ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

庄司樹良々

庄司樹良々が初優出初優勝を飾った常滑をはじめ9場の優勝戦

ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 今日は9場が最終日を迎えました。

常滑オラレセントレア開設1周年記念競走優勝戦

 枠なり4vs2の進入から捲った2号艇庄司樹良々と差した3号艇富永修一のデビュー初Vが懸かったコンビによる一騎打ちになり、2Mは内の富永修一が先行しますが庄司きららが差し返しに成功し、先頭に立った東京104期4560庄司きららはデビュー初優出にして初優勝

 デビュー直前の2009年4月、江東区青海で開催された「BOATBoy Presents 水上の格闘技 THE 競艇ナイト2」でサプライズなお披露目をした東京支部のきら星は約4年後に初優出初優勝でキラキラ輝きました。
 ちなみに常滑では毎年青海特別を開催してます。

大村夢の初優勝W決定戦〜マンスリーBOATRACE杯〜最終日

 男子の11R優勝戦(A組)は枠なり3vs3の進入から1号艇吉永則雄が18トップスタートの速攻を決め、通算27回目・大村は昨年8月9日の前回スポーツニッポン杯に続く3回目の優勝
 2着は捲り差した5号艇森永淳

 優勝未経験の女子による12R初優勝決定戦(B組)は枠なり3vs3の進入から1号艇仁科さやか(長崎)が2号艇平田さやかの捲りを受け止めきり、2010年3月丸亀日本財団会長杯以来となる3度目の優出だった99期4408仁科さやかはにしてデビュー初優勝
 2着は差したデビュー初優出の5号艇古賀千晶


桐生大間々カントリー倶楽部杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇麻生慎介が3号艇柴田光(群馬)の捲りを受け止めきり、桐生初・通算7回目の優勝
 2番手は差し順走の2号艇松野京吾が優勢も柴田光が2M外豪快に握って捲りきり、柴田光は内で巻き返し期す松野京吾を2周1M行かせて捌ききり2着。

多摩川四市組合設立46周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇大場敏が3号艇橋口真樹の捲りを受け止めきり、今年2回目・多摩川3回目・通算46回目の優勝
 2番手の真樹に対し、差して3番手の6号艇魚谷智之がHS内から差を詰めて2周1Mを先行しますが、真樹は行かせて捌ききり2着。

びわこG3企業杯キリンカップ2013優勝戦

 126/345の進入から10トップスタートの3号艇吉田徳夫がカド捲りを決めて先頭に立ちますが、1号艇守田俊介(今節選手代表)が2M2号艇安田政彦を行かせての俊敏な差しで先頭の吉田徳夫をも捕らえきり、2周1M先行で単独先頭に立ち逆転に成功した守田俊介は通算67回目の優勝

住之江2013トランスワード杯争奪戦優勝戦

 125/346の進入からカド受けの5号艇赤坂俊輔がスタート34と凹んだのに対しカドの3号艇谷野錬志が12トップスタートを決め、そのまま捲りきって先頭に立った谷野錬志が今年2回目・住之江初・通算5回目の優勝
 後続は捲り差した4号艇海野康志郎が2番手を航走し、内で粘る1号艇間嶋仁志を2M行かせて捌き2着。

児島オール女子戦クラリスカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から逃げる1号艇金田幸子(岡山)と差す2号艇淺田千亜希の一騎打ちになり、2M両者握り合って回った結果外のカナダがバランスを崩し、単独先頭に立った淺田千は前走地鳴門男女W優勝戦デイリースポーツ杯競走に続く今年3回目・児島4回目・通算37回目の優勝
 2Mバランス崩したカナダに対し、1M差して3番手の5号艇新田芳美が2Mでカナダを差しきり2番手に浮上しますが、カナダは2周1M差し返しに成功して2周2Mで抜け出し2着。

西広島タイムス宮島街道杯優勝戦

 地域フリーペーパー西広島タイムスによるにぎわい創出プロジェクト宮島街道のタイトル戦。
 
 優勝戦は1246/35の進入から1号艇吉田拡郎が押し切り、今年2回目・宮島初・通算23回目の優勝
 2着は差し順走の2号艇占部彰二

芦屋ミニボートピア嘉麻オープン1周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から内枠2艇がスタート好発決め、11トップスタートの1号艇一瀬明が2号艇前野竜一の差しを振り切って芦屋初・通算26回目の優勝

blog開設5周年記念江戸川ピット見学会とオーシャンC準優勝戦

 2004年7月25日にブログを開設して丁度5年になる今日は江戸川競艇場でペアボート試乗会に参加する予定でしたが、強風高波浪の為ピット見学会に変更されました。江戸川のピットは1Fにボート、4Fにモーターと整備室がある縦長の造りで唯一無二の構造なのです。
 ということで写真はモーター分解実演会からサイン色紙一枚一枚に全て違う一言が書いてあった気配りの人平田さやかを始め、超気持ちいい北山康介と104期4560庄司樹良々のイケメントリオです。
 ピット見学会では他にプロペラ叩きの実演で井坂友則平井紀之糸數由里稲生夏季青いTシャツを着てた滝澤友恵が参加してました。
 ちなみに2004年7月25日は江戸川一般競走初日中止順延日で、メイン記事はWINS渋谷で見た小倉競馬のオープン特別佐世保ステークスの話題。ブログで初めて競艇が主題だったのは若松SGオーシャンカップ初日だった2004年7月27日の記事でした。
さやかときららと北○康介1枚1枚全て違う内容で一番人気だったさやかの色紙ピット1Fにある邦画の映画看板

 今日はこの後、友人2人と消化レースの最終まで観戦してから船堀駅前の八丈丸で飲み食い。
 以下は江戸川で得た話をだらだら書きますが、三国競艇の実況が下半期以降4日間開催も小林習之ファミリーの男性実況で統一されて通称はぁと実況さんを始めとする女性2人の競走会所属実況アナが裏方に回る事や、今の江戸川番組マンは昨年度まで平和島の番組マンだったりとか、江戸川の内勤職員にノッポ島崎慎一郎さんがいてピット内に指定表が貼ってあったりとか、江戸川周年V2の湯川浩司(江戸川優勝回数もV2)を江戸川浩司と呼ぶには一般戦の実績が足りないので認められない話とか、食べ物や飲み物をたくさんおごって貰った太っ腹の友人さんが貰った平田さやかの色紙には「早起きは…つらい。」と書いてあったとかの話を。

 起きて酒が抜けたら、備忘録的にOC準優ダイジェストを加筆します。

【準優は9〜11R、若松SGオーシャンカップ5日目

 北九州市若松区赤岩町の若松競艇場で赤岩善生トークショー(特設サイトに写真あり)があった25日土曜日、先ず1つ目の準優9Rは13/52/46の進入から1号艇白井英治が13トップスタートも2〜4コースが凹み、19スタートの4号艇濱野谷憲吾Tokyo bay pirates)が壁無し展開も利してぐいっと伸び、あっと驚く強つけまいで白井を撃破し1着。28スタートながらくるっと残した3号艇田中信一郎が2着。
 東都のエース濱野谷憲吾@DEEPは4日目11Rで白井がもつれた展開を利して逃げ切った強運を勢いに変えて今年のSG初優出。

 2つ目の10Rは枠なり3vs3の進入から2号艇・炎の男徳増秀樹が差しきり1着と、秀樹感激SG初優出いただきマンモス。
 予選オール2着の1号艇重成一人はここも2番手航走で、1M差しから2M突っ込んできた6号艇中島孝平を行かせて捌き、1M捲り差し→2M差しから2周1M内先行狙った5号艇湯川浩司を包んでかわし、2周2M再び押っつけてきた中島を再度包んでかわしましたが、3周1M先頭の秀樹が安全航走してて重成は前が詰まり、内突いてきた湯川を包みきるのにも手こずって湯川に差を詰められてしまいます。
 そして3周2M、重成は先行するも湯川に差されて劇団一人の若松劇場を演出してしまい、湯川がまさかの逆転優出。このレース中に落下して壊れた携帯電話、重成まさかの逆転負けで壊れたショックも倍増。対して湯川は4日目12Rの3周BSで先行艇が浮遊物を巻き込む展開に恵まれ2着勝負駆けを成功させた強運を勝負強さに変えて逆転優出。

 本日のメイン11Rは15/4/236の進入から06トップスタートの1号艇菊地孝平が08スタート決めた5号艇西島義則の差しを振り切って1着。艇界のJPエクスプレスペリカンさんが前付け大成功の2着。


 さよならオーシャンカップ最後のHoly Nightを締めくくる優勝戦の枠番。

1:菊地孝平 2:徳増秀樹 3:濱野谷憲吾 4:田中信一郎 5:西島義則 6:湯川浩司

 今年は7月17日生まれの歌手杉山清貴生誕50周年という節目のオーシャンカップ。ちなみに杉山清貴は大雨だった金曜日の24日、キャンペーンで福岡県に滞在。そして今日の江戸川競艇ペアボートには杉山貴博が来場予定。

BOATBoy Presents 水上の格闘技 THE 競艇ナイト2

 今夜は「BOATBoy Presents 水上の格闘技 THE 競艇ナイト2」を見にお台場パレットタウンZEPP TOKYO2FのTOKYO CULTURE CULTUREに行って来ましたよ。
 今回の出演は司会のBOATBoy黒須田守編集長と畠山直毅酋長を始めとするBOATBoy編集部員、そして前回から続いて登場のベイ吉松永良一アナに今回初登場の佐山夏子アナ、現役競艇選手からは森高一真が丸亀連続斡旋の合間を縫って参戦です。森高一真はジンが好きで、ロックはだめでストレート派なのかはビールを飲んでたようなので不明。

 次に会場の感想ですが、前回の新宿歌舞伎町ロフト・プラスワン(2006年5月にはキックの星トークショーもあったサブカルチャーの聖地)と比較すると、とにかく窮屈でしかも地下だった前回と比べると快適さでは圧倒的に今回が上ながら、どの位置からでもステージが見やすかった前回と比べると、ステージ真正面に椅子がない今回は横から見るアングルになり、距離感という点では前回のがよかったかなと。

 ここからはトークライブの内容から安全な部分を箇条書きで紹介。

:最初に森高が出演
:淡々と進行
:2006年蒲郡G1オールジャパン竹島特別優勝戦上瀧和則相手にインを取り切った話とか
:次になっち登場
:2人は共に6月3日生まれ
:まるがめニューレポーターをガツンとやった話とか
:なっちが森高に模擬インタビュー
:森高のピアス穴は15.6歳の時に初めて空けた。その時は安全ピンで危険に穴を空けた。
:レポーターは選手との恋愛は御法度。
:(なっち独身ネタから続いて)クロちゃんに小松原恵美を紹介した森高
若山美穂が巨乳と発言した森高
:地元だと西村美智子が巨乳と発言した森高、美智子の名前に周囲みなうなずく。
:畠山酋長、なっ乳に興味を示す


 ここで一旦休憩に入り、第2部へ。ベイ吉さんは第2部からの登場でした。

:森高は阪神ファンで瀬戸の大魔神安岐真人元選手は巨人ファン。ちなみに江口晃生は西武ファン。
:SG取って天狗になる選手もいる中、永遠のプリンス今村豊はとっても腰が低くてベイ吉さんも恐縮
:森高の新鋭リーグ時代の思い出は宿舎で自家発電候選手権
:森高の初体験は15.6歳
:裏ビデオ育ちの森高
:ベイ吉さんの好きなタイプはずっと高橋淳美
:競艇学校に入ったのが全てって思ってる生徒が多いという植木通彦競走会理事のお言葉を紹介したベイ吉さん
:(待機行動改正について)ルール変えすぎ。
:(待機行動改正について)転舵中の隙を突いた前付けが出来なくなりそう
山崎智也が3周2Mで派手に旋回するのは「ボクのフェイスを見たいファンのために」
:(なっち再登場)多摩川SG総理大臣杯12R準優勝戦の話題に。なぜインタビュー前に今垣光太郎の待機行動違反が告知されなかったのか。選手もファンもかわいそう。
魚谷智之井口佳典に競輪の話を聞いたらどっちも「そういうのは森高にきいてくれ」と言うほど森高は競輪通。
:ナルシストだと思う競艇選手は辻栄蔵濱野谷憲吾
:森高のネットは専ら競輪用
小松島競輪鎌田義とよく行く
:ベイ吉さんと同期で競走会に入った現伊東温泉競輪実況の鈴木佳文アナを紹介し壇上に。
:こないだ高知競輪にカマギーの他に松井繁湯川浩司山本隆幸と一緒に行った森高
:後輩をサウナ内で正座させて礼儀作法を説くカマギー
:上の流れで、新鋭リーグ時代に負けてヘラヘラしてた同県の後輩森安弘雅をドツいた事がある森高
:うどんのおすすめは宇多津のおか泉
:(先マイは1周1M限定用語ですかという質問にたいし)ターンマークを先に回れば周回に関係なく先マイbyベイ吉さん、周回に関係なく艇を伸ばし押っつけてでも先に回りにいくのが先マイby森高
:トークの模様はなっち&森高誕生日前日の6月2日が初回放送の予定

まずは乾杯なっち登場吉タン登場鈴木アナ登場最後は出演者総登場

 上に書かなかったトークライブの話ですが、親子で来てた104期4560庄司樹良々18歳が壇上にDAIBAッテキ!!一度聞いたら絶対忘れない名前とはいえ顔は知らなかったのですが、なんと自分のすぐ前に座ってた少年だったのでびっくりしました。
 そのきららは第3回リーグ戦優勝の実績がある東京支部期待の新人です。ちなみに同姓同名の女優もいましたが、れっきとした男子選手です。デビューは5月12日からの平和島関東日刊紙競艇記者クラブ杯です。
18歳の庄司きららくん

 ちなみに当日のZEP1FはSEX MACHINEGUNSが5期メンになってから初の東名阪ワンマンツアー「なーるほど☆ザ・ワイルド☆春の祭典スペシャル」でしたが、唯一のオリジナルメンバーにしてボーカル兼リードギターでメインソングライターという不動のバンマスである鬼軍曹ANCHANG(1970年4月28日生まれ)が本日39歳の誕生日を迎えました。
マシンガンズ花輪その1マシンガンズ花輪その2


津ヤングファイター戦優勝戦

 徳島76期3750笠井広幸38歳が最年長のヤングファイター戦は23日から始まり、途中日曜の中止順延を挟んだ5日間シリーズ。
 豊橋在住静岡支部89期4131の1号艇原豊土28歳と徳島86期4063の3号艇市橋卓士29歳と、20代選手が2人乗艇した優勝戦は枠なり3vs3の進入から原豊土が16と一番遅いスタートになり、1M先行するも流れてしまい、静岡77期3811の2号艇石田章央33歳が原豊土を差しきり通算7回目の優勝。2番差しの市橋が2着、原豊土が3着に入り、2.3着の20代2人に33歳が立ちはだかった形に。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ