ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

岩崎芳美

Crazy Magicな多摩川ワールド是政女王決定戦+平和島+住之江

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「春一番のいたずらをものともせず勝ち上がった6名の女性ファイターが登場。オール女子是政女王決定戦12R。舞台は世界一の静水面、まさに多摩川ワールドです。対戦メンバー、1号艇・4連勝のファイナリスト、徳島岩崎芳美。2号艇・ナニワのシノビスト、大阪五反田忍。3号艇・奏でるかCrazy Magic、徳島2人目横西奏恵。4号艇・大目標の地元Vへ、神奈川渡辺千草。5号艇・福岡のグレートおっかさん日高逸子。そして6号艇・競艇界のゆうこりんを代表して埼玉中里優子。以上の6名の対戦です(動画)。
 ということで是政女王決定戦ファイナルは、昨年11月から江戸川ワールドを展開してくれました平山信一アナが昨年10月優木まおみ杯以来の多摩川登場。江戸川日本モーターボート選手会会長賞初日12R江戸川選抜のゴン太アナから始まった日替わり実況の締めくくりのような是政女王決定戦だったのです。ゆうこりんと言えば、昨日住之江に行った気楽に千葉っちマニアさんの所に大量のゆうこりん写真があるので是非見て欲しいですね。
 「残りの3選手は引きます。カド位置4コースは地元渡辺千草。5コースに5番のママン日高逸子。一番外に回りました、多摩川初優出6番の中里優子です。並びは枠なり、進入隊形3vs3、123そして456。オレンジの針が動き始めました。スタートまで残りは5秒です。3秒前です。スタートしました。
 内側4艇が0台のスリットを放ちますが、艇界の柏葉英二郎こと78期樫葉次郎を夫に持つ1号艇岩崎芳美が真っ先に1Mを回り、堂々押し切り先頭に。後続は順走の2号艇五反田が2M豪快にぶん回って単独2番手に。
 「1番の岩崎芳美がとろけそうな熱い♪ターンで2周2Mをクリアします。2番手には2番の五反田忍。3番手争いには決着を付けたか5番の日高逸子。1番の岩崎芳美が最終周回に入りました。四国鳴門のファンにも多摩川の活躍はしっかり届いています。
 ということで鳴門競艇場でも場外発売されております是政女王決定戦は人吉市のラーメン屋から徳島に嫁いだ岩崎芳美が昨年7月戸田サッポロビールカップ以来となる通算12回目にして多摩川初優勝で遂に徳島の芳美さんが幸せの青い鳥ウェイキーくんと出会いました。ちなみに岩崎ひろみの実家は八千代市のラーメン屋パンケです。
 最後に、「1番の岩崎芳美が是政女王の座をひっさげて女子王座へ臨みます。さあ行こう女子王座へ!」の掛け声でコレ女は終了。江戸川再開と平山あなの江戸川復帰の日を楽しみに待ちましょう。ちなみにヤッターマンアナは江戸川工事期間中多摩川の実況を担当します。
コレ女4日目の芳美ため息の花だけ束ねたブーケ♪


平和島サンケイスポーツ杯優勝戦

 強風高波浪で1日打ち切り順延された6日間シリーズの優勝戦は枠なり3vs3の進入隊形からダッシュ勢が0台スタートをぶちこみますが、「強いレーサーは多数おりますが、その強さが憎たらしいと感じるレーサーはこの男だけです。」とお伝えされた1号艇服部幸男先生が03スタートを放った4号艇山口俊英のカド捲りを突っ張りブロックしきって先頭独走。
 「新時代スピードを武器に星を重ね頂点を極め水の上では先輩も後輩も無いと年功序列の艇界に立ち向かった伝説を持ちます。年を重ねても他を寄せ付けない走り、生き様はまさにそのままブレませんとお伝えしておきます1号艇の服部幸男。通算V67回目、そして連続Vは4回目ということになりそう。2番手2号艇の塩崎、3番手6号艇の谷口が回る。1号艇2号艇6号艇最終ターンマークをクリア。最後のストレートコースまもなくゴール。先頭1号艇服部幸男優勝のゴールイン。強い、強すぎる!(動画」と、かつて史上最年少21歳で平和島SG全日本選手権を制した服部先生が平和島でオーラを放つ圧倒的な強さを発揮したとお伝えしておきます。ちなみにその時の優出3着は今日の優勝戦3号艇占部彰二です。
 後続は順走の2号艇塩崎優司、2番差しの3号艇占部彰二、3番差しの6号艇谷口健一で接戦も、2Mで2艇まとめて差しきった塩崎が2着。松本博昭常滑G1マーメイドグランプリ前検参戦で帰郷した事による神風で繰り上がり優出を決めた谷口は3着でした。
 最後に、今節ベストを尽くした服部先生はサンケイスポーツ新東通信から腕時計と目録を贈呈されたとお伝えしておきます。表彰付きの優勝者インタビュー(動画)ではカッコよく副賞を持つ姿も映っております。

住之江G1太閤賞優勝戦

 地元総崩れで大波乱のメンバーとなった優勝戦はG1初Vを目指す選手が3人とフレッシュな顔ぶれに。そして4号艇は唐津のソリ町深川真二と5号艇はイーグル会長小畑実成(一応住之江SG賞金王シリーズ優勝)が動いて145/236の進入となり、深い起こしのスロー3艇が全員G1未勝利選手に。こうなるとリラックスしたダッシュ勢有利で、優出メンバー中断然の記念実績を誇る2号艇吉川元浩がカドから1号艇大場敏を捲りきり、今年2回目・住之江では初優勝・G1は7回目・自己通算では27回目の優勝。03トップスタートからの捲り差しで大場を差しきった3号艇中島孝平が2着でした。G1初Vねらった大場敏は高橋淳美の地元で無念の3着でした。以下、小畑・深川と入り最下位は1M捲り差しの構えから振り込んだ78期のイーグル会員である6号艇平尾崇典(G1V1)。
 ということで太閤賞の千両勝者は昨年の福岡SG賞金王決定戦を制した吉川元浩。今年は前走地尼崎G1近畿地区選手権に続くG1連覇ですが、住之江初優勝だったのは意外でした。

 ちなみに太閤賞は江戸川競艇場で場外発売を行ってましたが、昨日前売を買いに行ったらポイントカードが20ポイント加算されました。どうやら自場休止期間中は場外でも日曜日ポイント増しが適用されるみたいですね。
 最後に、太閤賞の節間売上は71億3151万2000円。例年と違って単独開催になったとはいえ、昼間開催のG1としては破格の売上でした。さすがメッカ。

徳山G3スポーツニッポン杯新鋭リーグ戦優勝戦

 今年最初の新鋭リーグ戦は3号艇竹田辰也と4号艇今井貴士を除く4人にデビュー初優勝が懸かった一戦。1号艇吉川喜継もデビュー初Vが懸かってましたが枠なり3vs3のインから14トップスタートを決め、通算16優出目にして遂にデビュー初優勝。そして地元びわこで開催される来年のG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦出場権も獲得しました。2着は17スタートからつけまい敢行の地元竹田辰也が入りました。
 92期4218吉川喜継26歳は70期3582吉川昭男35歳の弟であり、兄もデビュー初Vが徳山という偶然。そして同姓の79期3854吉川元浩35歳(2007年びわこG2秩父宮妃記念杯優勝)と同日優勝という二重の偶然。ちなみに徳山競艇場では太閤賞の併用場外を実施してました。

児島G3企業杯シモデンカップ優勝戦

 今節4日目の23日土曜日にはインフォメーションコーナーガァ〜コの部屋が開設され、開設記念として過去にベストを尽くした演技で数々のシモ伝Dカップを作り、今月からは炎神戦隊ゴーオンジャーに出演してファン層を子供にも広げた及川奈央来場したシモデンカップ。
 優勝戦は枠なり3vs3から1号艇平田忠則がインから押し切りもえて今年2回目・通算28回目の優勝。「児島、最高。」の3号艇後藤浩が捲り差しで2着。優勝賞金200万円を獲得したヒラチュウは来月のSG総理大臣杯で再び児島登場です。

 ちなみにシモデンが誇る夜行高速バスルミナス号は新宿と児島を直接結び、運賃は片道10000円往復16900円。岡山駅下車なら片道9800円往復16600円。時刻は下りが新宿21時30分発の岡山7時50分、児島9時15分。上りが児島18時45分、岡山20時30分発の新宿6時50分着です。総理杯弾丸旅行にルミナス号をご一考ですね。 

蒲郡三河湾グランプリ優勝戦

 三河湾グランプリ、略してM1グランプリは123/645の進入から1号艇のMikawa Bay Pirates伊藤誠二が18とスタート後手を踏み、2号艇島川光男が畳みかけるぅ!直捲りで先頭に立ち通算56回目の優勝。表彰式でミツオは4号艇枝尾賢がチルト+1.5度で臨んできた事を聞かれましたが、「阿波君で無かったので気になりませんでした。」と余裕のコメントで返しています。ちなみにミツオ今年最初のVだった平和島報知杯の優出1号艇は阿波勝哉でした。M1といえばミツオは別府昌樹との釣り捲りな名コンビで2007年のモン太チャンネルを盛り上げましたね。
 後続は2番差しの4号艇枝尾と3番差しの5号艇齊藤仁Tokyo bay pirates)で接戦となり、2M内先制の齊藤仁を枝尾が差してリードするも、1周1M捲られて最後方だったはずの伊藤誠二が2M小回りで4番手に浮上しており、2周1Mで枝尾が外の齊藤仁を張る間に伊藤誠二が小回りで急接近。BS舳先引っかけた伊藤誠二が2周2M内から先行し逆転2着。LOVE PASSION実らず優勝戦23連敗となり、またも初V逃した枝尾は3周2M伊藤誠二を差そうとしたら齊藤仁に潜り込まれてまさかの4着敗退でした。

丸亀香川県中部広域競艇事業組合39周年記念優勝戦

 1981年5月のデビューから僅か1年2ヶ月後の1982年7月にここ丸亀のG1開設30周年記念で記念初Vを達成し、昨年1月にはここ丸亀のG3企業杯JR四国ワープ杯2日目12R通算2000勝を達成した1号艇今村豊がイン13トップスタートの速攻戦で通算113回目の優勝を、強風による順延もなんのそのな11戦10勝2着1本の準完全Vで飾りました。
 3日目12Rで永遠のプリンス今村豊に唯一土を付けた2号艇藤丸光一が2コース順走で2着に入り、2連複110円2連単140円の超低配当が出ました。

宮島向春賞優勝戦

 枠なり3vs3のインから1号艇谷勝幸(広島)が2003年3月下関一般競走以来の優勝を目指し21トップスタートを決め1Mも最初に回りますが、そこに入ったのは3号艇山崎智也の捲り差し。谷の優勝を阻止して昨年2月26日JLC杯に続く宮島連覇を決めた山崎は通算58回目の優勝

戸田隼杯はトシちゃんが3度目の正直で岩崎よしみに先着してV

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 "隼"加藤峻二御大の隼スピリッツを受け継ぐべく3500番台以上の中堅・新鋭のみの加藤隼戦闘隊で争われた2個準優制の6日間シリーズ戸田隼杯・埼玉新聞社協賛。そして隼の舞いで勝ち抜いてきたベスト6強によるファイナル優勝戦は紅一点の1号艇岩崎芳美がインから05のトップスタートを決めるものの、2コースの2号艇中島友和が黒い疑惑の35スタート。3コースカド受け17スタートの3号艇吉田俊彦も早々と捲り差しに構えたので4カド11スタートの71期3615横田茂による捲りが届き、捲りの餌食となった71期3611岩崎よしみはチェッチェッチェッとハートが泣く展開に。
 この展開にハッとして!Goodとなったのが今シリーズ未勝利のトシちゃんで、横田にあっさり捲られた後にすかさず立て直したトシちゃんは友和を捲り横田を差し返す捲られ捲り差しで今シリーズ初めて先頭に立ち、関東圏初にして通算15回目の優勝を飾りました。
前節蒲郡家康賞競走で永遠のライバル近藤昌義相手に節間2勝も最後に先着を許したトシちゃんは、次節浜名湖中日スポーツファイナルカップで加藤御大から隼スピリッツを直伝されます。
 「赤と黒」の泥壁によって捲られた岩崎よしみは後方4番手でしたが、小回りで3番手にいた友和が2M艇を伸ばして2番手旋回。これで友和は流れ、おまけに横田が友和に進路を塞がれる形になったので岩崎よしみは2番手浮上。そして2周1Mで友和が5号艇川原正明に突進されて脱落、同期のよしみに容赦なくジャガーの牙をむいた横田を2周1M先に行かせて差した岩崎よしみは2周2M先マイで横田を突き放して2着ゴール。
堕ちないでマドンナということで苦しい位置から岩崎よしみが浮上し、戸田選抜戦準優11Rと逆の着順ながら、さんたび花の80年組ワンツー。
 尚、6着に終わったカックラキンなマチャアキは坂井市三国競艇代表の坂井マチャアキながら家庭の事情でここ数年三国斡旋拒否を受けてました。しかし、家庭の事情が解決したのか正月の初夢賞で三国復帰です。これは非常に喜ばしいことですねヽ(゚∀゚)ノ

江戸川JLC杯4日目

 優勝候補の金田諭中野次郎が順調にポイントを重ねています6日間のロングランシリーズは4日目の競走水面。
 一段と激しいレース、ホットなレースを期待したい第6Rに5号艇で登場した金田は捲り差しで3番手も2Mで行き場を無くし減速、4着に敗れてしまいました。
 しかし3号艇の後半第10Rではアグレッシブなつけまいで1着を獲り、得点率9.29です。

 6号艇の前半第5Rを6コースから堅実に差して2着と不利枠を乗り切った中野は2号艇の後半12R、1号艇の埼玉支部飯島誠がスピン(動画)する展開で、スピンの内側をかいくぐり巻き添えを免れた中野はそのまま差し抜け1着、ポイントの上積みに成功した中野は金田と並んで9.29のトップタイです。

 予選最終日の明日、金田は第5R2号艇と第10R4号艇の2回乗りで、中野は11R1号艇1回乗りです。

浜名湖スポーツ報知ビクトリーカップ優勝戦

 他を圧倒するピット離れでインを取りきった報知カラーの6号艇玄馬徹がホワイトカラーなにするものぞの逃げで堂々ビクトリー、通算22回目の優勝
4コース捲り差しの3号艇高山秀雄と3コース小回り差しの2号艇吉田徳夫による65期同士の2着争いは2M先マイの海苔オが制してマス。

【ゴールデンサンケイスポーツ競走】

 開設記念G1太閤賞(今年のVは東海地区の85期井口佳典)と同じ回数を誇る第49回の住之江サンケイスポーツ旗争奪GSS競走、混戦メンバーがブイ際でVを争いそうな優勝戦は1号艇を手に入れた東海地区の85期伊藤将吉(静岡)が見事インから押し切りメッカ住之江初優出にしてデビュー初優勝。2コース順走で2番手の84期小野勇作が2周1M軽くキャビり、3号艇の84期前野竜一58.5kgに差を詰められるも振り切って2着ゴール。

津G3企業杯マキシーカップ初日

 三重交通自慢のハイデッカー貸切観光バスMAXYのタイトルが付いた津競艇「師走の"大一番"!」。ちなみに三重交通のハイデッカーでない標準貸切観光バスはSUPER GRANDといいます。
 初日メイン地区選抜ドリーム戦は出場予定だった地元A2東本勝利が欠場したので、東海地区不在で外枠に九州地区2名の構成に。そして1号艇は69期の隠し球菊池峰晴(栃木)がインから逃げの体勢を作るも、2コースから16トップスタートで斬り込む2号艇はデジタルタッチスターター瀬尾達也(徳島)が舳先を入れて達也が先頭に立ちます。
しかし菊池もこのまま引き下がらず、2周1Mで斬り込み1度は逆転。でも達也が2周2M差し返して再逆転の1着。3号艇3コース2番差しから2M捌いて3着に入ったのが69期のミスター赤ヘル山本浩次(岡山)だったので、達也は69期の両名を従えた事になります。

【加藤峻二杯】戸田隼杯準優は岩崎芳美と吉村輝で明暗

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 昨日はジャイアント白田フードバトルが大盛況、売上も3億を超えて本場入場も前日比約4000人増だったらしい東のメッカ戸田競艇場。昨日行けなかったですが、フードバトルと艇界の”隼”加藤峻二展には興味津々だったです…。
 ということで昨日は戸田では無く江戸川競艇場第8R終了までいて、15時前に帰宅後はJLC見たりネット中継見たり競馬中継見たりしつつ、18時からの忘年会に出発するまでの間エントリーを書いてました。

 と、私事はこれくらいにしてフードバトルから1日明けた今日は隼杯・埼玉新聞社協賛5日目。今節は実質第2回加藤峻二杯ということで、準優メンバーと加藤御大のお出迎えサービスがあった本日メインは2個準優。
 まずレース順とは逆に準優12Rから。進入は126/453、3号艇ながら大外進入のダッシュ専科は74期3720吉村輝(広島)がG1戸田グランプリを制した74期3719辻栄蔵(広島)に続いて戸田を獲る、とばかりに豪快な絞り捲り(動画)を決めて見事1着
 イン残した1号艇中島友和が2着で、3番手は5コース差しの石田章央と4カド捲られ外マイの横田茂が争うも、2M外をぶん回した横田に対し、内で溜めてのハンドルを入れようとした石田は5番手から突っ込んできた2号艇片山竜輔に追突してしまい2艇共に転覆。この事故で横田がすんなり3着に。
行かせるターンが出来なかった石田のハンドルミスな気がしないでもないから責任外でもよさそうだけど、突っ込んだ片山は妨害失格です。
 本日の戸田で妨害失格は2Rの2Mで振り込み、後続の3号艇福田理とぶつかって転覆(動画)。福田をエンストにし、転覆艇に乗り上げた5号艇三野勝重を転覆させた4号艇木場雄二郎に続く2件目です。
 2艇事故があった12Rですがこれだけには留まらず、更に1位入線の吉村輝にレース後悲報が待ち構えており、絞り捲りを絞り過ぎの不良航法と認定されて賞典除外の宣告が。残念ながら吉村は3月の辻ちゃんに続く事は出来ませんでした。

 そんな波乱の12Rの前にはレッツゴーヤングな準優11Rがありました。イン13トップスタートの1号艇岩崎芳美が真っ先にゴールをタッチして1着、5コースからビッグにつけまいを放った吉田俊彦がよしみには振られたものの大外差しから追いかけてくる川原正明を2周1Mビッグなつけまいで振り切っての2着で、岩崎よしみとトシちゃんによるワンツーは初日戸田選抜戦に続く花の80年組ワンツーです。
尚、明青な4号艇佐口達也は4カド捲り差し狙うもターンが上過ぎて入りきれずよしみの艇にタッチしてしまい後方。達也がダメならかずやということで2号艇谷村一哉は2コース順走で4番手ながら2周2Mの差しが入って3着争いに加わります。が、3周1Mでマチャアキのつけまいを貰ったのが痛く、結局マチャキを抜けずの4着でした。かくして荒川の河原を背にする戸田競艇でカックラキンにマチャアキ3着。


 埼玉新聞社賞の万歩計が懸かった優勝戦は吉村輝賞典除外の為、12R4着の太田克哉が繰り上がりました。

1:岩崎よしみ 2:友和 3:トシちゃん 4:横田 5:マチャアキ 6:群馬の太田


 JLCSGスペシャルプログラム「赤or黒」終了記念にちなんで「赤と黒」な岩崎よしみが泣き虫先生滝沢芳行の地元戸田で男子5人相手のしゅん2ウォーズを制する事ができるかが最大の焦点です。赤いシリーズの友和ではなくトシちゃんが2着か3着に入る139or193なら嬉しいのです。
昨年の第1回加藤峻二杯


【ヽ(゚∀゚)ノさいたまつり&マクール一発】

 住之江SG賞金王決定戦戸田場外イベントとして、24日にガッツ石松&渡嘉敷勝男スペシャルトークショー「元世界チャンピオン2人が12月20日亀田興毅防衛戦を語る」が行われる事は既に発表済みでしたが、前日の23日には選手会埼玉支部お客様感謝イベントが行われまして、埼玉支部選手と一緒に飲みまshow!!とか大好きな埼玉支部選手と一緒にプリクラを撮りまshow!!とか選手トークshow!!とかがございます。
今節選手代表の一柳和孝を始め、山崎義明支部長等約35名前後出席の大イベントです。歌手の山口瑠美ミニライブ(山崎支部長のごあいさつ付き)もあります。
併用開催の江戸川か、大イベントの戸田か。賞金王場外はどちらで買うか迷う方も多そうですね。

 ところで、戸田がホームのビッグネームといえば競艇マクール編集長の水村和彦さん。そして本日、競艇マクールSNSが出来ました。携帯マクールで事前募集があったので早速初日から登録しましたです。

江戸川JLC杯3日目

 江戸川競艇場HPがプチリニューアルしたこの日、シリーズをリードする金田諭中野次郎(先月の江戸川トークショー動画公開中)が共に12R1回乗りで直接対決です。昨日までポイント1位でした原田智和が1回乗りの第5R5号艇で捲り差し不発の4着に敗れたのでこのレースは文字通りシリーズの雌雄を争う一戦になりました。
 4号艇が金田で5号艇が中野でしたが、金田が4カド差しでインの鈴木唯由を差しきって1着になったのに対し、中野は5コース3番差し届かず4番手。
2コース順走の東京在住埼玉支部山崎善庸を捕らえられそうで捕らえられない中野でしたが、3周1M内側の利を生かして先マイしたのが功を奏し逆転、金田とは明暗はっきり分かれたものの何とか3着に入りました。
 
 ここで明日のエントリーの予告。三重交通自慢の観光バスMAXYに乗って74期3721守田俊介が走る津競艇場に行き、車内ではゴールデンサンケイスポーツ略してGSSをふんぞり返って読む贅沢を一度はしてみたいな☆という予告で津。但し全然違う内容になる場合もあるで津。

【赤と黒】岩崎芳美がマスラオ5人を相手に唐津で優勝!【枠は白】

 連日30度を超え、暑さも頂点に達する中、夏バテ知らずの6強が今年の初V目指す戦いとなりました唐津優勝戦
出足・伸び・回り足3拍子揃った節一パワーを武器に6戦5勝3着1本という成績で突っ走り1号艇を獲得したのは2002年徳山G1企業杯JAL女子王座決定戦優勝の実績を誇る紅一点岩崎芳美。そして岩崎芳美はイン08スタートから伯母芳恒の2コース08スタートからの差しをも、大峯豊の3コースつけまいをも振り切り、5名の益荒男を従えた岩崎芳美が優勝の快挙です。今年の平和島SG総理大臣杯優勝戦1号艇の実績を持つ6号艇湯川浩司(大外差しで4着)もいた強力メンバーなだけに価値は大きいです。尚、2着には大峯の追撃をしのいだ伯母が入っています。

 炎天下でさわやかに優勝した岩崎芳美の次回斡旋は6日から江戸川さわやか杯。昨年9月に行われた江戸川日刊スポーツ杯の斡旋を辞退した岩崎よしみにとって江戸川競艇場は昨年8月のミニライブ以来の参戦となります。
岩崎良美ショー


大村スポニチ杯争奪真夏の王者決定戦優勝戦

 イン03トップスタートの長溝一生に5カドから差した出畑孝典が舳先を入れ、2Mを先制して今年3回目、通算8回目の優勝。これで出畑は真夏の王者松井繁への挑戦権を獲得しました。しかし出畑はA2なので直接対決は来年になりそうですね。
1Mで長溝にブロックされながらも2Mの差しで2番手に上がった2号艇2コース峰竜太が接戦ながらも全速連発で後続を包みきってリードを守り、2着になっています。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ