ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

後藤翔之

【翔之千両役者】101期後藤翔之、同期一番乗りのデビュー初優勝!

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 5日間シリーズ下関一般競走優勝戦は同期1番乗りとなるデビュー初優出を決めた神奈川在住東京支部101期4460後藤翔之22歳が3号艇。
 そして124/563の進入から5号艇後藤正宗が09トップスタートを決めて捲りに行き、1号艇古川誠之が抵抗の古川マイ。この間に捲り差しを決めた後藤翔之が突き抜け、通算149走目の通算18勝目にしてデビュー初優勝。展開を作った後藤正宗は古川を捲りきって2着に入り、101期一番乗りの初Vに後藤ワンツーで花を添えてます。

 100期生より早く初Vを飾った後藤翔之はKYOTEIブログ〜NEW HERO'S★4460後藤翔之によると、多摩川競艇から近い稲城市出身で小学生の頃から多摩川競艇に連れて行ってもらったそう。そして高校は自動車工学に強い九州の私立大分高校に越境入学してサッカー部に入部。朴英雄監督率いるサッカー部は全国高校サッカー選手権にも出場し、3年時に初めてやまと競艇学校を受験。
 しかし不合格に終わり、帰京して関東学院大学に入学。しばらくは大学生活と競艇学校受験を並行してたものの、4度ほど落ちたところで危機感を感じて受験勉強専念の為に退学。そして6回目の受験で遂に合格し、在学中は4477篠崎仁志に次ぐ勝率2位7.79、卒業記念競走でも篠崎の2着に入りという優秀な成績で卒業。デビュー後は柾田敏行のグループに所属してます。
 デビューは昨年11月22日多摩川関東日刊紙競艇記者クラブ杯初日3Rで、いきなり3着に入る素質の高さを見せた後藤翔之は次節12月6日の戸田隼杯初日6Rで1号艇篠崎元志(篠崎仁志の兄)らを相手に勝ち、早くも水神祭。その後も今年1月12日江戸川関東日刊紙競艇記者クラブ杯で江戸川初勝利を挙げるなどの活躍で同期1位の成績をマーク。2期目の今期は篠崎と共に101期で2人しかいないB1レーサーになる順調な活躍を見せる中、本日の快挙達成となりました。おめでとうございます。

 明日は神奈川在住東京支部飯山泰(O2ブランド)がG1福岡チャンピオンカップで記念初優勝を飾る番ですね。

児島G3新鋭リーグ戦瀬戸の若鷲決定戦優勝戦

 岡山の鷲といえば鷲羽山に鷲羽山ハイランド鷲羽山下電ホテルに現出羽海親方の鷲羽山イーグル会わしが育てたと、非常に豊富。
 そんな若鷲決定戦はデビュー初V狙う地区スターの2号艇山田佑樹が回り込んでインを取りに行こうとするも1号艇馬場貴也(京都)が強引にねじ込んで枠を主張(待機行動違反)。結果枠なり3vs3も内2艇が深い進入になりますが、深インの馬場は3号艇渡邊雄一郎の捲りにがっちり受け身を取って豪快に飛ばしきり、4号艇吉田拡郎(今節選手代表)の捲り差しも振りきるジャイアントターンで、前走地津グランプリシリーズ第4戦に続く2節連続今年2回目・通算3回目の優勝。馬場ながら荒鷲にもなって地元びわこの新鋭王座優先出場権も獲得です。
 ちなみに馬場の次節は21日から桐生ナイター生誕12周年記念アクアンナイトカップで、福岡全日本プロレス杯ではありません。

浜名湖社団法人全日本不動産協会静岡杯アタック優勝戦

 社団法人全日本不動産協会静岡県本部のタイトル戦は三国G3企業杯スズキ・カープラザカップを1号艇で制した守田俊介に続くべく、福井の萩原秀人が頂上決戦1号艇。
 2005年1月三国むつき第2戦以来となる通算V5を狙った萩原は枠なり3vs3のインから10トップスタートから逃げの体勢を作ろうとするも3号艇伊達正利の攻めを意識しすぎたか流れ、鋭く斬り込んだ2号艇小野信樹が萩原を差しきり、今年2回目・通算39回目の優勝。義兄に続けなかった萩原は2M全速で2着を確保するのが精一杯でした。1M捲り差し入れずも2M差した地元の伊達正利が3着に入り、小野正利が萩原を挟む着順に。
 尚、6号艇角ひとみは「今日はウン歳のバースデー、自らの手で祝杯を挙げますか(動画」と実況されております。

【G1近松賞併用開始】伊藤誠二1000勝達成の江戸川3日目

ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 2008年江戸川競艇四部作の第2幕、第8回関東日刊紙競艇記者クラブ杯。開催の3日目を迎えました。雨が降り、北寄りの風が4mから6mほど吹いた寒空の競走水面は第2Rです。43とスタート後手を踏んだ2号艇熊本英一(佐賀県)が無理捲りに出るも艇が浮いてスピンし転覆。更に14トップスタートから二段捲りに出た6号艇服部達哉も同じく艇が浮いてスピンしエンスト(動画)。この事故で1号艇木下大將も大きく遅れをとり、上位は3艇に絞られました。
 先頭は差した4号艇後藤翔之(東京101期4460)、2番手は捲り差した5号艇吉野光弘、3番手は差しハンドルの3号艇柴田大輔となって2Mに進み、吉野のおっつけを抱いてかわした後藤が先頭を守り、突っ込み空振りで流れた吉野を小回りで捕らえた柴田が2番手に浮上。2周1M事故艇付近内側優先のため普通ならここで決まりとなりますが、2周2Mで吉野が柴田を差しきって逆転。吉野は2周1Mを違反スレスレのスピードターンで柴田に食らいついたのが大きかったですね。そして1着の後藤は11月のデビューから早くも通算3勝目にして江戸川初勝利です。

 第9Rが始まりました。4号艇と5号艇が48&59と大きくスタート遅れる中、24のトップスタートを放った999勝レーサーの3号艇伊藤誠二が捲り差しで突き抜け通算1000回目の1着ゴール。世界の山ちゃんでお馴染み愛知の74期3713伊藤誠二は1994年のデビューから約13年8ヶ月、同期一番乗りでの1000勝達成となりました。1000勝の中には2001年浜名湖G1新鋭王座決定戦も含まれております。ちなみに今日は福井の山ちゃんさんが江戸川初登場。午前中は車の点検で東京トヨペット一之江店に行ってた自分も午後から合流いたしました。そして西葛西の鳥繁で軽く一杯。王者松井繁はトリ年の繁なのです。でも心は鳥ハツじゃないのです。

 ここでお知らせいたします。1月29日からの2008年江戸川最終開催日本モーターボート選手会会長賞では冠協賛競走を実施いたします。締め切りは1月24日で、申し込みは1階の総合案内所。協賛金は優勝戦が法人5万、個人3万。その他は全部1万円とのこと。払ったお金はオーナーの居住自治体の関係に寄付するそうです。

【夢・絢爛。尼崎G1近松賞初日

 江戸川でも場外発売が行われている2008年最初のG1近松賞。選手紹介動画白井文尼崎市長の開会宣言も鎌田義による選手宣誓もばっちり収録されております。ちなみにカマギーは白い枠で登場した1Rでイン戦を決めて1着となっており、選手紹介だけでなくレースでも白い星で開催のオープニングを飾っております。

 9Rで2号艇2コース順走から2着になったKasado bay pirates吉村正明1着は2003年丸亀G1新鋭王座決定戦覇者の1号艇田村隆信だったのですが、今年再びまるがめで開催されるG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦にはドリーム戦1号艇で笠戸湾海賊団長も登場。まちゃあき海賊団では入場優待名刺をプレゼント中です。現地に行く方で海賊団長を応援するファンは応募してみてはいかがでしょう。入場無料になる上に現地ではスペシャルグッズまでもらえるスペシャルな名刺です。

 6人全員が昨年の賞金王決定戦メンバーという豪華なセンプルドリーム戦は123/546の進入から2号艇湯川浩司による銀河系急行王子の差しが入りかけるも、WW RIPPEN同門先輩の意地で強引に締め切った1号艇田中信一郎が2Mを先制して1着。上位2艇は2Mで決着が付くも、3号艇吉川元浩(兵庫)と6号艇瓜生正義(76期)と5号艇魚谷智之(兵庫76期)による3着争いは最後まで混戦で、3周2M内の魚谷に応戦して外握った吉川に対しウリ坊の差しが入りかけますが、0.1秒差振りきった吉川が激戦を制しております。

 最後に、初日連勝は永遠のプリンスロード今村豊。6号艇の4Rがオールスローの大外から差し伸び、1号艇の10Rはヒューマン電波時計がんばりまチューの2号艇瀬尾達也(ねずみ年)らを寄せ付けないイン戦と、人気薄でも人気戦でも勝利しております。特に前半4Rは2連単8280円3連単26850円の本日最高配当を提供であります。

唐津一般競走優勝戦

 波高7cm北追い風7mの雨風水面とはいえ1号艇は1号艇、ということで逃げ込み図る1号艇中辻崇人に対し3号艇大賀広幸が3コースからの捲り差しで中辻を差しきり通算59回目、からつは1997年1月G1唐津競艇開設43周年記念を含む3回目の優勝。あっさり差された中辻ですが、2M捌ききって2着は確保しました。
 ここで携帯マクール内唐津競艇情報コーナーで大好評連載中のエンタ亭カナエの先走りブログにあった気になる情報。唐津競艇のベテラン実況田中美洋アナがJLC NEWS艇声人語のコーナーで取材を受けた事が書いてあったのですが、同時に3月で引退するとの情報が。四半世紀に渡り実況をしてきた田中アナ、長い間お疲れ様でした。

【日曜競馬キルトクール】

 芝1600m京都G3日刊スポーツ賞シンザン記念のキルトクールはマヤノベンケイ。最長経験距離が1400mの馬なので、ここはあくまでも経験を積む一戦に留まりそう。

 ダート1200m中山G3ガーネットステークスのキルトクールはトウショウギア。成績が左回りに集中してる上に58.5kgの斤量。ギアが入らずに終わるのでは。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ