ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

富永修一

立春に良い春呼び込む唐津競艇は明日優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 土曜日は都営三田線西台駅前にあるトミコシ会館2Fにある「中国料理 王華」で開催される5000円のディナーショー(18時開演)を見に行きますが、本日はその土曜日に唯一最終日を迎える開催、唐津一般競走を紹介します。

 立春の2月4日から始まった4日間3個準優制シリーズは唯一のA1吉田徳夫が他のレーサーに模範を示せず2日目まで(5252)と未勝利で、3日目メイン11R準優勝戦に6号艇で滑り込み乗艇。そして今日は一般戦の6Rで3号艇前付けインも、1号艇河原順一(一時登録消除も野球の河原純一同様現役復帰)の2コース捲りをまともに貰って5着敗退と足の無さに泣いて(52525)と初日から交互着順に。
 で、準優本番はカド受け4コースに入り、捲り届かず優出と関係ない3番手争いとなり、3着争いを制して辛うじてA1レーサーとしての模範を示したものの、交互着順失敗で優出を逃し優勝候補筆頭としての模範を示せなかった海苔オは明日11R順位決定戦3号艇となります。


 優勝戦は以下の枠順に。優勝は内枠2艇のどちらかと見ます。

1:國崎良春 2:富永修一 3:清水紀克 4:森下勇 5:窪田好弘 6:藤井徹

 JLC NEWS内「支部長にきく」最終回に登場した窪田好弘福井支部長も5号艇で優出しましたが、注目は14度目のチャレンジで初V目指すかっこかわいい富永修一(福岡)と、G1全日本王者決定戦の優勝モーター47号機を手に入れた勢いに乗って初日1走目7R4着以外全て1着の國崎良春(福岡)。

 立春シリーズに2005年12月徳山一般競走以来の良い春を迎えそうな國崎良春については、携帯マクール内唐津競艇コーナーで大好評連載中「エンタ亭カナエの先走りブログ」の本日分で以下の様に紹介されてます。

「ハルサキ」

初日のブログで紹介しました良い春の選手
本当に良さそうですよ
だって初日後半から5連勝なんですものー
周年の優勝エンジンはまた今節も優勝に導いて導いてくれるのでしょーか

こうご期待


 良い春とカナエブログの推奨に乗っかって1頭信用の1-2と1-5を本線に、かっこかわいい富永初Vかなえられる可能性も有りと見ての2-1も。なんにしても福岡に福井と、からつの峰に剛の福来たる福は内ワンツーで。

賞金王シリーズ1号艇大賀広幸、あかつき最後の日に住之江初優勝。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 大阪を発着する寝台特急あかつきなは、それにGalaxyExpress銀河最終運転日となった本日は、特急サザンでお馴染み南海電鉄系列の住之江興業が所有する住之江競艇場デイリースポーツ杯争奪サザンカップが最終日。前年度は2006年11月に開催され、まさに住之江区の花であるさざんかの時期にさざんかップが開催されたのですが、今年は年度末にして越前がにの解禁最終月でもある3月に開催。
 サザンカップの役者が揃ったファイナル優勝戦は白い日に1号艇を手にした大賀広幸が中心となり、人気対抗格の4号艇瓜生正義が動いて124/356の進入。スタートは08スタートの6号艇海野康志郎が最も速く、大賀は19と一番遅いスタートでしたが、三拍子揃った足と自負する大賀は伸び返して最大の難敵ウリ坊を張りながら鬼神Ogreと化して1Mを先制。そのまま先頭独走になった大賀は通算60回目、住之江は6度目の優出にして悲願の初優勝。捲り差したうんのこーしろーが2着に入って山口ワンツーを完成されると共に、今節初日と重なった津G1企業杯JAL女子王座決定戦海野ゆかり(こーしろーのいとこ)に続いてうんの一族優出2着。
 念願の住之江初優勝を飾った大賀広幸、過去の住之江優出では2002年なんちゃってSG賞金王シリーズ1号艇もありました。その時は下痢しながら現地で見てたんですけど、5号艇太田和美の3コース捲りをこらえきってのイン戦で2M先に回った大賀はややキャビって、その隙に和美に差されて住之江初VもSG初Vも流れてしまった苦い過去が(QT動画)。そんな苦い過去を乗り越え、遂にはるさざんかの花が開きました。

 ここで住之江競艇に関する情報。ネット中継でも聴けたミニFM放送が21日からの次節のどか弥生競走をもって終了。よってオンリーワン予想が聴けるのは次節までです。のどか弥生競走ではもうひとつイベントがありまして、平和島SG笹川賞ファン投票第1位に輝いた王者松井繁が23日に指定席内でトークショーを行います。ファン投票といえば、王者の愛弟子・急行銀河系軍団山本隆幸も初当選ながらいきなり上位当選でしたね。

福岡燃える闘魂!アントニオ猪木杯2日目

 2日目を終えて、4戦全勝は地元富永修一。2号艇の後半12Rは2コース差しでしたが、6号艇の前半6Rが圧巻。枠なり3vs3となったレースは2号艇西村勝が速い飛び出しから捲って先頭も+02のフライング。イン残した1号艇佐竹恒彦が先頭に繰り上がり、捲り差し入れずの富永は後方5番手。富永は2M内をうまく突いて2番手に上がりますが、佐竹との差は大きく逆転は苦しい状態。しかし、3周2M佐竹が流れ気味だったとはいえ一気に差しきる大逆転勝利で足の違いを見せつけました。
 尚、アントニオ猪木が来場する日曜日に先立ちまして土曜日には九州産業大学プロレス研究部による学生プロレスが行われます。ちなみに今回アントニオ猪木杯が開催された大きな要因として、アントニオ猪木酒場福岡中洲店が20日にオープンする事が挙げられそうです。
ユーワファルコン記念キルトクール】

 ユーワファルコンが勝った翌年から現行のレース名になった中京G3中日スポーツ賞ファルコンステークス。今年のキルトクールは3戦3勝のシルクビッグタイムで。無敗とはいってもダートでのお話。しかも鞍上は蛯名正義ですから出足つかず惨敗でしょうね。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ