ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

平田忠則

明日から江戸川競艇は優勝者当てネットクイズもあるKTCカップ。

ブログネタ
競艇 に参加中!
 年末の京葉賞(節間8億8152万4300円)、年始の新春金盃(節間8億5228万5800円)と、優勝賞金84万2000円の2個準優制6日間シリーズを連発した江戸川競艇は明日から15日まで第1回のKTCカップをポイント制で開催。

 今期最古参A1の28期2372石川正美60歳と100期4431石塚裕介が斡旋消除になってしまいましたが、それでも今節は8人のA1選手が参戦。

 まずは初日メイン江戸川選抜戦に乗艇の6選手。

1:後藤正宗 2:松村賢一 3:伊藤将吉 4:西山昇一 5:荒井輝年 6:伊藤啓三

 この6人の他にA1は新美進司中澤和志が参戦。
 新美の前回江戸川は2004年10月日刊ゲンダイ杯初日1走目転覆帰郷で、中澤の前回江戸川は2006年11月G1江戸川モーターボート大賞2日目前半転覆帰郷と2人とも不本意な前回の江戸川参戦でしたが、それでも中澤の昨年V7は今節のメンバーでは断トツ。
 その中澤が選抜漏れして第4R5号艇1回乗りになっているのは、前走地戸田埼玉選手権スポーツニッポン杯がF2持ちでオール6コースだったというのも関係ありそうです。
 よって、今節を最後に90日のお休みに入ることからも前走地同様のオール大外進入も推測されます。

 次に、A2の主なところでは江戸川G1V2の中村裕将(11月夕刊フジ杯優出)と片山竜輔(10月ラリーズカップ優出)と平池仁志(9月日刊スポーツ杯優出)の江戸川再開後に江戸川で優出した選手を始め、近況8点近い勝率で5節連続優出中の吉村正明(デビュー初Vは2002年10月の当地報知新聞社杯)に来期A1復帰ぺースの上田隆章といった選手陣が参戦します。


 さて、レース名の競艇センターKTCでは競艇がもっと楽しくなる!KTC優勝者当てクイズを実施中。
 応募締切は最終日の15日正午になってるので、優出メンバーを見てからの応募も可能になってます。

 ちなみに下の写真で一番左にいるのは飯田加一バンドで演奏するKTC西野輝男社長。
飯田加一熱唱!西野社長熱演!


唐津一般競走優勝戦

 3日までの佐賀県選手権と12日からのチルト3度解禁開催G1全日本王者決定戦(A2ながら阿波勝哉追加斡旋)の合間に開催された3個準優制4日間短期決戦。
 1号艇平田忠則に7戦全勝の完全Vがかかる優勝戦は6号艇大久保信一郎(佐賀)が前付けに来て16/2/345の並びに。
 そして大久保が25とスタート遅れて壁無しになったものの14スタートの平田は2号艇向所浩二のつけまいも3号艇海野康志郎の捲り差しも全く問題にしないスーパーストロングスタイルな逃げでスマートにぶっち切り、2008年7月G1唐津モーターボート大賞を含む唐津2回目・通算34回目の優勝を2006年3月福岡一般競走に続く2度目の完全Vで達成。
 4日の芦屋日刊スポーツ杯争奪福岡県内選手権大会で優出1号艇も逃げられず3着に敗れた分の借りを、休み無しの追加斡旋で取り返したヒラチュウです。

 後続は差した5号艇芝田浩治が2番手優位に運び、向所の2M全速戦を振り切り、昨年10月の前回当地G3企業杯酒の聚楽太閤杯優出6号艇2着に続いて大外進入から優出2着。

【(・∀・)イイ!バンク杯】ピチュー・ピカチュウ・ライチュウ・ヒラチュウ

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 東都のエース・平和島ムテキング濱野谷憲吾Tokyo bay pirates)が直前欠場した東京ベイ平和島のイーバンク銀行杯でありますが、代わりに斡旋されたO2ブランド総帥乙津康志(今節選手代表)が初日連勝の勢いに乗って4号艇で優出と、欠場した愛弟子の分まで活躍。
 そして優勝戦1号艇は節間5勝オール3連対で通算100優出を決めた平田忠則(福岡80期3898)。他に3号艇白水勝也、欠場した寺島和典64kgの代わりに斡旋された6号艇吉田弘文(福岡80期3899)と福岡から3名優出。更に今年の新鋭チャンプ山口剛が2号艇、地元奥平拓也が5号艇で優出。
 優勝戦進入隊形は枠なり3vs3となり、「山口君のスタートを意識して行く」と優出者インタビューで語っていたヒラチュウが山口より早い13トップスタートを決めてシャープな旋回で押し切り、前走地若松SGモーターボート記念5日目9R準優勝戦で犯したイン戦大失敗の憂さを晴らす圧勝劇で「進化を続けるこの男、まさにポケットモンスター。ピチュー、ピカチュウ、ライチュウ、アライチュウ、ヒラチュウとお伝えしておきます(動画)。」と、7月17日のG1唐津モーターボート大賞以来となる今年V7・通算33回目にして平和島初優勝とお伝えしておきます。
 後続は順走の山口剛がすんなり2着も3着は混戦で、捲り差した奥平を外マイの乙津が追いかける展開から、1Mキャビって5番手だった白水が2M奥平に押っつけ奥平は後退、そして白水乙津とばかりに乙津が2艇を差して3番手に浮上。2周1Mは切り返した白水が先に回るも、これを差しきった乙津が3着を死守。直前の追加斡旋ながら優出3着乙津かれ様でした。尚、白水が振り込んだ際に行き場を無くした吉田も振り込み、大きく離れたしんがりに敗れてます。
イーバンク杯優出者インタその1イーバンク杯優出者インタその2ヒラチュウ★


下関一般競走優勝戦

 スタート展示の123465から本番では3号艇栗原謙治がピット遅れて1245/63の並びに。そして1号艇瓜生正義(76期3783)が15トップスタートの速攻で押し切り、今年V6・通算34回目・下関2回目の優勝。イン戦も2着だった7月8日G1下関モーターボート大賞から丁度2ヶ月、あの時の憂さを晴らしたイン逃走劇でした。ヒラチュウもウリ坊も次走G1福岡チャンピオンカップに向けてリズムアップ成功ですね。
 後続は4号艇横西奏恵(76期3774)の捲り差しが流れ、2番差しの5号艇森高一真が順走の2号艇西村勝を差しきり2着。

【ラーメン・スイメン・僕シラケン?】

 艇界のラーメン王白石健(大阪在住兵庫支部80期3903)をフィーチャーしたJLCの新番組「麺食い倶楽部〜ラーメン・水面・僕しらけーん〜」が先週土曜23時に初回OA。司会はお先にどうぞのミスター永島、アシスタントは住之江競艇公開FMアクアライブステーションでお馴染み濱野智紗都で、初回の内容はラーメン艇王しらけんに守田俊介ボートピア神戸新開地から徒歩圏内のみなとやを舞台にクイズ対決するというもの。で、出題された店が関東のなんつッ亭だったのですが、しらけんはあっさり正解してラーメン艇王の本領発揮。
 で、番組を見たら食べたくなったので、今日は平和島帰りに平和島競艇施設所有者でお馴染み京急開発が運営する品達内にあるなんつッ亭弐に行ってきました。
なんつッ亭弐


【KAZUMI1000】

 日曜日の平和島にはゴスロリファッションの軟体ダンサーKAZUMI動画)が来場して軟体KAZUMIスパイダーを披露しましたが、今夜の桐生G1赤城雷神杯3日目11Rで1号艇太田和美がイン戦決めて通算1000勝を達成。
 69期本栖チャンプとして1991年11月7日に住之江でデビュー、その開催で初勝利と初優出(!)をいっぺんに達成する快挙を成し遂げた浪速の怪物くんは1992年8月に同じ住之江で早くも初優勝を達成と「勝ち組」の道を歩み、1996年9月のG1若松競艇開設44周年記念競走で23歳の若さにして記念初V、1998年12月の住之江SG賞金王決定戦(25歳のVは決定戦最年少)でSG初Vを飾る活躍を見せ、SG&G1合わせて12個のタイトルを含む43回の優勝を記録。そして今夜の1000勝水神祭となりました。ちなみに「負け組ゼロへ」が公約の現役最年少衆議院議員太田和美29歳は25歳で県議会議員、26歳で現在の衆議院議員に当選しており、浪速の怪物くんばりのスピード出世であります。

ヒラチュウ完全復活の若松全日本覇者決定戦&多摩川Lダービー

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 新年度最初の記念レース若松G1全日本覇者決定戦優勝戦は1号艇平田忠則がイン10トップスタートの速攻戦で圧勝。2003年以来となる全日本覇者決定戦V2にして通算25回目の優勝は2003年の住之江G1高松宮記念特別競走以来となる3度目の記念優勝。2着には3コースから差した3号艇金子龍介が入り、5コースから捲り差した5号艇齊藤仁と大外から差した6号艇横澤剛治による3着争いは3周1M内を回った横澤が競り勝ちました。齊藤仁は同日専用場外ミニボートピア北九州メディアドームにいた齋藤仁アシアナ航空杯争奪戦初日10R5着)共々残念な結果に。
 福岡支部の次期エースとして器の違いを見せつけた高松宮記念からいろいろあって記念戦線から遠ざかりましたが、これで完全復活。今節は艇王植木通彦や若松の英雄田頭実に博多の水炊き鳥飼眞等地元の有力選手が不調でしたが、そんな中シリーズリーダーとして駆け抜け優勝戦も1号艇。地元最後の砦として一本被りの人気に応える圧勝でした。先月の選手登録票不携帯による出場停止がどの時期にかかるかは不明ですが、艇王が福岡賞金王決定戦出場絶望になった今、福岡支部で最も賞金王出場が期待される選手ですからこれをステップに賞金上積み期待ですね。

【Lダービー王はミラクルマオ】

 NADESHIKOリポーター都築あこも無事退院、例年より1ヶ月早く桜花満開の時期に行われた多摩川G3女子リーグ戦モーターボートレディスダービー優勝戦は4カド05トップスタートを放ったシリーズリーダー淺田千亜希魔王が捲り戦で多摩川初・通算21回目の優勝。Lダービー王戴冠と共に今年最初の大和NADESHIKOスカーレットオハラに。準優12Rではついうっかりとりこぼしましたが終わりよければ全てよしということですね。
さて、淺田千に捲られた1号艇インの横西奏恵ですが冷静に小回りで残して2着に入り、淺田千横ちんの阿波姫ワンツー。尚、最後方では2号艇安岐奈緒子が1周2Mで3号艇海野ゆかりに接触して落水。

三国うづき第1戦優勝戦

 穏やかになった季節とは裏腹、激闘繰り広げてきた水上はうづき第1戦の締めくくり優勝戦を迎えています。インから123/465の順です。1秒前、スタートしました。07トップスタートを決めた1号艇一瀬明が1周1Mの攻防に向かっていきますが、2号艇柏野幸二を強引に捲る形での捲り差しを入れた3号艇岡田憲行が一瀬を差しきって先頭。
Vゴール目指してトップ力走です。勢いはF休みに阻まれる事無く絶好調のまま。今年に入って2勝目、通算9度目のVを手にしそう。みくにプールでは初優勝です。(動画
ということでほんとにF休み明け?と言いたくなる程の勢いそのままに好旋回で一瀬を差しきった岡田が優勝のゴールイン。以上でございました。

宮島デイリースポーツ杯争奪春花賞優勝戦

 イン11トップスタートの1号艇津留浩一郎に対し2コースから鋭く差した2号艇伊藤誠二が舳先を入れて2M先マイ。対する白ツルのつけまいは流れ勝負あり。伊藤誠二が通算39回目の優勝

【G1江戸川MB大賞】王者の舞いを江戸川で堪能する日曜の午後

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 人機一体となった各レーサーによりエキサイティングなレースが相次いでいます今日はG1江戸川モーターボート大賞開催2日目の競走水面です。
 さて、二日酔いで午前中バタンキューになっていて、11時頃に症状が治まってきたところで昨日のエントリーを書き、12時半過ぎに出られる状態になったところでvainsystem.netのこういとさんが待つ江戸川競艇場へ出発。
 今日のオフ会を簡単に振り返ると、12年ぶりに参戦の江戸川で昨日37歳のお誕生日を迎えた王者松井繁の舞いをなま暖かく見守る会といった感じのオフ会でして、自分が到着したのは王者レースの第7R発売中。この時間はケーシー高峰の医事漫談第1部でもあり、特設ステージは大いに賑わっておりました。
大盛況のケーシー高峰医事漫談

 南門付近にこういとさん達は陣取っていて、無事感動の対面。今回の参加メンバーは自分にとっててるきちさん以外は、( ´ー`)こーすけさんを始め全員初対面。自分人見知りなので結構緊張したです。
 と、ごあいさつしたところで王者のお時間がやってきました。第7R6号艇の王者は外マイから5番手だったものの2M内をすくう巧みなコーナーワークで浮上し、しっかり3着を獲得。王者のハイレベルな攻防戦はやはりクオリティが違うようです。

 王者のお時間第2弾、1号艇の第11R。熱い視線を白い勝負服に受け止めた王者はイン逃げを狙って内の利を取りに行こうとしますが、
お〜っと、1号艇の松井なんとなんとなんと振り込んでしまった。1号艇の松井功を焦りましたかイン戦大失敗であります。大きく大きくちぎれてしまいました1号艇の松井です。なんとしたことか1号艇の松井、得意(?)のイン戦大失敗となりました。(動画」振込詐欺でもこれだけ目立つ抜群のスター性、さすがは王者や!前半の好プレーと後半の珍プレーを両方堪能出来て大満足であります。
ちなみにこのレース1着となったのはシャープな捌きを秘めています2号艇の烏野賢太。前泊で秋葉原のメイドカフェを初体験したウノケンは「ご主人様」と呼ばれるカ・イ・カ・ンを覚えたようです。

 第三Rが始まりました。1号艇中澤和志が逃げて行くも1Mを出たところで転覆です。三号艇三品隆浩も転覆艇に乗り上げ転覆です。これにより中澤兄さんは負傷帰郷、後半第9Rは5艇立てとなりました。

 ケーシー高峰医事漫談第2部の後に行われました第10Rは1号艇に中村有裕、2号艇に中村裕将が乗艇。プロペラのパーツを換えての登場となりました埼玉の中村裕将が2コースから07のトップスタートを決めますが、エンジンのパーツを換えての登場となりました滋賀の中村有裕がイン19と劣勢のスタートながら伸び返し、先マイを果たした滋賀の中村有裕はゆうゆう独走体勢を築きシリーズ初1着。リング交換が吉と出ました。逆に埼玉の中村裕将はスタート先制も伸び返されて差しに構えるも、もたつき気味のターンで4着に終わり、足元の弱さを露呈した格好になりました。

 剛腕レーサー達が激しく競り合います競走水面は第12Rを迎えています。4号艇坂谷真史が4カドからサイドをかけて一気につけまい放っていきましたがボートが浮いてしまいまして転覆となりました。
 このレース終了と同時にオフ会は解散、自分はたろさんと、このレースイン戦で1着となりました江戸川巧者の三嶌誠司公開勝利者インタビューを鑑賞し、払戻をしてから帰りました。こういとさん始め今日ご一緒した皆さん、どうもありがとうございました。
ゆうゆうしょうりの公開勝利者インタビューメイドカフェにはまったウノケン勝利者インタビュー江戸川巧者のミシマさん公開勝利者インタビュー


浜名湖中京スポーツもみじ杯優勝戦

 「お前平田だろ」の名言で知られる炎のドラゴン藤波辰爾トークライブが行われたこの日、節間7戦6勝2着1回の圧倒的な成績で1号艇になった地元の雄野長瀬正孝が追い風7mに乗ってインから押し切り、風の男のながせは通算41回目の優勝を準パーフェクトで飾りました。
この日は全12R中9Rで4号艇が2連対(一覧)を果たしましたが、優勝戦も4号艇星野政彦が2コース差し順走で2着に入ってます。
 さて、あきといったらもみじとほしの。大村G1海の王者決定戦で記念初優勝を飾りこの秋人生のピークを迎えた秋男ほしのは3日目12Rでのながせに唯一の土をつけています。

大村公営ジャアナル杯優勝戦

 前日が結婚記念日だった1号艇平田忠則がイン09トップスタートの速攻戦で押し切り圧勝、30歳の誕生日を翌日に控えるスーパーストロングレーサーのヒラチュウは今年V6にして通算24回目の優勝。来春の平和島SG総理大臣杯でヒラチュウの姿を見られる事が濃厚になりました。
師匠の前で優勝できてよかったです。自分が至らないせいで出場停止になりましたが、師匠に見捨てられなかった事でここまで来られました。」と勝っても常に謙虚、負けたら「しょっぱいレースですみません」と反省を欠かさないヒラチュウに盛大なエールを!
4カド捲り差しの今井貴士が2着に入り、3コース捲り差しの小林昌敏が3着。そしてヒラチュウの師匠山内直人ブラックジャックの2号艇で2コースしたが今井と小林に捲られて4着に終わりましたが、デビュー初優出の6号艇貫地谷直人には先着しました。

唐津優勝戦

 スタート展示では412356だったものの本番では気合いみなぎらせ枠を主張した1号艇高橋英之がインからしっかりと押し切り通算4回目の優勝
後方ではアクシデントがあり、1346/25の進入から1Mで振り込んだ3号艇2コース佐々木輝雄に2号艇5カドの石田章央が突っ込み、佐々木はターンマークに乗り上げ転覆、石田はネトロンに乗り上げ沈没(動画)。
そして間一髪で難を逃れ事故艇の上を捲り差した5号艇6コース中村亮太が2着、3コースから捲り差し狙った人気の中心4号艇倉谷和信が3着となってます。

 尚、地元のエース和則は準優11Rで3着に敗れ、優出なりませんでした。

若松中間市行橋市競艇組合施行37周年記念優勝戦

 B1の身ながら初日記者選抜メンバーにも選ばれ、その記者選抜を豪快な大外捲りで制した3号艇阿波勝哉が以降も快進撃でシリーズリーダーとなり、ここも人気の中心。
チルト+1.5度に跳ね上げテンションも跳ね上げたアワカツはもちろん大外で、スタートほぼ同体ながらスリット後の伸びはケタ違い。豪快捲りで飲み込んだアワカツは2M艇を伸ばし、4カドから差してきた人気対抗格鳥飼眞に舳先を入れさせず、以降も追いかけてくる鳥飼を振り切ってアワカツワカマツで2度目の優勝。通算ではV8。
阿波に捲られるも捲られた内側で3コース捲りを敢行、捲られ捲り差しを狙ったカワカミプリンス川上昇平は2着を狙える位置でしたが、阿波に舳先を入れられなかったカワカミプリンスは2Mで鶏飼におっつけられて単独3番手に後退。カワカミプリンスは巻き返し期して内斜行から2周1Mを先マイしますが、鶏飼に差されて万事休す。阿波尾鶏の牙城を崩せませんでした。

三国しもつき第1戦3日目

 この走りが、頑張りがファイナルステージへの分かれ道。水上はこれより2本の準優勝戦です。迎えましたのは第11R。進入隊形はインコースから132/4/56の順です。1秒前、スタートしました。1号艇泥谷一毅が07トップスタートから押し切り1着でゴールイン。2コース順走の山口博司が2着でゴールイン。
そして5カド捲りからBSでは山口とラップだった松浦博人は2Mぶん回した際に流れ、4コース差しから4番手だった大西英一に並ばれ東京支部同士で3着争いに。ところが3周目に入ったHSで外から急激に斜行した松浦は大西の進路を妨害、妨害された大西は松浦の艇に接触しありゃりゃと転覆(動画)。松浦は妨害失格となり、6号艇北川幸典が繰り上がって3着のゴールイン。波乱のレースでしたが配当は平穏で3連単910円の一番人気です。

 残り3つの席を競う水上は3日目のラストカード準優勝戦第12Rです。スタートしました。
5戦4勝、インコースのスタートはもれなく白星。得点トップで勝ち上がった1号艇の高山秀則がここもインコース。スタートこそ25と若干劣勢でしたが、2号艇2コースで順走の尾形栄治と4号艇4カドから握る吉本正昭がやり合う展開にも助けられて逃げ切り1着でゴールイン。
吉本が2番手で2M先マイも流れ、予選後半から絶好調となりました尾形がここで斬り込み2着のゴールイン。6号艇栗原謙治がじりじりと追い上げ3周1Mで遂に吉本を捕らえ、ファイナルチケット争って併走状態となりましたが3周2M先マイの栗原はバタつき、そこを鋭く斬り込んだ吉本が3着でゴールイン。3連単は490円と本日の最低配当を記録しました。


 明日のファイナル優勝戦枠番です。

1:高山 2:泥谷 3:尾形 4:山口 5:北川 6:吉本

 昨日58歳の誕生日を迎えた高山名人が年下5人相手に年の功を見せますでしょうか。以上でございました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ