ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

宮島競艇

秋の宮島チャンピオンは兵庫の吉川元浩!

ブログネタ
競艇 に参加中!
 9月4連続G1開催の第3弾、安芸のG1宮島チャンピオンカップ。最終日の今日は秋の宮島観光客で宮島口駅と連絡船乗り場が大賑わいで、宮島名物あなごめし うえのの前も人だかりが出来る大混雑で食うのを断念。ちなみに昼食は焼きガキにしました。

 次に、優勝戦の枠番。

1:吉川元浩 2:湯川浩司 3:丸岡正典 4:田中信一郎 5:松井繁 6:服部幸男

 全員SGウィナーという一戦は、王者松井の同期盟友にして最大のライバルである静岡の服部先生以外は見事に阪神間で固められ、さながら阪神杯に。
 そしてスタート展示の123564から本番では名人タナシンが動いた142/356の進入になり、25とスタート遅れた湯川浩司(1979年9月21日生まれ)が名人タナシンとマルちゃんの間に艇をねじ込もうとするも両者に挟まれる格好で艇が浮き、マルちゃんと服部先生が不利を受け、名人タナシンのターンも膨れ、4艇がもつれる展開に。
 そんな中、インからしっかり先制した吉川が今年は3つ目のG1となるV4、通算ではG1V12となる40回目の優勝。冷静に差して1Mのもつれ合いを逃れた王者が2着。名人タナシンが3着に入って3連単の出目1-5-4は先日の住之江G1高松宮記念特別競走と同じでした。
 尚、表彰式の動画は特設サイトで公開されてます。

 ちなみに、この記事は広島駅21時発のニューブリーズ号(小田急車)で帰郷した後、22日の14時頃に公開しました。
宮チャン表彰式インタビュー宮チャン優出者インタビューの王者記念しゃもじを抱える宮チャンの吉川元浩


【道の友はブリヂストン三国G3企業杯スズキ・カープラザカップ優勝戦

 スズキ車と三菱車を発売するスズキ・カープラザの企業杯は枠なり3vs3の進入から1号艇石橋道友が07トップスタートの速攻で逃げの体勢を作りきって3号艇吉田拡郎の捲り差しを振り切り、今年5回目・通算9回目の優勝
 ストーンブリッヂを深追いし過ぎたよしだかくろうは2M差しに構えるも窮屈なターンになった上に引き波も踏んでしまい、1M捲り差しから3番手だった5号艇吉永則雄の2番差しを許してしまい3番手に後退。かくして、優出メンバー中4号艇室田泰史(5着)に次ぐ年長選手である1978年生まれの吉永のりおが逆転2着に。

 さて、これで優勝賞金200万円を獲得した大村のストーンブリッヂは獲得賞金2805万円の賞金ランキング54位まで浮上し、チャレンジカップと賞金王シリーズの出場も射程圏内に。更に、年間V5で総理杯出場当確となる年間V6へもあとV1。SG予選得点が選考対象のためSG出場回数が多いほど出場の可能性が高まる来年の地元グラチャン出場への道が着々と開かれてきました。

蒲郡トトまるナイト特別優勝戦

 いつもの高橋貴隆アナが前半、普段常滑や浜名湖を担当している山口新之助アナが後半を担当した最終日の蒲郡トトまるナイト。
 ということで優勝戦実況(しんのすけ動画)がしんのすけアナになり、蒲郡競艇HPで優勝戦リプレイが見られる2005年度以降では初めてたかさん以外のアナウンサーが優勝戦実況を担当。

 そしてレースは枠なり3vs3の進入から1号艇平尾崇典が歯切れのいい実況に乗せて一目散に逃走体勢を築き、今年3回目・通算41回目の優勝
 後続は1M捲り差した3号艇鳥居塚孝博に対し、内から伸び返した2号艇古川健が迫りますが、2M外ぶん回したサントリー塚がここで抜け出し2着。

尼崎OBCラジオ大阪杯優勝戦

 「ラジオ大阪は1314ですが、そんなすんなり決まるんでしょうか。今シリーズのほんまもん、むっちゃ元気なシリーズ六強が相対します。(動画
 ということで2号艇河合三弘と5号艇山口修路と6号艇川崎智幸の舟券を2着以内で買ってしまったファンはジンクスとの戦いになる縁起の悪い優勝戦。

 そして1号艇吉田俊彦が3号艇浮田圭浩の捲り差しを振り切って先頭に立ち、この夏3人目のお子さんとなる三女が生まれたトシちゃんは通算21回目・今年は江戸川さわやか杯津グランプリシリーズ第4戦に続く3節連続4度目の優勝
 2番手争いをリードする浮田に対し、ジンクス打破に意気込む川崎が2M押っつけて先行するも、川崎を行かせて捌いた浮田が2着に入り、周波数通りの13ワンツー。
 更に、2M川崎を差した4号艇杢野誓良が3番手に上がり、周波数通りの134ワンツースリー。

福岡アジアマンス20周年記念レース優勝戦

 福岡アジアマンス20周年を記念した男女混合4日間シリーズのファイナルは枠なり3vs3の進入から2号艇松田祐季(三国地元スター)が差しを決めて今年3回目・通算4回目にして地元三国以外での初優勝で内弁慶を返上し、福岡に松田ここにありをアピール。
 2番手は1号艇堤昇に対し、5号艇魚谷香織(徳山地元スター兼中四国地区スター)と6号艇宇佐見淳の差しが入ってBS3艇併走の状態から、2M先行する宇佐見を差したぅぉちゃんが2番手に浮上しますが、2周1Mで内押っつけてきた堤を捌ききったぅぉちゃんに対し、2周2Mで堤と宇佐見がWでぅぉちゃんに押っつけて来て、ぅぉちゃんは宇佐見こそなんとか捌ききったものの、先に回った堤に対しては宇佐見が壁になって差し届かず3番手に後退。キルトクール艇の堤が逆転2着になってしまい、第1回地元スター選手実技訓練参加選手のワンツーならず残念な結果に。

若松西日本スポーツ杯争奪戦競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から「なんと早いスタートがあります!(動画」と1号艇西村勝が+02のフライングに散るも、そのまちゃるをおつな捲り差しで捕らえた3号艇乙津康志が今年2回目・通算12回目の優勝
 まちゃる前退きによる繰り上がり2番手争いは、1M差した4号艇木村光宏が2Mで内の6号艇新田友彰を差して捌き、2M2番差しで追いかけてきた5号艇馬場貴也を2周1M外から包んで振り切り2着。

江戸川日刊スポーツ杯2日目

 2日目の前半ラストカード第6R
 ここは1号艇桑島和宏が+01、3号艇大橋庸志が+03、4号艇西野翔太が+02と3艇がフライングに散ってしまいましたが、大橋を張って先行した桑島を02スタートから鋭く差した2号艇矢橋成介三重支部長65.5kgが西野の2番差しを振り切って先頭に立ち、2Mで桑島が差し返してくるも振り切り、自力で1着。
 ちなみにこのレースの2連単2-5は520円で2連複2=5は400円でしたが、3連単2-5-6はなんと370円で、2連勝式よりも安い配当が出ました。

広島遠征編加筆のお知らせ+戸田G3アルファクラブ杯開幕

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
MOTOR BREATHに到着 今月は1日が新幹線で広島、2日が山陽本線とバスで丸亀競艇から神戸、3日目は尼崎競艇と園田競馬に行ってきたわけですが、このうち福山→宮島競艇→MOTOR BREATHと移動した11月1日分の記事が携帯投稿でリンクが最小限だったことから、今夜大幅に加筆してリンクも付けました。興味がある方はどうぞです。


戸田G3企業杯アルファクラブ杯初日

 6日間入場無料の今節は冠婚葬祭互助会のアルファクラブ杯、またの名を川口ゆの郷杯。
 初日メインウインビー選抜戦は124/356の進入から1号艇熊谷直樹が13トップスタートの速攻で1着、差し伸びた6号艇木村光宏が2着と、先月の平和島日刊ゲンダイ杯で優出したコンビのワンツー。

 ちなみにクマは8Rからの連勝でみっちぃも1着2着発進になりましたが、今節選手代表の3号艇滝沢芳行はここ5着で前半も5着と、語感とは逆に散々なゴーゴー発進。

 ところで、日曜の自分は府中市内の公営競技場を行ったり来たりする予定ですが、土曜日はケイリン重勝式Kドリームス入会キャンペーンイベント1R終了後に実施されるなので、それを見に戸田へ。
 他にはフリーパーのお笑いライブが4R終了後と9R終了後、山崎義明埼玉支部長と須藤博倫のトークショーが6R終了後と7R終了後、4528黒井達矢と4532秋元哲の103期新人選手紹介が8R発売中にあります。
続きを読む

平和島サマーカップ最終日+夏の広島ダービー最終日

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 平和島8月開催の最後を飾りますデイリースポーツサマーカップは本日最終日。平和島の夏も今日で終わりですが、先ずは昨日行われた準優2個のおさらいです。11R準優勝戦は枠なり3vs3から1号艇作間章Tokyo bay pirates)が06スタートも、04スタートの3号艇長岡茂一(Tamagawa bp club)が果敢につけまいモイチターンでメイチ勝負。そして捲ったモイチと03トップスタートから差した2号艇中野次郎によるトップ争いは2M先行した中野が1着、モイチが2着、1M→2Mと差しを連発した6号艇山谷央が3着。
 もうひとつの12R準優勝戦は125/346の進入から断然人気の1号艇濱野谷憲吾が16トップスタートの速攻で1着、2番差しの3号艇野澤大二が2着、順走の2号艇大西源喜が3着で3連単940円と5日目唯一の3ケタ配当(一覧)。


 そして優勝戦の枠番はこうなりました。

1:濱野谷憲吾 2:中野次郎 3:野澤大二 4:長岡茂一 5:大西源喜 6:山谷央

 内枠2名がベイパ、中枠2名がBPクラブという番組になり、展示タイムはチルト-0.5度の濱野谷がチルト+3度に跳ねたモイチの6.56より速い6.49をマーク。平和島ムテキングに死角無しといったところですが、チルトサンドのモイチは4カドに入り進入は125/436とチルトサンドの威力倍増。そしてスタート飛び出したモイチが一気にスロー3艇を呑み込みますが、「早い飛び出しで4号艇の長岡が行ったぁ!(動画」ということで先頭のモイチは+02のフライングに消え、24ドカ遅れでスタートヘマりながらも冷静に小回りした濱野谷が山谷の捲り差しを機力差で楽に振りきり、今年3回目・通算49回目にして平和島10回目の優勝。1Mモイチの外に出して野澤を張っての外マイから2M山谷と野澤を差した中野が2着。
 F前退きの恵まれながら区切りの平和島V10を決めた濱野谷は東京ダービーV5を誇る平和島ムテキングでありますが、今年は正月名物東京ダービーの他にGW開催多摩川さつき杯も入れて正月GW盆完全制覇。そんな濱野谷は若松SGモーターボート記念を挟んで9月4日からの平和島次回開催イーバンク銀行杯にも登場。初秋の平和島からも目が離せません。

【真っ向言うぞ宮島創刊60周年記念スポニチ杯広島ダービー最終日

 真っ向サービスな面白動画企画モン太チャンネルプリンセスカップ七夕企画「星に願いを」(動画」が今節初日の14日に公開された宮島競艇HP。準優日に七夕を迎えたオール女子戦プリンセスカップに出場した女子選手達が前検日に短冊に願いを書いている様子の動画が約8分に渡って楽しめます。

 さて、夏の広島ダービー最終日の本日はオープニング1Rで非常に明るい話題があり、101期4458抹香雄三が6コースから真っ向勝負のつけまい放ち、昨年11月14日の当地デイリースポーツ創刊60周年記念初日1Rでのデビューから90走目で遂にデビュー初1着動画)。レース後には水神祭の祝福も受けています。

 モン太チャンネルで定野久恵との絡みが面白かった有冨義浩アナが実況を担当した優勝戦は162/345の進入から07トップスタートを踏み込んだ2号艇山口剛が真っ向勝負の捲りを決め今年3回目・通算11回目の優勝。捲り差した4号艇亀本勇樹が2着。
 山口剛は優出2着だった昨年からジャンプアップして夏の広島ダービー王に決定です。そういえば、今夏の広島ダービーは昨年と同じ8月19日。山口剛らの真っ向サービスな開門お出迎えサービスを受けた宮島現地参戦をしてから丁度1年経ちました。尚、山口剛は若松SGMB記念を挟んで平和島イーバンク銀行杯に出場予定です。

唐津市長杯お盆特選優勝戦

 123/564の進入から3号艇前川守嗣(福岡91期4195)の捲り差しが入り、デビュー初V一直線となりかけますが、内から2号艇峰竜太が艇を伸ばして前川の前を横切り、一瞬仕掛け遅れた前川の差しに対し、じっくりスピードを付けて差した1号艇小野勇作が前川を差しきり、通算7回目にして地元唐津初優勝

 さて、今節のシリーズリーダーは圧倒的に深川真二。6号艇前付けインで制した本日7Rを含め、完走した9戦全て1着と素晴らしい成績。返す返すも昨日12R準優勝戦(進入枠なり3vs3)で1号艇深川含む内枠3人が揃って+02のフライング返還欠場(返還額1800万8200円5日目総売上7599万8800円)に散ったのが悔やまれます。ちなみに、この準優で5コース外マイ4番手から繰り上がったのが小野勇作。繰り上がりのツキを生かし切っての地元初Vでした。

若松日刊スポーツ杯争奪お盆特選競走優勝戦

 枠なり3vs3から2号艇のパイナップル将軍田頭実が+02で今期2本目のフライングを切り、02スタートの1号艇伊藤宏もFの田頭を意識し過ぎてターンが甘くなり、伊藤を差しきった4号艇吉田弘文が今年3回目・通算25回目・若松2回目の優勝
 F2になった田頭の次走は再び若松でSGMB記念。F2だからって緩めない田頭神のスタート攻勢に大いなる期待。

下関九州スポーツ杯争奪馬関祭大賞優勝戦

 下関の馬関スを締めくくる一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇寺田祥と2号艇岡本慎治が17トップタイスタートを切り、寺田♂が1Mを先行するもオカモトの差しがぬるっと寺田♂に届き、2Mを先行したオカモトが寺田♂との機力差を見せ付け今年V6・通算67回目・下関17回目の優勝。ちなみに2人の直接対決は優勝戦が初めてでした。

夏の広島ダービーは広陵出身の島川光男が準完全V

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 艇王植木通彦引退イベントの話題と世界ブランド厳島百景に行ってきた話に続く本日3つ目のエントリーは世界ブランド厳島百競宮島競艇場のお話。本日はオール広島夏の陣スポニチ杯広島ダービー最終日でした。ニューブリーズ号で広島入りして広島電鉄に乗って宮島に着いたのが9時30分ちょい過ぎ。宮島には19の春に行きましたが、宮島競艇は初めての体験なのです。でも19の時も今回も持ってきた音楽は変わらず、八月の歌は浜田省吾/19のままさあなごめし うえののあなごめし弁当を買って開門前の宮島に行ったら既に結構な数の人が集まってて、目当てのB指定席は整理券を配ってる状態。結果、開門と同時に完売したのでのんびりしてたら危なかったですね。
 優出選手のお出迎えサービスを受け、混雑のさなか角ひとみから柿ピーをもらって、三角くじで場内利用券500分(生ビール400円とサインペン100円に使用)を当てて、ぎっしり満員の艇王イベントを見終わったところでB指定席へ。するとそこには入場料込み1000円とは思えない高級感あふれる空間が。椅子はいわゆる重役椅子で座り心地がよく、テーブルには13インチのAQUOSが1人1台。やたらと豪華な便所にはウォシュレットが設置。ドリンクこそ水とお茶だけですが、このレベルで1000円というのは2M端にあって1Mが見づらい事を差し引いても素晴らしいですね。
ミツオとうんのひとみ新鋭界のエース山口剛王者岩井繁

 指定席以外で目に付いたのが、指定席裏側とキッズエリアで見かけた買い足し用簡易自販機ちょっくんが。これは桐生競艇場かいたし君と同じ機械で、マークシートではなく数字が書かれたボタンを押して購入するタイプの自販機です。それと、思ったより電車利用客が多いと感じた宮島ではアサヒキリンが売られていまして値段は前出の通り400円です。もちろん、対岸に宮島が見え2社の連絡船が頻繁に行き交う景色は今まで行った場の中でも一番(まだの場は児島・丸亀・徳山・下関・大村)です。そして連絡船から見る競艇場の景色もなかなかでしたね。
桟橋停留中の連絡船から見た宮島競艇場

 6R終了後には前本泰和艇界新記録7節連続優勝達成記念インタビューと優出者インタビューが行われ、下に降りて7Rの前売を買っていざイベントへ。インタビューを終えた選手は戸田競艇ばりの即席サイン会になってました。中でも笹川賞常連海野ゆかり2003年夏の広島ダービー女王)に高い人気が集まってましたね。イベントが2つもあっただけに案の定7Rは締切寸前で、前売を買っておいて大正解(すなわち的中)でした。指定席に戻る途中で予想屋の競艇大臣さんから話を聞いたら今日の宮島はいつもよりすごく客の入りがよかったそうです。
前本泰和7節連続V記念インタビュー広島ダービー優出者インタビュー

 ここでやっと優勝戦のレース内容ですが、広陵高校出身の1号艇島川光男が「誰も寄せ付けない程のパワフル仕立て。今まさに広陵もがんばっています。先輩は一足お先に狙うは準パーフェクトV。(動画」との実況通りに04スタートから誰も寄せ付けないパワフルなイン戦で10戦9勝2着1回の準パーフェクト優勝で今夏の広島ダービー王に。今年3回目、宮島12回目、通算51回目の優勝を果たしたミツオは釣り大会(動画)に敗れた罰ゲームとしてモン太の着ぐるみを着て2日目のお出迎えに登場した屈辱を晴らすと共に、今日のスポーツニッポン広島版一面を飾った母校広陵も今日の準々決勝を7-1で快勝し、見事ベスト4入りでミツオはWの喜びです。
 後続は、4カドから狭い艇間を突いての捲り差しを決めた4号艇山口剛(91期)が来年の丸亀G1新鋭王座決定戦最有力候補の名の通りに高い技術ある走りを見せて2着、チルト+3度にしてきた6号艇岩井繁がミツオに張られるも、王者の捲りを貫いて2号艇うんのゆかりを捲りきり3着に入りました。ということでうんのゆかりはミツオと同じ2コース04スタートだったものの、ミツオのパワフルな逃げにの前に舳先が浮いてしまい、山口に差され王者に捲られで4着に終わり、1号艇のミツオを2号艇で負かした2003年の再現なりませんでした。

 優勝戦はウイニングランを見る為に指定席真下の2M水面際で見たのですが、ここは実況席の真下でもあったようで、ミツオ高校野球ネタを使った素晴らしい優勝戦の実況と前本&優出者インタビューを担当した土谷由美アナが降りてきました。綿密な取材を生かした実況と、かつてレジャチャン15に出演した時の明るい雰囲気から何気に結構ファンだったりするので写真を撮らせてもらいました。モン太チャンネルの動画通りの明るいチャーミングなおねえさんだったのです。ありがとうございました。
とっても明るい土谷由美おねえさん


多摩川ボートピア大郷開設記念大郷葉月杯優勝戦

 川島正行厩舎が誇る逃げ馬アジュディミツオーを始め、錚々たる歴代東京ダービー王を輩出してきたTCK大井競馬場までもが馬インフルエンザで中止になった土曜日。なぜTCKの話から始まるかというと、多摩川場外ボートピア大郷の隣はTCK場外offt大郷だからなのです。ということで府中市の多摩川競艇は大いに沸いたようで、体が2つあったら多摩川にも行きたかったところです。そんな多摩川は最終日になんと5億2798万5000円を売り、関東地区お盆開催ぶっちぎりの第1位に輝くとともに、全国レベルでも8億441万9200円を売った同日のメッカ住之江大阪ダービー摂河泉に続く数字となりました。
 さあ行こう優勝戦!鬼足を武器に節間8戦7勝2着1回の快進撃を見せた1号艇作間章が堂々と逃げきっての準完全優勝は今年2回目、多摩川2回目、通算15回目の優勝。後続は4カド2番差しの4号艇金田諭が5コース3番差しから2M先行した5号艇齊藤仁を捌ききって2着に入り東京支部のワンツーを阻止。そして2コース順走で4番手の2号艇高橋勲が2周1M内に潜り込んで先マイを打ち齊藤仁に迫り、2周2M外全速フルターンで齊藤仁を捲りきって湘南の荒法師が遂に逆転。ですが、高橋勲は3周2Mまさかのキャビテーションをやらかし一気に後退し齊藤仁がラッキーな3着に。
 さくまの話に戻りまして、佐賀県出身で多摩川がホームの優木まおみも出席した表彰式(動画の6分以降)では「ホント、びっくりするくらいお客さんが入ってくれたんで、ちょっと競艇をアピールする為に頑張りました、ハイ。」と、お客さんがいっぱい入ってるのを見て非常にテンションが上がったそうで、大入りに感動したそうです。そんなさくまは優木まおみからG1ウェイキーカップの表彰式でもお会いしましょうとエールを贈られました。ちなみにウェイキーカップにはさくまと同じ準完全で夏の広島ダービーを制したミツオも登場します。

浜名湖中日スポーツ後援湖西市開催43周年記念黒潮杯優勝戦

 オール静岡の7日間シリーズは1号艇笠原亮がインから押し切り、今年5回目・通算20回目にして浜名湖初優勝。5コース外マイでBSはやや不利な体勢だった5号艇菊地孝平が2M全速戦で一気に上昇し、2周1Mも全速で一気に2番手争いに蹴りをつけました。対して2コース順走で2番手を走っていた2号艇金子良昭は2Mで菊地に並ばれ、2周1Mで完全に沈められて6号艇二橋学との3着争いになり、2周2Mで二橋に差され4着に終わってしまいました。  

【エバと陽気な仲間たち】

 かつてエヴァと愉快な仲間たちなる麻雀ゲームがありましたが、今夜の自分は先ずレース終了後に広島のがばい土産もみじまんじゅうを買って宮島から広島市内に戻った後、まずは広島駅ビルアッセ内にある行列店麗ちゃんでお好み焼きスペシャルを食べてから、雷鳴鳴り響く中江波にあります広島ラーメンの老舗陽気に行ってきました。陽気な店は固めの細麺ともやしがあっさりした中に深みのあるスープと絡み、歴史を感じさせる豚骨醤油味でした。場所は広電バスの江波栄町停留所すぐ近くです。

 で、このエントリーは広島市中区のMedia Cafe POPEYEえびす通り店で書いています。月曜はG3企業杯大塚SOYJOYカップ2日目びわこG2結核予防事業協賛秩父宮妃記念杯併用発売)の徳山競艇場に初参戦の予定です。こちらは午前中のみの予定ですが、どんな競艇場か楽しみですね。

【ゆかりひとみ】広島ダービーと大郷葉月杯の準優勝戦【上島88号】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日が準優勝戦3個レースの宮島スポニチ杯広島ダービー5日目。初日メイン広島盆盆ドリームを制した広島の太陽辻栄蔵は2日目までの成績が3・1・2と順調だったものの、3日目8R(4着)で起こったアクシデント(動画)をきっかけに以降6.4.5と着を崩し、まさかの予選落ち。辻ちゃんの他には山下和彦亀本勇樹松本博昭、それに安芸の大魔神佐々木英樹が予選落ちとなっています。
 ということで3日目8Rで起きたアクシデントについて説明しますと、1号艇市川猛が待機行動中、艇を横に向ける前にエンスト。再始動に手間取った市川猛は大外に出て、スタート展示大外だった2号艇小杉志津江がインになってしまい、市川猛エンストのとばっちりを受けたとはいえ小杉はスタ展違反で返還欠場、即日帰郷。
 石田豪快にスタ展違反をやらかし、その影響で辻ちゃん含む3艇がFに散った2004年住之江G1高松宮記念特別競走以来のスタ展違反レース出場となった辻ちゃんは4コース38の安全スタートからの外マイで2着争いを演じますが、2周1M3号艇亀本勇樹に張られて4着に敗れた辻ちゃんはここからリズムが急降下してドリメン唯一の予選落ちになってしまいました。

 他には、初日からエンスト・6・転覆と悲惨な内容だった貫地谷直人が指示事項違反の為、3日目の出走表確定後に帰郷。よって3日目の2R6Rは5艇立てです。


 ではここからが本日の準優。枠なり3vs3の準優10Rは1号艇市川哲也(市川猛の兄)がイン15トップスタートで逃げ切り1着、5コース差しから2Mで2号艇石田豪広島支部長(小杉志津江の夫)の突進を交わして捌ききった5号艇角ひとみが2着でしたが、市川兄は待機行動違反で無念の賞典除外。
 これにより、捲り差しから2M全速戦で3着に入った3号艇・王者岩井繁が繰り上がり優出です。

 準優11Rは3コースからグッと出て一気に捲った3号艇海野ゆかり1着。4カド捲り差しの4号艇加藤雅之とイン小回りの1号艇山口剛で2番手を争いますが、BS内から伸びて2Mを先に回った91期出世頭の山口剛が勢いの差を見せつけて2着争いを制しました。

 準優12Rは予選4日間を7戦6勝2着1本で駆け抜けたシリーズリーダーの1号艇島川光男がここもイン14トップスタートの速攻戦でぶっちぎり1着、優勝戦1号艇に。前半の一般戦8Rも制しているトーセンミツオーは準パーフェクトVが懸かります。
 後続は2コース順走の2号艇西島義則に5コース捲り差しの5号艇角浜修、それに3コース捲り戦の3号艇谷勝幸でBS3艇接戦になるも、2Mくるっと運んだペリカンさんと外握った角浜の2艇が抜け出します。そして2周1M果敢なつけまい攻撃を見せた角浜がペリカンさんを捲りきって2着争いを制し、角の立った5号艇コンビが共に優出となりました。


 優勝戦の枠番です。この6人が明日10時20分からお出迎えサービスを行います。

1:ミツオ 2:うんのゆかり 3:角ひとみ 4:山口剛 5:角浜修 6:王者

 かつて倶楽部JLCで野中めぐみミニボートピア長崎五島への旅で使ったニューブリーズ号は東京21時発の広島バスセンター7時42分着です。だから普通に到着すればお出迎えに間に合いますね。

多摩川ボートピア大郷開設記念大郷葉月杯5日目

 関東地区単独開催となった4日目から売上・利用が急上昇のボートピア大郷開設記念は本日準優勝戦。初日12RドリームトライアルでFを切った今節選手代表村田修次と、矢後ちゃん辻ちゃんUUセット斡旋の浜名湖テレしずサマーカップでF2持ちになった矢後剛といったあたりが脱落しております。
 ちなみにBP大郷は本日開催中止のTCK場外offt大郷と隣接しておりまして、本場・場外ともに多摩川競艇は競馬と密接な関係にあります。

 準優10Rはインの1号艇金田諭を4カド捲り差しで捕らえた4号艇須藤隆雄1着。前走地徳山カシオペアリーグでデビュー初優勝を飾ったすとうが2節連続優出を決めましたね。
 ここで本題。このレースの6号艇上島久男特攻隊長が大外から+01で今期3本目、通算では史上1位タイの88本目となるフライングを記録。ひまひまデータさんによると通算F88本は1025藤原辰馬元選手と並び、F3は8度目との事。このレースを最後に本人辞退で帰郷致しましたが、上島隊長の次節にして今期最後の斡旋は9月1日からの大村スタート野郎決定戦スポーツ報知杯となっております。もっとも、出る出ないにかかわらず上島隊長は名誉スタート野郎もしくは永世スタート野郎ですね。

 準優11Rは2コースから差した2号艇高橋勲1着。イン戦も勲に差された1号艇齊藤仁は2周1Mで3号艇山来和人に差されてしまいますが、3周1M切り返しから山来をおっつけきって再逆転の2着。

 準優12Rは4号艇飯田清の4カド捲りが決まりかけましたが、イン小回りの1号艇作間章がBS驚異の伸びでサクマ式捲られ逃げを成功させて1着。さすがは予選4日間を7戦6勝2着1本で駆け抜けたシリーズリーダーなだけありますね。今日は家で宮島と多摩川のネット中継を見てましたので本場の入りは数字と画面越しでしかわかりませんが、勝利者インタビュー(動画)でさくまあきらは本日の大入りに感謝のコメントを残しています。ということで本日は4億451万8900円の売上と23945名の利用がある盛況でした。


 優勝戦の枠番です。

1:さくまあきら 2:高橋勲 3:須藤 4:金田 5:齊藤仁 6:飯田

 今節引いた53号機を絶賛のさくまあきら。優勝戦はもちろんさくまあきらから買わなきゃハハドソンですね。

【明日初日のグレードレース2つ】

 明日から始まるびわこG2結核予防事業協賛秩父宮妃記念杯ギャンブル王争奪!競艇予想大会の対象レースであるドリーム戦は以下の6選手です。

1:魚谷智之 2:濱野谷憲吾 3:中村有裕 4:吉川元浩 5:原田幸哉 6:烏野賢太


 もうひとつ、徳山G3企業杯大塚SOYJOYカップドリーム戦は以下の6選手です。

1:濱村芳宏 2:山口浩司 3:仲口博崇 4:木村光宏 5:天野晶夫 6:白石健

 大塚の企業杯は6月の鳴門G3企業杯オロナミンCカップ競走に続く今年度2つ目ですね。

【盆盆】ダービードリーム戦ファン投票結果発表【ぶらんこ】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 まず最初に世界ブランド厳島百競宮島競艇で行われたG3新鋭リーグ戦厳島昇龍決戦優勝戦は地元のホープで平和島SG全日本選手権出場も当確な山口剛が1号艇で進入は枠なり3vs3。そしてイン07トップスタートと剛毅な踏み込みを見せた山口が1Mであっさり決着をつけて全日本選手権出場に花を添える地元初優勝。バック転や一本足モンキーが特技の山口剛はこれで通算V6メンバー入りです。
 対して、優勝戦2着条件で全日本選手権出場かが懸かる2号艇吉村正明(山口)は2コース順走もかかりが悪く捲り差し狙いの3号艇峰竜太と接触。立て直したものの5コースの5号艇江夏満に差されてしまい2番手争い劣勢の大ピンチ。2M先に回った江夏に対して差しで応戦しますが舳先が浮きましてバウンド(動画)!最後方まで下がってしまい、笠戸湾のまちゃあき海賊団長は東京湾の海賊になれませんでした。団員としてとっても残念です。

 気を取り直してここからダービーの話題です。山口剛も出場する宮島スポニチ杯競走広島ダービーは8月14日から19日までの6日間開催。そして初日メイン広島”盆盆”ドリーム戦ファン投票の結果が約7分の大作にして、有冨義浩アナと土谷由美アナがWで司会する豪華な動画で発表されています。楽しい動画を是非見て貰いましょうということで、結果は文末の続きを読むの先に書いておきます。


 ちなみにダービーの9日後、8月28日から行われる「差し!まくり!逃げ!この夏、夜空に炸裂!」全国から集まった水上の侍達による総天然色活劇蒲郡SGモーターボート記念のドリーム戦メンバーも発表されています。

1:松井繁 2:瓜生正義 3:濱野谷憲吾 4:原田幸哉 5:辻栄蔵 6:田村隆信

 水上の侍主な出場選手6人の中から山崎智也今垣光太郎の替わりに地域性重視でウリ坊と田村が入りました。

江戸川東京スポーツ杯5日目

 秋山基裕山本良一が追配された5日目の競走水面です。その山本良一が1号艇で登場の第2R。ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面は100期新人の2号艇永田秀二が5コースに出て134/526。
 各艇が果敢にスリットゾーンを攻める中、戸締まり用心火の用心の良一が09スタートからの逃げで快走、2周1Mでちょっとふらつくも大勢に影響なく追配即1着に。先頭争いへの影響はありませんでしたが永田がスリット攻めすぎて+01のフライング、逆に6号艇の100期新人萩原知哉が37と1艇ドカ遅れです。
 尚、2周1M良一がふらついた際にこれを避けた5号艇齋藤築夫に3号艇万谷章が接触(動画)してしまい、このレース1回乗りの万谷名人は負傷帰郷となってしまいました。

 第7Rが始まりました。このレース2号艇の豊村究は予選得点率6位でして、ここも差しで先頭に立ちましたが長い判定の末に残念無念+03のフライングです。ちなみに繰り上がり1着の1号艇大谷直弘は長い判定の末に00タッチスタートで生き残りました。

 第8Rが始まりました。1号艇萩原知哉が大外に出たので2号艇高塚清一59.1kgのイン戦となり、高塚は2コースの3号艇中野和裕54.0kgに差されるものの2Mで中○○裕(○賀)を差し返し、高塚清一60歳通算1999回目の1着です。最終日は第7R2号艇と第10R選抜戦5号艇で登場です。


 優勝戦のベスト6強です。

1:平尾崇典 2:大西源喜 3:益田啓司 4:長野壮志郎 5:吉永則雄 6:大澤普司

 桐生の大澤は2号艇1回乗りの第10R1着勝負駆けでしたが、1号艇のblogレーサー岸本雄貴第4R1周1Mで落水(動画))を差しきって見事1着となり勝負駆けに成功しました。
続きを読む

【宮島師走賞】高濱芳久が3連続Vの年間V6でいざ総理杯

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年V6を狙う地元高濱芳久が1号艇となった宮島師走賞優勝戦は、その高濱がイン09トップスタートの速攻戦できっちりと逃げ切る圧勝で優勝
後続は3コースから握った安東幸治が2番手で4カド差し込んだ浅見昌克が3番手でしたが、2Mでガッツ浅見が安東の内に入って捕らえ同体に持ち込み、2周2M内先マイで突き放し逆転2着となりました。
 宮島はV5、通算ではV38となった高濱はボートピア呉徳山開設14周年記念競走多摩川日刊スポーツ賞に続く3連続Vで平和島SG総理大臣杯当確となる念願のV6成功。総理杯目指してボートピア呉徳山開設記念から始まったVロードはボートピア呉宮島のファンを喜ばせる走りで総理杯に辿り着きました。

 宮島競艇この他のレースでは1Rで99期下出卓矢が大外04トップスタートから捲り差しでデビュー初1着。厳かなる世界ブランド厳島百競を目の前に目出度い水神祭です。

 しかし11R選抜戦は「早いスタートがありました…(動画」ということでインからドピュッと飛び出して先頭を走る1号艇田頭実が+01のフライングでスタート漏らしてしまいました…。

尼崎G3女子リーグクイーンロード優勝戦

 4カド進入の池田浩美が05の快ショット決めて絞りに行きますが、抵抗された池田浩は流れてしまい直外5コースの三浦永理に突撃する様な形で飛んでいきそのまま振り込み最後方。
 更には2コースの海野ゆかりも軽く振り込んでおり、これによって6コースの五反田忍が不利を受けたのでダッシュ勢は壊滅。3コースの水口由紀は黒いうんのと紅白うんのの間を慎重に回った(動画)ので、インから唯一自分のターンを出来た向井美鈴が2番手の水口を始めとする後続をぶっちぎって圧勝の優勝ゴールイン、通算V5であります。以上でございます。

【埼玉支部の加藤さん】

 戸田優勝戦1号艇は埼玉支部加藤高史。埼玉支部加藤は川北浩貴の3コース捲りをこらえつつ、中越博紀の2コース差しに迫られながらもこらえきり、2Mで艇を伸ばして内の中越を隼捲りで引き波にはめる華麗なる隼の舞いで戸田V3、通算V7となる優勝。中越が引き波でバタついてる間に差しきったカーキタしゃんが2着でしゅん2。

常滑中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞優勝戦

 1号艇間嶋仁志がイン12トップスタートからドラゴンズブルーな4号艇5コース木村浩士の捲り差しを振り切り、間嶋は桐生公営ジャアナル杯に続く2節連続通算21回目の優勝。騎竜で勝った勢いでドラゴン大賞もとったんですね。

丸亀年末ファン感謝ゴールデンカップ優勝戦

 インコースに構えた広島75期上平真二が08トップスタートの力強い速攻から1Mで蹴りを付けて通算19度目の優勝は同県同期高濱との同日優勝。
5コースから捲り差した吉田拡郎が2着に入り、吉田絡みの拡連複は1=5が120円で3=5が550円。

 ところで、吉田拡郎といえば瀬戸内の新鋭。瀬戸内といえば吉田拓郎と同時期に活躍したわたしの城下町は瀬戸の花嫁小柳ルミ子。そんなこんなで明日の住之江SG賞金王決定戦選手紹介に小柳ゆきが来るそうですね。

世界遺産を目の前に百戦百競、G1宮島チャンピオンカップ2日目

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 世界ブランド厳島百競の中でも、「夢一路」見果てぬ夢が駆け巡る。破顔一勝、安芸の宮島夢舞台として特に一競のG1宮島チャンピオンカップは2日目の攻防。
 2日目メイン百競ドリームは初日連勝の1号艇原田幸哉がイン05トップスタートの速攻でぶっちぎって本日の一番時計1.45.4をマークする1着、これで原口は予選3連勝。海上自衛隊第1術科学校出身で元広島県民の原口、準地元で勢いが止まりません。
3コースから握った市川哲也が2番手、大外捲り差しの森高一真が3番手でしたが2Mで森高がテチャーンに突進成功して着順は入れ替わり森高が2着、テチャーンが3着になっています。

 また、本日は女子選手3人が全員勝ち星を挙げておりまして、1Rでは国語の神様小林朝夫に憧れる1号艇海野ゆかり(夢はバルパンサー)がイン戦、7Rでも1号艇日高逸子(夢は菓子職人)がイン戦で2人ともシリーズ初の勝ち星を挙げています。
 そして圧巻だったのは2R5号艇の寺田千恵(夢は演歌歌手)。大外単騎から1艇飛び抜けた14トップスタートを放ち、スタート一撃絞り捲りの快勝で1着動画)。
おはようございま〜す。前節せっかく優出したのにぃ〜。ゴールできませんでした。今度は全部ゴールして帰りま〜す☆(動画」な下関G1競帝王決定戦優出1号艇落水のテラッチですが、2日目の予選得点率3走6.00と無事故完走だけでなく、前節に続く予選突破も期待できそうです。

 そんな厳島百競でしたが本日3名が脱落。特に初日メイン厳島ドリームを大外捲り差しで制した白井英治が2日目で事実上脱落したのは想定外。
 その白井脱落レースは5R。2コース小回りで3番手を走っていた白井は2周2Mで大きくキャビテーション(動画)。そしてキャビった白井に最後方を走っていた山下和彦が突っ込み白井はひっくり返って転覆。これにより負傷した山下は後半10Rを欠場、帰郷しています。
白井は明日以降も出走しますが責任失格+不良航法で-12点となり、ドリ戦の得点を差し引いて丁度0点。残り全勝ペースで可能性は残ってるとはいえ予選突破はかなり苦しくなりました。

 他では岩崎正哉が2Rで待機行動違反を適用されて初日5Rに続く節間2度の待機行動違反で賞典除外になっています。

江戸川報知新聞社杯4日目

 連日激しいレースが続いています江戸川競艇は今日開催4日目に進んでおります。6隻のモーターボートが筋書きのないドラマを展開しました第6Rは2号艇石間徹が差し技で待望のシリーズ初1着となりましたが、捲り差し狙うも1号艇尾崎明男のオカマを掘ってずるずる流れて後方5番手だった3号艇豊田光紀は2Mで波に引っ掛かったところへ4号艇内田圭に突っ込まれて転覆しております。

 目を離せぬ激しい競り合いが続きました第3Rでは6号艇山口裕二がアウト強襲の果敢なつけまい攻撃で一気にリードをとり、カポックを濡らさぬ快心の走りで1着となりましたが、3番手を走る3号艇野中義生が2Mキャビテーション気味に回ったところに4番手の2号艇小野勇作が突っ込み小野はターンマークにぶつかってエンスト失格となっています。

 シリーズ上位が顔を揃えた12Rは2号艇野末昌男59歳が捲り戦でシリーズ5本目の1着となり、大外から差し込んできた6号艇室田泰史を2着に従えた結果、トップ室田の9.14に対して野末は9.00と予選得点率でも僅差につけました。前節まで今年7勝しかしていなかった野末が今シリーズだけで5勝を挙げてるのはまさに快挙。文句なしに今シリーズの超抜足でしょう。
これに対してレース前まで得点率トップだった5号艇吉田弘文は捲り差し狙うも1号艇森林太に追突して失速。まさかの最下位に敗れ8.57の3位に後退です。

三国かんなづき第1戦3日目

 明日へと希望を繋いでいく戦い。水上はファイナル進出懸けこれより2本の準優勝戦です。先ずは1本目準優勝戦第11Rです。
6号艇白石桂三がインに入り、進入は612/345の順です。1秒前、スタートしました☆
4カド08トップスタートの萬正嗣が捲りに行きますが、2コースの中村亮太が抵抗して両者芦原温泉方面へ。
この展開で三コースの三角哲男が差しを決めてトップでゴールインし、シリーズ三つ目の1着。5コース2番差しの原田順一が2着でゴールイン。そして逃げる佳江パパと大外捲り差しから追いかける伯母芳恒の3着争いは、2Mで差した牛若丸が佳江パパをリードし、2周1Mで牛若丸が切り返して先に回った佳江パパを交差旋回で差して突き放しファイナルチケットを手にしました。

 残り3つの席を巡る水上はラストカード準優勝戦第12Rです。進入は枠なり4vs2、スタートしました。ここを逃げ切れば明日もポールポシジョンが待っています1号艇西田靖がイン10トップスタートの速攻戦からトップでゴールインし1着、2コース順走の益田啓司が2着、3コース握った地元の信濃由行が3着でゴールイン。


 かんなづき第1戦の優勝戦は以下の6選手。

1:西田 2:ミッスー 3:益田 4:原田 5:信濃 6:牛若丸

東京支部だけど東京都民じゃない3人が乗艇しました。

桐生G1赤城雷神杯初日

 不動の主役山崎智也が1号艇のドリーム戦スタート展示は3号艇江口晃生が動いて312456でしたが本番では132/465。そしてイン08トップスタートを放った山崎がすんなり速攻で1着。3コース24と遅れながらも2コースの江口と4カドの菊地孝平がやり合う展開にも恵まれて差し場が出来た濱野谷憲吾が2Mぶん回しで抜け出し2着に入ってます。

児島日本モーターボート選手会会長杯争奪戦3日目

 日本モーターボート選手会前会長のお膝元で起きた事件は1Rでの事でした。2651/43の進入で、イン戦2番手の2号艇中村二三男が+07、2コース差しで先頭に立った6号艇難波雄三が+06、4コース握って3番手の1号艇松下哲也が+03、4号艇花本夏樹が+02、3号艇山本章博が+10と、スタート審議の結果5艇フライングでレース不成立に。かくして3コース02スタートで小回り追走4番手だった1艇のみが生き残ったのですが、生き残ったのはなんと競艇ヘビー級王者田中雅文65.2kg。矢橋成介64.7kgのライバルとしても有名な田中雅文公称69kgには完走手当?として3万円が贈られます。

【集荷商キャンペーン】

 18日からのG3女子リーグびわこプリンセスカーニバルに先行して始まる女子リーグよどプリンセスカーニバル京都G1秋華賞、18頭のNADESHIKO達が芝内回り2000mで覇を競います。
さて、今回のキルトクールも春の二冠と同じくフサイチパンドラ。展開の利で東京G1優駿牝馬2着に入ってますが、着外に敗れたレースの内容からも力不足は明らか。それなのに世界のアサヒライジングより人気なのはまさに人気先行馬の証明。人気先行馬はキルトクールの為に存在するといっても過言ではないので自信をもってキルトクール。
 ちなみにJLCのパンドラBBで競艇フサイチパンドラBOXの顔建部和美や競艇錬金術師桧村賢一と共に出演してる田中工業大サーカス団長は競艇blog集団競艇サポーターズリーダー、いつも元気なクロちゃんです!!こといつも元気な黒須田守BOATBoy編集長です!!

 12月2日からの府中市営平和島レディースカップオール女子戦に先行して始まる府中市レディースカップオール女子戦東京G3府中牝馬ステークスのキルトクールはヤマニンシュクル。東京(0.0.0.2)の実績からコース適性が無いとみてキルトクール。実力で見せ場を作っても四位まででしょう。

 さて、秋華賞はギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★の対象レースでもあります。皆さん、奮って参加しましょう。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会★★競馬道GT5争奪 考えて買え!キルトクール王決定戦★★

愛知の純情きらり都築、地元で今年初優勝&宮島・戸田の優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 純情きらりで90年。家康公ゆかりの地岡崎市の市制90周年を記念した開催の頂上決戦蒲郡岡崎市制90周年記念競走優勝戦は強気な攻撃を主体に技を引き出す地元の本命看板都築正治が2号艇ながら人気の中心となり、2コース11トップスタートからのつけまい強襲あこターンで力強くインの古谷猛を沈め独走体制を築き今年初・通算36回目の優勝
光速デジタルスターターセノーくんこと妹尾忠幸が3コース34のドカ凹みをやらかし、4カド13スタートの中里英夫がドカ凹み妹尾と古谷の間を割っての捲り差しで2着に入っています。
 かつて鶴久政治も公演を行ったオレンジ☆ホールで行われた表彰式に、枠番に合わせたかの様な黒づくしの衣装を纏って出席した都築正治は21日から始まる次節蒲郡サマーナイト特別に出場する先輩の新美進司に「今回得た情報を新美進司さんに提供しなくては」とエールを送りました。

宮島九スポ杯優勝戦

 1245/63の進入から早いスタートがありましたぁ…(動画)早いスタートがあったようです。これにより、万全の仕上がりで狙うは地元V・5号艇4コースから捲り差しで先頭に立った角浜修に加え、地元初優出に満面の笑顔・強力なエンジンに加え気合いも充分でしたが大外では出番がなかった3号艇山口裕太もフライング。地元両艇が揃ってフライングに散りましたが、タイミングは角浜が+01で山口が+03でした。
 これにより3コースから炎の捲りを打ち角浜の2番手だった静岡の燃える男徳増秀樹が繰り上がって3場所連続優勝にして今年早くもV6。そして宮島初優勝にして通算31回目の優勝。
2着争いですが、5カド捲り差しの市川美宏が徳増に続いており静岡ワンツーのチャンスでしたが、イン捲られて市川の後ろだった宇土泰就が切り返しから2Mで市川に突進をカマして市川は大きく後退。宇土がちゃっかり2着になっています。

戸田優勝戦

 9節連続イン優勝が続いていた戸田開催ですが、今回のイン後藤孝義は大外単騎18トップスタートから伸びてきた北岡淳を恐れての焦り先マイでターンが膨らみ、後藤は北岡と2コースの齊藤仁に差されて2Mで後手を踏み、3着に甘んじて戸田開催10節連続イン優勝はなりませんでした。
北岡淳と齊藤仁のじゅんじん対決は2Mを内から回った齊藤仁に軍配が上がり、今年の平和島東京ダービー覇者にして桐生SGモーターボート記念江戸川代表の齊藤仁は通算9回目の優勝
 ちなみに初日の戸田選抜戦は齊藤仁が1着で後藤が2着、昨日行われた前哨戦12Rは北岡が1着で齊藤仁が2着、そして後藤が3着と優勝戦1号艇ながら直接対決で分が悪かった後藤、特に齊藤仁には2戦2敗と分が悪く、最後にそれが響いた形になりました。

 尚、次回戸田開催は21日からキリンビールカップ。22日と23日に特設ブースでキリンビールをお買いあげのお客様には埼玉支部選手の直筆サイン入りうちわが贈呈されます。特に土曜日の22日は山崎義明支部長に西村勝川田久子夫妻、それに中西裕子といった面々なので見逃せません。
 今週末は江戸川競艇場アサヒビールカップだけどキリンビールの戸田競艇場も非常に行きたい気分ですね。だから気分は土曜日がキリンで日曜日がアサヒといったところでしょうか。ちなみに平和島G3企業杯キリンカップは8月1日からです。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ