ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

後藤浩

【桐生関東地区選手権】後藤浩輝くカンチクチャンプに

ブログネタ
競艇 に参加中!
 2009年度の第55回G1関東地区選手権は桐生競艇場が舞台で、競艇オフィシャルWebの選手プロフィール写真が今夜一斉に更新された本日バレンタインデーが最終日。ちなみに2010年度の第56回カンチクは今年12月9日から多摩川競艇場で開催されます。
 
 群馬埼玉東京3支部から2人ずつ優出した優勝戦は5号艇石渡鉄兵(千葉在住東京支部)がピット遅れて123/465の進入になり、2号艇毒島誠(群馬)のつけまいを振り切った1号艇後藤浩(東京在住埼玉支部)が先頭に。
 2番手のブス島は2周1Mブスっと差して後藤浩との差を詰め、勝負所の2周2Mで渾身の全速つけまい。
 これが見事に決まって両者ほとんど同体になり、後藤浩の舳先が掛かった状態ながらHSはブス島がわずかに出てる状態に(動画)。
 単独先頭から一転して激しくピンチに陥った後藤浩ですが、3周1M外のブス島を牽制しながら先行し、ブス島に攻める隙を与えず再び単独先頭に立った後藤浩は通算44回目にしてG1は7回目の優勝
 67期3497後藤浩にとって自身初G1Vだった1996年9月の40周年に1999年9月の43周年と過去開設周年記念V2で地元以上に得意な桐生で、2004年6月児島G1競艇キングカップ以来遠ざかってたG1Vは地元戸田で開催される来年3月のSG総理大臣杯も当確にした価値あるVです。

 それにしても、2周2Mブスっと差して逆転Vを飾った先月の浜名湖G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦に続き、今度は2周2M全速つけまいで盛り上げた新鋭チャンプブス島の見せ場は素晴らしく、次のG1タイトル獲得も近そうですね。
関東のチャンプは後藤浩だ


江戸川東京スポーツ杯優勝戦

 2007年11月G1江戸川モーターボート大賞優勝でおなじみ1号艇柳沢一が11トップスタートの速攻で昨年10月の前回当地ボートピア習志野開設3周年記念に続く江戸川3回目にして通算18回目の優勝

 江戸川V4の実績を持ち82期静岡三羽烏中江戸川実績No.1、82期全体でも純地元の本栖チャンプ作間章と同じ江戸川V回数の2号艇横澤剛治は差し順走で2番手に付け、差し伸びて来た6号艇・節間オール2着の松浦博人を2M行かせて捌き2着を取り切りました。
柳沢一の高速ウイニングラン


倶楽部平和島杯優勝戦

 副賞に特大ピースターが贈呈される平和島競艇ファンクラブ倶楽部☆HEIWAJIMAのタイトル戦は132/456の進入から1号艇市川哲也が07トップスタートの速攻で独走ぶっちぎり体勢に持ち込み、昨年10月江戸川内外タイムス社リアルスポーツ賞以来となる通算66回目の優勝は2日目6R2号艇2着以外全て1着の準完全V。
 そして67期3499市川哲也にとって2000年12月SG賞金王決定戦以来となる平和島でのVは通算1500回目の1着ゴールというメモリアルWinでした。

 後続は捲り差した2号艇清水攻二(1974年2月14日生まれ)が2番手、差した5号艇後藤翔之(平和島地元スター)が3番手でしたが、2周2M差し届いた後藤翔之が3周1M先行して逆転2着。

三国きさらぎ第1戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇赤岩善生(愛知82期3946)が前走地常滑G1東海地区選手権競走同様インから押し切り、今年はひと味違う3節連続V3で三国も3回目・通算では46回目の優勝を2日目8R2号艇2着以外オール1着の堅いわ強いわ凄いわ速いわな準完全Vで達成。
 差して2番手の4号艇坪井康晴(静岡82期3959)が、差し続く6号艇川島圭司を2M行かせて捌き、2周1M切り返してきた川島を再び行かせて捌いて2着を取り切り東海地区82期ワンツー完成。

徳山山口新聞社杯バレンタイン決戦優勝戦

 特設サイトで話題のG1徳山モーターボート大賞(23日〜28日)がいよいよ次節に迫った徳山競艇今節は山口新聞社杯。
 優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇柏野幸二が13トップスタートの速攻で押し切り、昨年5月下関G1競帝王決定戦以来となる通算41回目・徳山3回目の優勝

 独走の2009年度競帝王柏野とは対照的に2番手は接戦で、2号艇三品隆浩と4号艇辻栄蔵と6号艇岡村仁の差し合戦はBS最内の岡村が先行。
 しかし2M差し届いた辻ちゃんが岡村と同体に持ち込み2周1Mを先行。岡村は差し返すも岡村仁美しい差しにならず艇が浮いてしまい、三品の2番差しも届いてBS3艇接戦に。
 岡村は三品を包んで2周2Mを先行しますが膨れてしまい、ここで2艇を差しきった辻ちゃんが2着争いを制しました。

下関「2月9日・ふくの日」記念レース優勝戦

 2月9日ふくの日に合わせ2月11日に下関ふくの日まつりが南風泊市場で開催され、約2万人の客がとらふくをたらふく求めて県内外から参加。
 そしてとらふく年の下関競艇今節はふくの日から始まった6日間開催で、優勝戦は枠なり3vs3の進入から18スタートの2号艇高山哲也が捲りに行きますが、伸び返した1号艇別府昌樹(広島)が哲也の捲りを振り切り、2007年8月6日津サマータイム特別競走以来となる通算24回目の優勝
 後続は差した4号艇杢野誓良が哲也に追いついて2Mを先行し、哲也の差し返しを振り切り2着。
 尚、5号艇山本隆幸が1M狭い艇間を突いて捲り差し狙うも出口で振り込み3号艇大田誠と接触。大田の艇は大きく跳ね上がりますが、無事着地して全艇完走しました(動画)。

大村バレンタインカップKTNテレビ長崎杯優勝戦

 KTNテレビ長崎のタイトル戦は枠なり3vs3の進入から1号艇徳増秀樹が11トップスタートの速攻でぶっちぎり、今年2回目・通算39回目にして秀樹感激大村初優勝で秀樹感激の敬礼ゴール(動画)。
 順走の2号艇山口剛が2番手につけ、差し伸びてきた6号艇長谷川充を2Mで包みきり、2周1M押っつけて再び迫るリア充を行かせて差しきり2着。

 ここで情報。大村競艇ではマイルクラブ大村24の会員数2万人突破を記念して次節日刊スポーツ杯では全日程マイル2倍キャンペーンを実施するとのことです。

後藤浩が2ヶ月連続多摩川V

ブログネタ
競艇 に参加中!
 19日水曜日から始まった多摩川競艇の男女混合5日間シリーズ報知新聞社賞
 今節は昨年のG3女子リーグ第6戦モーターボートレディスダービー優勝者永井聖美が6月11日のスポーツニッポン杯争奪蒲郡ボート大賞以来のF休み明け復帰戦で、惜しくも優出ならなかったものの節間4勝を記録して11R選抜戦1号艇。ちなみに今日は「1着取って、相手待ち」のてっていさんも応援に来てまして、2008年11月3日以来の再会をいたしました。
 ですが、選抜戦でながいまさみ痛恨のフライング(+05)。G3女子リーグ第10戦G3蒲郡クイーンカップ翌日の10月13日から30日間のF休みになる予定です。
 ちなみに選抜戦1着は3号艇加藤高史で、枠なり3vs3の3コースからながいまさみ相手に強つけまいを打った加藤鷹氏は3艇横並びの先頭争いを2M外全速フルターンで蹴りを付けました。

 優勝戦は枠なり3vs3のインから1号艇後藤浩が押し切り先月の当地デイリースポーツ賞に続く多摩川5回目・今年2回目・通算43回目の優勝。来月10日からのG1ウェイキーカップで3ヶ月連続多摩川参戦を果たします。
 2着は順走の2号艇林美憲が、2番差しの4号艇山田竜一と1M外マイから2M切り返してきた5号艇加瀬智宏を先に行かせて捌き2着を確保。
多摩川連続Vの後藤浩

 ところで、大田区の平和島競艇場では市制55周年府中市長杯を開催中で今日は府中市伝統芸能武蔵国府太鼓が演奏されたそうですが、多摩川競艇場(主催:青梅市)がある府中市では本日よさこいin府中がありました。
けやきフェスタ2009よさこいin府中


滋賀県知事杯争奪びわこカップ優勝戦

 24場中最後のお盆開催は優勝戦に地元2人、兵庫3人、福井1人で、しかも地元の内の1人はデビュー初優出の6号艇青木玄太(100期やまとチャンプ4448)で、遠征勢が圧倒的に有利な状況でしたが、枠なり3vs3のカドから元気に絞り捲りを決めた4号艇北中元樹(滋賀)が地元の砦を守って通算5回目の優勝
 捲り差しで続いた5号艇山本隆幸が2着で、先月日本財団会長杯争奪大阪スポーツ後援におの湖賞からのびわこ連覇リーチだった1号艇吉田俊彦は3着まで。

 これで全国お盆開催は終了。今年の夏は平和島デイリースポーツサマーカップ佐口達也(群馬)以外は全て地元選手のVでした。

鳴門サンケイスポーツ杯競走優勝戦

 枠なり5vs1の進入から1号艇都築正治(愛知)が18トップスタートの速攻で押し切り今年V6・通算53回目の優勝。これで来年のSG総理大臣杯もほぼ当確になりました。
 2番差しの4号艇勝野竜司が順走から2M切り返してきた2号艇市橋卓士(徳島)を行かせて捌き2着。

 以上の様にツヅッキーが今年V6を飾った鳴門ですが、鳴門次節は29日からG3女子リーグ第8戦渦の女王決定戦競走。3日目以降は都築あこ(愛知)が勝利者インタビューを担当するそうです。

良い春にさいたまつりin東京都板橋区

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
さいたまつりおみやげ 立春から3日経った本日は都営三田線西台駅前のトミコシ会館2Fにある「中国料理 王華」で18時から「第54回関東地区選手権 埼玉支部選手とファンの集い」(会費5000円)を見に行って来ました。
 東京都板橋区で開催された(゚∀゚)さいたまつりは立食パーティー形式で食事は中華バイキング、ショーはクイズ大会を中心に進行していき、おみやげは写真の他にCD「和田アキ子/幸せのちから」に新ジャンル飲料「麦とホップ」が2本。以下は当日の写真。
 
中村裕将と原加央理以外全員写ってる写真中村裕将写ってるのがこれだけでした原加央理&大澤真菜インタビューWヒロシです…戸田天皇陛下

 尚、本日は埼玉支部103期4528黒井達矢桐生上毛風神杯初日1Rで6号艇6コースから4艇捲って3号艇江野澤秀明を差すスピード感ある捲り差しで豪快に突き抜け、通算30戦目にしてデビュー初1着の水神祭達成というおめでたが。

【良い春に唐津一般競走優勝戦

 「2月4日の立春と共に初日を迎えた唐津競艇4日間シリーズは連日10℃を超えるポカポカ陽気でした(動画)。」さあ、一足早く良い春を先取りする選手はいったいどの選手でしょうか。
 進入隊形は枠なり3vs3と分かれてインコースから123/456の並びです。スタートまで2秒、1秒、スタートしました優勝戦第12R。内側3艇揃って行きました。08スタートの1号艇國崎良春(福岡)が1M堂々先制し、07スタートの2号艇富永修一(福岡)が06トップスタートの3号艇清水紀克(愛知)を張っての差しで順走。良春がトップ独走する中、2番手の富永は2番差しの5号艇窪田好弘福井支部長を1周2M包みきって2着を取りきり、福は内の立春シリーズは福岡ワンツーにして福井も含めた福来たるワンツースリー完成。
 春先に2005年12月徳山一般競走以来の良い春を迎えた國崎良春は通算13回目にして唐津初優勝でした。

【共同通信杯新鋭リーグ戦キルトクール】

 府中市東京競馬場の3歳限定戦G3共同通信杯。今年1月のびわこG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦は3枠松下一也が優勝、昨年10月の久留米G2共同通信社杯競輪も3枠佐藤友和が優勝と競艇も競輪も赤枠。
 次に年2回開催で3月にはメッカ川口オートで開催されるG1共同通信社杯プレミアムカップ、昨年7月に飯塚で開催された前回は5枠の浦田信輔が優勝。
 以上の様に2競オートの共通杯は赤と黄色が勝ってるので、共通杯の本線は枠複3-5で。特に3枠5番ブレイクランアウトの調教師は戸田博文(ちなみに1989年戸田SG総理大臣杯優勝者は高橋博文)なのが強調材料。
 そして本題のキルトクールは1枠1番カノンコード。2008年度の共同通信社杯は白枠受難だったのでここも白は要りません。

【渡り鳥はマイトガイ】赤城雷神杯の桐生競艇で第1回上毛風神杯

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 今日はG1赤城雷神杯でお馴染み桐生競艇場に行って来ました。今日が初日の今節は赤城雷神杯と対を為すレース名の第1回上毛風神杯。売上9106万3400円、利用7081人でしたが売場面積がそんなに広くないので人口密度はそこそこあり、最終R終了後の払戻や駐車場を出る時はけっこう混みました。
 そんな桐生で衝撃だったのは、ナイター開催及び記念レースの時だけかと思っていた場内限定男性実況がこの時期にも実施されてた事。てっきり昼間開催時には中継と同じ女性実況が場内でも流れてるものだとばっかり思ってたので驚きました。で、締切15分前からしゃべり続けるのもナイター開催と一緒でした。まさか桐生名物場内限定実況が昼間も聴けるとは思わなかったのでこれは嬉しかったですね。レースに関する事はこの後にあります。

 ちなみに行きは東北道経由で佐野ICからR50、下毛佐野では叶屋のラーメンと餃子を食しまして9R発売中に桐生に到着しました。そして帰りは前橋駅前のゆ〜ゆでゆうゆう入浴してからR17上武道路経由で帰ったのですが、帰り道が雨ざんざんできゅうきゅう。

【第1回上毛風神杯選手代表は艇界のマイトガイ】

 昔の名前で出ています選手代表小林旭62歳はオープニングの1R1号艇1回乗り。その小林は2コース艇の差しを熱き心で振り切って上毛風神杯初代1着選手となりました。
それにしてもレースの時間は運転中だったので買えませんでしたが、インの1号艇(しかも地元選手)が頭で2コース差しの2号艇が2着で5カド進入の3号艇が3着と1-2-3なのに2連単2190円3連単14490円というのはどういう事なんでしょう。ちなみに2号艇は横家翔一で3号艇は江戸川が誇る江野澤秀明です。

 第1回上毛風神杯の目玉選手は赤城雷神杯V2の実績を誇る後藤浩。風にたなびく上の毛がとっても素敵な後藤浩の初日ですが、前半8Rが2コースからの差し届かず2番手も2周2M差しで先頭の1号艇木村祥二を抜いて1着
後半桐生特選はインの1号艇横澤剛治1着、2コース順走の2号艇佐藤大介が2着でしたが、4カド進入の5号艇後藤浩は1M差しから2Mも差しで3着圏内に入り、2周1Mで4号艇6コース大西英一を行かせて差しきり3着に入りました。赤城雷神杯とのW制覇に向けて視界良好といったところでしょうか。
尚、後藤浩との直接対決となった6号艇後藤正宗は5コース差しから上位を狙える勢いでしたが、2Mで佐藤に包まれ後藤浩に差され、HS後藤浩に牽制されたのが痛く、終わってみたら6着でした。

江戸川日本写真判定社長杯初日

 1号艇山崎哲司に5号艇山崎義明とW山崎の共演になった江戸川選抜は4号艇重野哲之がカド捲りを決めて1着、捲り差しで続いた山崎義明が2着。2艇に捲られた形になった山崎哲司は3着まででした。

【日曜競馬キルトクール】

 東京G3ダイヤモンドステークスのキルトクールはアドマイヤフジ。トップハンデということよりも、1600m〜1800mがベストのこの馬に3400mは長すぎます。ちなみに母アドマイヤラピスは3000m超で活躍しましたが、富士の場合は父フジキセキアドマイヤベガ(産駒傾向は早熟のマイル〜中距離馬が多い)の遺伝のみを受けており母に似てる要素は皆無、はっきりいって全くの適性外距離です。よって自信のキルトクール。ここで惨敗してマイル路線に転向する事を強く期待。

 G3きさらぎ賞のキルトクールはサムライタイガース。もしきさらぎ賞が阪神開催なら◎ですが、残念な事にきさらぎ賞はお京阪沿線の京都競馬場。これではタイガースの出番はありません。
 尚、津競艇でもきさらぎ賞を開催しておりまして、月曜が最終日で津。淀から津までは丹波橋乗り換えで、運賃は京阪近鉄合わせて1950円で津。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ