ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

市原

【競艇】ボートピア市原内にサテライト市原が23日オープン【競輪】

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 千葉県市原市にあるボートピア市原は、多摩川競艇を主催する東京都四市競艇事業組合が平和島SG総理大臣杯初日の2002年3月16日に開設した関東地区初の場外舟券売場にして1日4競艇場同時発売を最初に実施した場外舟券売場。現在の昼夜複数場併売の流れを最初に作った画期的な存在です。
 そんなBP市原ですが、元はダイエー市原店だったこともあって2階建てながら建物はとても広く、建物内にはミミスイミングクラブ市原も併設。そして明後日23日土曜日には建物内2Fフロアにサテライト市原を開設(概要)。G2ふるさとダービー福井初日でもあるオープニング初日のイベントとして千葉のスーパースター滝澤正光元選手が来場するサービスがあります。
 ちなみにサテライトの施行者は千葉競輪の千葉市と京王閣競輪の東京都十一市競輪事業組合になっておりますが、千葉市は7月26日にサテライト成田もオープンさせています。

 以上の様に同一建物内で競艇と競輪が買える様になるわけですが、これは小倉競輪場内に2006年10月20日にオープンした若松競艇場外ミニボートピア北九州メディアドーム、 山梨県甲斐市の立川競輪場外サテライト双葉内に今年3月21日にオープンした戸田競艇場外ミニボートピア双葉に続く3場目。但し、競艇施設に競輪施設が入る例としては初になります。
 ところで、ボートピア・サテライト市原の施設所有者は広島県の折本産業株式会社。呉駅近くにある折本マリンビルにはボートピア呉徳山(1号館2F&2号館2F.4F)とボートピア呉宮島(1号館1F&2号館5F)が同居しており、複数の発売場を同居させる事に関しては実績があります。

【いちはらてっぺい】

 本日は北京オリンピック女子ソフトボール日本代表が宿敵米国相手に見事金メダルを獲得しましたが、正子のおつげでお馴染み佐藤正子元選手に声がそっくりな宇津木妙子前日本代表監督も感極まった解説で金の感動を更に盛り上げました。
 その宇津木前監督は現在、群馬県ルネサス高崎総監督ですが、群馬県桐生競艇場ではBP市原でも発売中の日本モーターボート選手会会長杯2日目を開催中。そして今節の目玉選手として市原の石渡鉄兵が出場中です。
 ドバッ、ドバッと行こうぜおれは鉄兵ちばてっちゃんは初日7R3号艇が2コース捲り、12R記者選抜4号艇が3コース捲り差しで連勝。ニコッ、ニコッとわらってだいじょうぶな走りでしたが、本日は5R5号艇と10R1号艇の2回乗り。
 前半5Rは153/642と2コースに入り、千葉鉄は17スタート。それに対し6号艇浅見昌克が阿左美沼で02タッチスタートからカド捲りを放ち、直外から捲り差す4号艇小澤和也と先頭争い。千葉鉄は2号艇服部達哉(スタート+08)の捲り差しを張っての3番手でしたが、ガッツ浅見と先頭を争っていた小澤が+01で服部共々フライング。千葉鉄は繰り上がっての2着でオール2連対キープ。確勝を期した後半10Rはもちろんイン逃げ1着でシリーズリーダーの座を確かな物に。BP市原のファンにかっこいいところを見せています。
 尚、千葉鉄の愛弟子で同じく市原出身、しかも父は千葉競輪の44期足立充司元選手で、まさにボートピア・サテライト市原のヒロインといえる足立かなえは、これもBP市原で発売中の大村G3女子リーグ戦蛭子能収杯に出場中。3日目を終えて成績の方は(66644)と舟券絡みがありませんが本日は4着2本で、2日目までの6な成績から脱却しました。
市原鉄兵市原かなえ

三国うづき第1戦2日目の今日、市原へ。

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 うづき第1戦は2日目を迎え、早くも予選はファイナルの水上です。初日連勝ゴールで得点トップは野長瀬正孝。一方地元の三好一がボーダー上と、今日はこの上位陣の入れ替わりがあるかどうかに注目です。どうぞご期待下さいませ。また本日もG1びわこ大賞の併用発売を行っております。二倍のお楽しみ膨らむ三国プールで今日も1日ごゆっくりとお楽しみ下さいませ。それでは三国プールのオープニングカードです、おはよう特賞第1R動画)。
 全員がU24の新鋭選手となったおは特、インコースから145/623の順です。1秒前、スタートしました。1号艇はメンバー中最古参の94期新鋭今井貴士が22トップスタートから逃げの態勢を作り、4号艇の99期坂元浩仁のつけまいを軽く受け止めトップでゴールイン。今井への攻めは届かなかった坂元ですが、他艇の差しを振りきり2着でゴールイン。

 周りはほんのりと淡いピンクが春を醸し出しておりますが、水上6色の勝負服が鮮やかに映えてスピード戦演出してくれそうです。続くレース、予選カードは第4Rです。インコースから1452/36の順です。スタート3秒前です、1秒前、スタートいたしました。1号艇下河誉史は07トップスタートも、5号艇大嶋一也の全速つけまいにやられ後方。そして大嶋が捲った展開に乗って直外から捲り差しを決めた2号艇大橋純一郎トップでゴールイン。尚、2Mで差しを狙った下河はバランスを崩し選手責任転覆です(動画)。下河は4号艇で登場した後半第11R、3艇による3着争いを3周1M切り返しからの突進で制しましたが、代償として不良航法を適用されてしまい、下河みくにで2走連続の減点となってしまいました(動画)。


 明日のカニ坊準優勝戦は第11R1号艇が井口佳典第12R1号艇がのながせになりましたが、今夜の自分は勤務終了後市原天然温泉 江戸遊に初めて行ってきました。肌がつるつるする黒湯でありながら塩分も濃いという個性的な湯でした。源泉掛け流しの壺風呂はかなり満足度が高かったですね。ちなみに露天は掛け流しで匂いもそれほどしないのですが、内湯の循環温泉浴槽はつるつるするものの塩分が強くアンモニア臭がするので入浴は露天がおすすめです。サウナは通常の高温サウナと低温の黄土サウナがあり、どちらもテレビが設置されておりそれぞれで違うチャンネルを放映してましたのでトゥームレイダー2を放映してた黄土サウナをメインに。
 で、それと三国競艇に何の関係があるかというと、江戸遊の場所がボートピア市原から近いので蒲郡ムーンライトレース3日目12Rに間に合う時間だった事からBP市原に寄ってきました。結果は3着流しのひとりだった向所浩二のF返還のみに終わったのですが、ここで本題。自分が着いた時には既に終わっていたもののBP市原では競艇教室を開講してます。そして本日の講師がなんと三国でお馴染み小林習之アナ。ホワイトボードに12Rの予想が残されていたので参考にさせてもらいました。日程表を見ると三国タイトル戦が開催してない時はBP市原にいる事が多いみたいですね。まさか市原で小林アナが予想をしてるとは思いませんでした。土曜日曜も講師を務める予定なので市原から近いファンは足を運んでみては。
小林習之先生から舟券を習えます。
4月上旬の競艇塾日程表


丸亀さくらのはな記念2日目がいいの】

 3Rは1342/56の進入隊形から4と2が凹み、その中でも特に遅い46スタートだった4号艇飯野秀樹が1M振り込み、そのままネトロンに乗り上げエンスト。救助艇が来なかった為、薔薇の鎖ならぬネトロンに縛られた秀樹はレース終了までそのままの状態(動画)。
 ちなみに秀樹に見守られて1着になったのは逃げた1号艇小西英輝で、くしくもヒデキ同士で明暗くっきり。

唐津一般競走4日目

 本日は4つの準優進出戦が行われ、それぞれの上位3名が明日の2個準優10R11Rに登場しますが、初日8Rで3艇集団Fに巻き込まれF2になった湘南乃風行谷吉範が1号艇で登場したのは一般戦3R
 ホーム側にぎゅぎゅっと4艇が密集しながらも行谷は枠を主張しきり、4号艇石川正美が回り直して進入コースはきれいに3vs3と分かれました。一般競走第3Rインコースから123/654の並びです。スタートまで2秒、1秒、スタートしました第3R。1号艇の行谷、かなり早いスタートです。湘南乃風になり他を圧倒する早いスタートを見せた行谷は1M速攻で先頭ぶっちぎりますが、ピンポンパンポン。「1番、欠場(動画)。」と+05のフライングに消え、今節2本目今期3本目のフライングで即日帰郷となってしまいました。今後の斡旋は25日から29日まで桐生埼玉新聞社杯、5月6日から11日までびわこさざなみ賞となっており、5月12日から150日のF休みに入ります。
 ちなみに今期1本目のFは昨年12月26日の多摩川カップ初日5Rの2艇集団Fで、下の写真当日である2月3日江戸川日本モーターボート選手会会長賞を最後に江戸川競艇共々お休みに入りまして、復帰初戦となった今節でいきなり2本のFをやってしまったのでした。
湘南乃風・行谷吉範
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ