ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

岡田憲行

【強運湯川】賞金王決定戦トライアル2日目+住之江年の瀬競走

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 トライアル2日目を迎えた福岡SG賞金王決定戦、本日1つ目のトライアル2日目11Rは1245/36の進入から1号艇吉川元浩が17トップスタートの速攻で押し切る圧勝で1着。2着も2号艇田中信一郎が外を止めての順走ですんなり2着。

 本日2つ目のトライアル2日目12Rはオールスローの125346の隊形から6号艇松井繁が回り直して12534/6の隊形になり、2日連続で1号艇を手に入れた強運王子湯川浩司が好機をきっちり生かす09トップスタートの速攻で1着。差した3号艇井口佳典が2着で、銀河系ワンツー。
 これで2戦2勝となった湯川は艇界史上最高とも言っていい強運で、なんと3日目12Rも1号艇。ここも逃げれば当然ファイナルも1号艇なので、オール1号艇での完全優勝も見えてきました。今年は平和島関東競艇専門紙記者クラブ杯で湯川16:30を襲名し、G1江戸川大賞で江戸川大将となり、戸田SGグランドチャンピオン決定戦でSGウイナーの仲間入りを果たし、住之江大阪ダービー摂河泉で大阪ダービー王を襲名して浜名湖SG競艇王チャレンジカップで2つ目のSGを獲得した湯川が最後に大きな勲章を手に入れるまであと2戦となりました。

 最後に、予想大会K-BATTLEは5日目。決定戦の予想とシリーズ戦準優勝戦の予想はK-BATTLEのコメント欄に投稿します。

住之江年の瀬競走優勝戦

 住之江競艇HP2007住之江競艇BESTニュース!が公開されたメッカ住之江の優勝戦は125/346の進入から1号艇岡田憲行が押し切り今年3回目、地元住之江は2回目、通算10回目の優勝。岡田には来年の12月22日も住之江12Rを走ってもらいたいところです。順走の2号艇林美憲が2着。林美憲は2004年12月23日に行われた住之江優勝戦も2号艇で2着でした。来年同時期の住之江優勝戦でも優出を狙いたいところです。尚、06トップスタートを決めた6号艇谷野錬志は1M握ったら振り込んでしまいスピン(動画)。エンストしてしまいましたが、再始動に成功し無事完走しております。

【中山グランプリG1有馬記念キルトクール】

 成瀬善久が来場する有馬キネーンのキルトクールは3歳牡馬ロックドゥカンブ。今年の3歳牡馬のレベルとこれまでの相手関係を考えると、53kgとはいえ一気の相手強化に対応できないのでは。
 どうでもいいことですが、当日はなるちゃんが来場。なるちゃんといえば鳴門競艇場のマスコットの魚。魚といえば魚ッ香!

ヒラチュウ完全復活の若松全日本覇者決定戦&多摩川Lダービー

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 新年度最初の記念レース若松G1全日本覇者決定戦優勝戦は1号艇平田忠則がイン10トップスタートの速攻戦で圧勝。2003年以来となる全日本覇者決定戦V2にして通算25回目の優勝は2003年の住之江G1高松宮記念特別競走以来となる3度目の記念優勝。2着には3コースから差した3号艇金子龍介が入り、5コースから捲り差した5号艇齊藤仁と大外から差した6号艇横澤剛治による3着争いは3周1M内を回った横澤が競り勝ちました。齊藤仁は同日専用場外ミニボートピア北九州メディアドームにいた齋藤仁アシアナ航空杯争奪戦初日10R5着)共々残念な結果に。
 福岡支部の次期エースとして器の違いを見せつけた高松宮記念からいろいろあって記念戦線から遠ざかりましたが、これで完全復活。今節は艇王植木通彦や若松の英雄田頭実に博多の水炊き鳥飼眞等地元の有力選手が不調でしたが、そんな中シリーズリーダーとして駆け抜け優勝戦も1号艇。地元最後の砦として一本被りの人気に応える圧勝でした。先月の選手登録票不携帯による出場停止がどの時期にかかるかは不明ですが、艇王が福岡賞金王決定戦出場絶望になった今、福岡支部で最も賞金王出場が期待される選手ですからこれをステップに賞金上積み期待ですね。

【Lダービー王はミラクルマオ】

 NADESHIKOリポーター都築あこも無事退院、例年より1ヶ月早く桜花満開の時期に行われた多摩川G3女子リーグ戦モーターボートレディスダービー優勝戦は4カド05トップスタートを放ったシリーズリーダー淺田千亜希魔王が捲り戦で多摩川初・通算21回目の優勝。Lダービー王戴冠と共に今年最初の大和NADESHIKOスカーレットオハラに。準優12Rではついうっかりとりこぼしましたが終わりよければ全てよしということですね。
さて、淺田千に捲られた1号艇インの横西奏恵ですが冷静に小回りで残して2着に入り、淺田千横ちんの阿波姫ワンツー。尚、最後方では2号艇安岐奈緒子が1周2Mで3号艇海野ゆかりに接触して落水。

三国うづき第1戦優勝戦

 穏やかになった季節とは裏腹、激闘繰り広げてきた水上はうづき第1戦の締めくくり優勝戦を迎えています。インから123/465の順です。1秒前、スタートしました。07トップスタートを決めた1号艇一瀬明が1周1Mの攻防に向かっていきますが、2号艇柏野幸二を強引に捲る形での捲り差しを入れた3号艇岡田憲行が一瀬を差しきって先頭。
Vゴール目指してトップ力走です。勢いはF休みに阻まれる事無く絶好調のまま。今年に入って2勝目、通算9度目のVを手にしそう。みくにプールでは初優勝です。(動画
ということでほんとにF休み明け?と言いたくなる程の勢いそのままに好旋回で一瀬を差しきった岡田が優勝のゴールイン。以上でございました。

宮島デイリースポーツ杯争奪春花賞優勝戦

 イン11トップスタートの1号艇津留浩一郎に対し2コースから鋭く差した2号艇伊藤誠二が舳先を入れて2M先マイ。対する白ツルのつけまいは流れ勝負あり。伊藤誠二が通算39回目の優勝

白熱したレースが相次いでいます江戸川で岡田憲行フライング

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 春めいた陽気のもとで各レーサーが激しい競り合いを展開しています江戸川競艇、今日は関東日刊紙競艇記者クラブ杯開催4日目の競走水面です。第5Rが始まりました。前日得点率2位の瓜生正義は6号艇でしたが、今シリーズ選手代表秋山昌宏の5コース捲りに捲り差しで続き、BS秋山を捕らえて2Mを先制してシリーズ3本目の1着。これで優出が当確になると共に、前日得点率トップの岡田憲行に強烈なプレッシャーを掛けました。

 岡田が4号艇で登場した第7Rは岡田と2号艇進藤侑が果敢にスリット攻撃。そして先捲りの進藤に対し岡田は捲り差しに出て進藤とトップを争いますが、ピンポンパンポン♪ここでスタートアクシデント発生。あろうことか岡田は無念残念1/4艇身(+04)のフライングに散ってしまいました。ちなみに進藤は00でギリギリセーフ、そのまま1着となっています。

 ウリ坊と共に前日得点率2位タイだったのは春めいた陽気に小首をかしげていた新良一規。その新良が1号艇で乗艇は第10R。しかし新良は2号艇平本真之を貰ってしまい2番手。更に2Mで再び平本のつけまいを貰った新良は5号艇山本光雄にも差されて3着に終わり、してやったりの走りとなった平本が1着となっています。

 そして本来なら1号艇ウリ坊と5号艇岡田の優出1号艇争いとなるはずだった第12Rは岡田の脱落により今節V候補の最右翼とされていますウリ坊の独壇場。カッチリとイン戦捌いて先頭に立ったウリ坊は2Mもしっかりとしたハンドルワーク。2Mを舐めるようにすんなり回ってきました。完全に独走となったウリ坊は2周2Mに入り、
1号艇の瓜生正義、福岡の記念レーサーは瓜生正義。2Mを折り返し直線コースに帰って来ました。あと600の走りとなります1号艇の瓜生正義です。現在30歳、脂の乗りきった走りを見せている1号艇の瓜生正義。難なくラストの1Mを通過。最後の最後のバックストレートに入って参りました。西空が茜色に染まります水面上、向正面を走り抜けていく瓜生正義、先頭は1号艇瓜生正義。さあラストのターンマーク。綺麗なコーナーワークを見せる1号艇の瓜生であります。直線コースに帰って参りました。ウイリーターンとでも言いましょうか綺麗なターンを見せる1号艇瓜生、直線からゴール。(動画
 かくしてアグレッシブワールド満開の走りで1着となりましたウリ坊の独壇場となった第12Rであります。


 4日間の激戦を勝ち抜いて参りました優勝戦ベスト6強の登場です。

1:ウリ坊 2:原田秀弥 3:窪田好弘 4:神羅カンパニー 5:中島孝平 6:ミツオ

 岡田の脱落により、第10R2着でゴールインした山本が6号艇で乗艇します。

平和島日本財団会長杯優勝戦

 今シリーズ不調だったベイ吉アナに替わって後半3日間はノッポアナが全レース実況を担当した日本財団会長杯の優勝戦は平和島で圧倒的に強い白井英治が順当に1号艇。
しかし、白井なにするものぞと白井の兄弟子73期3661柳瀬興志の登番1つ違いは73期3662大庭元明がチルト+3度に跳ね上げて登場。ノーマークの6号艇から一転不気味な存在となって登場しました。
そして本番、大庭がアウトからちょっと早い飛び出しで一気に絞り捲り。しかし平和島最強の白井には届かず大庭は2番手まで。更にピンポンパンポン♪大庭はフライング返還欠場(+01)で一か八かの賭けは失敗に終わっています。これにより3コース小回り差しの山本寛久が単独2番手となっています。
大庭をあっさり振り切った平和島最強の白井は今年早くも3回目、平和島5回目、通算31回目の優勝。でも平和島SG総理大臣杯はF休みの為出られませんです…。

桐生週間レース社杯優勝戦

 Yodobashi-Akibaのそばに社屋を構える秋葉系公営競技雑誌週間レース杯の優勝戦は1号艇鈴木賢一がインから押し切り通算17回目の優勝。昨年4月の桐生競艇タイムス杯以来の優勝にして桐生連続優勝です。
後続は、3コース外マイの川崎智幸が5カド差しの中嶋誠一郎に激しく追いかけられるも2番手を死守してます。さすがは川崎ですね。

 そんな今日は川崎記念日。G1川崎記念は逃げるアジュディミツオ−を2番手でマークしたヴァーミリアンが直線力強く抜き去ってG1初優勝。ミツオに6馬身の差を付ける圧勝でした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ