ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

岩井繁

G3開催2場とW優勝戦宮島岩田杯を含む4場の優勝戦

ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日はW優勝戦の宮島を含む4場が最終日で5つの優勝戦がありましたが、4場共に台風12号Talasの影響を受けており、本来の最終日より1日遅い最終日になりました。

宮島岩田杯A級&B級W優勝戦最終日

 G3企業杯並み賞金とメンバーで知られた伝統の岩田杯ですが、今年度は趣を変えてA級選手限定戦とB級選手限定戦のW優勝戦開催に。

 11RB級優勝戦(優勝賞金70万円)は広島支部4人と愛知支部2人の対決になり、5号艇西島義則(福岡在住広島支部)がインを取った5126/34の進入からペリカンさんが27とスタート遅れ、対照的に12トップスタートを決めた1号艇小林茂幸(愛知)が捲りきって2005年10月桐生関東プロスポーツ通信社杯競走以来となる通算V18を目前にしますが、6号艇岩井繁(広島)の捲り差しが小林に届き、2M先行した繁が小林を突き放し、艇界のキムタクこと岩井繁は2005年10月下関美祢組合開催38周年競走以来となる通算5回目、宮島ではデビュー初Vだった1998年11月一般競走以来2回目の優勝を祝い繁。
 明日の鳴門G1大渦大賞優勝戦は艇界のマイケル富岡ことマイケルレインボーアタッカー松井繁が1号艇で通算V100に王手ですが、まずは岩井繁のVで王者通算V100を前祝いです。


 12RA級優勝戦(優勝賞金80万円)は2号艇西田靖がインを取った213/456の進入から内寄りの2人がスタート遅れ、11トップタイスタートの3号艇藤丸光一が捲りきって先頭に立ち、今年2回目・通算51回目の優勝

 後続は11トップタイスタートから捲り差した4号艇佐々木康幸が2番手でしたが、佐々木に捲り差しで続いた5号艇赤岩善生が佐々木の内に切り返して2Mを先行。
 更に、差し伸びてきた6号艇山崎義明が佐々木に突っ込み、突進された佐々木は転覆して突進した山崎は選手責任エンスト失格。
 これにより2番手は先行した赤岩と事故艇の内を差した西田の争いになり、実質最終の2周1Mは西田が先行するものの、赤岩が西田を差しきり2着。

住之江G3企業杯アサヒビールカップ優勝戦

 金曜日が中止順延、土曜日が中止で6日間の予定が5日間に短縮されたアサヒビールの企業杯。
 尚、心斎橋のアサヒスーパードライエクストラコールドBARは9月19日まで営業してます。
 ちなみに自分は8月27日の夜に住之江から十三のドマーニに行った後、サウナ・カプセル大東洋(ボートピア梅田施設所有会社系列)に宿泊しましたが、大東洋はエクストラコールドを扱ってました。

 さて、芦屋イケメンパラダイス新鋭王座決定戦(特設サイト)の宣伝部長としてJLC GOLDEN BOYS2011のGBキャッチアップインタビュアーを担当するイケメン西山貴浩(福岡97期4371)が1号艇になった優勝戦はニッシーニャホワイトが枠なり3vs3のインから押し切り、住之江初・通算V6・今年5回目の優勝で賞金200万円を獲得して来年の総理大臣杯と今年のチャレンジカップ出場を射程圏に。
 2着には差した4号艇西村拓也(大阪98期4397)が2Mフルターンで2着を取り切り、新鋭世代のワンツー。

常滑G3新鋭リーグ第14戦若獅子杯優勝戦

 金曜日が9Rまでで打ち切り、土曜日が中止順延(で自分の常滑行きもキャンセル)になった今年度の若獅子杯。
 強風高波浪を乗り越えて勝ち上がった6人のヤングライオンたちによる優勝戦は3号艇篠崎元志(福岡96期4350)がインを取った321/456の進入になり、篠崎兄がきっちり06トップタイスタート踏み込んで押し切り、今年2回目・常滑初・通算14回目の優勝
 06トップタイスタートの4号艇坂元浩仁(愛知99期4409)が差して2番手を航走し、2周1Mで内に潜り込んだ5号艇前田将太(福岡102期4504)に差を詰められるものの2周2M包みきって振り切り2着。
 3番手は3周BSで4艇ほとんど同体になりますが、BS一番外にいた2号艇里岡右貴(福岡96期4351)が3周2Mで3艇を差しきり3着。

福岡日刊スポーツ杯争奪戦優勝戦

 SG明けの今節から出走表のペラ坊がカラフルにプチリニューアルしたFボート。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から差した2号艇久田武が3号艇古澤信二(福岡)の捲り差しを振り切って先頭。
 ですが2周1Mで古澤の差しが届き、2周2M先行した古澤は久田の差し返しを振り切り、今年2回目・福岡3回目・通算10回目の優勝
日刊スポーツ杯争奪戦のペラ坊


江戸川デイリースポーツ杯2日目

 2Rは5号艇庄司孝輔が02トップスタートを決めての絞り捲りで1着になりましたが、絞り過ぎた庄司孝輔は4号艇平井紀之を落水、3号艇小林泰を転覆させてしまい、庄司孝輔は妨害失格こそ免れたものの不良航法を適用されました。

 尚、2日目を終えて鈴木勝博石川正美が本人辞退の為に帰郷しました。

G3江戸川MB大賞トライアル3日目は松井と繁が直接対決!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 周回数2周の1200m競走で始まったG3江戸川モーターボート大賞トライアル3日目。ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが響き渡りました競走水面は第3Rを迎えております。このレースは1号艇が松井賢治で5号艇が岩井繁の王者対決。ちなみに他の4選手は2号艇が愛知のこうじで、3号艇が3500番台の太田(か)で、4号艇が関東地区の山崎で、6号艇が東京支部の直樹。
 南追い風7m波高15cmの競走水面で15トップスタートからスーッと伸びていった王者松井はチルトを+0.5度に跳ね上げた王者繁のつけまい攻撃を振りきりますが、差して追走の2号艇谷本幸司に伸びられ2M先制を許し2番手の位置。ですが、2周1M王者の差しを披露した松井が先頭に。しかし、最終2周2Mで谷本に差し返され、1着の座は愛知のこうじ。以下松井、繁の順番で入りました。

 第9R(南追い風6m波高10cm)が始まりました。本日は562で3連単128380円の第8Rまでが2周戦。このレースから周回3周の1800m競走になりまして、リングを4本交換してきた2号艇吉田宗弘が16トップスタートに加えチルト+1.0の伸びでスピードを乗せ、一気の捲りで1着。尚、3号艇杉山正樹がターンマークにぶつかって転覆(動画)、転覆艇に乗り上げエンストした5号艇渡辺豊(今シリーズ選手代表)がエンジン回復もスピードが乗らずに不完走失格です。

 11Rが始まりました。人気の中心になりました2号艇山口剛が13トップスタートからの捲りで1着になりましたが、捲られた1号艇平本真之が波に引っ掛かって落水、捲り差しを狙った4号艇藤井理も巻き込まれて落水(動画)です。

 本日最後の12Rは当地約5年ぶりのブランクを感じさせない走りで2着3本の1号艇正木聖賢がインから主導権を握って独走ぶっちぎり。しかし、混戦の2着争いを2周2Mの全速から3周1Mの差しで制した2号艇松村康太が3周2Mものすごい旋回を披露し、蒲郡G1オールジャパン竹島特別覇者である正木選手を差しきる大逆転1着ゴール(動画)。エンジンの仕上がりもそうですが、南追い風7m波高10cmの水面を果敢に攻める度胸もなかなかです。なんかデビュー初優勝しそうな勢いですね。

【日曜競馬キルトクール】

 中山G2ラジオ日本賞セントライト記念のキルトクールはシグナリオ。前走新潟佐渡特別(芝2200m1000万条件)は54kgの軽量で2番手追走も、55kgを背負ってムチを振り回した女王様コスモプラチナの逃げ切りを許すていたらく。1000万のサド特別すら4馬身ちぎられたのにG2では余計勝てないでしょう。

 ◎ダイワスカーレットの勝ちっぷりが注目される阪神G2関西テレビ放送賞ローズステークスのキルトクールはドンガバチョ覚悟でポールポシジョンの1枠1番ベッラレイア秋山真一郎を降板させての乗り替わりが凶に出そうな気がします。

江戸川一般競走優勝戦はプロレスLOVEの佐藤大介が優勝

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ファンファーレが鳴り渡りました競走水面上には短期決戦を制すべく今シリーズのベスト6が登場してきました。江戸川競艇の優勝戦第12Rの開始です(動画)。1号艇には佐藤大介が乗っています。当地3回目の優勝を狙いますのは1号艇の佐藤です。6精鋭がレースコースに進入してきました、雨を突いての優勝戦1800mスタートしました!
キーポイントの1M、白い勝負服の1号艇佐藤が先に動いていき勝利のカーブを描ききって見事当地3回目の優勝。雨を突いての軽快なハンドルワークで悠々独走となった愛知のA1レーサー佐藤は通算21回目、更には今年5回目の優勝となるはず。雨中のウイニングランではアグレッシブにもボートの上に立ち上がって武藤敬司のものまねと、最高にごきげんな様子をうかがわせた佐藤です。ちなみに前節JLC杯の優勝は鈴木唯由で、江戸川競艇は鈴木くんと佐藤くん祭りとなっております。
 後続は「選手はアーティストだ!」と言わんばかりに外から全速ぐーんと伸びてきた5号艇金子貴志が2コース順走から2M突っ込んできた川上昇平を軽快に捌ききって2着のゴール。
 尚、75回目の優勝戦チャレンジとなった4号艇渡辺千草はキ〜ッ!ポイントの1Mで振り込み、煽りを食った初優出の6号艇篠崎元志もターンマークに接触し、両者は後方の走りとなってしまいました。
プロレスLOVEなウイニングラン


 第5Rが始まりました。最初のターンマークで3号艇の池田浩美がターンマークにぶつかり転覆。それに6号艇小川時光が乗り上げ、巻き込まれた影響から小川はちょっとスピードが乗ってきませんで不完走失格です。
 ところで、転覆した池田浩美のオフィシャル写真も女子選手写真一斉更新に合わせて更新されましたが、ツンとすましてるオレンジの服が池田浩美で笑ってる赤い服が池田明美です。

津グランプリシリーズ第8戦優勝戦

 1号艇は71期3621天野晶夫が雨模様の水面で逃げの体勢を作りきって通算25回目の優勝
5カド捲り差しの3号艇は地元桐本康臣が2着。2コース差し狙いも艇がバタついて後方となった杉山正樹が2周2Mで見事な斬り込みを見せ3着。

 日付は2日戻って住之江SG賞金王決定戦との併用だった24日。グランプリの3R1号艇には王者岩井繁が。その王者、4コースから斬り込んできた中辻崇人を振り切り、逃げの体勢を完成させたかに思えましたが2Mであっさり中辻に斬り込まれてしまい、HSで艇をねじ込まれた王者は2周1M中辻の先マイを許し、弘法も筆の誤りなまさかの2着で結局選抜戦にも乗れませんでした。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ