ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

尼崎モーターボート大賞

JLC開局15周年記念江戸川JLC杯最終日+尼崎MB大賞優勝戦

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇、先月の29日から始まりました6日間のロングランシリーズはJLC開局15周年記念の第7回JLC杯。本日は最終日の競走水面です。第2Rが始まりました。13トップスタートの4号艇鈴木裕隆はいいダッシュが付きましたが、2号艇沼田克彦が先捲りに出たので捲り差しにチェンジ。が、ハンドルミスで波にひっかかってターンマークの内側を回りそうになり、あわてて避けたら3号艇一瀬英明と6号艇小西英輝の進路を妨害した上に小西と接触(動画)。鈴木は航走を続けたもののスピードが乗りませんで結局不完走失格です。

 第11R選抜戦は1号艇興津藍が3号艇長谷川充のつけまい攻撃を振りきり1着。2番手は長谷川と差した5号艇野中義生の争いになり、内の利で2Mを押っつけ気味に先取りした野中が競り勝ちました。
 ところで、このレースは6号艇尾形栄治が最初の1Mでターンの初動を入れた際に艇が浮いてスピンしてそのまま転覆(動画)。よって、2周1M手前では各艇がかなり外目を航走しております。

 激戦をくぐりぬけてきた6名のレーサーが水面に登場。第12Rは優勝戦です。さあ行こう優勝戦!ということで平山信一アナ初の江戸川優勝戦実況になった一戦は2号艇滝沢芳行が07トップスタートも、これが通算150優出となった1号艇木村光宏が11スタートからすんなり伸び返し1Mを先制。そのまま独走ぶっちぎりとなり、全国2位の都築正治より1つ多い今年127勝目の先頭ゴールは今年7回目、通算31回目の優勝。意外にも江戸川は初優勝です。
 後続は2番差しの4号艇桐本康臣が2番手で、順走のタッキーが3番手。しかし、2M差したタッキーがHSで桐本に舳先を入れ2周1MをSGウイナーの貫禄で先制して逆転の2着になった結果、2連単190円3連単500円の大本命配当が飛び出しました。

 ここでJLC開局15周年を記念したのかはわかりませんが特別番組のお知らせ。12月31日21時から翌年1月1日の朝6時までJLC開局以来初となる年越し番組JLC NEWS年末スペシャル 競艇ゆく年くる年が放送されます。番組内容としては植木通彦元選手と中道善博元選手のスペシャル対談を始め、2007競艇ベスト10、競艇新春大討論&新春大予想、競艇場リレー中継等をお送りする予定だそうです。

G1尼崎モーターボート大賞優勝戦

 江戸川競艇場でも6日間併用場外発売された尼崎MB大賞はセンタープールが誇ります頼もしきウォーターアスリート魚谷智之が1号艇。まさに今年は旬の魚、ということで今年V8のうちSGが2つ、G1が3つの大漁だったものの11月以降ややリズムダウン気味ではありましたが、「身も心もリセット完了であります。魚谷智之最強伝説がこのゴールから再び加速度を高めて行きそう。先頭は1号艇の魚谷智之。さあいざ賞金王へ。(動画」と千葉誠一アナに実況され、自らも「悪い時期はもうすぎました!これから賞金王まで突っ走りますよ〜!!」とリセット宣言が出てバイオリズム再び上向きになった白魚はすんなりイン戦を決めて今年8回目、記念10回目となる通算45回目の優勝
 2着はカド受け4コースから差した4号艇湯川浩司。今年の湯川はSG2つとG1江戸川大賞の記念V3、長男昴君誕生とまさに人生の沸騰点。今年の競艇界をリードした2人による豪華ワンツーとなりました。
 ちなみにこのMB大賞は優出メンバー中5人が阪神勢。2号艇西村勝(さいたま)はアウェーで孤独な戦いを強いられましたが、2コースからの差しは白魚の引き波を踏んで直外3号艇の同期向所浩二(70期3577)を道連れにして流れ4番手。そして2周1Mで向所に張られて6着に終わってしまい、アウェーの悲哀を体現する結果になってしまいました(つε<)゚:・。

G1常滑ダイヤモンドカップ優勝戦

 トコトコ動画が最高にイカした常滑DCの優勝戦は1号艇原田幸哉がイン11トップスタートから残った〜リードは2艇身で押し切りSGV2含む記念10回目、通算43回目の優勝。ということで尼崎は76期3780魚谷智之、常滑は76期3779原田幸哉と同期連番で同日G1優勝となりました。
 後続は4カド差しの4号艇辻栄蔵と3コース捲り差しの3号艇渡邉英児でBS2番手併走となり、2Mで辻ちゃんを差したえいじが2着。艇界に何人かいるえいじの中でも最高の安定感を誇る渡邉英児は準優12Rで見せた1M3コース捲り差し→2M差しの捌き技を優勝戦でも披露いたしました。なんでも「意表を突くコース取りは、もっと大きい所にとっておく。」との事で、SGで優出したらえいじの動きに注目してみましょう。

若松G3企業杯JR九州ビートル杯争奪戦優勝戦

 福岡と釜山を3時間弱で結ぶ高速船JR九州ビートルの企業杯は1号艇太田和美がインから一番遅い19スタートも艇を伸ばしての先マイで押し切り、若松4回目、通算では昨年の住之江G1高松宮記念特別競走以来となる41回目の優勝
 後続は2コース順走の2号艇池本輝明が2番手、3コース捲り差しも和美にブロックされて流れた3号艇石川真二が3番手でしたが、2Mで池本を差した石川が逆転で2着入線を果たしてます。

下関一般競走優勝戦

 誰が勝っても下関初優勝となる一戦は1号艇飯島昌弘がインから堂々押し切り今年3回目、通算22回目の優勝。15と一番遅いスタートもきっちり外を止めての2コース順走を果たした2号艇齊藤仁が2着。

【尼崎】賞金王ラストチャレンジは三嶌誠司が自力で当確!【常滑】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 福岡SG賞金王決定戦へのラストチャレンジ、G1尼崎モーターボート大賞G1常滑ダイヤモンドカップトコトコ動画は必見)は開催2日目にして賞金王チャレンジ最終日。賞金王チャレンジ初日は尼崎ドリーム戦2着好走で12位を守った三嶌誠司(本日は4R4号艇&10R1号艇)を常滑連勝で差を詰めた13位の原田幸哉(本日はトコタンドリーム3号艇)が23500円差で追う展開で終了。差こそ僅かながら三嶌は連勝で自力当確、どちらかを勝てば原口1着条件ということから三嶌に有利な状態で賞金王チャレンジ最終日を迎えました。

 本日は原口を23500円差でリードする三嶌が先に2走。「エンジンは上々。地に足ついている。」と足もメンタルもばっちりな状態で臨んだ4号艇の4R。枠なり3vs3の4カドになった三嶌は先捲りの3号艇星野太郎に対し狭い艇間を突く捲り差しで応戦も届かず2番手。ですが、勝負度合いでは今節出場選手中断然の三嶌は2M渾身の差しで星野太郎を差しきり逆転の1着。地に足ついた冷静な捌きが光った一戦で原口を1着条件に追い込み、この時点で三嶌断然有利となりました。
 そして1号艇の10Rはもちろんイン戦で、プレッシャーを感じさせない地に足ついた12トップスタートの速攻劇を披露する圧勝で1着。原口の結果を待たずして、自力で賞金王チャレンジを成功させました、おめでとうございます。香川県だけでなく、元愛知県民として〒448-8799日本郵便刈谷支店の期待も背負って走る住之江G1高松宮記念特別競走覇者ミシマさんの賞金王決定戦に乞うご期待です。
高松宮記念杯を持つミシマさん

 レースを待たずに終戦となった原口が3号艇で登場のトコタンドリームは枠なり4vs2の進入となり、「インは取れると思う。」と戦前は原口勝負駆けムードで弱気だった1号艇赤岩善生が原口終戦で俄然強気になり、11トップスタートの速攻劇で堂々押し切り1着。モチベーション低下が心配された原口は捲り差しに出るも赤岩の引き波をまともに踏んでしまい、2号艇川崎智幸との3着争いとなり、2番差しの4号艇白井英治が2着でした。そして原口は3周1M川崎に差されて3着争いに敗れ、失意の4着に終わりました。

 ここで常滑で起きた出来事を紹介。9Rで3号艇仲口博崇がピットアウト直後に転覆し再発走。ヒロタカマンは選手責任の出遅れ扱いになっております。
 また、16/342/5の進入となった4Rでは逃げて先頭の1号艇野長瀬正孝と差して追走の4号艇鈴木賢一がBS絡み合い、のながせがエンスト、スズケンが落水です(動画)。この事故でのながせは帰郷しました。

江戸川JLC杯2日目

 第3Rが始まりました。2号艇土性雅也(96期4340)が外へ出て134/562の進入から4号艇泉祥史がトップの09といいスタートを決めますが、捲りは大きく流れて出口で選手責任転覆です(動画)。
 前方は1号艇河上年昭が逃げ切り先頭、3号艇田上晋六が順走で2番手も、2M流れた河上と対照的に田上はタイトに内側を突き、HS伸びて河上を捕らえ2周1M事故艇内側艇優先の為単独先頭に立つ逆転の1着でした。

 続きましては第9Rです。捲った2号艇小西英輝と差した5号艇眞田英二で先頭を争い、2段捲りの4号艇桐本康臣が差無く追いかける展開となり、2Mは眞田が内有利に先制。小西は差し遅れ3番手に後退、2番差しの桐本が眞田との先頭争いに持ち込みます。そして2周1M内有利に先制した桐本が逆転の1着ゴール。
 尚、3周1Mにおきまして4番手航走の3号艇泉祥史が6号艇森貴洋につっかけられてエンスト(動画)。今度は責任外でしたが、泉は2走連続の失格となってしまいました。

 2日目最終記者選抜の第12Rは1号艇細川明人がイン戦押し切り先頭も、順走2番手の2号艇長谷川充が2M外一気に握ってHS両者ほとんど同体。2周1M差しに転じて遂に逆転した長谷川が2周2M先制で細川を突き放し通算600本目の1着を獲得です。600勝の中には9月当地一般競走優勝戦も含まれております。

【1800mを2回で3600m】

 平地競走では日本最長距離の中山G2スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス。ここのキルトクールはネヴァブション。2400〜2500mのクラシックディスタンスを得意とする馬が3000m以上をこなせるとは限らない典型例で、2500m(3.0.0.1)とは対照的に3000m以上は2回共1秒以上離された惨敗。内容も後方ままという走りで、3000m以上でのスタミナに問題がありそう。よってキルトクール。

【尼崎】今日から賞金王決定戦へのラストチャレンジ【常滑】

 福岡SG賞金王決定戦に向け残る1つの席を巡り今日から明日までの2日間、12位の三嶌誠司と13位の原田幸哉にとって最後の賞金王チャレンジが始まりました。三嶌はG1尼崎モーターボート大賞、原口はG1常滑ダイヤモンドカップトコトコ動画は必見)に出場と2場に分かれての賞金王チャレンジが2日に渡って繰り広げられます。
 本日は三嶌を93500円差で追う原口が先に2走し、常滑の7R4号艇と11R1号艇で登場。4号艇の7Rは2コースに入り、イン26ネコスタートの1号艇秋山直之を軽く捲って1着発進。続く後半のイン戦も12トップスタートでしっかり1着を決め2勝で25万円を獲得し、暫定的に三嶌をリードしました。

 三嶌と約25万円、この時点で原口と約40万円の差があった14位池田浩二は常滑初日メインダイヤモンドドリーム5号艇1回乗り。原口連勝で勝つしか生き残る道が無くなった池田でしたが、13/26/45と大外進入になってしまい捲り差しに行くも3号艇大嶋一也(今節選手代表)に前をカットされて飛ばされてしまい万事休す。追い上げ及ばず4着(10.6万円)に終わってしまい、これで明日連勝しても原口に届かない事が決まりましたので池田の賞金王チャレンジは初日で終わってしまいました。ちなみに1着は1号艇の元ミスターチャレンジカップ瓜生正義(賞金王当選も来年上半期SGあぼーん)でした。ちなみに池田をブロックした?大嶋は選手紹介(動画)で「おはようございます。ファンの皆様もご存じだと思いますが、先程の浜名湖のチャレンジカップにおいて私の大変な勘違いにより森選手を始めファンの皆様や関係者の皆さんに多大な迷惑をお掛けして大変反省しております。申し訳ありませんでした。今節私も行動にもう少し注意を払って間違いの無い様最後まで最終日まで一生懸命走りますのでご声援よろしくお願いします。」とボート誤認事件の件で謝罪しております。

 常夏の常滑が終わり原口が25万円の上積みで差を詰め、池田が4着で脱落した後に発走となった尼崎のドリーム戦。三嶌はここ6号艇1回乗りでしたが、コースを積極的に主張して3コース。三嶌の気迫に押されたか4号艇上瀧和則は全く動けず5コースになり、進入は126/345。センタープールでセンター進入となった三嶌は渾身の捲り差しを入れますが、1号艇魚谷智之(賞金1位)には届かず2着。ですが、18万円を獲得して23500円差ながら12位の座を再び原口から奪い返し、明日の4R4号艇&10R1号艇連勝による自力賞金王出場の権利を残しました。原口逆転条件は以下の画像とひまひまデータさんを参照するのがいいと思いますが、三嶌が2走どちらかで勝てば原口は3号艇のトコタンドリーム1着条件と苦しい立場となります。不利枠を進入で克服したミシマさんが一歩有利になったといったところでしょうね。
11月30日賞金王チャレンジ早見表

 最後に、チャレンジとは関係ありませんが常滑の10Rは01タッチスタートの1号艇白井英治が3号艇瀬尾達也の3コースつけまいを飛ばしての逃げで1着、01の白井と05の瀬尾に挟まれた2コース17スタートの2号艇渡邉英児は白井が外をブロックした展開を突いての小回りで2着に入り、えいじワンツー完成です。尚、白井に飛ばされた瀬尾に乗っかられた形で4カドの4号艇山崎哲司が転覆しております(動画)。

江戸川JLC杯初日

 序盤2日間は三嶌誠司賞金王チャレンジとなるG1尼崎モーターボート大賞と6日間完全併用開催となる今シリーズ、第2Rが始まりました。4号艇の土性雅也が捲り差しから2M先行して先頭、最終3周2Mで流れあらどうしょうとなりますが持ち堪え、江戸川初1着を決めております。

 46名のファンタジスタが鎬を削っております江戸川競艇場です。レースは進みまして第8R一般戦。5号艇松本庸平が一気に握って豪快なつけまいを決め江戸川初1着のゴール。尚、このレース唯一のA1だった6号艇眞田英二は差しに行くも3号艇桑島和宏につっかえてしまったのが響き6着大敗です。

 本日のメインカード江戸川選抜戦です。本日はここまで1の頭が2回と難解な水面でしたが、ここも1号艇眞田英二が26とスタート遅れたところを2号艇池上裕次の捲りが飛んできて、捲られた眞田は2走連続の6着です。
 前方ですが、先に差した3号艇小野信樹は若干もたつき気味で、2番差しの5号艇木村光宏が突き抜け先頭に。2M小野が巧みな小回りでインサイドを突いて差を詰めますが、これを振りきったみっちぃが1着。みっちぃは2号艇の第7Rも1M捲りから2M差しで制しており、6着2本の眞田とは対照的な連勝ゴールです。

【まだしもつきだけど三国しわす第1戦初日

 しわす第1戦と題してのシリーズ。あわただしい響きと共に今年も振り返る時期。選手陣は気持ち引き締めて三国プール登場です。水上一番熱くするのは誰か。既に戦いが始まり競走水面は予選初日のオープニング、おはよう特賞第1Rを迎えております(動画)。インから163/452の順です、スタート3秒前です。1秒前、スタートいたしました。逃げ込み図る1号艇富永正人を5号艇松田祐季が捲りますが、内で粘り伸び返した富永が2Mを先制する捲られ逃げを決めトップでゴールイン。

 さすがメインに登場のメンバーは5名が前半白星発進となっています。しわす第1戦初日はラストカード三国選抜第12Rです。インから123/456の順です。1秒前、スタートしました。03トップスタートの踏み込みを見せた1号艇天野晶夫が逃げ切りトップでゴールイン。懐差して順走の2号艇荘林幸輝が2着でゴールイン。

 最後に、三国競艇HPでは101期新人藤堂里香インタビューが公開されております。以上でございました。

【尼崎】明日から賞金王決定戦へのラストチャレンジ【常滑】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 福岡SG賞金王決定戦に向け残る1つの席を巡り明日から明後日までの2日間、最後のチャレンジG1尼崎モーターボート大賞江戸川JLC杯との完全併用開催)とG1常滑ダイヤモンドカップトコトコ動画は必見)が始まりますが、12位の三嶌誠司(尼崎初日ドリーム戦6号艇で出場)が約5667万で13位の原田幸哉(常滑初日7R4号艇&11R1号艇で出場)が約5657.5万。10万以内の差で近接しており、予選(1着12.5万円6着3.5万円)とドリーム戦(1着25万円6着7万円)の着順次第で簡単に入れ替わる差となっております。ちなみに原口は2日目のドリーム戦に出場予定です。
 そしてここにきて14位池田浩二(常滑初日ドリーム戦5号艇で出場)の賞金額が急遽修正される事態が。2月にとこなめで開催され途中打ち切りで幻の開催となったスポーツニッポン杯英傑戦優勝戦中止分約38万円の手当が今まで加算されてなく、ラストチャレンジ直前に急遽加算された結果池田の賞金額は約5642万となり、三嶌と20万以上の差がある事から確率は依然として低いものの金額修正前は事実上0に近かった賞金王出場確率がぐっと現実的なものになりました。いずれにしても池田の場合はドリーム戦を勝たないと始まらないので明日で可能性が無くなる場合もあります。

 ところで、尼崎のドリーム戦はダブルドリーム戦ではありませんが、メンバーだけを見たら完全にダブルドリームを疑いたくなるメンバー。なんといっても大場敏(今年尼崎V2)と平石和男(尼崎実績も乏しく選出理由は不可解)が選ばれてて、湯川浩司吉川元浩が選ばれてません。

住之江ダイスポジャンピーカップ優勝戦

 134/526の進入から2号艇吉田宗弘チルト+1.5度展示タイム6.46の一番時計)が14トップスタートを決め内4艇を一呑みにかかりますが、吉田の上を豪快に二段つけまいを決めた6号艇大峯豊(チルト-0.5度展示タイム6.62)が一気に抜け出し2月の江戸川日本写真判定社長杯以来となる通算2回目にして住之江初優勝。山口県の豊といえば近い将来大峯の事を指す、そんな予感を抱かせる大物感あふれる二段つけまい(動画)です。
 捲ったつもりが大峯の二段つけまいを貰ってしまった吉田は1号艇川北浩貴に伸び返され3番手追走。ですが、土壇場の3周2M押っつけ気味の差しで川北を抜いて逆転2着に。

大村G3新鋭リーグ戦スポニチ杯優勝戦

 節間10戦7勝2着2本3着1本の成績で、うちイン進入が7回3コース進入が3回の進入スタイルを見せて不動のシリーズリーダーになっていた88期三井所尊春(今節選手代表)が1号艇になった優勝戦は新鋭らしくない12534/6の進入から単騎ガマシの6号艇松下直也(通算優勝回数0回の88期チャンプ)が+11、カド受け5コースから4号艇梶野学志(89期)が+03のはみだ新鋭で両名とも来年の新鋭王座はアウト。
 ですが、Fが2艇出たスリット攻撃もなんのその。イン03スタートのミーショがカジノの捲りを受け止めて逃げ切り独走。新鋭王座はF休みの為に自身最後となる新鋭戦を今年3回目、通算8回目の優勝で飾りました。後続は2コース順走の2号艇稲田浩二が松下の捲り差しとカジノの捲りを内でこらえる形でBSF艇コンビとの3艇併走からF艇退散により自動的に単独2番手となっています。
 ミーショは通算優勝8回のうち6回が新鋭リーグ戦、そして新鋭リーグ戦では新鋭らしくない前付け多用の進入。新鋭卒業後年長者相手に今以上の成績を残せるか不安な面はあります。これは新鋭らしくない5コーススローを選択したカジノや新鋭期間中とうとう一度も優勝できなかった88期チャンプ松下にも言えます。やっぱり新鋭は住之江の大峯みたいな走りをして欲しいですね。

マリンテラスあしやカップ優勝戦

 玄界灘を一望できる全室オーシャンビューが自慢な国民宿舎マリンテラスあしやのタイトル戦は2004年3月桐生一般競走を最後に優勝戦33連敗中の1号艇飯山晃三が34度目の正直目指してイン11トップスタートから1M先行もターンが全くかからず大きくターンマークを外す痛恨のターンミス。2号艇宮武英司の2コース差しと3号艇野添貴裕の3コース捲り差しにやられてしまい優勝戦連敗記録を34に伸ばしてしまいました。
 尚、優勝は野添の捲り差しを内で振りきった宮武で、2005年5月宮島デイリースポーツ杯争奪春花賞競走以来久々となる通算15回目の優勝にして芦屋初優勝です。野添は2M握った分飯山に差し返されますが、2周1M飯山を行かせて差し2着を守っております。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ