優勝。2M川島を差しきった大賀が2着。

 「初V(2003年7月蒲郡ボート大賞)で自信をつけたのもこの水面、そして記念の壁、ペラのどん底、その苦しみから解放。爆発力新星福島のスタイルを生み出したのもこの蒲郡の水面であります。福島にとって不思議な力が宿るこの水面、またひとつ栄光を飾っていきます。蒲郡大好き大得意福島勇樹!(動画
 ということでデビュー初VとG1初優出(今年5月G1オールジャパン竹島特別)を飾った蒲郡では3度目の優勝を飾った蒲郡プリンスが昼も夜もゆーきな1日を締めくくりました。

多摩川年末感謝杯優勝戦

 元々は「リアルスポーツ賞」というレース名だったものの11月30日に発行元の内外タイムス社が自己破産。
 HPはサイト運営を代行してた会社(フェイツ)が権利を買い取りリアルライブに改名して存続するものの、紙媒体としてのリアルスポーツは9月の改名から3ヶ月も経たずに終了。

 ということで年末感謝杯になった是政夢劇場は1号艇吉川昭男の独壇場で、枠なり3vs3の進入から2と3が凹んで壁無しになるも、4号艇橋本久和の捲りをブロックし、5号艇芦澤望の捲り差しを振り切り、今年5回目・多摩川2回目・通算31回目の優勝は12月12日12R3号艇2着以外全て1着の準パーフェクトV。地元のぞむが2着。

三国しわす第1戦優勝戦

 スタート展示の125346から本番では2号艇西田靖が鋭発ピット離れでインを奪取した215/346の並びに。
 そして西田が08トップスタートも流れ、すかさず差して斬り込んだ1号艇古結宏が先頭に立ち、今年7回目・通算8回目の優勝は10月の日本モーターボート選手会会長杯菊花賞からの三国連続V。
 2番手の西田に対し、1M捲り差しから3番手の3号艇長岡茂一が2M差して西田に舳先を掛け、2周1M内の利で先行して逆転2着。

 ということで、東京支部のSGウィナーコンビを従えたのは今年下半期に急上昇した菊花賞男でした。

鳴門市長杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から06トップスタートの1号艇金子龍介に対して3号艇深井利寿がつけまい強襲。
 しかし深井の捲りは流れ、深井の捲りにおつきあいせず小回り差しに徹した2号艇興津藍(徳島)が6号艇大庭元明の捲り差しを内でこらえきって先頭で2Mを回り、鳴門2回目・通算11回目の優勝
 後続は1M捲られるもBS伸び返した金龍が2M深井に突進仕掛けて飛ばしきり、HS2番手争いややリードの状態から2周1M大庭を差しきり2着。

愛知の都築正治竹島弁天杯優勝で通算1000勝おめでとう!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 事実上の競艇界GW最終日である8日は11場で優勝戦。特に注目の蒲郡中日スポーツ賞竹島弁天杯争奪戦優勝戦は1236/54の進入から、胸ときめくメモリアル1000勝Vへ激しく熱い走りを披露でしょうか1号艇都築正治が6号艇伊藤誠二の攻め込みを激しく熱いインモンキーで抵抗。全速あこターンで回りきった都築は捲り差しに切り替えた伊藤誠二の舳先、更には2号艇今泉和則の舳先を締め込んで振り切り栄光の1000勝Vは今年V4、通算42回目となる優勝のゴルィン、おめでとう!ちなみにデビュー初勝利も1992年の蒲郡でした。
 後続は2Mで4号艇野中義生(静岡)が3艇まとめ差しで2番手浮上も、2周1M窮屈なターンで都築の引き波を踏み、更に今泉に捲られて一気に最後方。2周1M捲った今泉が差した伊藤を押さえて2着のゴルィン。
 尚、G1中日スポーツ杯争奪オールジャパン竹島特別よりも5月13日の草野球に力が入る、というよりそもそも竹島特別に出ないNAZOSHIKO都築正治(愛知)と血縁関係は無いおは養老の滝☆☆NADESHIKO都築あこ(愛知)が応援してた5号艇永井聖美(愛知)は5カド捲り差し狙いで今泉と伊藤の間を割ろうとするも挟まれてしまい最後方、結果は2周1Mで舟研スーパー野中を抜いての5着でした。
嫁の実家がある多摩川での都築たん

 表彰式も終わりさあこれでめでたしめでたし大団円…ではなく、司会の田中早織キャスターが「この後新人選手紹介が続きますので帰らないで下さ〜い!」と呼びかけ、都築の続きで愛知支部100期新人紹介が始まりました。紹介されたのは東海地区の服部No.1を目指してベストを尽くします4435服部達哉と艇界の松○大輔を目指す4442松竹大輔(マツタケだいすけ)、そして登録番号善臣大先生こと4453永田郁弥マサハルの都築はフミヤだったんですね。

 ここで情報。蒲郡は昨年に引き都築、G3新鋭リーグ戦初日の5月26日〜G3女子リーグ戦最終日の10月8日まで昭和アーケード。2004年のGガール、昨年のメイドに都築、今年はビア・エンジェルとしてmana様が蒲郡3度目の登場予定です。

宮島サンケイスポーツ若葉賞優勝戦

 1号艇市川哲也がインから押し切り宮島15回目にして通算55回目の優勝。尼崎でも鳴門でもなく宮島を走っていた3号艇鎌田義が3コース捲り戦で2着。
 そしてこのレースの主役、八重歯が素敵な一昨年のMVP辻栄蔵は2号艇で登場なのれす。息子永祥君が大好きそうなウルトラマンコスモス春野ムサシ隊員こと杉浦太陽みたいにカッコイイところを見せたかった辻ちゃんでしたが、2コースに入った辻ちゃんは差し狙うもテチャーンの引き波を踏んでのぞみ消え4着に終わってしまったのれす(´`;)

平和島京浜急行社長杯優勝戦

 4号艇西田靖が豪快に前付け。これに1号艇佐藤大介(愛知)が激しく抵抗しますが、進入が縦に並んだところで佐藤がエンジンをかけ直して2コース進入。これで412/356となり、コース取られた佐藤が09トップスタートで西田靖を叩いて捲ります。更に3コースから長岡茂一が2段捲り一発決めようとしますが、これを振り切った佐藤があとは快特級の航走で平和島初、今年3回目、通算24回目の優勝。毎回ウイニングランで楽しませてくれるプロレスファンの佐藤大介、今回のウイニングラン(動画)は1M端で立ち上がり永田裕志ばりの敬礼をしたとお伝えしておきます。
 後続ですが、4カド捲り差し狙いも神風モイチタンに張られ3番手の福島勇樹(早実)は2周2Mの差しで神風モイチタンを追い詰めますが、舳先をかけるまでには至らずゆーき王子は3番手まで。白と赤の京浜急行ワンツーなりませんでした。
 その京急、3月に登場した新1000形が京急史上初のステンレスボディになったことで物議を醸しているとお伝えしておきます。

 ここで平和島に関する競艇BBの情報。Tokyo bay pirates結成記念式の動画が見られます。当日行けなかった方で夜のJLCニュースも見られなかった方や、もう一度見たいという方は見てみては。

津スポーツニッポンパール賞競走優勝戦

 1号艇本部真吾が逃げて先頭に立つもアーッ!と+04のF。これにより2コース順走の2号艇安達裕樹が先頭に繰り上がり、3コース2番差しの間嶋仁志が2番手に繰り上がりました。
 恵まれとはいえ、92期4224安達裕樹はこれがデビュー初優勝。安達について詳しくは2006年2月24日のエントリーを見て貰うとして、ムラミーこと三重の大御所村田瑞穂の愛弟子が遂にやりましたね!
 ちなみに安達は津前節日本財団会長杯争奪戦に4日目から追加参戦で5戦4勝2着1回の好成績を残しA1勝負駆け成功、師弟で新期A1となりました。

下関九州スポーツ杯争奪競艇の日大賞優勝戦

 3号艇木村光宏(香川)が3コース捲り差しでインから逃げる1号艇今村豊(美祢)を捕らえきって通算26回目の優勝、見事競艇の日大賞を受賞しました。
 表彰式(動画)では「(今年のリズムを聞かれて)まあ、もう毎日が暗い思いやね、つらい思いばっかりしてきたんで。」「(それはレースで勝ってる時もそうなんですか?)まあ…あの、いろいろあると思うんで。はい。ただまあ、あの、前向きにね一生懸命あきらめずにね、はい。」と、苦労人のみっちぃらしい重みのあるコメントを残しました。

徳山デイリースポーツ杯争奪花と緑のふるさとレース優勝戦

 イン01タッチスタートの別府昌樹に対し3コース04スタートの2号艇吉村正明が伸びの違いで一気の絞り捲りを決め通算4度目の優勝。Kasado bay piratesまちゃあき海賊団長が地元笠戸湾を遂に制しました。表彰式や優出者インタビューは海賊団員sahorenrinさんが写真付きで詳しく掲載してくれてます。
 まちゃあき海賊団長の引き波に呑まれた別府は転覆(動画)。そして転覆艇の内を2コースからうまくすり抜けた4号艇柏野幸二が2着に入ってます。

常滑中日スポーツ杯争奪チャンピオン大会優勝戦

 ドリーム戦と全く同じメンバーになった優勝戦は進入が乱れ、2〜4コースが極端に深い1345/26の進入から2号艇池田浩二の捲りが飛んできますが、残したぁ〜リードは5艇身。1号艇原田幸哉がいわゆるひとつの準パーフェクトで通算41回目の優勝。池田が2着で、進入は波乱でも配当は平穏な2連単180円。
 ちなみに10戦9勝2着1回で優勝した原口が唯一敗れたレースは3日目7R。4カド捲り差しも、3コース先捲りの1号艇垣内清美を捕まえられなかったという内容でした。

大村スポニチ杯GW特選優勝戦

 5コース11トップスタートから捲り差しの5号艇石橋道友とインから逃げる1号艇山口博司でトップ接戦となり、2Mは山口が先制。しかし山口の大村咲マイは流れ、石橋を叩いて慎重に回った石橋がここで山口をリードし単独先頭。2周1Mでは山口が全速戦で追いかけますが届かず、1周2M後方では3号艇中嶋誠一郎が転覆していたこともありここで決着が付きました。
 優勝した石橋は正月当地九州スポーツ杯争奪新春特選レースに続く今年V2で通算V4なのですが、実はV4全て大村な石橋です。

鳴門日本MB選手会会長杯優勝戦

 1号艇烏野賢太がイン23トップスタートの速攻戦で独走、通算64回目の優勝を飾りました。ウノケンは正月の松竹杯競走(オール徳島じゃないので松竹大輔くんの斡旋が楽しみ)に続く鳴門連続Vにして今年もV2です。
 後続は大外捲り差しの6号艇石川哲秀が3周1M内からチャージをかけて追撃する3号艇濱村芳宏(日本MB選手会理事)を振りきって2着。

児島鷲羽杯争奪戦優勝戦

 4号艇平尾崇典の4カド捲り差しをインからガッチリ受け止めた1号艇川崎智幸が今年3回目、通算27回目の優勝昨年に続く鷲羽杯連覇達成。
 後続ですが、平目は川崎の引き波を踏んでしまい、2コース順走の2号艇山本浩次が2M捌いて抜け出し2着です。

三国湯の花賞優勝戦

 インから逃げの態勢を作っていった1号艇今垣光太郎が今年V3となる通算61回目の優勝。5コースから差しで斬り込んだ萩原秀人が2着。

ウリ年にウリ坊が江戸川で熱戦譜を描いています

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 各レーサーがエキサイティングなレースを展開しています江戸川関東日刊紙競艇記者クラブ杯は2日目の競走水面。昨日は3着2本、6号艇の前半第7Rでは2連単6100円3連単6850円を提供して1号艇の後半第12R江戸川選抜では2連複20000円3連単45340円を提供した今シリーズの看板選手瓜生正義。ウリ坊クオリティ満開だった初日の汚名返上と行きますでしょうか。
 ウリ坊の前半第7Rは5コース15のトップスタートでスーッと伸びてからの捲り差しで1号艇上之晃弘を差しきり先頭。しかし2周1Mで上之がウリ坊を差して追いつき、いいレースを見せています上之に並ばれ苦しめられたウリ坊でしたが3周1M内先マイでなんとかシリーズ初1着です。
 ウリ坊の後半第12Rは逃げる岸本隆を2コースから差しに行きますが届かず2番手。しかし2周2M岸本のターンが漏れた所を見逃さなかったウリ坊が岸本を差しきって1着。競り合いの末に本日連勝、汚名返上に成功です。

 優勝者当てクイズに一票投じた岡田憲行第8R3号艇1回乗り。岡田は捲り戦で1着としオール2連対をキープ、シリーズをリードしています。

津日本財団会長杯争奪戦優勝戦

 デビュー初優勝が懸かる地元92期安達裕樹が1号艇となりましたが、楽に優勝させまいと4号艇仲口博崇が2コースに入ってきて進入は内2艇が深い14/2/356。そして楽な起こしの3コースから2号艇吉川元浩が捲り差しで突き抜け通算19回目の優勝。気合いの02トップスタートを決めた安達でしたが、吉川に軽く差されてしまって初優勝はおあずけ。そんな安達裕樹について詳しくはこちらをどうぞ。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ