ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

川北浩貴

芝桜より早い鎌田義開花宣言・セメントマッチ秩父宮妃記念杯

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年は大津湖岸なぎさ公園の芝桜より一足早い3月開催になったびわこ競艇の名物開催G2結核予防事業協賛秩父宮妃記念杯は本日が最終日。
 「おはようございます。淡路島の黒い猪が1年ぶりにびわこに帰ってまいりました。今節はJRAの競艇部がびわこまでレースを見に来るらしいので、むちゃくちゃがんばりたいと思います。皆さんも毎日来て下さい。よろしく!」とにこやかに腕を組んでの選手紹介(特設サイトに動画あり)を披露した鎌田義が追加斡旋&優勝戦6号艇ながら今年2回目の優勝を飾った前走地平和島内外タイムス杯の翌日が即前検というハードスケジュールをものともせず無茶苦茶がんばって秩父宮妃記念優勝戦1号艇。
 
 そして枠なり3vs3の進入からカマギーが1Mぐいっと回って押し切り、今年3回目・通算30回目にして遂にG2もびわこも初優勝。表彰式(特設サイトで動画公開予定)では本日のイベントゲスト、女性スーパーイリュージョンマジックユニットルミエル・デュ・ソレイユに囲まれての記念撮影も。
 独走のカマギーと違い後続は激戦で、順走の2号艇須藤博倫がややリードも、外マイの3号艇赤岩善生に加え須藤と赤岩の間を突く5号艇太田和美の2艇が須藤のすぐ外につけ、それに大津市内の桜開花より一足早く地元優出を果たした6号艇茶谷信次も差し伸びて上位に接近。その結果2番手争いは2Mで様相一変し、先行体勢の須藤に対し茶谷が押っつけて行き、茶谷に進路をカットされた須藤はなんと最後方まで後退。2番手争いは茶谷に加え、5番手ターンの4号艇中野次郎、それに中野次郎をも行かせて差した和美の3艇に。そして2周1M、内の利で先行する和美に対し、中野を締めきった茶谷が差しにでますが、茶谷を振りきった和美が2着争いのガチンコ勝負セメントマッチを制しました。
2月多摩川イーバンク銀行杯でのカマギー

 さて、びわこ競艇は白石佳江アビスパ福岡杯出場中)のマザーレイクですが、黒石加恵アナがインタビュアーだった準優勝戦勝利者インタビューで赤岩善生が「母の実家が滋賀県」と言ったのは新しい発見でした。岡崎の赤岩は鹿児島だけでなくびわことも縁が深い選手だったんですね。
 次に、白石佳江は96期4338ですが、びわこ競艇といえば同期4347魚谷香織(徳山地区スター)が昨年8月のアクアンビューティー選手権で初優勝を飾った地。そして本日はダイスポジャンピーカップ初日(佳江パパ白石桂三滋賀支部長出場)の住之江競艇と同じ大阪市で優秀選手表彰式典が行われ、地区スター紹介枠で参加したぅぉちゃんもぅぉちゃん★ぶろぐ式典の写真をばしばし掲載してます。

宮島日本トーター賞優勝戦

 昨年はV4、近況は充実した私生活も2008年5月22日の徳山日本モーターボート選手会会長杯U45選手権以降優勝が無かった白無垢の1号艇・ゴルフも一流の福田雅一。福田が最後のVを飾った3日後の5月25日には福田の地元丸亀で艇界に衝撃を与えた日刊スポーツカップ優勝戦がありましたが、そろそろ自らも優勝しておきたいところ。

 ということで優勝戦ですが、1236/45の進入から福田と2号艇山本修一が共に07トップタイスタート。そして、山本の差しを振りきった福田は宮島2回目・通算38回目となる優勝のゴールイン。山本がそのまま2着に入り、2周2Mで4号艇高沖健太が6号艇大川茂実を抜いて3着に入った結果、2連単220円3連単670円の大本命決着。

丸亀JLCカップ優勝戦

 2004年6月の当地創刊55周年記念日刊スポーツカップ以来通算8回目のVを狙う東京の大塚信行が1号艇でしたが、枠なり3vs3のインから痛恨の26ドカ遅れスタートをやらかしてしまった大塚は2号艇徳増秀樹にあっさり捲られてしまい久々の優勝ならず。
 その大塚を捲りきった徳増が後続も寄せ付けずに通算37回目・丸亀3回目の優勝を飾り、捲り差しで続いた3号艇興津藍が2番手、外マイの5号艇乙津康志が3番手。2M乙津が切り返して藍ちゃんに先行するも、これを行かせて捌いた藍ちゃんが2着。

 さて、4月21日からのまるがめブルーナイターオープン記念レース斡旋メンバーが発表されましたが、当地でG1初Vと通算2000勝を達成した永遠のプリンス今村豊を始め、3556田中信一郎&3557太田和美&3558山本浩次の69期SGウィナー連番トリオに4028田村隆信&4044湯川浩司の85期銀河系SGウィナーコンビが出場予定な初ナイターには95期4313西村美智子と98期4387平山智加の新旧丸亀地区スターも出場予定です。

常滑ボートピア川崎開設記念競走優勝戦

 宮城県柴田郡川崎町にあるボートピア川崎の開設記念は枠なり3vs3の進入から3号艇谷村一哉が09トップスタートでぐいっと伸びるもしかーし、19スタートの1号艇川北浩貴(滋賀)がインコース持ち直して1Mを先行。そして谷村の捲り差しを軽く振りきった川北が今年2回目・通算41回目の優勝来た。
 今年はVの後三国G1近畿地区選手権G1大村モーターボート大賞でG1連続優出したまではよかったものの、大村優勝戦FでF明け後半年間G1選出除外の憂き目に。
 しかし今節は7戦6勝2着1回の準完全Vで、G1優勝戦Fの鬱憤と地元秩父宮妃記念杯(川北は2003年度第47回覇者)に斡旋されなかった鬱憤を晴らすかのような結果でした。この後は住之江G1太閤賞平和島G1トーキョー・ベイ・カップ(55周年)に出場してF休みの予定です。
今年1月多摩川表彰式でのカワキタ━(゚∀゚)━ !!


平和島レディースカップ4日目

 車だと家から40分前後で着く平和島競艇。そんなわけでノッポアナの生実況が聞きたかったからお昼時のゴンロクレースだけ車使って見に行って来ましたよ。車の方が速いしビッグファン臨時駐車場なら駐車代も安いけど、車で行くと酒が飲めないのが泣き所。
 その現着レースだった5R、枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇八島貴美子を3号艇濱村美鹿子と4号艇小神野紀代子(今節選手代表)が追いかける形になりますが、外マイの体勢から2号艇喜多那由夏と濱村の間を割ろうとした5号艇古川舞が出口で引き波にはまり、「おっと後方ではー、5号艇の古川がー、転覆しています(動画)。」と、選手責任転覆。
 古川の転覆で実質最後の勝負所になった2Mを逃げ切り先頭で回った八島、小神野を差した濱村の順で回りまして事故艇がいる2周1Mに入りますが、ここで八島は外側を航走したのに対し、濱村は内側を航走しようとしてしまい「おっとぉー、3号艇、1号艇。」とあわやもつれ合う場面がありましたが、八島を抜こうとしてしまった濱村が八島の通過を待った事で順位変動は免れ、濱村は指導事項違反による賞典除外処分に留まり、帰郷処分は免れました。

 また、本日7Rで135/642の5コースから捲って先頭の4号艇鈴木祐美子と6コースから捲り差しで続いて2番手の2号艇梅崎恵美が「アウトのふたり、早いな(動画)。」ということで鈴木が+03、梅崎が+10のフライング。梅崎は初日1Rで責任外出遅れ返還欠場の状態から2Mで1号艇山下友貴に突進して転覆させてしまい航法指示違反で賞典除外済み(動画)。よって梅崎は節間2回の賞典除外抵触で帰郷処分になっています。

若松G3新鋭リーグ戦競走第2戦植木通彦フェニックスカップ5日目

 準優勝戦3個レースの本日、1つ目の準優9Rは若松初参戦ながらA1レーサーの貫禄で予選3位の活躍を見せた1号艇新田雄史(三重96期4344)が枠なり3vs3のインから押し切り1着
 本日の優秀選手表彰式典には競艇記者大賞を受賞した師匠の井口佳典と同伴の真弓夫人(旧姓:新田)に加え、同期4350篠崎元志も最優秀新人選手として出席。96期やまとチャンプの新田雄史にとってイケメン篠崎兄の存在は大いに刺激になってそうですね。
 後続ですが、2番差しの3号艇高橋直哉(秋田在住東京支部93期4245)と外マイの4号艇岡祐臣(三重93期4261)の93期コンビがやや優勢で、差し順走もたついた2号艇岡崎恭裕(福岡)は2艇に挟まれやや劣勢。そして2M内先行の高橋と外握った岡の対決は握った岡が優位に立ち、2周1M高橋を振りきって先行した岡が2着に入り、三重ワンツー完成。

 6人中4人が94期生になった2つ目の準優10Rは篠崎元志の弟篠崎仁志(101期やまとチャンプ4477)も6号艇で乗艇した一戦ですが、ここは92期4237の3号艇大峯豊が2コースに入り、132/456の進入。
 そしてカドから4号艇の多摩川地区スター長畑友輔(94期4274)が絞りに行きますが、24スタートの2号艇永田啓二(福岡94期4288)に抵抗された分絞りきる事が出来ず、25スタートの1号艇今井貴士(福岡94期4287)がこらえきって先行し、長畑を2番手に従え1着
 大峯を叩いての差しから迫ってきた5号艇の宮島地区スター麻生慎介(94期4292)が内から長畑に接近しますが、2M押っつけた麻生に対し外全速包みきった長畑が2着を守り、G1ウェイキーカップでお馴染み多摩川競艇代表のBPクラブ員長畑友輔がG3植木カップで遂にデビュー初優出です!
多摩川での長畑友輔

 「新鋭リーグ第2戦、ファイナルへの切符はあと2枚。只今から準優勝戦のラストカード第11Rの開始です(動画)。」ということで最後の準優11Rは1号艇稲田浩二のジェットスタートに対し、3号艇山田哲也のスタートはスリットを切り裂くジャックナイフ。「このカード、イナダッシュvsヤマダッシュのスタート対決も注目です。」という一戦でしたが、4号艇池永太(福岡97期4364)が動いた14/2/356の進入から山田哲也が07トップスタートヤマダッシュもスリット切り裂くまでには至らず、09ジェットスタートの稲田が押し切り1着
 後続は2番差しの山田が2番手、差し順走の池永が3番手という隊列でしたが、1Mで5号艇齊藤優を叩いての差しから2M押っつけてきた6号艇山口修路(福岡97期4367)を包んだ山田はターン膨れ、山口を行かせた池永がここで山田をも差しきり逆転2着。


 植木カップの優勝戦にCatchUp!

1:今井貴士 2:新田雄史 3:稲田浩二 4:岡祐臣 5:池永太 6:長畑友輔

 予選1位だった稲田は今日の前半一般戦8Rで4号艇3着(2号艇新田泰章との同着)になったのが響き、一般戦でも1着になった今井と新田に得点率で抜かれて3号艇に。また、初優出の長畑を始め外枠3艇にはデビュー初Vが懸かります。で、ここは地元の今井がインから翼を広げる豪快なターンで誰にも捲らせずに逃げ切ると予想。
植木通彦艇王ショーin江戸川青い不死鳥フェニックス

全日本王者決定戦+JAL夜の女子王座決定戦【若松みゆき】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今年2つ目の記念レースは唐津競艇開設55周年記念G1全日本王者決定戦。今日の自分は多摩川併用場外でニコリンコなみちみち・みっちぃ藤堂みちえアナがスタジオ進行を担当した中継を見てました。ちなみに今節はG1の為、通常のピット生ナマ情報の替わりに大串理彩アナによる優出者インタビューがOAされました。

 優勝戦は「地元らしいコース取りを。」と宣言した6号艇の地元三井所尊春スタート展示から予想通り動き、13625/4の並び。本番では展示以上にミーショがぎゅぎゅっと積極的に動き、1号艇辻栄蔵は枠を主張するもかなり窮屈なイン。「自分でも進入は読めない。」と出たとこ勝負のコメントをした2号艇木村光宏(香川70期3568)も枠を主張しますが、ミーショが微妙に3コース水域から2コース水域に斜行(待機行動違反)してみっちぃの進入を塞いでるのと自らがエンストした事もあり、一旦2コースに向けた艇を横に流して楽な起こしの3コースに。これでみっちぃは起こしも懐も充分になり、エンストが逆に幸いした格好ですね(ぎゅぎゅっ☆とした辻映像)。
 これで進入隊形は3vs3と分かれてインコースから16/2/345の並びです。スタートしました優勝戦第12R。辻ちゃんはなんとスタート48と大きく凹んでしまい、28スタートのミーショが捲る構えに。しかし機力で勝る辻ちゃんが伸び返してミーショに抵抗した分ミーショの捲りは流れて共倒れに。
 先頭争いはみっちぃの差しと、辻ちゃんとみっちぃの間を割った3号艇菊地孝平の捲り差しと、20トップスタートからミーショと辻ちゃんの間を割った4号艇濱野谷憲吾(東京70期3590)の捲り差しに加え、5号艇柏野幸二も差し伸び、先頭は4艇による大混戦。
 そして2M、最内の柏野を締めて最初に回ったみっちぃが差してきた孝平を従えて単独先頭に立ち、2004年9月の地元丸亀G1京極賞と、その次節の同年10月G1桐生モーターボート大賞以来となる3つ目の記念タイトルを獲得し、唐津2回目・通算38回目の優勝
 大串アナ司会の表彰式(特設サイトに動画あり)で「自分が誰なのかわかってないです。」と、狐につままれたようなコメントをした復讐心を感謝の心にカエて走るハングリー精神旺盛な全日本王者みっちぃは3月の多摩川SG総理大臣杯昨年の全日本王者にして永世王者の松井繁と直接対決です。


 ここで私事ですが、最初に書いたように、今日は多摩川競艇場に。江戸川競艇場でも唐津と多摩川両方買えましたが、多摩川は表彰式付きの優勝戦なのと今年3度目の京王百貨店駅弁大会(今日は厚岸駅のかきめし)に行きたかったので多摩川まで。ちなみに駅弁は夜食で、夕食はみっちぃ優勝(当初孝平捲って濱野谷差しの3=4折り返し本線もスタ展見て孝平頭とみっちぃ頭に変更して的中)を祝って京王と同じ新宿にある東京麺通団でたぬきうどんもといさぬきうどん。弁当は後述のJAL夜の女子王座を見ながら食べましたです。
多摩川競艇場の福狸東京麺通団のひやかけ&げそ天&かしわ天&銀河系高原ビール


若松JALナイトクイーンカップ最終日

 G1企業杯JAL女子王座決定戦を始め、艇界と最も縁が深い企業のひとつJALのタイトル戦最終日は雨予報通りに雨が降った1日。
 唯一雨が降らなかったオープニングの1Rで赤枠の3号艇川野芽唯(福岡100期4433)が126/534の進入から捲り差しを決めデビュー初1着の水神祭をデビューを飾った水面(May.2007日本トーター杯争奪戦)で叶えました。おめでとうございます。
 レース内容は捲りに行った6号艇橋谷田佳織と小回り残しにかかる1号艇登みつよの間を、スピードをつけたメイちゃんのAクラスな捲り差しが力強く入って突き抜け、ナイトクイーンCでメイちゃんのレッドスペシャルが実現しました。

 今節は10戦8勝2着2本の成績で、まさに若松みゆきという強さだった山川みゆき(香川)が1号艇になったJAL夜の女子王座決定戦優勝戦はみゆきが枠なり3vs3のインからきっちり07トップスタートを決め、2号艇谷川里江の強つけまいを全く寄せ付けない速攻で圧勝を飾り、若松3回目・通算では自らの女子選手史上最多記録を更新する58回目の優勝。九州2場の優勝戦は昼も夜も香川支部が制しました。
 後続ですが、優出メンバー中唯一名前に「み」が無かったりえのつけまいは流れ、3号艇角ひとみの差しはもたつき、4号艇大山博美の差しが優勢に。これに5号艇新田芳美の差しと6号艇池田明美の捲り差しが続く形になりますが、2Mひろみがややもたつき、そこによしみが押っつけるものの、こちらももたつき気味で、結果両者共外全速のあけみに捲られ、展開見据えたひとみに差されで後退。
 これにより2番手はあけみとひとみの争いに替わり、2周1M外握ったあけみを内のひとみが受け止めきり、2周2Mで差を広げたひとみが2着争いを制しました。

 最後に、昨年12月の尼崎G3女子リーグ戦クイーンロードで優出(優勝者海野ゆかりは本日若松競艇場でトークショー)するなど安達充つる近況だった安達美帆りんは2日目3Rで2号艇2コースからの小回り差しで、3コース捲りの3号艇高橋淳美には捲られたもののBS伸びてあつみにプレッシャーを掛け、2Mあつみのターンミスを誘発。膨れたあつみと対照的に的確な旋回で先頭に立ったミホで白星挙げたミホになったものの、白星はこの一戦のみで残念ながら準優進出はならず。
 そして、4号艇で乗艇した昨日の1回乗り3Rでは4カド捲り届かずも、2M→2周1Mとスピードターン連発で3番手に浮上。しかし3周目のBSで3号艇東郷晴美に追突し、あだちみほはバック向かい風3mに煽られそのまま選手責任落水(動画)。残念ながら負傷帰郷となってしまいました。


三国むつき第2戦優勝戦

 「去年は再三ファイナルで、涙を飲んだ武田が1枠。対する遠征陣。あの手この手でそれぞれがVへと思いが巡る水上は、いよいよむつき第2戦優勝戦第12Rです(動画)。」ということで「地元で、1号艇で、リズム復活。条件揃ってここ一番、欲しいのはVゴール。今度こそと思いをぶつけます。」地元武田光史が1号艇の優勝戦はインから123/456の順でスタートしました。
 11スタートからV目指して1Mトップクリアー狙う武田でしたが、08トップスタートから攻め込む3号艇吉島祥之に対し抵抗するも捲られてしまい、2号艇鈴木博と4号艇吉川昭男には差されてしまい、遅れをとってしまいました。
 とはいえ、機力優位の武田は艇を内に入れて立て直し、2番差しで先頭の吉川には届かなかったものの鈴木と吉島には追いつき、2M艇を伸ばして吉川の次に旋回。ここは鈴木に差されたものの、2周1Mで吉島が鈴木を捲った展開を突いて的確な差し。BSでは吉島との併走になり、2周2M内からしっかり回った武田が2着でゴールイン。
 尚、先頭でゴールインした滋賀の吉川昭男は通算27回目・好相性の三国は三度目の優勝。明後日から始まるびわこG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦に出場する弟吉川喜継に景気づけのVゴールです。

多摩川サンケイスポーツ賞優勝戦

 フジビュー多摩川のフジサンケイスポーツ杯優勝戦は6号艇藤丸光一(2008年G1ウェイキーカップ優勝)が2コースに入り、チルト+2度の2号艇・2004年G1ウェイキーカップ等多摩川周年V2の是政キング・湾岸太陽族三角哲男荻野目洋子の出身県でもある千葉県民)が大外に出て、日本一の静水面さあ行こう優勝戦!インコースから16/3/452、スタートを切りました!
 4号艇鈴木猛が53の大誤算をやらかしたのを始め全体的に遅いスタートの中、チルト2度のミッスーが30の三番手スタートながらいい感じな伸びを見せますが、さすがに16トップスタートをキッター1号艇川北浩貴には届かず、ミッスーは捲り差しっス。ですが、28スタートのマルちゃんが抵抗してミッスーを飛ばし、その間に逃げの体勢を固めキッター川北がマルちゃんの差しを振りきって多摩川2回目・通算40回目の優勝来た。ちなみに本日の優勝戦4つは香川支部と滋賀支部が2つずつ占めました。
 後続ですが、1Mマルちゃんに張られたミッスーが2M切り返してマルちゃんに押っつけ、押っつけられたマルちゃんは大きく艇が浮き、ミッスー2番手に浮上。2周1Mマルちゃんは押っつけ返すも空振りに終わり、2周2Mも押っつけ返しますがここも空振り。しかもここで5号艇池本輝明に差されたマルちゃんは4番手に後退し、2艇が参画した2着争いに決着。
表彰式カワキタ━(゚∀゚)━ !!

昨年のG1江戸川大賞覇者がフライングに散った(´・(ェ)・`)クマー

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 いろいろあって今回の桐生SGオーシャンカップが2005年11月芦屋SG競艇王チャレンジカップ以来のSG登場となった熊谷直樹。SG復帰初戦の初日7Rを4カド捲りでいきなり制して意気上がる1号艇1回乗りの12RSGウイナー地区選抜戦
 インの白クマはスタート飛び出して勝負所各メンバー殺到の1Mを先に回るも、2コース03スタートの上瀧和則に差されてBS併走。そして無念の+01スリットオーバー。このフライングで今期F2になってしまったクマは12月1日までお休みになってしまい、既にF休みになっていた多摩川G1ウェイキーカップだけでなく、11月10日からのG1江戸川モーターボート大賞もF休みになってしまいました。これはクマった。

 オーシャンCの予想大会K-BATTLE行くぜ!ドラちゃん!夏夜の花火を打ち上げろ!は明日が3日目。優勝の資格を得るためには4日間で6R以上の予想に参加する事なので、まだまだ間に合います。

【明日から江戸川東京スポーツ杯

 明日から31日までの6日間シリーズは東京スポーツ杯。東スポ本日の見出しは

奇跡写真!!テーブルの下でくつろぐ悪魔 見たデーモン閣下も衝撃の絶句

 それはさておき、初日メイン江戸川選抜のメンバーは以下の6選手。

1:西村勝 2:大澤普司 3:平尾崇典 4:佐々木和伸 5:吉永則雄 6:長野壮志郎

 平和島SG全日本選手権出場権を巡る動向では1号艇のまちゃるたんが無事故完走で当確、3号艇の平目が選考勝率7.29で大崩れ禁物といったところ。他の注目レースでは第9Rがオール九州戦となっています。ちなみに男の楽しみ東スポ裏一面は2007AVオープンの結果発表でした。

びわこG3企業杯キリンラガーカップ優勝戦

 2007年、夏キリンラガーカップの優勝戦は13/2456の3カド戦になった2号艇宮嵜隆太郎が05トップスタートも、2コースの3号艇川北浩貴が抵抗の先捲り。川北はインの1号艇馬袋義則に抵抗されながらも捲りきりますが、差しに転じた宮嵜に差され、5コースから捲り差してきた5号艇上田隆章と2番手併走状態。宮嵜は2003年7月鳴門ヤクルト杯以来約4年ぶりの優勝目指して2Mを先頭で回りますが、ここで川北が地元A1選手の貫禄で2艇まとめて差しきり。宮嵜の久々のVはお預けになってしまいました。
 鳴門帰りの6月29日高速鳴門バス停から自分と同じバスに乗った川北さんは当地G2秩父宮妃記念杯競走を含む通算34回目の優勝。びわこでは2004年10月一般競走以来久々の優勝です。

大村アサヒビール杯優勝戦

 1号艇山地正樹がインから押し切り通算7度目の優勝。3コース02トップスタートからつけ回った3号艇池上隆行が2番手も、5コース31スタートの遅れ差しからBS伸びて2M小回りで3番手を取り切った6号艇清水敦揮が3周2Mの差しで斬り込み成功の大逆転。見事岡山人ワンツーを完成させました。

 大村次節は8月2日からG2競艇祭〜競艇マクール賞〜。夕焼けレースとして最終レースの締切予定時刻が18時40分と、通常の大村開催より約1時間50分遅くなっております。最終日の7日に行われる表彰式には艇王植木通彦元選手が出席予定です。当日は引退セレモニーも行われるそうです。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ