ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

川崎智幸

【江戸川MB大賞】カワサキ通算1000回目の1着ゴール&くまぇふ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 剛腕レーサー達が激しく鎬を削っていますG1江戸川モーターボート大賞4日目の水面上。今年は飛ぶ鳥を落とす勢いの魚谷智之、魚が鳥を落とすような感じ(動画)でしょうか。ということで魚は1回乗りで予選のトリとなった第4Rを3コースからの差しで1着とし、準優進出を決めています。

 お待たせ致しました、第6Rが始まりました。2号艇の川崎智幸は準優勝負駆けと通算1000勝が懸かった一戦になりましたが、川崎は渾身の05トップスタートを決めてマヨわずカワサキ重厚に差しきり、見事通算1000本目の1着と準優勝負駆けを同時に成功させエースモーターの面目も保ちました。予選得点率はこれで6.00とし、12位での予選通過は準優11R4号艇です。レース後には水神祭が行われ、川崎は中川にドボンと落とされました。

 目を離せぬ激しい攻防戦が相次いでいます今日の競走水面は第9R以降が2周戦。そして南寄りの追い風が10mで波高30cmの第11Rは今年江戸川で行われます2つのG1独り占めを狙います5号艇熊谷直樹が果敢なスリット攻撃から捲り差しで先頭に立ちますが、スタートアクシデントが発生しましてクマは+01のフライング返還欠場に。4316万4200円の返還額となりました。そしてG1江戸川大賞に続く江戸川G1連覇に向けて前日まで予選2位と順調だったクマの野望はFでまぼろしに終わりました。

 そして予選1位で勝ち上がり、準優11R1号艇乗艇を決めたのは第10R2号艇1回乗りの飯島昌弘。飯島は2コース37と1艇大きく凹みましたが、直外の3号艇辻栄蔵に絞られそうになり抵抗。波を恐れずそのまま艇をぐいぐい伸ばして捲りを敢行し、なんとそのまま捲りきって1着になってしまいました。

 さて、準優当日の江戸川競艇場イベントですが、第7R発売中にサバンナのお笑いショー、準優10R発売中に犬井ヒロシのブルージーなお笑いショーがあります。

関西スポーツ新聞5社杯争奪尼崎チャレンジ競走優勝戦

 1号艇の筑豊ブラックダイヤモンズ岩崎正哉がインから慌てず騒がずしっかりと押し切りまして通算26回目の優勝のゴールイン。優勝賞金100万円を獲得して暮れの賞金王シリーズチャレンジをほぼ当確にした価値ある優勝です。
今回のレース名に最もふさわしいミスター競艇王チャレンジ競走、2号艇の筑豊ブラックダイヤモンズ瓜生正義が2コースから捲らせず差させずの見事な順走で2着と2連単290円の筑豊ワンツーであります。以上でございます。

芦屋ヤングスター選抜戦優勝戦

光通信時給90円 1号艇は光通信時給90円のヤングスター伊藤宏30歳がインから逃げきってヤングスターベスト6の対決を制し優勝。芦屋は初にして通算8度目、今年は江戸川の名物レースナイタイスポーツ杯に続く2度目のVを飾りました。
香川のヤングスター吉永泰弘32歳が4号艇3コースからの捲り差しで2着、2号艇2コース順走も吉永に捲られた広島ブラックダイヤモンズのヤングスター別府昌樹30歳が3着です。

常滑もみじ賞優勝戦

 1号艇キューピー安田政彦がインコースから07トップスタートいったぞぉ〜。価値ある今年V6で今年37回目の優勝。キューピー安田、キューティーなトコタン(動画)がいる地で来年の平和島SG総理大臣杯をほぼ当確に。
6号艇ながら2コースに入った難波雄三が3号艇渡邉英児の4カド捲り差しを内でこらえての順走から2Mで渡邉英児を張って回り2番手確保。
しかし2Mでおっつけられ一度は5番手まで落ちた渡邉英児は2周1M外フルターンで3番手を奪い返し、2周2Mでは遂に難波を差しきって逆転の2着ゴールインです。

津ひいらぎ賞優勝戦

 枠なり3vs3の一戦は1号艇後藤孝義がインから逃げの体勢を作って人気に応え堂々押し切り、通算24回目の優勝
3号艇久田敏之が差しで2番手追走も2Mつけまわろうとした久田は大きく流れてHSで2番手は4艇併走になりますが、2周1M内を差した地元の6号艇澤大介が2着に入り、2周1M外を回った人気薄の5号艇大井崇夫が入った結果3連単は9780円を示す大いに高そうな配当に。

【祝・優出】児島G1競艇キングカップはマヨわず、カワサキ!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 児島G1競艇キングカップに地元の大将格として出場の川崎智幸は目出度く予選を5位で通過し、本日は準優11R2号艇。
そして川崎は2コース差し順走で1号艇イン速攻の菊地孝平に続き、川崎は2着で目出度く優出です。これで年末に向けてベスト12入りが現実味を帯びてきました。
尚、後方を走っていた3号艇は桃太郎ランドのプリンス作間章が2Mで振り込み選手責任のエンスト失格となるアクシデントがありました。

 またこの日、児島競艇場には癒し系のM.安田が来場し、12時14時にショーを行い場内を沸かせたそうです。


 地元からは川崎のみが優出を果たした優勝戦はこんなメンバーに。6人全員が記念タイトル保持者というなかなかのメンバーです。

1:松井繁 2:菊地 3:金子龍介 4:植木通彦 5:川崎 6:坪井康晴

 くしくも1号艇と6号艇が先日の福岡SG全日本選手権と全く一緒になりました。果たして競艇ダービーと同じ結果になるのでしょうか。それでも優勝戦はマヨわず、カワサキ!


 ところで、今日から2名の追配が入ってます。内訳は、苦節21年遂に記念初出走の地元中西長松とスパーキング川崎に対するトゥインクル大井こと大井崇夫です。児島の地で川崎と大井が揃い踏み!でも大井は舟券に絡めず、中西長松のG1水神祭もなりませんでした。

【明日はG1三国モーターボート大賞優勝戦

 競艇キングカップと同一日程で開催された今シリーズのファイナルはこんなメンバー。

1:魚谷智之 2:辻栄蔵 3:今垣光太郎 4:濱野谷憲吾 5:今村豊 6:上平真二
 
 先日兵庫支部にSGタイトルをもたらしたぴちぴちの魚谷が白魚で登場するのを始め、内枠5人が全てSGタイトル保持者という豪華版な番組に。精鋭5人の攻防から目が離せませんね。 明日は2つのG1の他にも8つの優勝戦があり、平日ながら優勝戦尽くしの1日となっております。

マヨわず、カワサキ!

ブログネタ
地方競馬 に参加中!
夜カラ川崎。昼マデ川崎。 夜カラ川崎。ということで今夜はフサイチネット協賛G1JBCマイル開催地、琥珀の金瓶梅アラビアンナイト川崎競馬場に行ってきました。途中京浜東北線が事故で止まるというアクシデントに見舞われながらも9Rロジータ記念の発走直前になんとか到着。入場16525人&売上16億4408万5100円という盛況でした。
 そして迎えたJBCマイルは先捲りのカンカン娘メイショウバトラーを、前年名古屋G1JBCスプリント覇者の青枠ブルーコンコルドフサイチコンコルド産駒)が差しきり、前走盛岡G1マイルチャンピオンシップ南部杯に続くG1連覇と共にJBC連覇達成。尚、逃げたキルトクール馬ナイキアディライトは昨年みたいに尻餅こそしなかったもののバトラーに捲られて終了、9着に終わりました。

 さて、表彰式に出席して花を添えたラブショック川崎麻世JBCガールズ。ちなみにJBCガールズの背が高い方は桜井尚子で、背が低い方は先月までO-net広告の顔としてlivedoorトップページを飾っていた初音みうです。
 余談ですが、東京スポーツ本日の一面は
世界初!!ハッスルマニアで負けたら脱ぐ 敗者ヌード試合 ニューリン様VSカイヤ
でした。マヨわず、カワサキ買いや!
川崎麻世&JBCガールズ

 昼マデ川崎。ということで3日の昼は同じ川崎でG1JBCクラシック。そのキルトクールはマンオブパーサー。今年の3歳ダート戦線はレベルに疑問符が付く事からここでは通用しないとみる。
 それはそうと、JBCを2日に分けて開催した事で川崎競馬は2日連続の大入りが予想され、興行的には成功の予感。そして自分も再び生マヨ体験してきますね。

【マヨわず、カワサキ!】

 JBCと時を同じくして始まった児島G1競艇キングカップには地元代表として川崎智幸が出場。1回乗りのキングドリームは3枠で登場し、3コース18トップスタートから握るも、イン進入の1号艇キング松井繁にブロックされて3着という結果でした。川崎3着による配当は3連単1-3-2で1320円&3連複1-2-3で520円&拡連複1-3で200円2-3で170円です。
 2日目は4R5号艇と9R2号艇で登場です。勿論どちらもマヨわず、カワサキ!

 ついでに同日始まった精鋭45人のG1三国モーターボート大賞の選手紹介で、堀之内大好きな地元の新鋭松村康太が福井訛り丸出しの選手宣誓(動画の13分過ぎ)を述べてます。

江戸川日本財団会長杯3日目

 第7Rが始まりました。1号艇池田雄一が20トップスタートから抜け出して逃げ切り1着となる中、人気の中心2号艇中嶋誠一郎は2コース順走で2番手も2M出口で振り込み、そこに4号艇江野澤秀明が突っ込んで中嶋は転覆、江野澤はエンストです。

新期初日の江戸川競艇で2艇フライング&桂林即日帰郷

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 6隻のモーターボートが織りなす熱戦譜をお楽しみ頂いております今日の江戸川競艇、日本財団会長杯2日目の競走水面は第6Rを迎えております。インの利を生かしたかった佐川正道が34と凹み、2コースの新田智彰が委細構わず捲り。更に3コースから池田雄一が差しに出ますが、イン凹んだ佐川も持ち直してBSは3艇併走のトップ争い。そして2Mでは池田が有利に内を回りまして外の新田は3番手でのターンを余儀なくされますが、2M後方では5号艇播口昌司が振り込んだところに6号艇久田正晴が突っ込み選手責任転覆(動画)。尚、久田父はエンジン再始動で航走を続け完走しました。
転覆があったので最後のキーポイントとなる2周1M、池田は先マイを図りますがHS3番手から切り返しでインサイドに潜り込んだ新田が鋭く旋回して逆転成功、事故現場内艇優先の原則で2周2Mを先マイして1着ゴール、池田が2着となっております。
 ここで本題の3着争い。4番手を航走の4号艇桂林寛が2周1M小回りでBS内側を航走し、3番手航走ながら外側を走る佐川に対して、2周2M一気に艇を伸ばして内側優先権を主張し逆転の3着入線。しかし2周2Mで一気に艇を伸ばした事が競技規程23条関連(順位変動)に抵触し、桂林は11R(4着)を走ってから即日帰郷となりました。桂林で郷といえば「桂林の山水天下に甲たり」な世外桃源郷桂林アルね。

 本日最後の12Rが始まりました。1号艇後藤孝義がインから逃げの体勢を作り、2号艇萩原秀人が2コースから斬り込んで追走しますが、先頭の後藤が+03&追走の萩原が+02で共にフライング返還欠場となりました。1番2番に関する投票券は全て払戻で2369万2500円の返還がありました。
結局3コースから捲りに行き、萩原と2番手を併走した03スタートの宮田政勝が繰り上がって1着です。ということで萩原秀人が新期初日いきなりフライングだようちんで中川しゅんしゅん。
 ところで、2艇Fの12Rには昨日までF3持ちだった入澤友治も4号艇で出走。着順は最下位入線の4着でしたが12の安全スタートでFの恐怖を免れています。

【マヨわず、カワサキ!】

 「夜カラ川崎。昼マデ川崎。」ということで昼夜2日間に分けて川崎競馬場で開催される今年のフサイチネットJBC
ということで2日の夜と3日の昼はJBCガールズも来場し、神奈川出身愛知支部の山本茜も騎乗して華を添える琥珀のアラビアンナイト川崎競馬場に行ってきます。2日が休みの人は平和島日刊ゲンダイ杯初日とのはしごなんていかがでしょう。
 では本題G1JBCマイルのキルトクールを。今年のJBCマイルキルトクール馬は…ナイキアディライトです!昨年の名古屋G1JBCクラシックで尻餅を突き、発走遅延の元凶になった同馬。南関東所属ながら川崎は過去1回(報知オールスターカップ5着)しか出走が無く地元の利を生かせるとは思えず、今回も気性難を表に出す懸念の方が強いのでキルトクール。

 ついでに明日から始まる児島G1競艇キングカップも川崎買いや!ということでドリーム戦は3枠川崎智幸(岡山)から買いや!3日も川崎智幸から買いや!
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ