ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

平山信一

BOAT RACE 江戸川今節は平山信一アナが久々に実況。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 「今日も朝早くから中川の土手にお集まり頂きまして誠にありがとうございます。江戸川競艇第34回サンケイスポーツ杯初日を迎えています。14日までの5日間シリーズ、どうぞ江戸川競艇ご堪能ください。(動画
 ということで、いわき平競輪の平山信一アナ(ツイッターはじめました)が久々に江戸川に帰ってきたサンケイスポーツ杯初日
 江戸川初参戦だった1月のKTCカップで優出次点と大活躍した愛知102期4492本多宏和第1R6号艇と第9R4号艇を共に捲り差しで連勝したり、第2Rで6号艇松浦努がチルト2度大外捲り決めたりした初日の水面上。

 今シリーズ出場のA1選手6人が全員乗艇した江戸川選抜はF2持ちながら14トップスタートを決めた4号艇守田俊介が俊敏に差して1着。
 江戸川鉄兵こと74期3716石渡鉄兵の同期にして最大のライバルである滋賀支部74期3721中川俊介は2006年5月一般競走以来久々の当地参戦ですが、中川俊介の名の通り江戸川は過去V3の実績を持っています。
江戸川ラブラブの皆様お待たせいたしました。

祝・江戸川競艇本場開催復活!

 「白熊がおたけびをあげ、「ヤッター!」の声が雪の土手にこだましたあの日から1年4ヶ月の時が流れました。世界中の江戸川ラブラブの皆様、本当にお待たせいたしました。江戸川競艇、本日復活いたしました。江戸川競艇を今後ともお引き立てのほど、よろしく、お願い申し上げます。(動画
 と、あの日の前半レースを担当した平山信一アナのごあいさつで始まった江戸川競艇再開記念レース。ちなみに平山アナは今朝マラソンで江戸川に到着したはしりびと重野哲之から新茶を贈呈されました。
江戸川競艇場で再会する熱き人間たちのドラマ!

 「498日ぶりにあがりますエキゾーストノート。江戸川ミュージックをどうぞご堪能下さい。」と、再開レースの記念すべきオープニング第1Rは4号艇先山健司がチルトを江戸川マックスの+2度に跳ね上げた123/564の進入から3号艇萩原知哉が04トップスタートからの先捲りを決め、
 「江戸川再開最初のレース、若手萩原の江戸川初勝利で川開きとなりそうです。お待たせしました。」と、店じまいから営業再開後の初戦は100期4440萩原知哉22歳の江戸川初1着で幕を開けました。
萩原知哉勝利者インタビュー

 船堀橋方向から平井大橋方向に艇を向け、再開後初の江戸川スタイル枠なり3vs3(以下江戸川スタイルの場合進入省略)になった第2R。3号艇平井紀之が39とスタート遅れたのに対し、4号艇増田進が11トップスタートから捲りを決め、ますます快調増田進(70期3569)が1着発進。
増田進勝利者インタビュー

 川の流れがアゲアゲになっていきます江戸川競艇。ただいまのところスタンドから見まして左から右への川の流れです。レースは一般戦の第3Rを迎えています。第三レース三号艇で登場した三品隆浩は内4艇が早いスリットの中で捲り差しを入れますが、残念無念+03のフライング。尚、1着は2号艇大貫英治を2M差し返す大抜きを見せた1号艇浦田信義。再開後初となるめて1号艇の白星がここで出ました。
再開後フライング第1号になってしまった元パン屋の三品さん浦田信義勝利者インタビューを場内大型映像で

 第4Rは14スタートの1号艇大西英一に対し05スタートの2号艇品田直樹が一気にブラックベア捲りを決め、直樹はそのまま首都高の流れに乗っていき1着ゴール。2連単2-3は11000円、3連単2-3-6は61080円と、再開後初の万舟が飛び出しました。
再開後初万舟を提供した直樹

 第5Rは5号艇・優勝者当てクイズ再開第1弾に投票した飯山泰が15スタートから絞っていき、「ひと〜り、ふた〜り、3人目でひっかかった。」ものの捲り差しに切り替え1着
 続く第6Rは5号艇福島勇樹王子が02トップスタートから捲りきって「ゆうきの鈴がりんりんりんと鳴ります。今シリーズの素敵な冒険に向かって」快走を演じ1着と、5号艇のトーキョーベイパイレーツシーズン2クラブメンバーが2R続けて白星。ちなみに6Rの4号艇は平山アナが担当するいわき平競輪でおなじみ福島県いわき市民の坂本徳克でした。
やっさん江戸川選抜インタビュー早実出身のゆーき王子選手紹介

 第7Rは2号艇石渡鉄兵が1号艇鈴木猛を差しきり1着。 
 江戸川復活を待ちに待ってた江戸川鉄兵は歌うアナウンサー永島美織が司会を務めた選手紹介兼江戸川選抜出場者インタビューで「江戸川帰ってきてやっぱ、落ち着くっていうか、なんか、まあ、なんか…テンションも上がってきてるんで、ハイ。」と感極まってました。そんな江戸川LOVEなところが江戸川鉄兵らしくて、やっぱり江戸川競艇に欠かせない選手だと改めて実感しました。
江戸川鉄兵江戸川選抜インタビュー

 「場内では様々なイベントも行われていましてふろしき王子も来場されていますが、休止前の最終節で江戸川王子になった江戸川区松江育ちの桑原将光が1号艇で登場です。
 という第8Rでしたが、レースは3号艇先山健司が再度チルト+2度で大外に出た124/563の進入から5号艇大貫英治が05スタートから捲りを決め1着
 尚、6号艇作間章は英治に続いて捲り差しに行こうとしたところ2号艇川名稔ともつれ合ってしまい責任外転覆。2連単5-4は11530円、3連単5-4-3は56860円と本日2本目の万舟でした。
ちょっとレアな大貫英治公開勝利者インタビュー

 一般戦最後のカード第9Rは1号艇・約20年前に江戸川で初優出初優勝を飾った宮内由紀英が逃げ切り1着で、再開後初のイン逃げ決着。
 続く一般特賞第10Rは2号艇福島勇樹王子が1号艇遠藤晃司に抵抗されながらも捲り敢行。3号艇伯母芳恒も差して追走する3艇接戦の展開から、2Mでは外のゆーき王子が遠藤を締めて先行しようとするも遠藤が抵抗。伯母も内から艇を伸ばそうとした結果、1M差し届かず4番手だった4号艇山本英志が艇を外に持ち出しての差しで3艇まとめて差しきり逆転1着。ゆーき王子は2M遠藤を包みきったものの、ここで膨れた分2着でした。
 ちなみに江戸川競艇場内の都道は沿道工事でこの1年4ヶ月間通行できませんでしたが、工事も終わったので今後の非開催日は競艇場内の都道も通行できそうですね。
由紀英ちゃん勝利者インタビュー

 特選競走の11Rは1号艇大西源喜が16トップスタートの速攻で押し切り燃えて1着。江戸川競艇場も心機一転、オレも心機一転ということで、江戸川でも大西は元気ハツラツ。シリーズ2連対スタートです。
大西源喜はつらつな勝利者インタビュー対岸には祝江戸川復活の手製看板

 初日メインの江戸川選抜は、前半転覆のリベンジを期す1号艇さくまあきらが04トップスタートを決めたのに対し、06スタートの2号艇飯山泰がマーサク選手を言うは易し行うも易しの勢いで鋭角に差しきり、今東京支部で最も乗れてる男のひとり飯山やすしが1着で初日唯一の連勝。
やっさん勝利者インタビュー


【復活初日の江戸川競艇場】

 再開初日記念で全レースのダイジェストを書いてみましたが、平日昼間にもかかわらず本場入場約12000人と今までで一番混んでたかもしれない江戸川競艇場。工事中ずっと入れなかった堤防スタンドと屋上庭園も遂に入れるようになりました。まずは屋上庭園の写真を。
屋上庭園その1屋上庭園その2屋上庭園その3

 今日はParkwins-Fuchuさんたち、もなみさんとも合流した江戸川競艇場でしたが、本日夕方に船堀駅前のミスタードーナツで平山アナと遂に初対面。パークウインズさんが連絡したのがきっかけでしたが、これはとっても嬉しかったですね。写真は屋上から見た堤防スタンドの写真。
第3R、スタートしました。

 ちなみに1000食用意されてた100円豚もつ煮込み定食は11時台には早くも売り切れてました。ということで行列だけ見て食うのは断念。場外発売時の100円メニューは余裕で食べられたのですが、さすが本場開催となると人の入りが違います。
再開記念100円メニュー

 最後に、今節は後半3日間で冠協賛競走を募集してるとのこと。本場でしか申し込めない上に6月6日正午募集締切と期間が短いのは残念ですが、個人の場合協賛金3000円と安価に設定されています。
冠協賛レース募集中
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ